東京オリンピック物語(26)その日、日本柔道の敗北した「柔道がJUDOになった日」

東京オリンピック物語(26)その日、日本柔道の敗北した「柔道がJUDOになった日」

この記事の続きを読む▼

東京オリンピック物語(25)── 日本ボクシング史上初の金メダリスト誕生
“https://diggity.info/sports/tokyo-olympic-25/”

JUDO

柔道は無差別級だった時代

sportnotv 4/YouTube

 柔道が初めて実施された1964年東京五輪で、発祥国の日本は敗れた。多くの記憶にはそう刻まれている。無差別級決勝で神永昭夫がアントン・ヘーシンク(オランダ)に屈した。五輪競技に加わることと引き換えに体重別を含む4階級で争われたが、体重無差別こそが本来の柔道。そういう時代だった。

五輪柔道の金メダル1号、「前座」でも重かった/JIJI.COM.2020

金メダル最有力候補はオランダの英雄「ヘーシンク」

Retroclips/YouTube

ヘーシンクのことを知らない多くの国民は、日本発祥の柔道ならオリンピックのす べての階級で金メダルがとれると思っていた。「いくら大きくても外国人に日本人が勝てないわけがない」と考えた。しかし、現実はそう甘くはなかった。

オリンピック パラリンピックのスゴイ話 はじめて物語編(p.84)/大野益弘.ポプラ社.2020

ヘーシンクが最初に日本を訪れたのは、1956年の第1回世界選手権に出場するためである。この時は準決勝で吉松吉彦七段に敗れている。続く1958年の第2回大会にも来日したが、この大会でも準々決勝で山鋪公義六段に敗れた。

アントン・ヘーシンク 日本柔道に立ち塞がったオランダの巨人 【オリンピック・パラリンピック アスリート物語】/笹川スポーツ財団.2019

  ヘーシンクが柔道界のひのき舞台に登場したのが、1961年にフランス・パリで開かれた第3回世界選手権大会。この大会でヘーシンクは、神永、古賀、曽根の日本人有力3選手を倒し初優勝、以来、無差別級の頂点に立ち続け、東京オリンピックでも優勝候補の最有力だった。

ヘーシンクからヤワラちゃん…お家芸・柔道の舞台裏/読売新聞オンライン.2016

圧倒的な強さを誇るヘーシンクは、1964年のヨーロッパ柔道選手撤大会で重量級と無差別級に出場し、両方で優勝。その勢いで東京にのりこんできた。

オリンピック パラリンピックのスゴイ話 はじめて物語編(p.84)/大野益弘.ポプラ社.2020

日本柔道は「打倒ヘーシンク」へ舵を切る

これに先立つ1959年のIOC総会で、1964年東京オリンピックの正式競技として柔道を導入することが決定されていたが、ヘーシンクに敗れたこの時から柔道の本家日本の「打倒ヘーシンク」への本格的な動きが始まった。

アントン・ヘーシンク 日本柔道に立ち塞がったオランダの巨人 【オリンピック・パラリンピック アスリート物語】/笹川スポーツ財団.2019
オリンピックも無差別で?このままでは日本は負けるかも

 1961年12月に国際柔道連盟(IJF)総会で決定される東京五輪柔道競技の種目について、イタリア、ドイツ、アメリカなどは当初から体重別の階級制導入を主張し、フランス、イギリス、ベルギーは従来通りの体重無差別での実施を主張しました。

五輪柔道の「無差別級廃止は欧米の外圧」はウソ ヘーシンクに勝てない日本が階級制を推進した!?/日刊SPA!.2016
オリンピックの柔道競技は体重別へ

もし体重別の階級制がなく1個だけの金メダルをかけて戦った場合、ヘーシンクが優勝し、日本選手が金メダルを獲得できないかもしれない。それは日本にとって、とてもまずいことだ。体重別の階級制があれば、ヘーシンクがいない階級では、ほぼ確実に日本が世界一になれる。そのように考えてオリンピック初の柔道で、日本は体重別の階級制を受け入れることにした。

オリンピック パラリンピックのスゴイ話 はじめて物語編(pp.83-84)/大野益弘.ポプラ社.2020
created by Rinker
猪熊功(柔道金メダリスト)が「遺書」に込めた思いとは?1964年東京オリンピックで日本を沸かせた選手たち。その人生の「光と影」を、徹底した取材で描き出した渾身のノンフィクション!(「BOOK」データベースより)

Nakamura Takehide

軽量級 「中谷 雄英」

Judo Art 日本柔道/YouTube

1964年(昭39)10月20日、日本武道館のセンターポールに柔道で最初の日の丸が揚がった。軽量級で先陣を切った中谷氏は全5試合をオールー本勝ち。計9分で終えた。準決勝は優勝候補のステパノフ(旧連)、決勝はヘンニ(スイス)をともに合わせ技で下し、表彰台の真ん中に立った。1万5000人の観客から地響きのような歓声が響いたが、その声すら耳に入らなかった。

武道館に初の日の丸掲げた「柔道金1号」中谷雄英氏/日刊スポーツ.2017

「広島の姿三四郎」

 中谷氏は広島市出身。

中谷雄英氏の教え子古賀早也香が一本負け「力負け」/日刊スポーツ.2017

兄弟4人がすべて黒帯という柔道一家の生まれ。柔道をやるために、一度入った高校を中退し、1年遅れで名門・広陵高に入り直し、“広島の姿三四郎”の異名をとった。

オリンピックの柔道はまさに’64年東京オリンピックから歴史の歯車が回りだした!!/ミドルエッジ.2017
姿三四郎って?
VSProduktion/YouTube

 富田常雄の「姿三四郎」ほど柔道人口増加に貢献した小説はないだろう。戦後の両雄、神永昭夫も猪熊功も姿三四郎に憧れて柔道を始めたと話している。ただし彼ら重量級の猛者は「○○の三四郎」とは呼ばれない。

【風を読む】「姿三四郎」 論説副委員長・別府育郎/産経ニュース.2021
柔道家「西郷四郎

 三四郎のモデル、明治の柔道家、西郷四郎は160センチに届かず、小兵よく大男を豪快に投げる英姿が命名の条件となった。

【風を読む】「姿三四郎」 論説副委員長・別府育郎/産経ニュース.2021

小柄な選手だったが体重別の決定によりオリンピック出場

広島・広陵高から明大に進学したが、身長165センチほどで、体重68キロという柔道選手としては小柄だったため、体重無差別で争う団体戦のレギュラーにはなれなかった。

柔道・中谷雄英/一般社団法人 日本トップリーグ連携機構.2015

しかし、五輪採用によって体重別の試合が導入されるようになり、大学4年で東京五輪の舞台に立つ。

柔道・中谷雄英/一般社団法人 日本トップリーグ連携機構.2015

激しい競争率!軽量級でオリンピックを目指す!

 中谷さんが初めて代表候補に選ばれたのは五輪の2年前、明大2年の時だ。「柔よく剛を制す」が神髄の柔道には元々、体重別という概念がなく、世界選手権も体重無差別で行われていた。しかし東京五輪で初めて体重別が導入されることになり、普段73キロだった中谷さんは軽量級で五輪を目指すことになった。

64年東京五輪 柔道ニッポン金1号・中谷雄英さん「前座」と言われても…勇気つないだ一本勝ち/Sponichi Annex.2018

 当時は今のように代表選考大会はなく、年間を通して随時開催される強化合宿と選考試合の内容で判断する方式だったため、いっときたりとも気を抜くことはできなかった。五輪までの3年間に実施された強化合宿は58回。参加選手は延べ1万7603人。その中から選ばれる五輪代表は、各階級1人だけという狭き門だった。

64年東京五輪 柔道ニッポン金1号・中谷雄英さん「前座」と言われても…勇気つないだ一本勝ち/Sponichi Annex.2018

【64年2月】国際大会でステパノフを破り軽量級の日本代表選手に!

