東京オリンピック物語(20)──レスリングで怒涛の日の丸ラッシュ!!日本史上最強の選手「アニマル」

東京オリンピック物語(20)──レスリングで怒涛の日の丸ラッシュ!!日本史上最強の選手「アニマル」

前回の記事を読む▼

東京オリンピック物語(19)──日本人選手団を奮い立たせたウエイトリフティング選手の活躍!!
“https://diggity.info/sports/tokyo-olympic-19/”

Japanese Wrestling 

レスリングで怒涛の金メダルラッシュ!!

DiFilm/YouTube

1964(昭和39)年オリンピック東京大会のレスリング競技は、男子のみで『グレコローマン』『フリー』の両スタイルが、大会2日目の10月11日(日曜日)から、駒沢体育館で行われた。

4年に1度、必ず注目される競技《2020に伝えたい1964》/READING LIFE.天狼院書店.2020

日の丸ラッシュ!!

 10月14日、駒沢体育館は君が代、日の丸ラッシュに沸いた。レスリング・フリースタイル決勝リーグで、まずフライ級の吉田義勝選手が金メダルを獲得した。

10月14日 八田イズムで金メダル量産/北海道新聞.2020
created by Rinker
栄光に向かってひたむきに努力するトップアスリートの“魂”に迫ったNHKの人気番組『アスリートの魂』を漫画化。【進化する技と心】をテーマに、レスリング・吉田沙保里選手、ラグビー・五郎丸歩選手、体操・白井健三選手の熱き戦いの日々を描く!(「紀伊國屋書店」データベースより)

Yoshikatsu Yoshida

フライ級「吉田義勝」

 1950~60年代に北海道から千代の山、吉葉山、大鵬と大相撲の道産子横綱が誕生した。多くの少年たちが相撲取りに憧れた。64年東京五輪レスリングでフリースタイル・フライ級王者の吉田義勝(77)もその一人。理由は明快だ。「体一つでお金を稼げて、腹いっぱい飯が食える」

金量産の格闘技王国  ハングリー精神が源に 【わが街 オリンピアン 北海道/47NEWS.2021
貧困生活の中で心身を鍛え上げた

 旭川市生まれで7人きょうだいの5番目。暮らしは楽ではなかった。新聞配達や肥やし運び、まき割りが日課となり、足腰が自然と鍛えられた。

金量産の格闘技王国  ハングリー精神が源に 【わが街 オリンピアン 北海道/47NEWS.2021

 故郷の旭川ではあまり復興を感じられませんでした。両親は馬を飼い、配送をなりわいにしていました。私は7人きょうだいの5人目。姉兄は中学を卒業して働き、私も地元の薬屋で働きながら定時制高校に通いました。

長所伸ばせば良い レスリング代表吉田義勝さん/東京新聞 TOKYO Web.2017

定時制高校1年の時にレスリングと出合い、天井の隙間から雪が入り込む体育館で練習を重ねた。

半世紀、忘れぬ熱気 64年東京五輪「金」の吉田さん/日本経済新聞.2014

 東京に進学できたのはレスリングの全国大会で活躍できたため。五輪開催は決まっていたけど、当時は教職免許がほしかった。けんかばかりの私が中学、高校を皆勤できたのは素晴らしい先生と巡り合えたから。貧乏学生なので大学では練習後にアルバイトの掛け持ち。建設現場で夜間警備をし、新聞社で朝刊をトラックに積み込んでいました。

長所伸ばせば良い レスリング代表吉田義勝さん/東京新聞 TOKYO Web.2017

「周りも苦学生ばかり。日本は再び立ち上がろうという高揚感に満ちていた」。

半世紀、忘れぬ熱気 64年東京五輪「金」の吉田さん/日本経済新聞.2014

熾烈を極めたオリンピック代表争い

 東京大会で5個の金メダルと大活躍した日本レスリング。優勝候補だった渡辺長武や市口政光に比べ、吉田は伏兵だった。この年の全日本選手権初優勝で、つかんだチャンス。しかし、最初は五輪出場など考えもしなかったという。

