「アメリカン・アソシエーション」メジャーでもマイナーでもない?ベースボールの本場は独立リーグも凄すぎる!(2)

「アメリカン・アソシエーション」メジャーでもマイナーでもない?ベースボールの本場は独立リーグも凄すぎる!(2)

American association

アメリカン・アソシエーション

St. Paul Saints/YouTube

アメリカ&カナダ 合同リーグ

北米の独立リーグの1つであるアメリカン・アソシエーションは、アメリカとカナダの各地に本拠地を置く12球団で構成されている(後略)

【MLB】北米独立リーグは現地7月3日開幕へ 観客は25~33%程度に制限/MLB.jpYahoo!ニュース

別の独立リーグを脱退したチームで結成され、2006年よりリーグ戦が始まった。

MLB用語 – あ行/MLB名鑑.com

 「アメリカン」は北部、中部、南部の3地区に分かれ、年間100試合を戦う。選手はシーズン中は報酬を手にすることができる。ルーキーが手にする報酬は毎月800ドル(約67000円)程度。当然、選手は他に仕事を見つけ、自活しなくてはならない。

大リーグだけでない野球/アメリカをさるく.2011

2Aと同等!

St. Paul Saints/YouTube

(前略)2A相当と言われるアメリカン・アソシエーション(後略)

「僕はこんなに元気です」。独立リーガーメキシコ冬野球放浪記/阿佐智.Yahoo!ニュース.2018

(前略)キャンナムリーグや、独立リーグ最高峰と言われるアトランティックリーグと並び、アメリカンアソシエーションも独立リーグの上位リーグの一つに数えられます。

中国代表候補選手がアメリカ独立リーグに参戦/sekainoyakyu.世界の野球.2018

2Aレベルと言われるアメリカン・アソシエーションリーグでは、かつてオリックスに所属していたアレッサンドロ・マエストリや、阪神、千葉ロッテで活躍したクレイグ・ブラゼルもプレーしている。2013年には同リーグからデビット・ペラルタ外野手がアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍、のちにメジャー昇格を果たし、現在もチームのクリーンアップとして活躍している。

ロボット審判導入で話題。アメリカ独立リーグの選手給料とレベルは?/宮寺匡広.web Sportiva

平均3000人の動員!

アメリカン・アソシエーションの1試合平均の入場者数は3000人を越える。

アメリカ独立リーグの現実:苦境に立たされる弱小リーグ(下)/独立リーグドットコム

St. Paul Saints

人気はメジャー級!セントポール・セインツ

St. Paul Saints/YouTube

  このレベルのリーグでは数千人規模で集客できる球団も多数あり、観客動員数でメジャーリーグにひけをとらない、セントポール・セインツといった名門球団も存在する。

ロボット審判導入で話題。アメリカ独立リーグの選手給料とレベルは?/宮寺匡広.web Sportiva

本拠地はミネソタ州の都市 セントポール

Coleman Johnson/YouTube

 セントポールセインツとはアメリカの独立リーグでミネソタ州セントポールに本拠地を置く、抜群の人気を誇る野球チーム。

独立リーグの人気球団セントポールセインツ/Best Play!鷹馬日記.2006
ツインシティー
GianLorenzo91/YouTube

ここは、文化の中心地で、州都でもある「セントポール」と、商業の中心地「ミネアポリス」という2都市がミシシッピ川を挟んで向かいあう通称「ツインシティ」というのが有名です。

St. Paul Saints/TO THE DREAM.2010

同じ州にメジャー球団 ツインズ

ミネソタ・ツインズ(Minnesota Twins)は、MLB(メジャーリーグベースボール)のプロ野球チームで、アメリカンリーグ(American League)の中地区に所属する。

ミネソタ・ツインズ Minnesota Twins/Link-USA
TAPP Channel/YouTube

ミネソタ州 ミネアポリスにあるターゲット フィールド(Target Field)をホームグラウンド(本拠地)とする。

ミネソタ・ツインズ Minnesota Twins/Link-USA

チーム名はミシシッピ川を挟んで隣接するミネアポリスとセントポールがツインシティを形成していることが由来となっている。

ミネソタ・ツインズ – チーム/MLB.Sportsnavi
違うアプローチで勝負!

球団の方に話を聞いて最初に言われたことは、「セインツを見に来ているお客さんは野球を見ることが目的で来ているわけではない」ということでした。近くにツインズという球団がある以上、「野球を見る」ということだけが目的であるならば、お客さんはそっちに行くのが当然といえば当然である。そこで、必要となるのは、ツインズとの差別化であり、野球以外の付加価値を付けることが求められるということでした。

【2017米独立セインツインターン体験談】~弘希君/BBC海外スポーツマネジメント留学ブログ.2018

とにかく楽しもうぜ!

