【ウクライナ危機(68)】ロシア国民に真実を・・・あの国際ハッカー集団がプーチンに宣戦布告『アノニマス』

 

【ウクライナ危機(68)】ロシア国民に真実を・・・あの国際ハッカー集団がプーチンに宣戦布告『アノニマス』

前回の記事を読む▼

【ウクライナ危機(67)】世界1の富豪イーロン・マスクがウクライナ支援!!さらにプーチンに決闘を挑んだ!?『スターリンク』
“https://diggity.info/society/ukraine-67/”

Anonymous

国際ハッカー集団『アノニマス』

Notizie.it/YouTube

ロシアによるウクライナ侵攻は、通常兵器による戦闘に加えサイバー攻撃や情報戦も飛びかう「ハイブリッド戦争」の様相を呈する。そんな中、ロシアへのサイバー攻撃を宣言した国際ハッカー集団「アノニマス」に注目が集まっている。

アノニマスとは ロシアにサイバー戦、過去に日本も被害/日本経済新聞.2022

世界規模で暗躍するハッカー集団『アノニマス』とは

 アノニマスは英語で「匿名」を意味する用語であり、2006年ごろに設立された緩やかな連帯組織とされる。

ロシア国営放送ハッキングのアノニマス、過去には日本も攻撃対象に? 思わぬ間違いも/リアルライブ.2022

(前略)世界各地のハッカーが活動に匿名で参加しているとみられるが、どんな人物がメンバーなのかなど、詳しくはわかっていない。

“ロシア政府をターゲット”と宣言 「アノニマス」は何者?/NHK NEWS WEB.2022

メンバーになるのに条件はなく、出入りは自由だ。

“ロシア政府をターゲット”と宣言 「アノニマス」は何者?/NHK NEWS WEB.2022

グループのように捉えがちだがそのつどの内容にしたがって抗議の声をあげる人の集まりのようなもので、自分がアノニマスと宣言してしまえば、誰でもなれてしまう。アノニマスには、リーダーがいるわけでもないし、会員名簿があるわけでもない。うごうの衆という表現がいちばん適切かもしれない

“ロシア政府をターゲット”と宣言 「アノニマス」は何者?/NHK NEWS WEB.2022
ハクティビスト

アノニマスは国際的なハッカー集団として早くから活動し、当初は愉快犯の集まりと考えられていました。そして時間ととに政治的活動が目立つようになり、ハクティビスト(hacktivist)と報道されることも度々あります。

サイバー攻撃集団「アノニマス」とは?攻撃手法から被害事例まで!/ITトレンド.2022

ハッキングやクラッキングなどのサイバー攻撃を行うハッカーやクラッカーの集団で、社会的、政治的な主張を行うためのサイバー攻撃をハクティビズムと言い、ハクティビズムを行う集団をハクティビストと言います。

ハクティビスト|IT用語集/IT転職ナビ
理念は「情報発信の自由」

「情報発信の自由」を理念に掲げ、ネット規制の動きなどにハッカー攻撃で向き合ってきた。

ロシア国営放送ハッキングのアノニマス、過去には日本も攻撃対象に? 思わぬ間違いも/リアルライブ.2022

 過去には、日本に対して攻撃が仕掛けられたこともある。2012年に日本で違法ダウンロード行為に対し、罰則化を盛り込む改正著作権法が成立。これに反対するアノニマスが、関係団体や機関にハッキング攻撃を仕掛けた。被害に遭ったサイトは日本音楽著作権協会(JASRAC)や財務省、最高裁判所など多岐に渡る。これらのサイトの一部が書き換えられたり、アクセスできなくなった。

ロシア国営放送ハッキングのアノニマス、過去には日本も攻撃対象に? 思わぬ間違いも/リアルライブ.2022

「今回はウクライナのためだ」創立メンバーの一人が語る

アノニマスには”公式”ツイッターは存在せず、アノニマスを名乗るアカウントは複数存在する。中にはフォロワーが800万人近いアカウントも存在し、ロシアに宣戦布告のツイートをし、話題になった。

国際的ハッカー集団!アノニマスはあなたのそばにも?!/ウェマー.2022

米国などの欧米諸国を中心とした軍事同盟「NATO」(北大西洋条約機構)がロシアとの武力衝突を恐れ、ウクライナへの軍事介入を表明しない中、同集団は「世界平和だけを望んでいる」としており、サイバー空間を使った、ロシアへの事実上の報復とみられる。