おかゆから学んだリーダーとは/レスリング・吉田義勝/コラム ロンドン五輪 : nikkansports.com – 日刊スポーツ.2012

 フライ級の第一人者は今泉だった。全日本で3度優勝、前年のプレ五輪優勝。経験豊富で、確実にメダルを狙える選手だった。

おかゆから学んだリーダーとは/レスリング・吉田義勝/コラム ロンドン五輪 : nikkansports.com – 日刊スポーツ.2012

東京五輪2カ月前のフライ級の代表争い。吉田は8月の代表最終選考会を兼ねた日本選手権で3連覇中の今泉と引き分けに持ち込み優勝。実績では劣っていたため、再試合することになった。ところが、試合直前に「吉田に決めた」と八田の一声で代表入りした。

【復刻】レスリング金5個生んだ「八田イズム」の真実/日刊スポーツ.2021

当時、最強と言われたアリエフ(ロシア)対策だった。今泉はアリエフに勝ったことがなかったが、吉田は対戦がない。八田が「首をかけて選んでくれた」(吉田)。大英断に誰もが反発すると思ったが、今泉は「私ではメダルを取れても金は取れなかった。納得していました」。

【復刻】レスリング金5個生んだ「八田イズム」の真実/日刊スポーツ.2021
1964年東京オリンピック本番

64年10月、会場の駒沢体育館(東京・世田谷)は2千人を超す観客で埋め尽くされていた。「吉田、がんばれ」の大声援と無数の日の丸。「ものすごい熱気が大きな支えになった」

半世紀、忘れぬ熱気 64年東京五輪「金」の吉田さん/日本経済新聞.2014
病み上がりで戦って金メダル

五輪直前に体調を崩し、開会式には参加しなかった。

半世紀、忘れぬ熱気 64年東京五輪「金」の吉田さん/日本経済新聞.2014

 選手村で寝込んでいると、レスリング総監督の八田一朗さんが、ベッド横に飾っていた国旗を見て諭すのです。「こういうものを見ているから気が高ぶって熱が下がらない。試合はいい。メダルもいらない。お前の体が大事だ」と。逆に闘志が湧きました。冗談じゃないって。

長所伸ばせば良い レスリング代表吉田義勝さん/東京新聞 TOKYO Web.2017

 病み上がりでフワフワしていましたが、初戦でフランス選手にフォール勝ちして調子が戻った。アリエフは腕が長く、力も強い。試合終盤、左腕をつかまれた。場外に逃げるふりをすると、逃すまいと強く引いてくる。その瞬間、狙い通りに左足へタックルを決めたのです。アリエフは相手を引き寄せるとき、重心が軸足にかかって守りがおろそかになる。彼の試合を観察して見つけた弱点でした。

長所伸ばせば良い レスリング代表吉田義勝さん/東京新聞 TOKYO Web.2017

相手を引き寄せる時にかかとに体重がかかるクセを逃さず、その瞬間に高速タックルで仕留めた。1一0で最大の敵を突破して、優勝を果たした。

今泉と特訓「吉田スペシャル」金/1964年東京/日刊スポーツ.2015
その後、まさかの金メダル紛失(笑)

65年3月、日大の卒業式会場の両国・日大講堂に向かう総武線の網棚に置き忘れた。

清水聡 紛失ロンドン五輪メダル発見「恥ずかしい」/日刊スポーツ.2016

すぐに届け出たが、すでに何者かによって持ち去られた後。日本協会会長だった八田一朗からは激怒されたという。

おかゆから学んだリーダーとは/レスリング・吉田義勝/コラム ロンドン五輪 : nikkansports.com – 日刊スポーツ.2012

 吉田 報告に協会に行った。再発行ができるかと思ってね。そうしたら、八田さんに怒られて。「3日待つから捜せ」と言われたけれど、あてなんかない。3日後に、持ち帰った人が返しにきてくれた。

おかゆから学んだリーダーとは/レスリング・吉田義勝/コラム ロンドン五輪 : nikkansports.com – 日刊スポーツ.2012

引退後は明治乳業に入社!取締役・社長にまで成り上がる!!

