SPORTS

メジャーでもマイナーでもない?新しいリーグで戦うプロ野球選手達がカッコ良すぎる「ベースボールの本場アメリカの独立リーグ」

Biggest four independent leagues

4大独立リーグ

現在、アトランティックリーグ、アメリカン・アソシエーション、カンナムリーグ、フロンティアリーグが安定した運営を続けており、「四大独立リーグ」とされている。これらのリーグは、MLB球団との契約を結べなかった者が、「本物」のプロ野球であるMLB球団との契約を目指して集う場所であるのだが、これらのリーグが「プロ野球」として認知されるようになると、今度はこの四大リーグとの契約を目標にした独立リーグが誕生することになる。そういうリーグのプレーレベルは推して知るべしで、当然報酬も極端に低い。

「Bチーム」から目指す「プロ野球選手」:「トライアウトリーグ」という若者の夢の巣箱(前編)/阿佐智.Yahoo!ニュース.2019

独立リーグは実力的にも組織的にもメジャー傘下組織の下に位置するようなものではない。歴史もメジャーと同様、100年以上あり、広大なアメリカ野球の世界でメジャー傘下と並び立ってきた組織である。

アメリカで夢を追う 蔭山実 /産経ニュース.2016

(前略)独立リーグの生活は厳しい。「週給で、ダメなら即解雇、72日間で70試合。10人は解雇され、代わりに新しい選手がくる。シーズン終盤になると、新規加入がなくなり、みんな満身創痍(そうい)で戦う」という。

アメリカで夢を追う 蔭山実 /産経ニュース.2016

アトランティック・リーグ 

レベルは3Aと同等!

(前略)独立リーグの頂点と言える3A級に位置するリーグが(中略)アトランティックリーグだ。ここではメジャーで自由契約になった選手や、独立リーグやマイナーリーグで実績を残してきた選手が多数在籍している。

ロボット審判導入で話題。アメリカ独立リーグの選手給料とレベルは?/宮寺匡広.web Sportiva.2019
MLBと提携して新ルールの実証実験を始めた

MLBは現地26日、米国の有力独立リーグである『アトランティック・リーグ』と3年間の業務提携を結んだことを発表した。ツイッターのMLB広報公式アカウントでも、以下のようにツイートしている。(中略)ロボット審判を含めた将来的にMLBが導入を目指している装置、規則を試験的に試す場としてアトランティック・リーグを活用するのだという。

ロボット審判導入の布石!? MLBが独立リーグと業務提携へ/菊地慶剛.Yahoo!ニュース.2019
主審がロボット?

独立リーグのアトランティック・リーグで「ロボット審判」の導入が開始された。10日(日本時間11日)に行われた同リーグのオールスター戦で審判がiPhoneに接続されたイヤホンをつけ「トラックマン・コンピューターシステム」からの判定を伝え聞きコールを行ったという。

米独立リーグで“ロボット審判”デビュー! 人間審判は好感触「仕事がしやすい」/Full-Count.2019
ストライクボールのコースだけを判断

「ロボット審判」と通称で呼ばれる試みは、正確には“automated ball-strike system”や“electronic strike zone”などと呼ばれている。つまり、コンピューターを使って判定されるのは、ストライクゾーンのみであり、チェックスイングやファールチップなどは含まれていない。

「ロボット審判」の評判と課題 2020年から米マイナーで導入へ/棗和貴.SPAIA.2020
ついにメジャーにも導入?

バッターは一塁への盗塁してもいい、どういうこと?