国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアを攻撃? 紛争はサイバー空間でも 日本企業にも脅威/ITmedia.2022

「我々は通常の組織とは違う。入社試験もないし、資格審査もない。組織のトップとして、メンバーに命令する人もいない。基本的に誰でも参加できるし、皆がそれぞれ意見を出して、多くの支持を得られた場合、声明を出して皆で協力し合いながら活動、結果を出していく。基本的に自分のためではなく、世界のため、今回はウクライナのためだ」

アノニマスによるウクライナへの援護射撃/アゴラ 言論プラットフォーム.2022

グレッグ・ハーシュ。「匿名」という意味の謎のハッカー集団、アノニマス(Anonymous)、その創立メンバーの1人だ。

アノニマスによるウクライナへの援護射撃/アゴラ 言論プラットフォーム.2022

ロシアへのサイバー戦争で戦果を挙げている

アノニマスは対ロシアで参戦しサイバー攻撃を成功させ戦果を挙げています。これらの戦果は言語の壁もあり日本国内では十分に知られていないようです。ロシアは国営メディアでフェイクニュースやプロパガンダを配信しますが、嘘を見破られることもありました。開かれたサイバー戦争では様々な情報が公開されています。

総勢28名、サイバーセキュリティのエキスパートが大集結!オンラインカンファレンス「Security BLAZE2022」開催決定/PR TIMES.2022
ウクライナのサイバーセキュリティにも支援

サイバーセキュリティ企業Security Discoveryの共同創業者ジェレミア・ファウラー氏によると、アノニマスはロシアに対する直接的なハッキングと並行して、ロシアが悪用する前に脆弱(ぜいじゃく)性を見つけて通知するなど、ウクライナへのサイバーセキュリティ支援を行っているとのこと。DoS攻撃のトレーニングなどもしているため、技術的なスキルとは無関係に、コンピューターとネットに接続できる環境があれば誰でもサイバー攻撃に参加できる状況ができているそうです。

ハッカー集団「アノニマス」がロシアから「分析に数年かかるレベルの膨大なデータ」を盗み出している/Gigazine.2022
ロシア兵に戦闘を放棄を呼びかける

ロシア軍の力を弱め、追加の利益を上げる別の試みとしてアノニマスは、降伏した戦闘機ごとに52,000ドル相当のビットコインを戦車の乗組員に提供したと伝えられている。戦車を仮想通貨と交換したい兵士は、アノニマスがそれを認識できるよう、白旗を振ってパスワード「million」を提示する事が条件で、同組織は次のように語っている。

アノニマスが降伏戦車ごとに5万ドル以上のビットコインをロシアの兵士に提供へ/NEXTMONEY.2022

ロシアの兵士、家族や子供たちと一緒に暮らし、死なないことを望んでいるすべての人、匿名のグローバルコミュニティはあなたを助けるためにビットコインでRUB1,225,043を集めました。

アノニマスが降伏戦車ごとに5万ドル以上のビットコインをロシアの兵士に提供へ/NEXTMONEY.2022

ウクライナ侵攻の数日前からロシアへのハッキングを予告

アノニマス侵攻開始前に2月16日にツイッターで「ウクライナの緊張が続くようであれば、産業システムを人質にとることができる」とハッキングを予告していた。

アノニマスがロシアにハッキング、国営放送でウクライナ侵攻の映像流す。NATOでも米でもない“ダークヒーロー”誕生に称賛の声/MAG2NEWS.2022

侵攻を開始するとTwitterでサイバー攻撃開始を発表

 2022年2月25日、国際的なハッカー団体のアノニマスが、ウクライナに侵攻を始めたロシアに対してサイバー攻撃を開始したとツイートした。

国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアに仕掛けた「平和活動」/新潮社 Foresight.2022

 4回に分けた投稿で、同グループはこう主張している。

国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアに仕掛けた「平和活動」/新潮社 Foresight.2022