株式会社 明治/YouTube

卒業後は明治乳業に入社。本社取締役、明治乳業販売では社長も務めた。

吉田義勝 よしだよしかつ/講師派遣ナビ

 日本レスリング協会会長の八田一朗(故人)が、フライ級金メダリストの吉田義勝(78)に持ってきたのは進路の話だった。当時の吉田は日大4年生。五輪を花道に引退し、郷里の北海道で教員免許を取るつもりだった。「まだです」と告げると、八田は「よし、一流企業を紹介してやる」と続けた。

【灯す】第4部 五輪の価値(5)変わる選手の意識 競技経験/産経ニュース.2020

「八田会長の顔もあるから3年勤めたら辞めて教師になるつもりだったけど、営業をやっているうちに取引先との関係もできて仕事が楽しくなりました。家庭そっちのけで地方勤務を繰り返すうちに、部長職で東京本社に戻れました。レスリングで相手を観察して戦略を練ることが営業職で役立った(笑)。1995年には、日本レスリング協会の理事に就任して、全日本選抜選手権大会の『明治杯』開催に尽くしました」

1964東京五輪で金メダル置き忘れた吉田義勝さん 後に明治乳業販売社長に/NEWSポストセブン.2021

日本マスターズレスリング連盟の会長。

現在は日本マスターズレスリング連盟の会長。

吉田義勝 よしだよしかつ/講師派遣ナビ
created by Rinker
オリンピック4大会で金11、銀3、銅2のメダルを獲得。ふたりのメダリストから見えた、その躍進の真実。(「BOOK」データベースより)

Osamu Watanabe

フェザー級「渡辺長武」

HMSports/YouTube

大会第5日、レスリングの金メダルラッシュの2番手は渡辺。ホハシビリ(ソ連)との決勝は、タックルから抱え上げて落としたバックポイントが物を言って判定勝ちを収めた。

[年表] 東京五輪日本人メダリスト/JIJI.COM
家は石材商、幼少時代は石運びのお手伝い

 東京大会で吉田と同じ日にフェザー級を制した渡辺長武(78)は旭川の北に位置する和寒町育ち。

金量産の格闘技王国  ハングリー精神が源に 【わが街 オリンピアン 北海道/47NEWS.2021

少年時代は両親が営む石材店でトロッコでの石運びを手伝う日々を送り、自然と足腰が強くなった。

衰えないオリンピアン 1964年東京出場の4人に聞く/JIJI.COM
父が倒れ……母が豆腐屋を始めると石臼で豆を引いた

父親が病で倒れ、家業の豆腐店で毎朝、石臼をひいてから学校に通い、窓の隙間から雪が吹き込む体育館で練習した。

[年表] 東京五輪日本人メダリスト/JIJI.COM

父が倒れたあと、母は豆腐屋を始めました。そうすると、石臼で豆をひくのが私の役目になりました。腕力、とくに引く力がこれで身につきました。私の生活そのものが、レスリングに必要な揺さぶり、かけひきの練習になっていたと言えます。

第12回 「東京」制したレスリングの猛者 渡辺長武(p.184)/オリンピアンかく語りき.スポーツの歴史検証

高校時代にレスリングを始める!

士別高でレスリングを始めた頃から猛練習には慣れっこだった。氷点下30度の酷寒をものともせず上半身裸でぶつかり合う。標高150メートルの九十九山(つくもやま)をうさぎ跳びで頂上まで上る。うさぎ跳びは現代では故障の危険性が高いとされているが、渡辺さんは今でも「タックルの練習にはうさぎ跳びが一番。うさぎ跳びができないような選手はいらない」と手厳しい。

渡辺長武氏 恩師の教えは「生活すべて訓練 人の10倍やれば世界一になれる」/Sponichi Annex.2019

 60年に中大に進んでからも猛練習は続く。「練習では立て続けに10人を相手に戦う。ぶっ倒れると水をかけられる。門限を破ると外の砂利の上で朝まで正座させられる。まあ、ひどいものでしたね」

渡辺長武氏 恩師の教えは「生活すべて訓練 人の10倍やれば世界一になれる」/Sponichi Annex.2019

全米選手権で圧勝!!ニックネーム「ワイルド・アニマル」

私が初めて全日本選手権で優勝して、学生選手権も取ったのは大学2年のときです。4年のときの世界選手権(1963年)はアメリカでの開催でしたが、八田さんの力添えで全米選手権に特別参加させてもらうことができました。そこで私は6戦全部でフォール勝ち。最短の試合で20秒、トータルでも10分かからなかったでしょう。その強さは、ある意味、もう人間ではない、アニマルだということで、アメリカのマスコミから「ワイルド・アニマル」のニックネームをいただきました。

第12回 「東京」制したレスリングの猛者 渡辺長武(p.186)/オリンピアンかく語りき.スポーツの歴史検証
後の日本で「アニマル」と呼ばれることに
manjuya/YouTube