一盗は、従来の振り逃げルールとほぼ同じで捕手が後逸した場合に一塁に走ることができるが、振り逃げが2ストライクから行うのに対し、一盗ルールはどのカウントでも走ることができる。

「一塁盗塁」「ロボット審判」米独立リーグで実施へ/日刊スポーツ.2019

アトランティックリーグが一塁盗塁ルールを開始したのは7月13日のこと。その日、ブルークラブスのトニー・トーマスが史上初めて一塁盗塁をした選手として米国で大きなニュースとなったが、それからどれだけの一塁盗塁が行われたのか。取材してみるとルール導入初日以外は、ほとんど行われていない。

一塁盗塁「子どもの試合のよう」/イノベーション/日刊スポーツ.2019
スリーバント失敗しても一回はアウトになりません

2ストライクからのバントでのファウルは、1度までは、スリーバント失敗(三振)にはならない。

「一塁への盗塁」など採用=判定補助装置も導入-野球・米独立リーグ/JIJI.COM.2019
牽制のルールを厳しく

ここで試行されているルールでは、投手はプレートから完全に足を離してからでないと牽制球を投じることはできない。そうなると、左投手は右足を微妙な位置まで挙げ、走者を惑わせてから一塁に牽制球を投げることができない。牽制の減少は盗塁の促進になる。

野球の未来予想図 第2回 ロボ審判への怒りと戸惑い/豊浦彰太郎.Yahoo!ニュース.2019
結果、盗塁天国

塁に出た走者がどんどん走る。投手はけん制をすることもなく、フリーパスで走らせる。走者が出さえすれば得点になりやすいというわけで、観戦したその試合も、得点がたくさん入った。

ロボット審判など未来の姿先取り/イノベーション/水次祥子.日刊スポーツ.2019
その他にも……

「投手交代やケガの場合を除きマウンド訪問を禁止」「内野守備は二塁の両サイドに2人ずつ配備」「投手は回を終わらせるか少なくとも打者3人と対戦」「ハーフスイングの判定を緩くする」「攻守交代の間隔は2分5秒から1分45秒に短縮」「ベース直径を38から46センチに拡大」のルールが同リーグで実験中。中には野球というゲームのあり方を大きく変えるルールもあり、リーグは賛否両論で揺れている。

ロボット審判など未来の姿先取り/イノベーション/水次祥子.日刊スポーツ.2019

アメリカン・アソシエーション

 「アメリカン」は北部、中部、南部の3地区に分かれ、年間100試合を戦う。選手はシーズン中は報酬を手にすることができる。ルーキーが手にする報酬は毎月800ドル(約67000円)程度。当然、選手は他に仕事を見つけ、自活しなくてはならない。

大リーグだけでない野球/アメリカをさるく.2011

(前略)2A相当と言われるアメリカン・アソシエーション(後略)

「僕はこんなに元気です」。独立リーガーメキシコ冬野球放浪記/阿佐智.Yahoo!ニュース.2018

カンナム・リーグ

その名の通りカナダとアメリカで展開される独立リーグだ。近年はキューバのナショナルチームや日本からも四国アイランドリーグplusの選抜チームがスポット参戦。今シーズンはキューバだけでなく、ドミニカのチームもリーグに参加する予定なっている。

あのプロ野球「盗塁王」が、給料ゼロで米独立リーグコーチになる事情/阿佐智.web Sportiva.2018

 このリーグのレベルはマイナーの2Aと同等と言われ、かつてメジャーや3Aでのプレー経験があるベテラン選手や、夢をあきらめきれずにメジャーへ再挑戦する若いプレーヤーが数多く存在している。

あのプロ野球「盗塁王」が、給料ゼロで米独立リーグコーチになる事情/阿佐智.web Sportiva.2018

フロンティア・リーグ

アメリカ合衆国の中西部と東海岸の14球団が所属しているプロ野球の北米独立リーグである。1993年に設立された。

フロンティアリーグ/wikipedia

(前略)フロンティアリーグでは、26歳までという年齢制限で、MLBの「ルーキー」や「1A」のカテゴリーでは受け入れきれなかった20代前半の才能の卵を鍛え、MLB組織へ輩出しています。

NEXT CHARENGE/色川冬馬

アペンディックス・リーグ

その他の独立リーグ

プロという価値観の違い

今、アメリカには幾多の独立リーグがある。その中で、安定的な運営をしているものはわずかで、その他のアペンディックス(付録)リーグと呼ばれるリーグは、プロとしてはプレーレベルが低く、無報酬どころか有料で出場機会を与えるというような、一般に思われる「プロ」とはかけ離れたものさえある。