セインツの特徴としては、毎試合ごとにテーマが決められており、そのテーマに応じたイベントが毎イニングごとに行われていることです。ファン参加型のイベントが多く盛り上げりをみせていました。

【2017米独立セインツインターン体験談】~弘希君/BBC海外スポーツマネジメント留学ブログ.2018

 セインツの破天荒なプロモーションはとにかく枚挙に暇がありません。面白いアイデアであれば野球に関係なくてもどんどん笑いのネタとして採用していきます。

「楽しいことは良いことだ」(下)/スポーツビジネス from NY – JUGEM

そのファンサービスはメジャーリーグの球団も見習ったんだとか。

独立リーグの人気球団セントポールセインツ/Best Play!鷹馬日記

ボールボーイは豚?

野球場でのアトラクションに動物を起用した元祖として知られ、ホームゲームで登場するボールボーイならぬ「ボール豚」が大人気。2005年から2007年まで広島市民球場で活躍したボール犬・ミッキーは、ここからアイデアを拝借したものである。

メジャーリーグ観戦付き!アメリカ独立球団マネジメントインターンシップ2018/BBC(ベースボールコミュニケーション)

地域密着!

地元セントポールが誇るアートを大切にし、試合当日のボールパークでも地元画家がギャラリーを開催するなど、野球以外の取り組みで球場にファンを呼び寄せている。「アート・イン・ザ・パーク」と題して子供から大人までボールパークでアートを楽しむことができる仕掛けだ。

115敗でも明るいニュースを集めたMLB球団の企画力とは/SPORTING NEWS
まさにエンターテイメント

セインツのこのサービス精神は、オーナーであるマイク・ヴェックさんの父、ビル・ヴェックさんから引き継がれたものでした。ビルはインディアンスやホワイトソックスのオーナーを務めた人物で、当時としては珍しく「野球の面白さ」ではなく「エンターテイメント性」に重点を置いてファンを楽しませようとしました。この考えを息子であるマイクが継ぎ、さらに発展させたものがセインツのサービス精神であると言えます。

ジャグジーで観戦!?独立リーグ球団『セントポール・セインツ』が奇想天外すぎて大人気!/
竹田頼/G-TIMES

7000人のお客さんが楽しみにやってくる

つまり野球にかかわらず、楽しいと思うことは一度取り入れてみる。こういったスタイル運営により、セインツの平均観客動員数は約 7000 人とメジャーリーグの AAA の平均値 6302 人をも大きく上回る人気を誇る。

四国アイランドリーグ~球場のエンターテイメント化~/川原林 拓斗 久高 平次 松本 紗永子 久保 璃子 原田 真司 尾花 泰紀 水野 雄斗.笹川スポーツ財団

野球の枠を飛び越えて広がる価値観

(前略)セインツはこのノウハウを複数のグループ球団で横展開して収益性を最大化しているほか、他のマイナー球団や野球以外のスポーツ、ひいてはスポーツとは関係のない他業種の企業へのコンサルティングにも乗り出しています。つまり、「楽しいことは良いことだ」は単なるスポーツ球団のプロモーション技術という範疇を超え、1つの業界横断的な経営手法として確固たる地位を築いているのです。

「楽しいことは良いことだ」(下)/スポーツビジネス from NY – JUGEM

ミッドウェイ・スタジアム

St. Paul Saints/YouTube

球場は平地にスタンドを直置きした古いタイプ。グランドスタンド、ベースライン沿いのブリーチャー、外野席がそれぞれ独立している。レフトのすぐ後には鉄道が通っており、試合中に列車が通ると警笛を鳴らしてくれる。ゲーム前に駐車場でテールゲート・パーティをするのがお約束らしいが、マイナーでテールゲート・パーティをやってる球場ってなかなかお目にかかれない。球団の共同オーナーの一人にコメディアンのビル・マーレーが名を連ねており、映画『スペース・ジャム』(マイケル・ジョーダン主演)で彼はセインツのキャップを被って登場している。(中略)以前から球場の老朽化が指摘されていたため、セインツは2014年シーズンを最後にダウンタウンに新設された”CHS Field”に移った。

ロスト・ボールパーク編 インディペンデント・リーグの球場/球場巡礼

CHSフィールド

City of Saint Paul/YouTube

全7,210席のCHSフィールドは、バリア・フリーのスタジアムの設計ではリーダー的存在であり、半可動式座席や、一部の通路側席に設置された取り外し可能なアームレスト、規定の2倍以上の車椅子用スペースなど、2010年に制定された法令(Americans with Disabilities Act Standards for Accessible Design)が定める基準を超える設備を整えています。