渡辺が1試合勝つ度に、普及し始めたばかりのカラーテレビの前で歓声が上がった。映画「三丁目の夕日 ’64 」で主演の堤真一が叫んだ「アニマル勝ったあ」。本場米国でついたニックネーム「アニマル」が、日本でも渡辺の代名詞になった。68年メキシコ五輪前には、渡辺をモデルにしたテレビアニメ「アニマル1(ワン)」もヒットした。

「大和魂を世界に示したかった」/コラム ロンドン五輪 : nikkansports.com – 日刊スポーツ.2021
あの「アニマル浜口」の名付け親
茨城新聞動画ニュース/YouTube

‘アニマル’の語句から、浜口京子選手の父・アニマル浜口氏がモデルなのかと思われがちだが、実はこの‘アニマル’の称号は、東京オリンピックの金メダリスト渡辺長武(わたなべおさむ)選手が付けられていた。

4年に1度、必ず注目される競技《2020に伝えたい1964》/READING LIFE.天狼院書店.2020

リングネームの「アニマル」について、浜口自身は「国際プロレスに入門してから間もなく吉原功社長に名付けられたが、その由来は知らない」と語っている。だが、実はこのアニマルを命名したのは、1964年の東京五輪、レスリング(フリースタイル・フェザー級)で金メダルに輝いた渡辺長武氏であった。

アニマル浜口「気合だ~!」~一度は使ってみたい“プロレスの言霊”/週刊実話WEB.2021

渡辺氏は自身に付けられたニックネームを、日本レスリング協会の八田一朗会長と早稲田大学レスリング部OBでもある吉原社長の2人に頼まれ、浜口に譲ったのだと後年のインタビューで語っている。つまり、浜口は本人の預かり知らぬところで、最強オリンピアンの名を受け継いでいたわけだ。

アニマル浜口「気合だ~!」~一度は使ってみたい“プロレスの言霊”/週刊実話WEB.2021

技が正確すぎる!!?「スイス・ウォッチ」

IWC Porguguese Automatic

続く世界選手権で、もう一つのニックネームをちょうだいしました。当然のように優勝したのですが、私の技は非常に正確でスイス製の時計並みだということで、「スイス・ウオッチ」とも呼ばれました。

第12回 「東京」制したレスリングの猛者 渡辺長武(p.186)/オリンピアンかく語りき.スポーツの歴史検証

「霊長類最強」他を全く寄せ付けない圧倒的な力で金メダル

 64年10月11日からの4日間で6選手と対戦した渡辺長武(おさむ、78)は、1ポイントも失わない圧倒的な強さで金メダルを獲得した。1回戦から3回戦までフォール勝ち。4回戦から優勝が決まった決勝リーグのホハシビリ(ソ連)戦まではフォールこそならなかったが、相手が逃げまくって判定勝ち。現在ならテクニカルフォール勝ちになる大差がついた。

レスリング金の渡辺長武氏 ギネスに載った186連勝…64年東京五輪/スポーツ報知.2019

(前略)東京大会での3人の金メダル獲得を報じる記事には、「負けることを知らない渡辺は“ワイルド・アニマル”(野獣)と外国人選手にあだ名されるだけあって、どの相手も、おどおどした“子ヒツジ”だった」とある。

ライオンと「にらめっこ」してレスリング強国に/読売新聞オンライン.2016

金メダルを下げた渡辺は、胸を張って言った。「決勝は、勝てばいいと思って慎重にやった。そして、大和魂を世界に示したかった」。

「大和魂を世界に示したかった」/コラム ロンドン五輪 : nikkansports.com – 日刊スポーツ.2021
3年連続世界制覇!186連勝でギネスに掲載

世界選手権と合わせ、3年連続世界一の偉業を達成しただけでなく、この間に「186連勝」もマークして、ギネスブックにも掲載された。

レスリング男子フリースタイル:2020年、金メダル量産で1964年東京五輪の再来を/東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト

引退後は電通に就職も……なんと46歳で現役復帰!!

