「観音様はアンドロイド」《現代仏教》

Android Kannon Mindar 

「観音様はアンドロイド」

京都市高台寺に降り立った

Armadas/YouTube

21世紀に入って、現実世界での開発、運用もさかんになってきているが、先端技術を駆使したこの人工生命体が宗教の世界に進出し、話題となっている。京都市東山区にある名刹、高台寺と大阪大学などが協力して製作された「アンドロイド観音 マインダー」がそれだ。

テクノロジーと信仰が合体した「アンドロイド観音」、なぜ衣をまとわないのか/畑中 章宏.Forbes JAPAN.2019
アンドロイド観音“マインダー”

「マインダー」の由来は、英語で「心」という意味のマインドから。

“アンドロイド観音”で仏教に親しみを/Newswitch by 日刊工業新聞社

そのお姿は…

時事通信映像センター/YouTube

マインダーは高さ195センチで、主にアルミから作られている。ただし手と顔、肩はシリコンで覆われていて、人間の肌に似た見かけだ。

「アンドロイド観音」が登場、仏教に変革の風 高台寺/CNN.co.jp.2019

(前略)アンドロイド観音の発案者である後藤前執事長は、機械をむき出しにし、衣をまとわせないことで、「参観者が観音様の姿を想像できる余地を残した」と説明している。観音菩薩は、「救いを求めるものに応じて、さまざまな姿に変化する」という教義にもとづいているのだろう。

テクノロジーと信仰が合体した「アンドロイド観音」、なぜ衣をまとわないのか/畑中 章宏.Forbes JAPAN.2019

約1億円で降臨

駆動軸の数は26カ所(首と顔10カ所、両腕14カ所、胴体2カ所)。製作費は約2,500万円(総事業費は約1憶円)。

京都・高台寺にロボット技術で進化した仏像、アンドロイド観音「マインダー」誕生! 法話にプロジェクションマッピングも/ウォーカープラス.2019

25分間の説法とプロジェクションマッピング

VIEW CORPORATION/YouTube

仏教の経典「般若心経」に関する25分間の法話を授けるようプログラムされており、説法中は胴体や腕、頭を動かす。

「アンドロイド観音」が登場、仏教に変革の風 高台寺/CNN.co.jp.2019

その声は女性のようにも聞こえる合成音声だ。

仏像は進化する! アンドロイド観音「マインダー」がもたらす衝撃/小川浩平.後藤典生.imidas

教えを求めて観音様の元に集う現代の衆生の様子が、プロジェクターによって部屋の四面に映し出され、彼らと観音様の対話という形式で、説法コンテンツが進行します。

アンドロイド観音が観音様になる日/松本紹圭.彼岸寺.2019

アンドロイドは日本語を話すが、英語と中国語の字幕がスクリーンに映し出される。

北政所ゆかりの高台寺にアンドロイド観音 開発費1億円/大村治郎.朝日新聞時デジタル.2019
菩薩様は人の目を見て語りかけてくる

マインダーの左目にはカメラが設置されており、これにより相手の目を見て話すようなしぐさを行うことが可能となっている。

高台寺の世界初“アンドロイド観音”、海外でも話題になるも批判的な意見も…/Switch News

後藤典生住職(高台寺)

The Japan Times/YouTube

同寺の後藤典生(てんしょう)執事長が、旧知の世界的なロボット研究者、石黒浩・大阪大教授に「仏様を人間に近づけることができないか」と持ちかけたことがきっかけ。

【動画あり】世界初「アンドロイド観音」 京都・高台寺、3~5月に一般公開/産経ニュース.2019
「時代が変われば仏像のあり方も変わる」

後藤執事長は「仏像は二千年進化していない。話す仏像、動く仏像、みんなと目を合わす仏像が作れないかなと思った」と話した。

京都・高台寺にロボット技術で進化した仏像、アンドロイド観音「マインダー」誕生! 法話にプロジェクションマッピングも/ウオーカープラス.2019
これによって現代人にも説法が広がって欲しい