デルタ航空、セントポール・セインツのオフィシャル・エアラインに就任/Ryoko Matsumoto.Delta News Hub.2019

(前略)外野にはバーベキューができるスペースや地元のお酒が販売されているスペース、家族向けのテラス席や、法人向けの福利厚生で利用できるようなシートなど様々な席が用意されていた。外野には子供向けの遊具や投球や打撃ができるエリアもありました。

【2017米独立セインツインターン体験談】~弘希君/BBC海外スポーツマネジメント留学ブログ.2018

(前略)球場のスタンドが公園の広場のような役割を果たしており、ジャグジーに入りながら観戦ができる「ジャグジー席」や散髪をしながら観戦が出来る「散髪席」などが存在しており、「楽しいことは良いことだ(Fun is Good)」のコンセプトの元で、球場に遊び心が加えられている形になっている。

四国アイランドリーグ~球場のエンターテイメント化~/川原林 拓斗 久高 平次 松本 紗永子 久保 璃子 原田 真司 尾花 泰紀 水野 雄斗.笹川スポーツ財団

地球環境に配慮したエコな球場
City of Saint Paul/YouTube

CHSフィールドはサステイナビリティ(持続可能性)にも注力しており、野球場で使用する電気を補うために太陽発電を使用したり、フィールド整備に雨水を再利用するという取り組みを実施しています。

デルタ航空、セントポール・セインツのオフィシャル・エアラインに就任/Ryoko Matsumoto.Delta News Hub.2019

Japan baseball

日本の野球界との交流

PROJECT99999/YouTube

セインツは四国・九州アイランドリーグの長崎セインツと提携したり、欽ちゃん球団と交流戦を実施したりしているので、ご存知の方も多いかもしれません。

「楽しいことは良いことだ」(上)/スポーツビジネス from NY – JUGEM.2010

長崎セインツ

セインツのマスコットの「マドンナ」。大人気のキャラクターです。実は日本の独立リーグの四国・九州アイランドリーグの長崎セインツはこのセントポール・セインツのチーム名・ロゴマークのライセンス契約を交わしていて、長崎セインツのマスコットキャラクターの「ビーナス」は、この「マドンナ」の妹という設定になっています。

St. Paul Saints/TO THE DREAM.2010

 県民球団長崎セインツと業務提携を行っている「アメリカ独立リーグ セイントポールセインツ」GMトム氏が、長崎セインツ開幕戦に合わせて来日し、長崎セインツ地頭薗オーナーとともに、4月7日(月)、市長を表敬しました。

PLAY!:佐世保市スポーツ振興課/PLAY!:佐世保市民スポーツ情報サイト.2008
現在はなくなっている

独立リーグ、四国・九州アイランドリーグの「県民球団長崎セインツ」(長崎県佐世保市、地頭薗哲郎社長)が、長崎地裁佐世保支部から破産手続きの開始決定を受けたことが17日、分かった。

負債1億5000万円…長崎セインツ破産/Sponichi Annex.2010

セインツは2008年シーズンからリーグに参加し、昨季は前期優勝を遂げた。九州唯一の参加チームとなった今季は前・後期とも最下位と低迷。入場料収入やスポンサー収入などが落ち込み、赤字運営が続いていた。

長崎セインツが破産手続き 九州唯一の独立球団/Sponichi Annex.2010

四国アイランドリーグ

四国アイランドリーグplus/YouTube

2006年秋に来日したセインツは、国内のクラブチームなどとの試合で国内を転戦したが、四国では四国アイランドリーグ(当時)の徳島インディゴソックスと蔵本球場(現JAバンク徳島スタジアム)と2連戦を行っている。

ベースボールキャップ考現学 第26回 長崎セインツ(四国九州アイランドリーグ, 2008-2010年)/阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」.2020

アメリカ時間6月10日(水)、アメリカミネソタ州のセントポールにて四国アイランドリー­グplus ALL STARS対セントポール・セインツと地元大学混合チームとの親善試合が行われました。

北米遠征の試合動画を配信中! ~親善試合~【お知らせ】/愛媛マンダリンパイレーツ公式サイト.2015

銀ちゃん球団

米独立リーグの強豪セントポールセインツから茨城GGに「挑戦状」が届き、欽ちゃんが快諾。昨年9月の全日本クラブ野球選手権日本一のV旅行も兼ね乗り込む。

欽ちゃん球団に米独立リーグから挑戦状/日刊スポーツ.2008

直接「挑戦状」を手渡された欽ちゃんは「どっちが面白いか勝負しようと言われたの。“欽ちゃんラン”とか米国ではやったら最高だよね」と“爆笑球団世界一決定戦”に意欲を見せた。

欽ちゃん球団 米国遠征で親善試合も/Sponichi Annex.2008

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシーをご覧ください。

×
X