Densu Building

 五輪後に第一線から退き、大手広告代理店の電通に就職。週に3日は会社に泊まり込むほどの激務をこなした。44歳で退社後、知人に誘われて役員として入ったスポーツ用品会社と、自ら興したイベント会社が相次いで失敗。多額の負債を抱えた。失意の底で「またレスリングで勝負したい」との思いがこみ上げた。

衰えないオリンピアン 1964年東京出場の4人に聞く/JIJI.COM
「連勝記録を189に更新」それでもソウルオリンピック出場は果たせなかった

 87年に46歳で現役復帰。翌年のソウル五輪を目指し、1年で10キロ以上減量して代表選考につながる全日本社会人選手権に臨んだ。しかし、準々決勝で若手に敗れて公式戦の連勝記録は189でストップ。五輪の夢は消えた。「46歳でも納得できる体をつくれた。米国のハーバード大学から『もしソウル五輪に出たら、渡辺の体を研究させてくれ』と頼まれていたんだ」と笑う。

衰えないオリンピアン 1964年東京出場の4人に聞く/JIJI.COM

「3回戦で負けたんですが、金メダルをとった自分が負けることが、もう悔しくて悔しくて、その時は首を吊ろうかとまで思いましたよ。今も毎日ジムに通って身体を鍛えていますよ。腹筋は1日500回、ベンチプレスも50~60㎏は挙げられる。何歳になっても勝つことに拘り続けていきたい。これは金メダルを獲ったものの宿命かもしれません」(渡辺)

東洋の魔女から昭和の三四郎まで…日本人金メダリスト「全員」のいま【一覧付き・前編】/現代ビジネス | 講談社.2016
created by Rinker
燃えろ! 子育ては気合だっ! アニマル浜口が、アテネオリンピック代表に選ばれた娘との二人三脚や、自分の親父ぶりについて語る。父が子を育て上げるという子育ての基本がここにはある…。(「紀伊國屋書店」データベースより)

Kamitake Youjirou

バンタム級「上武洋次郎」

 当時世界最強と言われたソ連のアリ・アリエフに必殺のタックルを決めて日の丸を揚げたレスリング(フライ級)代表・吉田義勝や、日本レスリング史上最強と呼ばれた渡辺長武(フェザー級)とともに1964年の東京五輪レスリングにおける「金メダルトリオ」となったのが、バンタム級の上武洋次郎だ。

東京・メキシコ五輪レスリング金の上武洋次郎さん 引退後はホテル経営/NEWSポストセブン.2021

強さの秘密は“火事場の馬鹿力”を出せること。上武は試合にすべての力を出すため、準備運動なしに試合に臨んでいたという。

レスラー列伝 上武洋次郎/Japan Wrestling Federation.2013
当時は無差別級しかない柔道……限界を感じていた

小幡(旧姓上武)洋次郎氏は1943年1月12日に群馬県邑楽町に生まれた。中学時代はテニスに励んだが、生来の熱き血をぶつけるには格闘技が向いていると考え、中学3年生の秋に早くも進学希望先であった群馬県立館林高等学校に出向き、数か月間柔道部で稽古に励んだ。しかし、当時、無差別級のみの世界であった柔道界で、軽量の自らの身に限界を感じ、柔道場の隣にあるレスリング部に興味を抱いた。

顕彰状 小幡洋次郎氏/早稲田大学

「中学ではテニス部。教師の父がテニス部の先生もしていて、兄もテニス部なので自然に僕も。でも、僕には物足りない。3年のとき、柔道部ができ、夏休みに出身地・群馬の館林市や邑楽郡の子どもたちを集めて館林高校で行われた午前10時から12時の1週間の練習に参加。稽古場に行くと、レスリングの練習が10時まであった。館林高はレスリングが伝統的に強く、高校生だけでなく、大学生や社会人が全国から指導や練習に来ていたんです。それを見て面白そうだなと思い、午後のレスリングの練習は何時からか、と聞くと3時。次の日から弁当持参で柔道の練習の後、レスリングをずっと見学していました」

【ズバリ!近況】日本人初の2大会連続金メダリスト・上武洋次郎さんが明かす偉業を達成できた理由/ENCOUNT.2021

高校でレスリングをはじめ、3年でインターハイを制覇

1959年4月に館林高等学校入学後、レスリング部に入部するや直ちに頭角を現し、2年生で国民体育大会、3年生でインターハイでの優勝を掴む。

顕彰状 小幡洋次郎氏/早稲田大学

そして、早稲田大学出身の正田文男氏(群馬県レスリング協会初代会長)に誘われ、早大入学。

【ズバリ!近況】日本人初の2大会連続金メダリスト・上武洋次郎さんが明かす偉業を達成できた理由/ENCOUNT.2021

早稲田大学に入学!!1年目で全日本で3位!