 64年2月。モスクワ国際大会決勝でサンボ出身のステパノフに勝利した。

武道館に初の日の丸掲げた「柔道金1号」中谷雄英氏/日刊スポーツ.2017

 ステパノフは軽量級ながら176センチもあるサンボ出身の選手。関節技や帯取り返しを武器に、日本の大会で力のある強化選手を破っていた。モスクワの会場は、畳ではなく硬いマットの上にじゅうたんを敷いたもので足が滑って苦労した。アイススケート場に設営したものだから枠の外は氷。思い切り踏み込めないからじゅうたんの縁に置いたぬれぞうきんで足を湿らせて臨んだ。

 <6> モスクワ国際大会 強豪下し五輪代表候補/中国新聞デジタル.2014

畳はなくスケート場の氷の上に板を置き、その上にじゅうたんを敷いての試合。それまで独特の関節技に強化選手はことごとく負けて、この時の1勝が五輪代表選考の決め手になった。代表が正式決定したのは、五輪開幕1カ月前だった。

武道館に初の日の丸掲げた「柔道金1号」中谷雄英氏/日刊スポーツ.2017

<東京オリンピック 柔道 軽量級>先陣を切る

柔道が五輪競技として採用されたのが1964年東京大会。当時は軽量級、中量級、重量級、無差別級の4階級で、先陣を切ったのが軽量級の中谷雄英だった。

五輪柔道の日本人歴代金メダリスト一覧、競技別最多39個/SPAIA.2021

全部勝つという使命を背負って臨んだ日本柔道の先陣を飾ったのは軽量級の23歳、中谷選手。

オリンピックの柔道はまさに’64年東京オリンピックから歴史の歯車が回りだした!!/ミドルエッジ.2017

軽量級は18カ国から25人が出場。8組に分かれて総当たりの予選リーグを行い、各組1位が決勝トーナメントに進む方式だった。中谷さんは予選リーグでタイ、英国の選手を抑え込み、準々決勝は米国選手を出足払いで退けた。ステパノフとの準決勝は4分25秒、合わせ技で一本勝ち。本人の記憶では「小外刈りと大外刈り」。得意の投げ技で仕留めた。

五輪柔道の金メダル1号、「前座」でも重かった/JIJI.COM.2020

 いまとは比較にならないほどの重圧だった。1964年東京五輪に臨んだ柔道代表に背負わされたのは「必勝」。そうした空気を選手も意気に感じていた。軽量級に出場した中谷雄英は「(選手も)五輪に出れば勝てるという思いはあった。海外勢よりも国内の代表争いの方が厳しかったですから。日の丸を背負うのは誇らしかった」と振り返る。柔道への並々ならぬ期待は、東京五輪が日本発祥の武道が、五輪の正式競技に採用された大会だったからでもあった。

柔道・中谷雄英/一般社団法人 日本トップリーグ連携機構.2015
準決勝で宿敵「ステパノフ」と再戦

事実上の決勝とみられた準決勝・ステパノフ(ソ連)戦で「タコ足」の異名通り、左足首を使っての出足払い、大外刈りであわせ一本を奪うと、決勝のヘンニ(スイス)戦は開始30秒で左の小外掛けの技あり、さらに小外掛けで尻もちをつかせていた。

オリンピックの柔道はまさに’64年東京オリンピックから歴史の歯車が回りだした!!/ミドルエッジ.2017

 1941年7月生まれ。広島・広陵高から明大に進学したが、身長165センチほどで、体重68キロという柔道選手としては小柄だったため、体重無差別で争う団体戦のレギュラーにはなれなかった。しかし、五輪採用によって体重別の試合が導入されるようになり、大学4年で東京五輪の舞台に立つ。切れ味鋭い背負い投げ、多彩な足技の使い手で「広島の三四郎」の異名を取った。

柔道・中谷雄英/一般社団法人 日本トップリーグ連携機構.2015

 「金」以外は敗北。そんな空気の中、予選リーグから決勝まで5試合をオール一本勝ちで頂点に立った。踏ん張りどころだったのはオレグ・ステパノフ(ソ連)との準決勝。代表選考の過程を思えば、ここだけは負けるわけにいかなかった。

【特集】五輪・金メダル1号物語/JIJI.COM.2020

「相性も良かった」と言う。ステパノフの得意技は帯取り返し。長い手足を生かして釣り手の右で背中越しに帯を取って後ろに投げる技に、右組みで相四つの日本選手は手を焼いていた。中谷さんは左組みで、右組みのステパノフとはけんか四つ。10センチほど身長が低かったものの、ステパノフが伸ばしてくる右手を左手で封じて奥襟や背中越しの帯を取らせなかった。

五輪柔道の金メダル1号、「前座」でも重かった/JIJI.COM.2020

ステパノフとの準決勝は4分25秒、合わせ技で一本勝ち。本人の記憶では「小外刈りと大外刈り」。得意の投げ技で仕留めた。

五輪柔道の金メダル1号、「前座」でも重かった/JIJI.COM.2020
決勝は判定により一本勝ち!

決勝はくせのない柔道をするスイスのエリック・ヘンニ。

五輪柔道の金メダル1号、「前座」でも重かった/JIJI.COM.2020

 極度の緊張状態に置かれた中谷さんだったが、主審の「始め!」の声が掛かった瞬間、勝手に体が反応した。得意の足技で攻めまくり、まず小外刈りで技ありを奪う。さらに大内刈りでヘンニを畳に叩きつけた。だが、主審の手は上がらない。すかさず副審がアピール。審判団の話し合いが延々続いた。だらしなく足を投げ出して座る相手に対し、中谷さんは静かに正座したまま判定を待ち続けた。

64年東京五輪 柔道ニッポン金1号・中谷雄英さん「前座」と言われても…勇気つないだ一本勝ち/Sponichi Annex.2018

 協議が始まってから5分後、ようやく審判団の輪が解けた。主審の手がさっと真横に上がる。技あり。合わせ技で一本勝ち。柔道が五輪で初めて金メダルを獲得した歴史的な瞬間だった。

64年東京五輪 柔道ニッポン金1号・中谷雄英さん「前座」と言われても…勇気つないだ一本勝ち/Sponichi Annex.2018

オリンピック初の柔道で金メダルを獲得!!

