【イチロー伝説】仰木マジック「鈴木一郎」から「イチロー」<1994年>

【イチロー伝説】仰木マジック「鈴木一郎」から「イチロー」<1994年>

前回の記事を読む

【イチロー伝説】「打撃フォームを変えろ」その時イチローがとった行動とは!?<1993年>
“https://diggity.info/sports/ichiro-1993/”

Orix BlueWave in 1994

1994年 オリックス・ブルーウェーブ 時代

Ichiro Suzuki

春季キャンプ!語り継がれる「宮古島の伝説」

宮古島がキャンプ地になって2年目、鈴木一朗はまだレギュラーではなかったが、キャンプでは見違えるような打撃を披露、この年に就任した仰木彬監督、新井宏昌コーチに注目され、2月21日に宮古島市民球場で行われた横浜とのオープン戦第1戦に「1番・中堅」で先発起用された。

 この試合で鈴木一朗は友利結(のちのデニー友利)から、ランニング満塁本塁打を打ち、周囲を驚かせた。

イチロー“満塁弾”の宮古島、1、2軍隣接の宮崎など オリックスキャンプ地の歴史/Full-Count.2019
この投稿をInstagramで見る

KOTA HANEJI(@kotaaaaa1110)がシェアした投稿 –

プロ野球史上初!ニックネームを登録!その名は「イチロー」

 94年、オリックスの新監督に就任した仰木は、当時1軍と2軍を行ったり来たりしていた鈴木一朗(当時)に日本人選手ではプロ野球史上初のニックネームの登録名「イチロー」を名乗らせ、開幕からスタメンで使いつづけた。

勘違いも揃い踏み…イチローと仰木監督、2人の関係は常に「阿吽の呼吸」だった/ 久保田龍雄.AERA dot.2019
この投稿をInstagramで見る

hochi_hensei/スポーツ報知編成部(東京本社)(@hochi_hensei)がシェアした投稿 –

「鈴木では地味すぎる!イチローに変えよう」仰木監督のブランディング

「鈴木」という、日本人によくある苗字では、ちょっと目立たない。この逸材を売り出すために、仰木がひらめいたというプランは「イチロー」というカタカナでの登録だった。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019
本人はその申し出を拒否(笑)

改名の提案にイチローは当初、驚きの表情を見せた。「今はいいですが、この先、子供ができて父親がイチローではおかしいでしょう」と譲らない。

新監督よ、故・仰木彬監督の「器」に学べ! 「山に登るルートはたくさんある」/産経ニュース.2016
パンチ佐藤の誕生!!

すると、仰木は佐藤和弘を呼び寄せて、「おまえは来年から登録名を佐藤から別のものにしよう。おまえの頭はパンチパーマだからパンチでいこう」と口説くと、佐藤は快諾。

新監督よ、故・仰木彬監督の「器」に学べ! 「山に登るルートはたくさんある」/産経ニュース.2016

改名時点では、パンチの方が断然知名度では高かったが、実力的にはイチローの方が上と分かっていたパンチは自分も改名に付き合うことで、仰木監督らが仕掛けた話題を盛り上げようとしたのだった。

【11月4日】1994年(平6) お声かからず…“パンチ”佐藤和弘、5年で引退/Sponichi Annex.2009

先輩の佐藤が変えるんだから、おまえも来年からイチローで登録だ(後略)

新監督よ、故・仰木彬監督の「器」に学べ! 「山に登るルートはたくさんある」/産経ニュース.2016

2人同時に、登録名をカタカナにする。すると、メディアの注目は、まず言動が目立つ「パンチ」に向く。そのついでに「イチロー」も露出する。そうすれば、活躍して目立ち始めたときに「仰木監督が絶賛していたあの選手だな」と思い出してくれる。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019

1995年4月7日、神戸市西区のオリックス選手寮「青濤館」に隣接する室内練習場。
登録名をカタカナにするふたりの若者、ICHIROとPUNCHの背中を、集めたカメラマンの方へ向けさせると、自分はその間で彼らの肩に手を回して笑っていた。