高台寺は記者会見で、「釈尊入滅(※編注:釈迦の死去)後、500年ほどがたち、仏像が造られるようになって仏教が爆発的に広まった。その後2000年間、仏像は黙し続けたが、仏像は変化する時期を迎えている。動き、語りかけてくれるアンドロイド観音によって仏教の教えが現代の人々に伝わっていってほしい」と語っている。

“1億円のロボット観音”マインダーの狙い/鵜飼 秀徳.PRESIDENT Online.2019

否定的な意見も……

 アンドロイド(人間に似たロボット)で仏像を造るという試みは斬新で、世界から注目された。複数の欧米メディアが取材に訪れているという。その際の反応には、「なんでこんなことを! 人間が作るアンドロイドが、神仏になってよいものか」といった、当惑するような意見もあったという。

仏像は進化する! アンドロイド観音「マインダー」がもたらす衝撃/濱野ちひろ.情報・知識&オピニオン imidas.2019

 高台寺などが参拝者に実施したアンケートによると、「最初は変な気持ちだったが、最後には受け入れられた」「想像以上に人間味を感じた」など大半が肯定的な意見だった。一方、少数だが「観音様と言われても無理」「機械の冷たい感じを受けざるを得なかった」などの感想も寄せられたという。

アンドロイド観音「想像以上に人間味」限定公開に参拝6千人/京都新聞.2019
高円寺の後藤住職は…

仏像の進化の先にアンドロイド観音があるのは必然、と和尚は考えている。

仏像は進化する! アンドロイド観音「マインダー」がもたらす衝撃/濱野ちひろ.情報・知識&オピニオン imidas.2019
大事なのは形じゃない

「この世界にはね、目に見える神仏なんていないんですよ。仏教の大事な教えは、仏を追い求めることであって、仏像崇拝ではないんです」

仏像は進化する! アンドロイド観音「マインダー」がもたらす衝撃/濱野ちひろ.情報・知識&オピニオン imidas.2019

自由自在に姿形を変え……

Daily Mail/YouTube

観音菩薩は、仏教の宗派や解釈にもよりますが、自身の姿を変幻自在・たくさんのバリエーションあるものに変えられるとされています。

マジか……観音菩薩が金属むき出しに 高台寺でアンドロイドによる説法が開始/ナゾロジー.2019

観音菩薩は、「救いを求めるものに応じて、さまざまな姿に変化する」という(後略)

テクノロジーと信仰が合体した「アンドロイド観音」、なぜ衣をまとわないのか/畑中 章宏.Forbes JAPAN.2019
当然アンドロイドにもなれる

高台寺の後藤執事長は、「それならば観音菩薩(アンドロイドのすがた)もできるだろう」ということで、「話す仏像、動く仏像、皆と目を合わす仏像が作れないかなと思った」と話しています。

マジか……観音菩薩が金属むき出しに 高台寺でアンドロイドによる説法が開始/ナゾロジー.2019

後藤さんは「観音さまはさまざまな姿に変身してお救いくださる。マインダーはアンドロイドに変身した観音さまです。わかりやすく平易な言葉で般若心経に耳を傾けて」と話します。

《京都》世界初のロボット仏像「アンドロイド観音」デビューへ/metropolitana.tokyo.2019
むしろアンドロイドだからこそ!!

また、アンドロイドから法話を聴くことで、お坊さんが語る法話とはまた異なる理解が得られるのではないかといいます。

京都・高台寺にアンドロイド観音「マインダー」が開眼/葬儀・葬式・家族葬なら「いい葬儀」

「アンドロイドには苦がないが、人間には苦がある。だから、人に共感できる。それが人間の素晴らしさである」という趣旨のメッセージで締めくくられます。

アンドロイド観音が観音様になる日/松本紹圭.彼岸寺.2019

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシーをご覧ください。

×
X