1964年(昭39)10月20日、日本武道館のセンターポールに柔道で最初の日の丸が揚がった。

武道館に初の日の丸掲げた「柔道金1号」中谷雄英氏/日刊スポーツ.2017

外国人主審の不手際で、しばし中断するハプニングはあったが、わずか1分15秒のあわせ1本。1万5000人の観客からは、割れんばかりの拍手が送られ、貫禄の金メダルだった。

オリンピックの柔道はまさに’64年東京オリンピックから歴史の歯車が回りだした!!/ミドルエッジ.2017
勝って当たり前の時代の重圧

当時は「全4階級優勝が当たり前」「柔道=無差別」という風潮で、中谷は「表彰台の真ん中に立って『俺の任務は終わった』という気持ちだった。金メダルはうれしかったけど、涙が出るほどでもなかった」と振り返っていた。

中谷雄英が金「涙出るほどでもない」日本の初メダル/日刊スポーツ.2020

「表彰台に立った時は『責任をまっとうできた』と胸を撫でおろしました。僕が負けたら他の日本人選手の士気にかかわるし、『負けたら故郷の広島に生きて帰れん』と思っていましたからね」

1964東京五輪でオール1本柔道金の中谷さん 西独コーチ経て母校で指導/NEWSポストセブン.2021

引退後も柔道選手の育成に尽くした

現役引退後もコーチや審判員、全日本柔道連盟理事として五輪柔道に携わり、世界各国で競技普及に貢献。九段となった現在も広島県柔道連盟理事長などを務める傍ら、母校広陵高で後進の指導を続ける。全国各地へ応援に出掛け、今なお柔道への情熱は衰えていない。

<1> 幸せな人生 東京五輪で「金」の快挙/中国新聞デジタル.2014
created by Rinker
 日本が世界に誇る偉大な映画監督・黒澤明の記念すべき監督デビュー作。柔道の素晴らしさを知った主人公姿三四郎が、柔道を通じて人間的に成長していく姿を繊細かつダイナミックに描いた痛快娯楽作品。明治15年、柔術を志していた三四郎だったが、矢野正五郎と出会い柔道の素晴らしさを目の当たりにした三四郎は矢野を師と仰ぐことに。厳しい修行のおかげでみるみる力をつける三四郎だったが、それはいつしか慢心を生み……。(「allcinema」データベースより)

Isao Okano

中量級「岡野 功」

Grappler Kingdom/YouTube

1944年1月20日生まれ。茨城県龍ヶ崎市出身。

岡野 功 Okano Isao | 達人・名人・秘伝の師範たち/武道・武術の総合情報サイト WEB秘伝.2016

「昭和の三四郎」

身長170センチ、体重80キロ以下の小兵ながら大型選手を向こうに回して鮮やかな「一本」を連発する姿はマスコミに「昭和の三四郎」と称され、柔道史に一時代を築いた。

伝説の柔道家・岡野功氏が全日本男子チームを指導/柔道サイト eJudo LITE.2019

「ケンカが強くなりたいから」

小学5年生の頃、たまたま地元青年部の大会を見たのが柔道にのめり込むきっかけでした。今と違って体重に関係なく対戦するわけで、小さい人が大きな人を投げる美しさに魅了されたんです。

茨城県立竜ケ崎一高/12 縮こまらず、世界に視野を 岡野功さん /東/毎日新聞.2016

柔道を始めた動機の一つが「ケンカが強くなりたいから」とも。初めて買ってもらった柔道着を宝物のように大切に扱ったという。穴があけば、つぎあてをし、寝るときには枕元に置いた。道場に通う子供はみなそうだった。そういう時代だった。

柔道・岡野功/JAPAN TOP LEAGUE.2014

中学で柔道部へ入部!県主催の大会で個人・団体で優勝

龍ヶ崎中学校にて柔道部へ入部し、たちまち頭角を現す。

岡野 功 Okano Isao | 達人・名人・秘伝の師範たち/武道・武術の総合情報サイト WEB秘伝.2016

茨城県主催第1回中学柔道大会で個人・団体ともに優勝。

茨城県立竜ケ崎一高/12 縮こまらず、世界に視野を 岡野功さん /東/毎日新聞.2016

私たち子どもは地面に丸さえ描けば遊べる相撲に興じていましたが、中学に進むとすぐに柔道部に入りました。70人はいましたか。高校進学後も20人が続けたと思います。

茨城県立竜ケ崎一高/12 縮こまらず、世界に視野を 岡野功さん /東/毎日新聞.2016

高校1年の時にインターハイに出場!さらに飛躍する

県立龍ヶ崎第一高等学校へ入学後、1年生にしてインターハイ出場、3年次には個人戦3位に入賞する。

岡野 功 Okano Isao | 達人・名人・秘伝の師範たち/武道・武術の総合情報サイト WEB秘伝.2016

中央大学の法学部に入学し弁護士を目指すが……結果的に柔道の道を選ぶ

 岡野功は多くの法律家を輩出している中央大法学部出身。1年生の頃は真剣に弁護士を目指していた。しかし、柔道の合宿所生活はそれを許さなかった。入学時の雑用、6時間の稽古、そして先輩のお説教も数時間。とてもじゃないが、法律の勉強など夢のまた夢だった。

【柔道】日本柔道オリンピック金メダリスト列伝(第11回)岡野功/BBMスポーツ.2019

 すぐに岡野は方向転換した。2つに1つなら柔道だ。1年時に決心してから柔道に一筋になっていった。考えた末の決断は早かった。彼はこの頃を「学生時代は青春の真っ盛り。(中略)若いときには憧れを抱き、年齢を重ねてくると苦悩の日々も全て浄化し、美化した思い出のみを回想しがちだが、内実はそんなにさわやかなものではない」(『中大柔道百年史』より)と振り返っている。

【柔道】日本柔道オリンピック金メダリスト列伝(第11回)岡野功/BBMスポーツ.2019

「青春時代の真ん中は胸にとげ刺すことばかり」という歌があるが、まさに岡野の青春はそんな感じで始まった。だが、2つのうちの1つを選択したことで、稀代の、歴史に名を残す柔道家になった。

【柔道】日本柔道オリンピック金メダリスト列伝(第11回)岡野功/BBMスポーツ.2019

東京オリンピックの年に右膝を負傷

東京五輪前の64年春、稽古に右膝を負傷して、約3カ月稽古が出来なかった。「『負けたらどうしよう』と、ナーバスになって不安に襲われた」。選手村に入っても稽古以外は部屋にこもり、人との接触を避けた。

「昭和の三四郎」岡野功氏が伝えた大勝負前の準備力/日刊スポーツ.2019

<東京オリンピック 柔道 中量級>怪我の影響もあったが金メダル獲得

 1964年の東京五輪では、1、2戦はポルトガル選手、ベネズエラ選手に背負い投げ、合わせ技で完勝。準々決勝ではグロッサン(フランス)に送り襟絞めで「一本」。

【柔道】日本柔道オリンピック金メダリスト列伝(第11回)岡野功/BBMスポーツ.2019

五輪では攻めに徹する本来の柔道は出来なかったが、本番に向けて強化した寝技を多用し、勝利を重ねた。

「昭和の三四郎」岡野功氏が伝えた大勝負前の準備力/日刊スポーツ.2019

 事実上の決勝戦と見られていたのが準決勝の金義泰(韓国)戦だった。1964年東京五輪。この大会から正式競技となった柔道の中量級(80キロ以下)には20選手が参加した。岡野は準々決勝まで危なげなく一本勝ちを続け、そして迎えた準決勝。右の組み手をしっかり取ると、連続で得意の背負い投げを繰り出す。序盤から攻めに攻めたが、4月に痛めた右膝負傷の影響もあってか、決めきれず、判定にもつれ込んだ。それでも終始攻め続け、小外掛けで相手を横転させての優勢勝ち。決勝で対戦したホフマン(西ドイツ=当時)からは横四方固めで一本勝ちを収め、期待通りに金メダルに輝いた。

柔道・岡野功/JAPAN TOP LEAGUE.2014

「無差別級に出場するヘーシンク以外には勝って当たり前」

 大会前からピリピリを超えるビリビリした緊張がありました。皆さんの焦点は無差別の神永(昭夫)さんがヘーシンク(オランダ)を倒せるか。神永さん以外の私たち3人は勝って当たり前なんです。

勝って当然 異常な重圧 柔道「金」・岡野功さん/東京新聞 TOKYO Web.2018

 決勝で勝ってもうれしい気持ちはありません。責任を果たした。そのひと言です。重圧はすごかったけど、本来、柔道とは無差別でやるべきもの。階級制の五輪には価値がない。あくまで(体重無差別で争う)全日本選手権を制覇するための通過点でした。