1994年の仰木彬と鈴木一郎 /鈴木忠平.Number PLUS ICHIRO.(p.228)
この投稿をInstagramで見る

パンチ 佐藤(@punch_sato)がシェアした投稿 –

新井宏昌打撃コーチと作り上げた打法「振り子打法」

自身も現役時代は南海、近鉄で通算2038安打を放った好打者。’

イチローと丸の恩師が福岡へ帰還。左打者育成の「新井宏昌塾」開校!/田尻耕太郎.NumberWeb.2018
指導者未経験ながら仰木監督によって抜擢された

二番打者として活躍した新井宏昌(現ソフトバンク二軍打撃コーチ)は、仰木が近鉄監督を退任した92年に現役を引退。野球評論家を1年間務めた後、仰木に請われ、オリックスで初めてのコーチ職を務めることになった。

THE MAGIC AKIRA OHGI DAY/オリックス・バファローズ 
そんな新井コーチが推薦した選手が「イチロー」

一軍の打撃コーチを、専任で務めるのは、新井1人。つまり、指導歴のない、コーチ1年目の新井に、打撃部門を任せたというわけだ。「だから、自分のアイディアとか思いを、最初から出させてもらえた」と、大きなやりがいを感じていた新井が、仰木に強く推薦した1人の若手選手がいた。

THE MAGIC AKIRA OHGI DAY/オリックス・バファローズ 

「誰が見ても、この選手はいいと思います。レギュラーで使わない手はないでしょう」

THE MAGIC AKIRA OHGI DAY/オリックス・バファローズ 

「オープン戦でとにかく打つもんですから、私も仰木さんに『アイツはスーパースターになりますよ』なんて言っていたところへあの満塁ホームラン。あれで、コイツは間違いなくやるわと確信が芽生えました。

「どこの鈴木やねん」から始まって…こうして20歳の鈴木一朗は“イチロー”になった《誕生秘話》/Number Web.2011

「タイミングの取り方、しなやかさ……あの”振り子”は衝撃でした。前の足を大きく動かして、自分からピッチャーに仕掛けて、軸を動かしながら攻め込んでいく。あんなふうに打つ人を、見たことがありません。(後略)」

二十歳のころ。Ichiro/石田雄太.Number870.2015( p.19)

イチローを最初に見たのは、私が引退した翌年の1993年でした。解説の仕事でグラウンドに行って打撃練習を見ていた時、当時オリックスのコーチをしていた大熊(忠義)さんから「右投げ左打ちの若手がいるから、ちょっと見てほしい」と言われ、それがイチローだったんです。

イチローの打撃を開花させた名コーチ名付け親でもある新井宏昌氏インタビュー/Sportsnavi.2016
この投稿をInstagramで見る

Hisae Arai?新井寿枝(@___hisae.arai___)がシェアした投稿 –

2軍で取り組んでいた独特の打撃フォームを理解!

まだ一軍とファームを行き来していた「鈴木一朗」と出会い、当時の河村健一郎二軍打撃コーチと取り組んでいた振り子打法を理解して、その特殊な打ち方を前提としたうえで才能を引き出していった。

イチローと丸の恩師が福岡へ帰還。左打者育成の「新井宏昌塾」開校!/田尻耕太郎.NumberWeb.2018
仰木監督もその打撃フォームを支持

近鉄監督時代に野茂英雄の「トルネード投法」を認めた指揮官は、指導者によっては否定的だった振り子打法を続けさせた。

【GOOD BYE イチロー(2)】「イチロー」を覚醒させた仰木監督/SANSPO.COM.2019
記者によって命名!「振り子打法」

【田中 貴久】1994年シーズン開幕前のオープン戦だったのか、開幕後しばらくしてからなのかは覚えていない。

【歴代番記者が語るイチロー】20歳の選手から課された“宿題”…「振り子打法の名付け親」に / Sponichi Annex.2019

安打を量産し紙面で大きなスペースを求められるようになった時、右足を時計の振り子のように使う打撃フォームのことを記事にした。見たままの表現だったが、のちに「振り子打法の名付け親」と言われるようになった。

