SPORTS

《ICHIRO STORIES》イチローは深刻なスランプの中にいた!でも首位打者―1998―

NPB(日本野球機構) パ・リーグ

1998年 オリックス・ブルーウェーブ

スランプはさらに深刻度を増していた

これでイチローの併殺打はシーズン8本目。97年にはプロ入り後初めて2ケタの10併殺を数えたが、すでに39試合消化時点で、5分の4にまで達し、あのバットコントロールの上手いイチローが…と驚きの声が上がった。

【5月21日】1998年(平10) イチロー パ・リーグタイ記録に「自分の口からは言いにくい」/Sponichi Annex.2012

自分の口からは言いにくい、としたイチローを代弁して、新井宏昌打撃総合コーチが重い口を開いた。「バットの芯でとらえた当たりが、不運にも野手の正面をつき併殺打になるのが、これまでのイチローのパターン。でも今年は違う。併殺打になるべくしてなっている。つまり打ち取られている当たりがそのまま併殺打になっている」。

【5月21日】1998年(平10) イチロー パ・リーグタイ記録に「自分の口からは言いにくい」/Sponichi Annex.2012

危険な球

8月30日の近鉄戦で真木将樹の136キロのストレートが右肩上部、首のあたりを直撃、はね返ったボールが後頭部に当たるダブルパンチ。イチローは起き上がることができず担架で運ばれた。新井宏昌コーチは「あのへんは打者が一番恐怖を感じるところ。ボールの残像が残るかもしれない」と後遺症を懸念した。

イチロー栄光の軌跡 第三回「7年連続首位打者からメジャーへ」/週刊ベースボールONLINE
真木将樹 投手

 超スーパースターの選手生命を脅かす可能性もあるほどの一球。真木氏は頭がパニックになり「大変なことをしてしまった」と思ったという。

元巨人・真木氏、頭部死球を当てたイチローから言われた言葉に感謝/デイリースポーツ online
ことなきを得た

(前略)イチローは「全然大丈夫。気にしないで」と笑顔を浮かべただけでなく、「それより、すごいインコース攻め。次もガンガン攻めてきて。がんばって」と激励の言葉をかけてくれたという。

元巨人・真木氏、頭部死球を当てたイチローから言われた言葉に感謝/デイリースポーツ online

5年連続

首位打者、最多安打、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を5年連続で受賞

プロフィール – イチロー – MLB/SANSPO.COM

パ・リーグ3位

98年は3位には食い込んだが、58年の広島以来、40年ぶりに規定投球回に1人も到達しなかった。

【平成オリックス年代記】勇者から青波、猛牛……波乱の歴史の中で光る連覇/週刊ベースボールONLINE.2019

日米野球

(前略)日米野球のチケットはプラチナ化し、アメリカでマーク・マグワイア(当時カージナルス)とともにホームラン旋風を巻き起こしたサミー・ソーサ(当時カブス)が参加した1998年大会(後略)

第1回目の開催から110年…日米野球の歴史と変遷/BASEBAL KING.2018

18年前の1998年、MLB代表として日米野球で来日したメジャー通算162勝左腕アル・ライター氏の心には、当時25歳だったイチローのバット音が響き渡ったようだ。

イチローと18年前に初対面「コイツは打てる」と直感した通算162勝左腕/Full-Count.2016

来日してから日本代表チームの練習や試合の様子を目の当たりにしたメジャー関係者の目を奪ったのは、他でもないイチローだったという。「対戦結果は覚えていませんが、鋭いライナーを飛ばしまくっていた」「こいつは打てると直感した」と、当時の強烈な印象を語っている。

イチローと18年前に初対面「コイツは打てる」と直感した通算162勝左腕/Full-Count.2016
MVP

日米野球でシリーズ優秀選手賞を受賞し、MVPのソーサと声を掛け合う(後略)

写真特集 イチローの軌跡/毎日新聞

Surrounding environment

イチローを取り巻く環境は?

来季 年棒5億円

(前略)1999年には初の年俸5億円プレイヤー(後略)

「いくら貰っていると思います?」イチローのお金に対する考え方が凄い!/さのゆう.エキサイトニュース.2015

親友・坪井智哉

(前略)坪井は和田監督が現役だった1997年秋のドラフトで阪神に4位で指名された。入団当初からイチローと同じ振り子打法で話題となり、1年目から打率3割2分7厘をマーク。入団2年目の99年の開幕戦では1番・坪井、2番・和田と1、2番コンビを組んだ。

和田監督 引退・坪井の振り子打法秘話明かす「イチローと比較されて嫌がっていた」/東スポWeb.2014
この年にイチローと初めて話す

当時(98年)、福本豊さんが阪神の打撃コーチをやっていて、オープン戦でウォーミングアップしていた時にたまたまイチローが近くにいて(中略)「同じ左バッターの新人だからいろいろ教えてやってくれ」と僕のことを紹介してくれたんです。そしたら、イチローが「(友人から)話は聞いてるよ」って言ってくれて。それで、食事に行こうという話になって連絡先を交換したところからつきあいが始まりました。

友人・坪井智哉が知るイチローの素顔「続けるべき」と断言してくれた現役生活/岡田真理.スポーツナビ.2016
高校の時から名前を知っていた

 高校の頃からお互いのことは知っていたんです。接点はなかったんですけど、僕の幼馴染みの友人がイチローと同じ愛工大名電に進学して、彼から「鈴木っていうすごいやつがいるよ」と聞いていて。(中略)イチローのほうもその友人から「PLに坪井っていうのがいるよ」と聞いていたみたいです。