勝って当然 異常な重圧 柔道「金」・岡野功さん/東京新聞 TOKYO Web.2018
「大きければ強いのか」無差別で金メダルを獲得したヘーシンクに闘志を燃やす

 岡野も打倒ヘーシンクに燃えた。「大きければ強いのか」と、80キロに満たない体で必殺の背負い投げに磨きをかけたが、対戦の機会は得られなかった。それでも無差別の全日本選手権で巨漢選手を投げまくり、2度の日本一に輝いた。講道学舎の弟子筋にあたる古賀稔彦がバルセロナ五輪の71キロ級を制しても、「同じ階級で勝っても当たり前」と、あくまで厳しかった。

【オリンピズム】1964東京(4)打倒ヘーシンクに燃えた 岡野功「大きければ強いのか」 /産経ニュース.2016

無差別級で柔道最強を決める「全日本選手権」で優勝

増田俊也スタジオ(作家のYouTube)/YouTube

 翌1965年、岡野は初めて体重別で行われたリオデジャネイロ世界選手権の中量級でも圧勝。すでに、この階級では国内外に敵はいなくなっていた。そして当時は、無差別級こそ柔道―という思考が色濃く残っていた時代。体重別で行う五輪などとは違い、体重無差別で争う全日本選手権が世界一を争う舞台とも見られ、いま以上に注目を浴びていた。中量級に敵がいなくなった岡野にとっても目標はそこになっていた。

柔道・岡野功/JAPAN TOP LEAGUE.2014
まさに「柔よく剛を制す」

 体重無差別で日本一を決める大会には、「柔よく剛を制す」の理想を求め、重量級以外の選手も多く挑んできた。

【ベテラン記者コラム(63)】小川対古賀、平成の名勝負生んだ体重無差別の柔道全日本選手権/サンスポ.2020

1967(昭和42)年から体重無差別の全日本柔道選手権で3年連続決勝に進出、67年大会と69年大会の2度優勝を果たした。

伝説の柔道家・岡野功氏が全日本男子チームを指導/柔道サイト eJudo LITE.2019

体重約80kgの選手が「3冠」達成

 日本の柔道界では全日本選手権、世界選手権、五輪の3タイトルを獲得している選手を「3冠」と呼ぶ。

100キロ級で「柔道3冠」を目指す。 ウルフ・アロン、1年延期のメリット。/Number Web.2020

 猪熊功、岡野功、上村春樹、山下泰裕、斉藤仁、井上康生、鈴木桂治だ。五輪での正式採用が’92年バルセロナ大会からである女子は阿武教子と塚田真希の2人だけとなっている。

100キロ級で「柔道3冠」を目指す。 ウルフ・アロン、1年延期のメリット。/Number Web.2020

日本には7人の3冠がいるが、最も軽い柔道家が岡野だ。現役時代は約80kg。

【五輪金メダリスト連載】無差別でも勝ってこそ昭和の三四郎!白鵬も目指した理念「後の先」の提唱者~1964年東京五輪柔道中量級・岡野功/mimiyori.2021

3冠は3冠でも、五輪の金メダルを最初に獲得して全日本が最後と、常識を覆すようなスタイルをここでも披露している。というのも全日本選手権は体重無差別で、体重80キロに満たない岡野は圧倒的に不利なのだ。それでも69年全日本選手権でも優勝を果たし、2度の栄冠を手にしたのは、歴史的快挙だった。 

【五輪金メダリスト連載】無差別でも勝ってこそ昭和の三四郎!白鵬も目指した理念「後の先」の提唱者~1964年東京五輪柔道中量級・岡野功/mimiyori.2021

柔道では『柔能制剛』は死語のようなものだが、岡野はその体で超級を倒し3冠になった唯一の柔道家だ。その意味では、彼によって辛うじて『柔能制剛』が現代柔道でも成立したといえる。

【柔道】日本柔道オリンピック金メダリスト列伝(第11回)岡野功/BBMスポーツ.2019

引退後「正気塾」を設立して選手を育成

全日本選手権2度目の優勝の直後、25歳で「体力の限界」を理由に突如現役を引退。「正気塾」を設立して後進を育て、以後は流通経済大監督(同大教授を経て現在は名誉教授)のほか、慶應義塾大、東京大、中央大柔道部で師範を歴任した。全日本コーチ時代に著した「バイタル柔道」は柔道技術史上に残る名著として名高い。のちにその技術と指導法は「バイタル柔道ビデオ版」3部作に映像として収められ、2012年にDVD版としてまとめられた。

伝説の柔道家・岡野功氏が全日本男子チームを指導/柔道サイト eJudo LITE.2019
created by Rinker
「戦後最高の業師」の異名を持つ岡野功の数々の技術を収録。流れるような連続写真で、寝技ならではの変化・コンビネーションが蘇る。(「BOOK」データベースより)

Isao Inokuma

重量級「猪熊 功」

Judo Art 日本柔道/YouTube

猪熊功(いのくまいさお)さんは、昭和13年(1938)2月4日神奈川県横須賀市に生まれました。

東京オリンピック柔道金メダリスト 猪熊功さん(高8期)/横須賀高校: 記恩ヶ丘/2021

父は海軍将校、母は小学校教諭。

朋友/神奈川県立横須賀高校同窓会 – 会報 第89号

幼少時代は病弱だった

結核・自家中毒・ヘルニアなどを患い幼少時代は病弱でした(前略)

東京オリンピック柔道金メダリスト 猪熊功さん(高8期)/横須賀高校: 記恩ヶ丘/2021

たくさんの偉人を輩出した!聖地「渡辺道場」に入門

不入斗中学2年で汐入にあった渡辺利一郎先生の道場に入門。同門に同級生の広川 (元小結、9宮城野親方)、森徹(元日ドラゴンズ)がいた。

朋友/神奈川県立横須賀高校同窓会 – 会報 第89号

渡辺道場の稽古は厳しく、立ち向かう精神と戦う姿勢を叩き込まれ、猪熊氏もここから生まれたのであった。

2016年8月号/今月のことば | 講道館

体格で劣る猪熊は、最初は相手に投げ飛ばされ続けていましたが、持ち前の負けん気と向上心で背負投を武器に強くなっていきました。

東京オリンピック柔道金メダリスト 猪熊功さん(高8期)/横須賀高校: 記恩ヶ丘/2021
渡辺利一郎 師範

渡辺氏は栃木県足利市に生まれ、飯塚国三郎十段の門下生として修行し、1941(昭和16)年には全日本選士権大会で3位に入賞、その後は多くの青少年を育成、戦後柔道の発展に尽力された。

2016年8月号/今月のことば | 講道館

 渡辺道場では多くの若者たちが鎬を削り、”渡辺精神”を受け継ぐ数多くの門人を輩出した。森徹氏(故人)は柔道と野球の両道に励み、早稲田大学から中日ドラゴンズに入団。1959(昭和34)年にはセ・リーグ本塁打王・打点王の2冠に輝くなど実績を残した。プロ野球引退後はまた柔道修行に戻り、六段まで昇段した。大相撲にスカウトされた廣川泰三氏(故人)は小結まで昇進し、後に宮城野親方となって部屋を継承した。また、渡辺氏は軍基地の外国人にも柔道を広め、その1人アルセイカ七段はアメリカ代表となって世界選手権大会に出場した。開国の地横須賀の渡辺道場は、偉大な人物を輩出する聖地であった。