【歴代番記者が語るイチロー】20歳の選手から課された“宿題”…「振り子打法の名付け親」に / Sponichi Annex.2019

イチローの代名詞「1番 イチロー」

イチローになって迎えた開幕戦。彼は「2番・センター」で起用されます。1番バッターは田口壮でした。

イチローの育て方/河村健一郎.廣済堂あかつき.2010(p.81)

我々は最初、イチローを2番で起用していたんです。今で言う2版最強説というのでしょうか、初回、ノーアウトで1番打者が出れば、彼の足ならまずゲッツーはない。だから送りバントをすることもなく、打力を生かして大量点が狙える。

1994年の仰木彬と鈴木一郎 /鈴木忠平.Number PLUS ICHIRO.(p.229)

1番バッターで起用されるようになったのは、田口がダメで、次に小川博文が1番に入ったんですが、これもイマイチということでイチローにお鉢が回ってきたのです。

イチローの育て方/河村健一郎.廣済堂あかつき.2010(p81)

彼が最も輝ける場所が1番だったということです。彼の振り子だほうが、一塁にランナーがいて、がセットポジションやクイックでなげてくるときより、走者なしの場面で最大限に力を発揮できる。

1994年の仰木彬と鈴木一郎 /鈴木忠平.Number PLUS ICHIRO.(p.229)

「いつ走っても構わない」

 仰木は、イチローに対しては、出塁したら「いつ走っても構わない」と告げていたという。つまり、盗塁に対しては「グリーンライト」。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019
イチローとの抜群のコンビネーションを発揮した「2番・福良淳一」

 一番・イチロー、二番は当時33歳のベテラン・福良淳一(前オリックス監督、現・育成統括ゼネラルマネジャー)だった。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019

だから福良は、イチローに対して「走れないときだけ、サインをくれ」と要望した。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019

 イチローから、フラッシュサインが出たら、福良はその時、最初から打って出る。しかし、それがなければ、イチローの動きや、相手の守備隊形や保守の警戒ぶりを見ながら、打たずに状況を見る。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019
この投稿をInstagramで見る

@bbm_baseball23がシェアした投稿 –

打率3割を超える!バンドも最多

イチローは、出塁率が高かったため、福良淳一は2年連続リーグ最多の33犠打、さらにはキャリアハイの50打点もマークしました。打率もリーグ6位の.301と自身3度目の3割を達成し、2度目のベストナインに選出されます。

福良淳一/VICTORY
最高の2番バッターとして活躍した!

 福良は右打ちやバントなど、チームバッティングをそつなくこなせる。堅実な二塁の守備でも、その年に二塁手連続無失策守備機会836の日本記録を達成。まさしく仰木野球には、不可欠なプレーヤーだった。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019
仰木監督の采配により毎日オーダーが変わる!?そんな中でも「1番イチロー」

 当時、仰木の組む打線は「日替わりオーダー」「猫の目打線」と揶揄されることもあった。相性、球場、調子によって、前日に本塁打を打った好調な選手ですら、翌日にはスタメンから外すことがあり、就任1年目の94年には、130試合中、121試合で違ったオーナーを組んだ。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019

(前略)オリックスの仰木彬監督がイチローを1番や3番、時には4番に配し、毎試合のように、猫の目のようにクルクルと打順を変えていた。それを「仰木マジック」とも称された。「マジック」は幻惑。本道ではなかった。

「猫の目打線」こそ監督の手腕 「打順の今昔」を東尾修が解説/AERA dot.2017

 そんな中でも、一番・イチロー、二番・福良のコンビは、130試合のうち90試合で組まれた。イチローが一番を務めたのは110試合で、残る20試合での二番打者は6人も使っている。