アメリカ独立リーグの現実 松坂賢氏(エンパイアリーグ国際スカウト)インタビュー(その1)/阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」.2019
すぐに新しいリーグが立ち上がるが…

(前略)「アペンディックス(付録)リーグ」とも呼ばれる新興リーグは、毎年のように起こっては消えている。

広い裾野をもつアメリカプロ野球【WORLD BASEBALL vol.4】/阿佐智.BASEBALL KING.2019

ペコス・リーグ

米野球界の最底辺だが、ペコスリーグはメジャー傘下ではない独立リーグとして独自の存在感を放っている。

辺境で見た究極のアメリカンドリーム/篠原 匡.日経ビジネス電子版
まるで草野球みたい

(前略)関係者から聞いた話では、球場は高校野球の練習場並み、球団の運営もプロとはほど遠いものであるという。

第7回 アメリカ独立リーグの現実:苦境に立たされる弱小リーグ(下)/独立リーグドットコム.2014
1シーズンは2ヶ月ぐらいです

ペコスリーグのシーズンは短い。2か月ちょっとという短いシーズンは、7月中には終わってしまう。

を続ける「しくじり」侍のストーリー/阿佐智.Yahoo!ニュース.2018
リーグの由来はペコス川

「ペコスという名前はニューメキシコからテキサス西部を流れるペコス川から。このリーグはペコス川の流域をカバーしているのでね」

 同リーグのコミッショナーで創設者でもあるアンドリュー・ダンは言う。

辺境で見た究極のアメリカンドリーム/篠原 匡.日経ビジネス電子版
田舎町のリーグ

テキサス州の片田舎の地名がついたこのリーグは、テキサス、ニューメキシコの小さな町をフランチャイズとするチームで構成されている。

最底辺よりも下。「プロ野球難民」が集うペコス・リーグって何だ?/阿佐智.web Sportiva.2017
レベルはMLBルーキーリーグよりもさらに下

選手、指導者ともプロ経験のない人がほとんどで、メジャー傘下のマイナーでプレーした経験があれば、たとえそれがルーキーリーグであっても、ここでは「エリート」だ。

最底辺よりも下。「プロ野球難民」が集うペコス・リーグって何だ?/阿佐智.web Sportiva.2017
ここから別の上位リーグに行くにはきつすぎる

普段はカレッジのコーチをしながら、夏休みにニューメキシコに帰ってくるという監督の話によれば、このリーグからメジャー球団と契約にこぎつけるのは、シーズンにひとりいるかいないか。しかも契約した選手も、結局は無名のマイナーリーガーとして選手生活を終えることがほとんどだという。

最底辺よりも下。「プロ野球難民」が集うペコス・リーグって何だ?/阿佐智.web Sportiva.2017

リーグの経営状況はカッツカツ

最も薄給と言われるペコスリーグは、月々200~400ドル(約21000円~42000円程度)の給料で、2カ月半で70試合をこなす過密スケジュールだ。遠征になると小さなバンで10時間移動したあと、すぐに試合ということもある。経費削減のため、遠征先のホテルでは2人部屋を4人で使い、ベッドは2人で1台という過酷なリーグだった。

ロボット審判導入で話題。アメリカ独立リーグの選手給料とレベルは?/宮寺匡広.web Sportiva.2019
お客からカンパ・・・いやご祝儀

カンザスのカレッジリーグから転戦してきたコーリーがライトスタンドにソロホームランをたたき込む。すると、帽子を持ったスタッフが観客席を回り始めた。ご祝儀のチップを集めているのだ。5回終了時点での観客はわずかに73人。だが、1ドル札で埋まった帽子を見て、コーリーは思わず仲間とハイタッチした。