2016年8月号/今月のことば | 講道館
柔道の父「嘉納治五郎」の教え“力必達”

“力必達”が指導理念であった渡辺利一郎師範に鍛えられ”闘魂”が培われた。

2016年8月号 – 今月のことば/講道館

柔道の創始者・嘉納治五郎の教えの一つに「力必達」(つとむれば,かならずたっす)という言葉があります。努力すれば目標は必ず達成されるという意味です。また,「努力は人を裏切らない」「努力なくして真に貴重なものはない」とも言います。

栄光の陰に努力あり/京都市立桃山中学校

高校時代にアメリカ兵からボーディービルディングを学ぶ

県立横須賀高校(高8期)に進学すると、地元の横須賀のアメリカ兵からボディービルディングを教わり、一時は140キロのベンチプレスを持ち上げるくらいに上達しました。腕力と持久力を強化することで得意の背負投に磨きをかけました。高校3年の時には国体に出場し、東京教育大学(現・筑波大学)に進んでからも柔道を続けました。

東京オリンピック柔道金メダリスト 猪熊功さん(高8期)/横須賀高校: 記恩ヶ丘/2021
東京教育大(現筑大)時代に21歳で日本一!

 東京教育大学(現・筑波大学)に入学後は、1年先輩で、後に日本一を賭けて争う事となる長谷川博之の家に下宿。大学の同期には竹内善徳らがいた。大学4年次の1959年、初めて出場した全日本選手権で優勝し、21歳にして日本一に。学生として、また体重86kgという小躯でのチャンピオンは史上初の快挙であった。

猪熊功~首と腹を刃物で刺して自殺した柔道家/有名人の死.2019

卒業後は警視庁の柔道講師

大学卒業後は順天堂大学助手、警視庁柔道講師などを歴任。

猪熊功/wikipedia

【神猪時代】ライバル「神永昭夫」

ライバルの神永昭夫(無差別級代表)とは3年連続全日本の決勝で対戦するなど“神永、猪熊時代”と言われた。

オリンピックの柔道はまさに’64年東京オリンピックから歴史の歯車が回りだした!!/ミドルエッジ.2017
猪熊 功ももちろん「打倒ヘーシンク」

本来、猪熊は無差別級での東京五輪出場を目指していた。なぜなら、当時無類の強さを誇っていた無差別級選手・ヘーシンクを倒したかったから。

【五輪金メダリスト連載】打倒ヘーシンクはついに叶わず 失意の金メダリスト~1964年東京五輪柔道重量級・猪熊功/mimiyori.2021

その前に立ちはだかったのは因縁のライバル・神永昭夫だった。

【五輪金メダリスト連載】打倒ヘーシンクはついに叶わず 失意の金メダリスト~1964年東京五輪柔道重量級・猪熊功/mimiyori.2021
しかし重量級で出場することに決定、ヘーシンクと戦うことは無くなった

”神猪時代”とも称される時代を築き上げた2人だが、猪熊は64年全日本選手権で3位に終わり、日本柔道強化委員会の選考の結果、神永が無差別級、猪熊が重量級で東京五輪に出場することが決まった。

【五輪金メダリスト連載】打倒ヘーシンクはついに叶わず 失意の金メダリスト~1964年東京五輪柔道重量級・猪熊功/mimiyori.2021

<東京オリンピック 柔道 重量級>凄まじい強さで金メダル

 無差別に無敵のヘーシンク(オランダ)がエントリーしたので、80kg超級がメダルの狩り場と思った巨漢選手たち。しかし、闘志満々で立ちふさがる日本の小さな柔道家に野望を打ち砕かれた。猪熊の一本背負い投げは、パワーで持ち上げて有無を言わさず投げる豪快なものだったし、体落としは横から相手の懐に入り込む、実に高度なテクニックだった。

日本柔道オリンピック金メダリスト列伝【第1回】/ベースボール・マガジン社: BBMスポーツ.2017

1964年(昭39)10月22日、道重量級で30上も上回るダグ・ジャース(カナダ)に優勢勝ちしメダルを獲得した。準決勝までの3試合はオール一本勝ちの圧勝 で、軽量級、中量級に続き3日連続でセンターポールに日の丸を掲げた。

朋友/神奈川県立横須賀高校同窓会 – 会報 第89号

史上初の柔道3冠を達成した男

翌年の1965年の全日本選手権では無差別級を制し、史上初の柔道三冠を達成(後略)

東京オリンピック柔道金メダリスト 猪熊功さん(高8期)/横須賀高校: 記恩ヶ丘/2021

全日本選手権大会を1959(昭和34)年と1963(昭和38)年の2度制し、東京オリンピック金メダル、その翌年の世界選手権では無差別で優勝という猪熊氏の柔道戦歴は輝かしい。その存在感は大きく、天才かつ努力家、怒涛の精神と統率力を持つ柔能く剛を制する柔道家であり、我々の英雄であった。

2016年8月号 – 今月のことば/講道館

 猪熊選手は、当時の柔道界のスーパースターといってよい存在でした。なんといっても技が切れた。話し方も歯切れがよく、日本の柔道を背負っている自負が感じられる選手でした。

『ふたつの東京五輪』 第6回 「日本の威信をかけた戦い(1)」/Number Web.2009

「打倒ヘーシンク」無差別で金メダルを獲得したヘーシンクに闘志を燃やす

 猪熊さんもうつむいて、涙を流していました。みんな頭を抱えている。それはもうショックでした。自分が金メダルでも、「日本柔道が負けた」という思い。

勝って当然 異常な重圧 柔道「金」・岡野功さん/東京新聞 TOKYO Web.2018
翌年のリオでの世界選手権で戦うつもりだった

 ただ、猪熊にとっては無差別で神永昭夫がヘーシンクに敗れたのが心残りだった。したがって、東京五輪以降の目標は“打倒・ヘーシンク”に。65年のリオデジャネイロ世界選手権が、その好機だった。

日本柔道オリンピック金メダリスト列伝【第1回】/ベースボール・マガジン社: BBMスポーツ.2017
大会中にヘーシンクが引退……戦うことができなかった

 ところが、ヘーシンクは重量級で優勝すると、大会途中で引退を表明。猪熊との対決を回避したのだ。無差別にエントリーし、手ぐすねを引いていた猪熊は当然のようにその階級で優勝したが、それからしばらくして「戦う相手がいなくなった」と27歳で第一線から退いた。日本伝講道館柔道の誇りを取り戻すためにヘーシンクとの対戦を熱望していた彼は、戦うモチベーションを失っていた。

日本柔道オリンピック金メダリスト列伝【第1回】/ベースボール・マガジン社: BBMスポーツ.2017

「人の運は分からない。私が五輪でも世界選手権でも金メダルを取り、神永さんに一つもないとは。だが、ヘーシンクに敗れた神永さんと、戦えなかった私と、どちらが不運だったのかは分からない」と振り返った。

【オリンピズム】1964東京(4)打倒ヘーシンクに燃えた 岡野功「大きければ強いのか」 /産経ニュース.2016

27歳で引退、警視庁も退職して東海建設へ!