PC231365

1962年4月に早稲田大学第二商学部に入学し、同年の全日本選手権でフリースタイルバンタム級3位を獲得する。

顕彰状 小幡洋次郎氏/早稲田大学

レスリングのため!強豪校!オクラハマ州立大学に留学

Minnesota Gophers/YouTube

早大2年時に日本レスリングの父と呼ばれる故八田一朗氏(元日本レスリング協会会長)の勧めで、同競技の強豪として知られる米オクラホマ州立大に留学した。異国の地で競技に没頭した日々が、孤独な練習の重要性を気付かせてくれた。

【リスタート・東京五輪】レスリングで五輪連覇の小幡洋次郎さん、コロナ禍の今「怠けてしまう人は取り残される」孤独な練習と目標設定を/サンスポ.2020

 留学中の夏休み。全体練習ができない3カ月間のオフシーズンは、牧場のわら積みのアルバイトで足腰を鍛えた。練習相手がいなければ、グラウンドの片隅にあったアメフトのトレーニング器具に向かってタックルの練習に励んだ。大学の成績が悪いと試合に出られないため、練習後には毎日約5時間、机に向かった。

【リスタート・東京五輪】レスリングで五輪連覇の小幡洋次郎さん、コロナ禍の今「怠けてしまう人は取り残される」孤独な練習と目標設定を/サンスポ.2020

帰国後の全日本選手権で優勝!!オリンピック選手に!

 64年夏に帰国し、全日本選手権で優勝。東京五輪の切符を手にした。

【リスタート・東京五輪】レスリングで五輪連覇の小幡洋次郎さん、コロナ禍の今「怠けてしまう人は取り残される」孤独な練習と目標設定を/サンスポ.2020
決勝の相手「アクバッシュ」は障害を背負っていた

10月14日、アクバシュ(トルコ)との決勝(駒沢体育館)。左肩を脱臼するアクシデントに見舞われながらも終盤にタックルでライバルを倒し、2-1で逆転勝利を収めた。先に金メダルを決めていたフライ級の吉田義勝、フェザー級の渡辺長武に続いた。

【リスタート・東京五輪】レスリングで五輪連覇の小幡洋次郎さん、コロナ禍の今「怠けてしまう人は取り残される」孤独な練習と目標設定を/サンスポ.2020

(前略)アクバッシュ選手は、真っすぐ歩けない障がい者レスラー。左足が極度に細いポリオ(小児まひ)だった。その彼が世界王座に就き、五輪の銀メダリストという栄冠を手にした。スポーツの中でも激しいレスリングで、障がい者たるアクバッシュ選手は強かった。

障害者レスラー1964五輪銀アクバッシュ/日刊スポーツ.2021
オリンピックの後アメリカに戻り大活躍

 金メダルを獲得した上武は、米国に戻り、64〜66年の全米選手権で3連覇・66年世界選手権では米国チームのアシスタントコーチとして帯同した。68年6月に卒業したオクラホマ州立大学ではOBの偉人として殿堂入りするほど、米国でも認められる選手になっていた。

【五輪金メダリスト連載】留学と脱臼を乗り越え金メダル!日本人男子レスラー唯一の五輪連覇を達成~1964年東京五輪レスリング・上武洋次郎/Webメディア「mimiyori」.2021
男子日本人レスリング選手唯一!オリンピック二連覇を達成

その後帰国した上武は、68年メキシコシティーオリンピックでも優勝・日本男子レスリング選手で唯一の五輪連覇を果たした。

【五輪金メダリスト連載】留学と脱臼を乗り越え金メダル!日本人男子レスラー唯一の五輪連覇を達成~1964年東京五輪レスリング・上武洋次郎/Webメディア「mimiyori」.2021
引退後は旅館を経営……

 1968年のメキシコシティー五輪も制し、日本人史上初となる2大会連続の金メダルを獲得したレスリング界の英雄は、引退後に全く別の道に進んだ。

東京・メキシコ五輪レスリング金の上武洋次郎さん 引退後はホテル経営/NEWSポストセブン.2021

「妻の実家のホテル業を継いだんです。五輪連覇で自分のやりたいことをやり切ったので、未知の世界に入るのも面白いかと、きっぱり決断しました」

東京・メキシコ五輪レスリング金の上武洋次郎さん 引退後はホテル経営/NEWSポストセブン.2021
created by Rinker
勝ち続けるために何をすべきか?「国民栄誉賞アスリート」に、“身近な悩み”を聞いてみた! (「BOOK」データベースより)

Greco-Roman style

グレコローマンスタイルでも日の丸ラッシュ!!