【平成の名将・仰木彬を振り返る2 オリックス・ブルーウェーブ編】“マジシャンぶり”を発揮した8年間/週刊ベースボールONLINE.2019

プロ野球史上最速!シーズン100安打達成

 その独特な打法ばかりに注目が集まった。しかし、スタメンから外れることなく安定した結果を残し、1番に定着すると、6月25日にシーズン100安打の最速記録を更新。

【野球】イチロー 前人未到。200安打達成/大空出版の本.1994

1964年の広瀬叔功(南海)の61試合を更新する100安打のスピード記録となった(後略)

イチローが60試合を超え打率4割台に(1994年6月29日)/週間ベースボールONLINE.2019

オールスター初出場!

初出場、愛工大名電高校からオリックスに入団して3年目の1994年。第1戦に「1番・レフト」で先発出場し、6回の第4打席でセンター前へ球宴初ヒットを放った。その1年目は10打数2安打(後略)

“天才”が残したオールスター歴代最高打率.394 イチロー【プロ野球オールスターゲーム‐伝説の瞬間】/BASEBALL GATE.2018

1994年オールスターゲームのファン投票初選出組は、全員が後にメジャーリーグに活躍の場を移した選手たちなのだ。また、監督推薦で初出場を果たしたメンバーの中にも、高津臣吾(当時ヤクルト)、斎藤隆(当時横浜)が後にメジャーリーグへの移籍を果たしている。

【プロ野球】のちに全員がメジャーリーガー!伝説のファン投票初選出組となった1994年のオールスターゲーム!/週刊野球太郎.2015
この投稿をInstagramで見る

日刊スポーツ(@nikkansports)がシェアした投稿

とにかくヒットを打ちまくる!打率は4割超え!

28日の近鉄戦(日生)では3打数1安打で.398と打率は変わらなかったが、29日の同カードで大爆発。1打席目から右前打、中前打、四球、中前打、四球、6打席目はバント安打を一塁前に決め、4打数4安打で開幕から63試合目で打率を.407とした。

イチローが60試合を超え打率4割台に(1994年6月29日)/週間ベースボールONLINE.2019
世の中はイチローの打率の話でもちきり!

これを機にイチローの打率は国民的関心事となり、マスコミが報道合戦を繰り広げるようになります。

イチローの育て方/河村健一郎.廣済堂あかつき.2010(p.86)
「打率3割9分でも凄いじゃないですか」

打率4割台は10日ほどで終わり、その後はややペースが落ちます。

イチローの育て方/河村健一郎.廣済堂あかつき.2010(p.81)

「最初、担当記者との約束は『4割って数字を一回でもいいから、スコアボードに見せてくれ』というものだったんです。で、一回見せたら、今度は、『1試合終わった時点で最終的に4割をキープしてくれ、新聞に載せられるように頑張ってくれ』と言うから、じゃあ頑張りますってやったら、次は、シーズンで4割打ってくれなんて言いだして。約束はちゃんと果たしたのに、4割切ったらブーブー言って。
 3割9分でも凄いじゃないですか。まだハタチですよ。こんな可愛い顔して。ねえ」

20歳のイチローが語る。「打率3割9分でも凄いじゃないですか」/山崎浩子.NumberWeb.2019

連続試合出塁記録を更新

連続試合出塁記録はイチロー(オリックス)の69試合(1994年)で、これはシーズンの半分近くに及ぶ記録。一方、セ・リーグでの記録は2001年に松井秀喜(巨人)がつくった65試合で、こちらも簡単には届かない数字だろう。

巨人・坂本勇人は連続試合出塁記録を伸ばせるか 日本記録はイチローの69試合/勝田聡.SPAIA.2019

「44年ぶりの新記録!」192安打 達成

【オリックス14-1日本ハム】日本ハム・有倉雅史投手の外角のフォークを軽く拾った打球は、三遊間をきれいに破った。小川浩一左翼手の前ではねた白球の行方を確認すると、弱冠二十歳の天才打者、オリックス・イチロー中堅手は、一瞬ニヤッとしただけで一塁ベースに戻った。

【9月14日】1994年(平6) イチロー、新記録より「6打席でヒット1本が悔しい」/Sponichi Annex.2008

 イチローのヒットはこれでシーズン192本目。セパ両リーグに分列した、1950年(昭25)に阪神・藤村富美男三塁手が記録したプロ野球シーズン最多安打記録を更新する、44年ぶりのニューレコードだった。

【9月14日】1994年(平6) イチロー、新記録より「6打席でヒット1本が悔しい」/Sponichi Annex.2008
しかも最速!