27歳で引退した猪熊はそれまで勤めていた警視庁を退職し、東海大学を母体とする東海建設の重役として迎えられる。

東洋の魔女から昭和の三四郎まで…日本人金メダリスト「全員」のいま【一覧付き・前編】/現代ビジネス | 講談社.2016

(前略)東海大学の柔道部強化にも貢献。後に東海大学の教授にもなり、後進の指導にあたった。

【命日】9月28日は柔道三冠王に輝いた猪熊功が自刃した日!/TOCANA.2021

東海大柔道部を瞬く間に強豪へと成長させ、’93年には東海建設の社長にまで上りつめた。しかし、柔道家としては一流でも実業家として成功を収めることはできなかった。

東洋の魔女から昭和の三四郎まで…日本人金メダリスト「全員」のいま【一覧付き・前編】/現代ビジネス | 講談社.2016

バブル崩壊での莫大な負債「自らこの世を去った」

〈東京五輪柔道で金 猪熊さん自殺〉

経営難で…猪熊功氏は自宅で頸動脈を切る練習を繰り返した/日刊ゲンダイDIGITAL.2020

 そう新聞が報じた9月30日、横須賀市の曹源寺で葬儀が行われた。戒名は「徳柔盈功居士」。12日後の10月12日、社長を務めていた東海建設は、負債総額200億円超で破産宣告を受けた――。

経営難で…猪熊功氏は自宅で頸動脈を切る練習を繰り返した/日刊ゲンダイDIGITAL.2020
「なーに、円谷にだってできたんだ……」

「なーに、円谷にだってできたんだ。俺にできないはずはない」

経営難で…猪熊功氏は自宅で頸動脈を切る練習を繰り返した/日刊ゲンダイDIGITAL.2020

 猪熊がそう言ったのは、自殺する2週間ほど前だ。円谷とは、64年東京オリンピックのマラソン銅メダリストの円谷幸吉のこと。68年1月にカミソリで首の頚動脈を切って自殺していた。

経営難で…猪熊功氏は自宅で頸動脈を切る練習を繰り返した/日刊ゲンダイDIGITAL.2020

2001年9月28日午後7時35分、東海建設社長室でそれは決行された。

猪熊 功 の自決を介錯した男/三島由紀夫と森田必勝のブログ.2013

その死は「介錯なき切腹」をイメージしたもので壮絶であった。

五輪と自殺/柿生隠者.note.2021

 社長室の自らの机の上には、“怨念”の文字が大書されていたという。

【命日】9月28日は柔道三冠王に輝いた猪熊功が自刃した日!/TOCANA.2021
【電子書籍】柔道五輪金メダリスト猪熊功はなぜ自刃したのか
created by Rinker
 私を見て少し微笑んだように見えた次の瞬間、猪熊は「今ならできる!」という低い叫び声とともに机上の脇差を取り上げ一気に首に突き込んだ。(本文より)

Akio Kaminaga

無差別級 「神永 昭夫」

sportnotv 1/YouTube

神永氏は昭和11年に仙台で生まれ,この時代の日本では珍しいほどに体の大きな少年でした。

世界一の銀メダリスト – with/通信教育部|東北福祉大学

高校で柔道を始め講道館の昇段試験で19人抜きの伝説を残す

東北高校時代から柔道を始めた遅い出発の神永は猛稽古で精進を重ねた。

12月22日。神永昭夫「人並みにやっていたら、人並みにしかならない」/久恒 啓一.note.2017

東北高校柔道部時代,神永と稽古するのは命がけだと恐れられ,実際に稽古をした後の相手はしばらく起き上がれないほどだったようです。

世界一の銀メダリスト – with/通信教育部|東北福祉大学

柔道を始めたのは高校生の時という日本代表選手としては珍しいキャリアの浅さながら、東北高校3年の時に挑戦した講道館の昇段試験でナント19人抜き、いきなり三段に昇進。

重 圧/ナベちゃんの徒然草 – アメブロ

柔道強豪校の明治大学に入学!日本一に導く

その非凡な実力をかわれ,全国でも指折りの強豪,明治大学に進学しました。明治大学時代,学生団体日本一を懸けた試合は代表戦までもつれこみました。明治の代表はもちろん神永。神永は代表戦で引き分け。当時は判定がなかったため,2度目の代表戦が行われました。ここでも明治は神永を代表に選出しました。たった今,試合を終えた選手をまたすぐに出すのは極めて稀です。明治の他の選手が頼りなかったのではありません。それほどまでに神永を信頼していたのです。そして,神永は2度目の代表戦に勝利し,明治を日本一に導いたのです。

世界一の銀メダリスト – with/通信教育部|東北福祉大学
卒業後に無差別級に選ばれる

 大学卒業後,神永氏は全日本柔道選手権に優勝し名実ともに日本一になった神永氏は,東京オリンピック柔道競技無差別級の日本代表に選ばれました。

世界一の銀メダリスト – with/通信教育部|東北福祉大学

<東京オリンピック 柔道 無差別級>日本柔道の威信をかけた世紀の大一番

1964年に開催された東京オリンピックで、柔道は初めて正式競技として採用されました。柔道発祥の地での採用は注目の的となり、日本のお家芸を世界に知らしめる舞台は整いました。その期待通り、軽量級、中量級、重量級と、全ての階級で金メダルを獲得し、日本にとって残るは無差別級だけでした。柔道といえば無差別級、そう考えられていた時代のことです。この試合は誰もが待ち望む世紀の大一番、そう言っても過言ではないでしょう。

オリンピック・パラリンピックから引き継がれるもの/orandatowatashi.nl
オリンピック直前に左膝の靱帯の靭帯が断裂してしまう

ただ、不運なことにこの五輪直前に左膝の靱帯(じんたい)を断裂、一切それを隠しての戦いだった。

【Tokyo1964秘録】柔道無差別級・神永昭夫 「柔道」が「JUDO」になった日/zakzak.2020

明らかな体格差……ついにヘーシンクとの決勝戦が始まる

そして競技日程の最終日の10月23日、日本武道館で柔道無差別級の決勝戦は行われました。

オリンピック・パラリンピックから引き継がれるもの/orandatowatashi.nl

先に会場に現れたのは、ここまで順調に勝ち進んできたオランダのアントン・ヘーシンクでした。

オリンピック・パラリンピックから引き継がれるもの/orandatowatashi.nl

予選の対戦でヘーシンクはすでに神永を破っていたため、明仁皇太子と美智子妃を含め、日本武道館で観戦していた日本人は、神永が予想を覆して勝利することを願ってはいたが、現実には2人の柔道家が並んで立つ姿を見て、ただただ心配を募らせていた。一方は身長2m、体重120kgの外国人の巨漢で、他方は180cm、102kgの日本人だった。

ロイ・トミザワ – 1964年東京オリンピックの莫大な遺産:1964年が日本の最高に輝いた年である3つの理由/TOKYO UPDATES.2021
神永 昭夫(日本柔道)が負けるわけがない

オランダのベアトリクス王女と皇太子殿下御夫妻が見守る中、決勝戦は始まりました。神永に予選で勝っていたヘーシンクが精神面にも有利との見方もありましたが、それでも心・技・体が備わってこその柔道、神永が負けるわけがないとも思われていました。

オリンピック・パラリンピックから引き継がれるもの/orandatowatashi.nl

 8分過ぎ、神永が大外刈りから体落としで崩しにかかる。ヘーシンクはこれを交わすと神永の体に覆いかぶさりそのまま押さえ込みに。けさ固めががっちり決まり神永は身動きできない。力なく両足を動かすだけだ。場内は騒然となり悲鳴もとんだ。