Marcus Worren/YouTube

 日本はグレコローマンでも好成績を収めた。市口政光選手がバンタム級を制し、フライ級でも花原勉選手が金メダルを獲得した。

10月14日 八田イズムで金メダル量産/北海道新聞.2020
グローマンスタイルとは

レスリングでは「フリースタイル」と「グレコローマンスタイル」という2つのスタイルが存在し、グレコローマンスタイルは男子のみの競技です。フリースタイルと違い、腰から下での攻防が行えず、上半身のみでの攻防が繰り広げられます。その歴史は古く、語源であるグレコは「ギリシャの」、ローマンは「ローマの」とあるように、古代ギリシャの時代から行われ、近代五輪第1回大会から採用され続けています。

グレコローマンスタイル/レスリング/マイナビニュース.2020

サラリーマンのオリンピアン「市口政光」

1964年東京五輪での金メダル獲得のフリースタイルの切り札が渡辺長武なら、グレコローマンは市口政光だった

五輪・世界チャンピオン/Japan Wrestling Federation

レスリングを始めたのは関大に入学してから。「基礎体力をつければ何とかなる」。鉄鋼業を営む父の工場に行き、バーベルや鉄アレイを自ら作ったり、ロープを倉庫の上部にかけて登ったりと、創意工夫でトレーニングを積んだ。東京五輪候補を集めての体力測定で背筋力220キロをマークし周囲を驚かせた。さらに、当時の外国人選手には、高校までやっていた柔道の投げ技が面白いように決まり、東京五輪2年前の世界選手権で優勝し、自信をつけた。

日本人初グレコ金・市口政光、手作りの鉄アレイ&バーベルで「工場トレ」/スポーツ報知.2018

大学卒業後は貿易商社の辰野株式会社に入社し、仕事と競技を両立するサラリーマン・アスリートになった。今では当たり前だが、当時は珍しく、理解のある企業が現れたのも、市口の才能に期待してのことだったのだろう。

【五輪金メダリスト連載】虚弱体質に悩まされた男の運命の出合い!柔道からレスリングへ~1964年東京五輪レスリング・市口政光/Webメディア「mimiyori」.2018

フリーでは60年ローマ大会まで計7個のメダルを獲得しており、「フリーに負けるな」がグレコの選手にとっては、合言葉だった

日本人初グレコ金・市口政光、手作りの鉄アレイ&バーベルで「工場トレ」/スポーツ報知.2018

 市口は1回戦をフォール勝ち、2回戦から5回戦までを危なげなく判定勝ち。当時は持ち点が0になると失格になるという方式が採用されており、この段階で優勝が決まった。「これで一人前の社会人になれました」。午前中は仕事をして午後からは練習に打ち込む生活で、会社に迷惑をかけ続けているという思いが強かった。

日本人初グレコ金・市口政光、手作りの鉄アレイ&バーベルで「工場トレ」/スポーツ報知.2018

1964東京オリンピックから“レスリング”は日本のお家芸に!!

ANNnewsCH/YouTube

この大会で日本のレスリングはフリースタイルとグレコローマンスタイルで計5個の金メダルを獲得し、レスリングは日本の「お家芸」であるとの認知度を一気に高めた。

顕彰状 小幡洋次郎氏/早稲田大学
created by Rinker
日本のレスリングは柔道とプロレスの異種格闘技から始まった。多くの妨害と困難に挫けず日本レスリングを創始した八田一朗、笹原正三ら黄金期を支えたスーパースターや天才たち、指導者たち、そして現在、最先端で戦う選手たち。無数のドラマと多様な人間を描ききる「正史」にしてエンターテインメント。(解説=夢枕獏)(「Books」出版書誌データベースより)

この記事の続きを読む▼

東京オリンピック物語(21)──“水泳ニッポン”がまさかの惨敗……。その悔しさが生み出したのは「スイミングクラブ
“https://diggity.info/sports/tokyo-olympic-21/”
Previous post 東京オリンピック物語(19)──日本人選手団を奮い立たせたウエイトリフティング選手の活躍!!
Next post 東京オリンピック物語(21)──“水泳ニッポン”がまさかの惨敗……。その悔しさが生み出したのは「スイミングクラブ」