辺境で見た究極のアメリカンドリーム/篠原 匡.日経ビジネス電子版
日経ビジネス/YouTube
それでもアットホームな素晴らしいリーグ

それでも、そういう選手がアメリカの片隅にある小さな町に、ベースボールの火を灯していることに、この国の野球の裾野の広さを感じた。

最底辺よりも下。「プロ野球難民」が集うペコス・リーグって何だ?/阿佐智.web Sportiva.2017

パシフィック・アソシエーション

2013年、レッドウッド・スポーツ・アンド・エンタテインメントによって、ノースアメリカンリーグから脱退したハワイ・スターズ、マウイ・イカイカ、サンラファエル・パシフィックスの3チームに加え、新チームのヴァレーホ・アドミラルズと合わせた4球団で発足した独立リーグで、日本ハムファイターズでもプレーしたマイク・マーシャルが初代コミッショナーを務めた。

パシフィック・アソシエーション/Wikipedia

(前略)パシフィック・アソシエーションリーグは、カリフォルニア州北部で行われ、競技レベルや給与面でいうとだいたい中堅のリーグだ。観客は多い時には1000人以上入るが、平均的には200~300人といったところ。選手の住居は、球団が用意してくれた地元のホストファミリーにお世話になる。平均給与がだいたい月700~800ドル。食事は毎試合後に球団から用意してもらえるので、特に贅沢をしなければ問題なく生活できる。

苦しくてもやめない 月給5万の野球選手/宮寺 匡広.PRESIDENT Online.2017
女性選手も活躍中!

ナックル姫として知られていた「吉田えり選手」

日本の”ナックル姫”こと吉田えりは、ハワイの独立リーグであるパシフィック・アソシエーションのマウイ・イカイカでプレーをした。この時は「日本の女性ナックルボーラ来る」と大々的に宣伝をし、多くの観客を集めた。

【独立リーグとはなんだ?】その1/広尾晃.スポチュニティ.2016

吉田えりは、小学2年で野球を始めると、中学3年のときに硬式に転向。国内のクラブチームを経て、2010年アリゾナウインターリーグに参加し、Chico Outlawsへ入団。翌2011年、入団したMaui Na Koa Ikaikaで米独立リーグ初勝利。リーグ史上2人目の女性勝利投手となりました。

「ナックル姫」の愛称で親しまれる吉田えりとマネジメント契約を締結しました。/株式会社RIGHT..2019

エンパイア・リーグ

(前略)「キャンプ参加有料」、「低報酬または無報酬」を公言しているのがアメリカ北東部とプエルトリコに展開されるエンパイア・リーグだ。収入の柱はスポンサーシップと割り切り、世界の埋もれた人材を発掘するのが役割だと自称するこのリーグで(後略)

アメリカ独立リーグの現実 松坂賢氏(エンパイアリーグ国際スカウト)インタビュー(その1)/阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」.2019
Empire League/YouTube
上位リーグに良い選手どんどん送り出す

エンパイアリーグは2018年現在、アメリカ独立リーグの中で、アトランティックリーグ、パシフィック・アソシエーションリーグ、キャンナムリーグ、フロンティアリーグに次ぐ位置付けで、さらにペコスリーグと続きます。レベルはアメリカマイナーリーグの1A程度と言われており、上下のリーグとの選手移動が頻繁に起こります。勝つために選手を囲い込むよりも、良い選手をどんどん上のリーグに送り込みたいというのがリーグの方針です。

【アメリカ独立リーグ挑戦記】エンパイアリーグとは?アメリカ滞在0日目 Empire League Day0/Born on a Baseball Planet.2018
シーズン中に選手がどんどん入れ替わる

シーズン中は成績の良くない選手はどんどん解雇されていき、反対に成績の良い選手はどんどん上のリーグに昇格するチャンスが与えられます。これをコールアップと呼びます。エンパイアリーグからは、同じ独立リーグで上位に位置するアトランティックリーグやキャナムリーグにコールアップされる選手が多かったです。

アメリカ独立リーグのエンパイアリーグが日本でトライアウトを開催します Empire League Tryout 2019 in Japan/Born on a Baseball Planet.2018
日本人選手も活躍中!
ホームがない、どのチームも移動しながら試合