【Tokyo1964秘録】柔道無差別級・神永昭夫 「柔道」が「JUDO」になった日 /zakzak.2020

そして、懸命に逃れようとする神永をヘーシンクは30秒間押さえ続け、試合開始から9分22秒袈裟固一本で神永を下し金メダルを獲得しました。

オリンピック・パラリンピックから引き継がれるもの/orandatowatashi.nl

畳にあおむけにされた神永は武道館の高い天井を見上げていた、という。

日本武道館に描く五輪のドラマ 空手「長年の夢」、清水が歴史的メダル/47NEWS.2021

無差別級での敗北……。「日本柔道が負けた」

本家ニッポンが最も重視していた体重制限のない階級での完敗。

日本武道館に描く五輪のドラマ 空手「長年の夢」、清水が歴史的メダル/47NEWS.2021

お家芸での完全制覇がならなかった日本の控え室は金メダル3個を取りながらも、まるでお通夜のように静まりかえっていたという。

東京五輪への道/デイリースポーツonline

銀メダルも「日本柔道が負けた」と報じられた。

柔道「最終日」金メダル締めのはずが…仏は登録人口3倍、裾野広げる必要も/日刊スポーツ.2021

「柔道が世界のJUDOになった日」

威信をかけた東京オリンピックの無差別級で金メダルを逸したわけであるが、記者団の質問に対し、当時の講道館のトップ、三船久蔵 十段はこう言い放った。「これでいい。これで柔道は世界のものになった」

講道館柔道の真髄は「相手の力を利用して逆らわずに勝つ」にあり/電子デバイズ産業新聞

柔道が五輪に初登場したのは1964年東京大会。日本勢は全4階級で3つの金メダルを獲得したが、最後に立ちはだかったオランダ人によって「柔道がJUDOになった日」として記憶されている。

柔道がJUDOになった日 1964年東京五輪/日本経済新聞.2019

 ところで、金メダルに輝いたヘーシンクは言っている。「自分が勝ってよかった。4階級すべて日本選手が制したら、柔道はローカルな競技として五輪種目から外されていただろう」

【Tokyo1964秘録】柔道無差別級・神永昭夫 「柔道」が「JUDO」になった日 /zakzak.2020
ヘーシンクに敗れた日本柔道は未来のために動き出した

 講道学舎は、中学・高校一貫指導の全寮制の柔道私塾だった。1964年東京五輪の柔道競技で、初めて外国人選手(アントン・ヘーシンク=オランダ)に敗れたことに危機感を強めた初代会長の故横地治男さんや財界人が、本来の日本柔道を取り戻すべく76年に設立した。大道場には、嘉納治五郎師範の最後の書が飾られ、食堂、トレーニングルームを備えた。ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が訪れるなど、海外から著名人の来賓も多かった。バルセロナ五輪金メダルの古賀稔彦さんや、吉田秀彦、瀧本誠など名だたる柔道家を輩出した。

「五輪金メダルと東大」を生んだ柔道部 弱かった大野将平の才能を見抜いた恩師の神髄/THE ANSWER.2021

その後、引退した神永昭夫は無差別級の金メダリストを育て上げた

神永昭夫選手も、当然、悔しかったことだろう。現役を引退し、指導者となった神永氏は、1976年オリンピック・モントリオール大会で、柔道無差別級に於いて金メダルを獲得する上村春樹選手を育て上げた。

その男は止めた。全力で止めた《2020に伝えたい1964》/READING LIFE prezented by 天狼院書店.2019

明大時代に神永の指導を受けた上村春樹さん(講道館館長)は、師から「俺は一生懸命戦った。それで負けたのだから悔いはない」との述懐を聞いた。苦い経験も含めて薫陶を受けた上村さんは、76年モントリオール大会で、日本に初めて無差別級の五輪金メダルをもたらした。

57年前の悔しさ晴らすか 原沢、最重量級の「使命」―柔道男子〔五輪・柔道〕/JIJI.COM.2021
created by Rinker
1964年、終戦の混乱からわずか19年の東京で開催されたオリンピックは、戦後日本の青春といえた。だが光がまばゆいほど、その影は色濃く、青春であるからこそ時に儚く、時にほろ苦い。そして深い哀しみや愁いの先にも、温かな物語や希望はあった。

Antonius Johannes Geesink

オランダの英雄「ヘーシンク」

Netherlands in Japan/YouTube

柔道発祥の地、日本でヘーシンク氏が勝利したことは、その後の柔道の国際化を加速させたと言っても過言ではありません。しかし、それ以上に人々の記憶に残り、これからも語り継がれるものは、ヘーシンク氏が決勝戦で見せた対戦相手への敬意ある姿と言われています。

英雄アントン・ヘーシンク氏の柔道着、57年ぶりに日本へ 駐日オランダ王国大使館『オリンピック・パラリンピックから引き継がれるもの』にて展示/Digital PR Platform.2021

【伝説】金メダルをとった後の立ち振る舞いに日本中が感銘を受けた

 9分22秒の戦いの直後に訪れた一瞬の静けさ。それは武道館だけではなく、テレビ中継を見入っていた日本国民全員を包み込んだ。一方で、勝利の後も未だけさ固めを解き放たず、神永を左懐に押さえ込んだままのヘーシンクの右手が上がった。

柔道無差別、神永の敗戦を見守ったひとりの記者・宮澤正幸氏/JOC – 日本オリンピック委員会

優勝が決まった瞬間、感極まった観客が畳に駆け上がろうとした。大使館のテオ・ペータス全権公使によると、それは選手村で一緒だったオランダのボクシング代表選手2人だったという。ヘーシンクは手で彼らを制止し、畳を降りるまで礼を尽くした。

国際化はこの選手から始まった 1964年の柔道着展示/朝日新聞デジタル.2021
武道の精神を体現

強さだけでなく、礼節を重んじる武道精神を体現したヘーシンクは柔道国際化の象徴となった。

柔道がJUDOになった日 1964年東京五輪/日本経済新聞.2019

このときの日本柔道選手団監督の松本安市氏は、「日本が負けたことはくやしいが、不思議なことに、ヘーシンクには腹が立たない。」と語っている。

アントン=ヘーシンク (一九三四~二OO)(p.28)/NOC*NSF

なんとヘーシンクを育てたのは日本人だった!?柔道家「道上伯」

道上は1912年、愛媛県八幡浜に生まれ、少年時代より万能選手として相撲、剣道、空手など様々な競技で群を抜いていた。

道上伯の足跡1/道上 伯 物語
生涯無敗の柔道家

中でも柔道は、中学生にして三段獲得と言う異例の速さで昇段し、当時の愛媛県地方で、度々話題を呼ぶほどであった。

道上伯の足跡1/道上 伯 物語

京都の武専から、旧制高知高校を出て、上海の東亜同文書院で柔道を教える。その後、ヨーロッパに渡る。身長173 cm、体重75kgの道上は生涯無敗の柔道家であった。

「名言との対話」 8月4日。道上伯「心技体」/久恒 啓一.note.2020

道上伯は日本至上主義、権威主義、伝統主義の講道館や日本柔道界を批判するとともに、柔道のJUDO化=スポーツ化を危惧し、武道としての柔道を普及し続けました。

日欧文化交流の先駆者「道上 伯」とは?/MICHIGAMIワイン
柔道指導のためにフランスに1年契約で招かれる

戦後1953年、フランス柔道連盟から「本格的な柔道の指導者を」と、1年契約で招聘されました。

日欧文化交流の先駆者「道上 伯」とは?/MICHIGAMIワイン
……帰れず(笑)世界中で柔道指導していた中の一人が「ヘーシンク」

その後、帰してもらえずヨーロッパ・アフリカ・アメリカなど54カ国で各国の最高技術顧問として柔道の指導にあたりました。

日欧文化交流の先駆者「道上 伯」とは?/MICHIGAMIワイン

「ヘーシンクはこの道上に鍛えられて実力を伸ばした選手だった。また、やはり武徳会出身で、柔道史上最強を謳われる木村政彦を最後に破った阿部謙四郎もヘーシンクに稽古をつけていた。強くなって当然であった。道上や阿部らの頭には『打倒講道館』という強いモチベーションがあった。ヘーシンクは武徳会の生き残りたちが日本に送り込んだ刺客だったのである。道上らは、戦後の日本柔道の弱点に気付いていた。寝技だ。だからヘーシンクの寝技を徹底的に鍛えた」 