友人・坪井智哉が知るイチローの素顔「続けるべき」と断言してくれた現役生活/岡田真理.スポーツナビ.2016

今ではプライベートでご飯も食べにいく仲です。最初に会った時はスーパースターでしたからね。雲の上の人という感じでしたよ

法、イチローとの秘話」/現代ビジネス.2014
振り子打法

大学(青山学院)時代に、僕は真っすぐしか打てなかった(苦笑)。(中略)その時に一躍、200安打を放って首位打者になったのがイチローだったんです。彼はものすごく変化球をうまく打つ。「よく、あれで打てるなぁ」と最初は半分ふざけてマネをしてみたんです。すると、意外としっくりきた。自分なりにマイナーチェンジしていくうちに結果もついてきたんです。

[虎四ミーティング~限界への挑戦記~]坪井智哉(プロ野球コーチ)<後編>「振り子打法、イチローとの秘話」/現代ビジネス.2014

「ボロボロになるまで野球を続ける自分を、ずっと支持してくれた」と、かつてのやりとりを振り返る坪井智哉(現横浜DeNA1軍打撃コーチ)。イチローとは、「同級生」「振り子打法」という共通項をきっかけにグラウンドの外で親交を深めていった。(後略)」

友人・坪井智哉が知るイチローの素顔「続けるべき」と断言してくれた現役生活/岡田真理.スポーツナビ.2016
イチローより先に始めた?

「(前略)新人だった年、マスコミから二言目にはイチローがどうとか聞かれるのが面倒くさくなっていて、どういう言い方をしたかは全然覚えていないのですが、ある日のスポーツ紙で僕が『イチローのまねなんかしていない。これはオリジナル。おれの方が先』みたいなことを言ったことになっていた。(後略)」

坪井智哉インタビュー第2弾 「振り子はおまえの方が先だもんな」イチローにからかわれ… (1/2ページ)/zakzak.2014
これを聞いたイチローは

「僕と同じように足上げて打ってて、『俺(坪井)の方が先だ』っていう話が出回って、『コイツふざけんな』って」。会う前の印象は決していいものではなかった(後略)」

イチロー、坪井の引退に「寂しくなる」/デイリースポーツ online

「(前略)何年後かに凄く仲良くなってからイチローに言われたんですよ。『そう言えば、振り子打法っておまえが先らしいな(笑)』と。僕は、今みたいに『関西独特のマスコミに乗せられただけで言うわけはないだろう』と説明したんですが、今でも一緒に飯を食っていると、年に一度は、この話題が僕らの間の定番のネタとして出ます(笑)。『そう言えば、おまえが先なんだって?(笑)』と。そこでムネ(川崎宗則)が『坪井さん!そうなんですか?(笑)』と聞き返すのがパターンのネタです(笑)」

イチローの振り子打法の元祖論争に決着!(THE PAGE)/Yahoo!ニュース
現役引退の時もまずイチローに話した

これまでのいきさつを話した上で、「そろそろ引退を考えている」と言ったんですけど、「それだけ野球が好きなオマエが、考えて出した答えだろうから」という返事でしたね。

法、イチローとの秘話」/現代ビジネス.2014

消えた天才

投げても投げても戻らない感覚。ボールを持つことさえ心が抵抗する。

洗剤に活路見出した元“ドラ1”本格派左腕 真木将樹(大阪近鉄バファローズ→読売ジャイアンツ)/ウェッジ
真木投手は投げられなくなってしまった

(前略)その試合を境に、真木氏は内角攻めができなくなり、イップスの症状に。イチローに死球を当てたことで批判も浴び、「本当にやばいことをした」と追い込まれてしまったという。結局、成績は伸び悩み、プロ通算11勝。移籍した巨人で02年に戦力外通告を受けた。

元巨人・真木氏、頭部死球を当てたイチローから言われた言葉に感謝/デイリースポーツ online
ユニフォーム用洗剤を開発して販売

「06年3月にサラリーマン時代に培った経験をもとに起業を決意しまして。球界人脈を生かしたグッズ会社を立ち上げました。最初はタイガース関連のグッズ企画や制作、06年末からは美容師をしていた知人からの要望もあり、ヘアケア製品の商品開発を手がけました。おかげさまでどちらもある程度は売れましたが、一方で請け負う仕事は単発ものばかり。継続性のある仕事がなかった。(後略)」

1997年ドラフト1位で近鉄入りの真木将樹さん 泥汚れ用洗剤を開発し年間1万個売れるヒット商品に/東スポweb.2018

11年、高校の野球部の監督をやっている先輩に、「ユニフォームを簡単に洗える洗剤を作れない?」という提案を受け、試行錯誤の末に1年程かけて開発。当時は先輩のために、半ば慈善事業のように開発をしている中で、思いの外、需要があることに気づく。真木は自社商品として商品化することを決める。現在、小学生、中学生の野球少年をもつ親を中心に着実に売れる商品へと伸びつつある。

洗剤に活路見出した元“ドラ1”本格派左腕 真木将樹(大阪近鉄バファローズ→読売ジャイアンツ)/ウェッジ