イチローの192安打は116試合目で達成されたが、藤村の192安打はシーズン最終戦の140試合目だった。

【9月14日】1994年(平6) イチロー、新記録より「6打席でヒット1本が悔しい」/Sponichi Annex.2008

日本プロ野球史上初の200安打

1994年の9月20日。日本プロ野球史上初の200安打に到達した。

【虎のソナタ】阪神・近本に「天才イチロー」を感じた/SANSPO.COM.2019

 前人未到の記録へあと3本として、この日のロッテ戦を迎えたイチロー選手。第1、2打席で中前安打を放ち、一気に王手をかけて臨んだ6回の第3打席。グリーンスタジアム神戸にとどろく大声援の中、ロッテ・園川一美投手から放った鋭い打球は右翼線へ。122試合目にして、誰もなしえなかったシーズン200安打の偉業を達成した(後略)。

【野球】イチロー 前人未到。200安打達成 [平成6年]/大空出版の本.1994

 二塁ベース上で、普段通りのポーカーフェイスで記念のプレートを高々と掲げたイチロー。200安打は通過点とばかりに第5打席も左前安打を放ち、記録を伸ばした。記念の一打の感想を求められた若武者は、「打ったのは真ん中の抜いた球。一本目が出た時、『いけるかな』という予感がありました」と淡々とした“イチロー節”で応じた。

【野球】イチロー 前人未到。200安打達成 [平成6年]/大空出版の本.1994
210安打を記録!昔は今より試合数が少ない!

NPB史上初となる200安打を達成し最終的には210安打まで記録を伸ばします。

【球史に名を残した偉人達】NPB時代におけるイチロー選手の凄さ /cut.SPAIA.2017

イチローが200安打を達成した1994年は130試合制。

もしも94年が143試合制だったら…イチローのシーズン安打は231本だった!?/BASEBALLKING.2015

130試合制での200安打はイチローただ1人。

日米通算4367安打、シーズン最多262安打…「記録男」イチローが歩んできた足跡/Full-Count.2019
今の試合数なら231安打だったかも

もし仮に1994年のイチローが今季と同じ143試合に出場していたら…なんとシーズン231安打という、信じられないような記録を残していた計算となるのだ。

もしも94年が143試合制だったら…イチローのシーズン安打は231本だった!?/BASEBALLKING.2015

さらに次々と新記録を打ち立てた!

(前略)シーズンマルチ安打(69回)の日本記録、44年ぶり2人目となるシーズン20試合連続安打を複数回達成した。

西武・秋山が200安打到達も…94年のイチローはやっぱりすごかった!/BASEBALLKING.2015

「花まるです。『たいへんよくできました』ですね」(94年10月9日、210安打でシーズンを終える)

「最も特別な日」「神が降りた」言葉研ぎ澄ますイチロー/朝日新聞デジタル.2019

年棒が10倍の「8000万」に!

イチローが大活躍して世間で有名になった1994年のオフに、年俸が800万円から8000万円になった。いろいろと説明して、8000万円でどうだ? と聞いたら、「わかりました。それでいいです」と。

イチロー、知られざる契約更改秘話「電通に宣伝効果を聞いて」/Smart Flash.2018

この記事の続きを読む▼

【イチロー伝説】「野球をやっててもいいのか? 」阪神・淡路大震で被災したイチロー。“オリックス”伝説のシーズンが始まる<1995年>
“https://diggity.info/sports/ichiro-1995/”