木村政彦外伝/一条真也の読書館

貧困家庭に生まれたヘーシンクは建築現場で働いていた

オランダの貧しい家庭に1934年生まれた、アントン・ヘーシンク選手は、12歳の時から建築現場で働かなければならなかった。彼の12歳の時といえば1946年、終戦直後だ。ナチス・ドイツに占領されていたオランダは、『アンネの日記』でもお解りの通り、国土の荒廃は悲惨を極めていた。その上、海外の植民地は次々と独立してしまい、オランダの経済も困窮を極めていた。

その男は止めた。全力で止めた《2020に伝えたい1964》/READING LIFE prezented by 天狼院書店.2019

運命の出会いに恵まれた55年、ヘーシンクは20歳。レンガ積みなどをする建設現場の労働者だった。

柔道家「ヘーシンク」 日本を愛し、日本に敵視された悲哀(小林信也)/デイリー新調.2021

道上伯に見出されたまたたくまに成長していった

 道場の片隅で黙々と稽古する顔色の悪いこの青年に目を留めたのは、オランダ柔道連盟の招きで指導に赴いた日本の柔道家・道上伯(みちがみはく)だった。パリを拠点に指導し始めて3年目の夏だった。

柔道家「ヘーシンク」 日本を愛し、日本に敵視された悲哀(小林信也)/デイリー新調.2021

 ヘーシンクは、「生涯の恩人」に見出されるまで、オランダ柔道界では「その他大勢のひとり」に過ぎなかった。

柔道家「ヘーシンク」 日本を愛し、日本に敵視された悲哀(小林信也)/デイリー新調.2021

オランダでヘーシンク氏を見初め育て上げたのは、日本の道上伯(みちがみ はく)氏でした。道上氏が、ヘーシンク氏をこのように評しています。
「指導には何でも従う、素晴らしく素直な選手だった。酒もタバコも慎み、休日は自然と触れ合いながら体力作りに専念するなど、感心するところは枚挙に暇がない」と。

柔道ニュース 『素直な心』/柔道ニュース 『執念』 – 新越谷 山崎道場.2019

道上がオランダを訪れるのは2カ月に一度で、20日間程度滞在したが、この間ヘーシンクを徹底的に指導した。柔道の指導はもちろん、サッカー、レスリング、水泳、ランニングも行い、さらに当時は珍しかったバーベル等を使ったウエイトトレーニングも取り入れ、頑強な身体を作り上げていった。その甲斐あって、ヘーシンクはヨーロッパでは無敵の存在としてその名を知られるようになる。

アントン・ヘーシンク 日本柔道に立ち塞がったオランダの巨人 【オリンピック・パラリンピック アスリート物語】/スポーツ笹川財団.2019
日本に何度も来日、練習を重ねついに世界一に!

ヘーシンクが最初に日本を訪れたのは、1956年の第1回世界選手権に出場するためである。この時は準決勝で吉松吉彦七段に敗れている。続く1958年の第2回大会にも来日したが、この大会でも準々決勝で山鋪公義六段に敗れた。第3回大会は1961年末にパリで開催されることになっていたが、ヘーシンクはその年の1月に来日し、2カ月間滞在、講道館や警視庁で練習を積んだ。そして迎えた第3回パリ大会では、前述の通りヘーシンクが初の世界一に輝いたのだ。この瞬間、道上はオランダの柔道関係者により抱えられて試合場に押し上げられ、駆けよってきたヘーシンクに握手され至上の喜びを味わっている。

アントン・ヘーシンク 日本柔道に立ち塞がったオランダの巨人 【オリンピック・パラリンピック アスリート物語】/スポーツ笹川財団.2019

ベーシンク来日時の師匠「松本安市(日本代表監督)」

 そして、その日本柔道を破ったヘーシンク選手が、五輪前に武者修行していたのが天理大学。しかも、ヘーシンク選手を指導したのは、天理大学の初代師範であり、東京五輪の日本代表監督をつとめていた松本安市さんだった。 

“柔道” ~私にはやらなければいけないことがある~/The Players’ Tribune.2021

松本氏は、天理大の初代師範であり、学生同様にヘーシンク氏も分け隔て無く厳しく指導したそうですが、オリンピックでは、松本氏が日本の監督になった為、敵味方に分かれる事になりました。

柔道ニュース 『素直な心』/柔道ニュース 『執念』 – 新越谷 山崎道場.2019

 天理大学で練習していたヘーシンクには誰も勝てないことを、柔道関係者は薄々感じていた。

55年前と来年「東京五輪」を2回取材 89歳現役“格闘技記者”の凄すぎる取材歴/デイリー新潮.2019

天理大学でヘーシンクを指導した経験のある日本チームの松本安市監督は、重量級に猪熊、無差別級に神永を出場させることに決定。

アントン・ヘーシンク 日本柔道に立ち塞がったオランダの巨人 【オリンピック・パラリンピック アスリート物語】/笹川スポーツ財団.2019

全階級制覇が義務付けられていた松本氏は、オリンピックの大会終了後、頭を丸めました。その姿を見て、ヘーシンク氏は直ぐさま全てを察知し、松本氏の傍に駆け寄って最初に発した言葉は「先生、すみません」だったそうです。

柔道ニュース 『素直な心』/柔道ニュース 『執念』 – 新越谷 山崎道場.2019

「日本の四つ目の金メダル」

また、ヘーシンク氏は、現在でも自身が獲得した金メダルを「日本の四つ目の金メダル」と語っています。

柔道ニュース 『素直な心』/柔道ニュース 『執念』 – 新越谷 山崎道場.2019

後にヘーシンクは柔道の国際化のため尽力

 1964年東京五輪の柔道無差別級で金メダルを獲得したアントン・ヘーシンク選手が当時使用していた柔道着が、母国オランダの駐日大使館(東京都港区)で展示されている。

ヘーシンクさんの柔道着公開 64年東京五輪金メダリスト〔五輪・柔道〕/JIJI.COM.2021

大使館で文化担当のバス・バルクスさんは「彼の活躍でオランダでも柔道が知られるようになった。国民的英雄」と話す。

ヘーシンクさんの柔道着公開 64年東京五輪金メダリスト〔五輪・柔道〕/JIJI.COM.2021

 柔道の精神を大切にする一方、国際化を進めたのもヘーシンクだった。64年は白い柔道着2人の対戦だったが、2000年シドニー五輪以降は一方が「青」を着るカラー柔道着が採用されている。引退後、国際オリンピック委員会(IOC)委員をしながら「見る人に分かりやすく、審判の誤審も防げる」とヘーシンクが提唱したものだった。

国際化はこの選手から始まった 1964年の柔道着展示/朝日新聞デジタル.2021

この記事の続きを読む▼

東京オリンピック物語(27)──国内外で254戦連続勝利!無敵の女子バレーチーム「東洋の魔女」
“https://diggity.info/sports/tokyo-olympic-27/”
Previous post 東京オリンピック物語(25)── 日本ボクシング史上初の金メダリスト誕生
Next post 東京オリンピック物語(27)──国内外で254戦連続勝利!無敵の女子バレーチーム「東洋の魔女」