全てのチームがトラベルチーム扱いで、例えばメイン州オールド・オーチャード・ビーチで2週間プレーし、次のニューヨーク州プラッツバーグに移動してまたそこで2週間プレーというようなかたちです。このあいだの滞在先は大学の寮のような施設あるいはホテルで、選手が費用を負担する必要はありませんが、州から州へのときには8時間にも及ぶドライブは車を持っている選手の車に分乗して行うため、決して安くはないガソリン代を選手同士で割り勘して負担しなければなりません。

アメリカ独立リーグのエンパイアリーグが日本でトライアウトを開催します Empire League Tryout 2019 in Japan/Born on a Baseball Planet.2018

ユナイテッド・ショア・リーグ

4チームの独立リーグ

僅か4チームのみで構成される小さな独立リーグ、ユナイテッド・ショア・プロフェッショナル・ベースボール・リーグ(後略)

ツインズ新人右腕の“波乱万丈”野球道 無名大学&極小規模L…ドライバー業も。契約2年でPS先発/Go Kakutani.ベースボールチャンネル.2019
https://youtu.be/PMSRzik8M7w
United Shore Professional Baseball League/YouTube

2016年度から開始されたアメリカプロ野球独立リーグの1つである(前略)

カリフォルニア・ウィンターリーグ/Instructors
一つの野球場を4チームでシェアしてコストを下げる

リーグ全チームがミシガン州・デトロイトエリアに集まる(中略)本拠はジミー・ジョン・フィールドを4チームで使い回す形でコストカットをしている。

USPBLの基本情報をまとめた/prs-watch.GitHub.2019
独自性

若い人材を狙うリーグとしてはフロンティアも存在するが、特にターゲットを未ドラフトで学校主体プログラムを終えた人材に置いている点は大きな独自性だ。

USPBLの基本情報をまとめた/prs-watch.GitHub.2019
ジミー・ジョン・フィールド
MLive/YouTube
新しい価値観のプロリーグ
United Shore Professional Baseball League/YouTube

もっと読む

Read more

日本とアメリカ独立リーグとの関係

120829-N-LE393-017
四国アイランドリーグplus選抜がカンナムリーグへ

日本のプロ野球独立リーグである「四国アイランドリーグplus」の選抜チームが、2016年に続き3度目の北米遠征のため来米する。6月中旬からニューヨーク、ニュージャージー、そしてカナダのケベックで米国のベースボール独立リーグ「カンナムリーグ」に所属する現地の6強豪チームと公式戦20試合を行う。

四国アイランドリーグplus 北米遠征を応援しよう/週間NY生活ウェブ版.2019
「四国アイランドリーグ」

四国アイランドリーグは、日本で初めて誕生した「プロ野球独立リーグ」だ。西武、ダイエーで活躍し、オリックスの監督も務めた石毛宏典氏が、2004年に構想を発表してスタートした。

大きく変わったビジネスモデル 15年目を迎える四国アイランドリーグplus/Full-Count,2019

リーグ創設以来、13年間で700名以上の選手を受け入れ、61名の選手をNPB(日本プロ野球機構)へ送り出した。

四国アイランドリーグは1試合7イニング制。高校野球は1週間で「500球」変わり始めた野球界/ニュースの深層 南海放送解説室,2019
アトランティック&カンナム合同トライアウト
4名以上は確実に合格

米独立リーグ球団のランカスター・バーンストマーズ、ニューブライトン・ビーズ(共にアトランティックリーグ)、ケベック・キャピタルス(カンナムリーグ)が日本初開催となるトライアウトを3/10に大阪の南港中央野球場で実施します。必ず合格者を4名以上出すことが決まっているので、チャレンジスピリットのある選手には最高のチャンスです。

日本初!メジャーリーグに最も近い米独立リーグのトライアウト開催!プレスリリース発表/元企業:株式会社Bussola・2.財経新聞.2016
エンパイア・リーグ トライアウト