「#Anonymous は現在、ロシア連邦に対する作戦を実施している。われわれのオペレーションはロシア政府を対象にしている。民間部門が影響を受ける可能性も避けられない。このアノニマスのTwitterアカウントがアノニマスの集合体の全員の意見を代表しているとは言えないが、ロシア連邦に対するアノニマスの集合体の活動の真実については実際に報告できる。報復を恐れてロシアの人々が独裁者に対して声を上げられないことを、われわれもわかっていることをロシア人にも理解してほしい。私たちが集合体として求めているのは世界の平和だけだ」

国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアに仕掛けた「平和活動」/新潮社 Foresight.2022

仏AFP通信などは、ロシア国内では自国軍のウクライナ侵攻に反対する反戦デモが行われており、約1400人が拘束されたと報じている。こうしたロシア国内の情勢を念頭にしているとみられる。

国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアを攻撃? 紛争はサイバー空間でも 日本企業にも脅威/ITmedia.2022

 同グループはまた「今、空爆されているウクライナの人たちの身にもなるべきだ。 力を合わせれば世界を変えることができる、何にでも立ち向かうことができる。 今こそ、ロシア国民が一丸となって、プーチンの戦争に『NO』を突きつける時だ」とも投稿し、ロシア国民の反戦機運を煽っている。

国際ハッカー集団「アノニマス」がロシアを攻撃? 紛争はサイバー空間でも 日本企業にも脅威/ITmedia.2022

ロシア国営メディア「Russia Today(RT)」のウェブサイトがダウン

またロシアの国営メディア「Russia Today(RT)」のウェブサイトもダウンさせたと主張している。

「アノニマス」がロシアに宣戦布告、サイバー攻撃で公的機関のサイトなどを無効化/Switch News.2022

RTは英語、アラビア語、スペイン語、ドイツ語で放送。ロシア政府のプロパガンダを広めていると批判されているが、ロシア当局者はこれに対し、米英の報道機関が支配する世界のメディアに対抗する手段と説明している。

英文化相、ロシア国営「RT」が偽情報拡散と非難 対応を要請/RUTERS.2022

さらに世界中のハッカーに共闘を呼びかける

「アノニマス」はツイッターアカウントに「アノニマスの集団は、ロシア政府に対して公式にサイバー戦争を行っている」と投稿。

「アノニマス」がロシアに宣戦布告、サイバー攻撃で公的機関のサイトなどを無効化/Switch News.2022

その40分後には『#ロシアのプロパガンダ局であるRTニュースのウェブサイトをダウンさせた』とツイートした。そして経過も投稿している。

「アノニマス」がロシアに宣戦布告、サイバー攻撃で公的機関のサイトなどを無効化/Switch News.2022

また寄せられたコメントに対しても、「皆さんのメッセージを読みました。ウクライナを支援してくれてありがとうございます。団結しよう!」と投稿したという。

「アノニマス」がロシアに宣戦布告、サイバー攻撃で公的機関のサイトなどを無効化/Switch News.2022

さらに「世界中のハッカーたち、アノニマスの名前でロシアを標的にせよ!彼らに私たちが許さない、忘れないことを知らしめよ!」「どう支援すればいいか分からない場合は、まずロシアの偽情報を暴露し、報告することから始めてください」と述べている。

「アノニマス」がロシアに宣戦布告、サイバー攻撃で公的機関のサイトなどを無効化/Switch News.2022

ロシア政府機関のウェブサイトがダウン

 2月25日に「ロシア政府を標的にした対抗作戦を実行する」と発表した匿名のハッカー集団「Anonymous」は日本時間の26日午後11時ごろ、「ruドメインの政府のWebサイトをオフラインにするための継続的な作戦行動をとっている」とツイートした。

ロシア連邦公式サイトがアクセス不能に Anonymousが犯行声明/ITmedia.2022

2月26日、ロシア大統領府のウェブサイトがダウンした。

ロシア大統領府サイトがダウン、ウクライナは「IT部隊」創設/Newsweek.2022

世界のインターネット接続状況を監視する英団体ネットブロックス(NetBlocks)の2月26日の報告によると、ロシアでは主要通信事業者のサイトも接続しにくい状態となった。

ロシアメディアにサイバー攻撃 ハッカー集団「アノニマス」/AFPBB News.2022

 27日午後6時時点で日本から閲覧できなくなっているのを確認できたのは、クレムリンやロシア国防省、ロシア国営テレビの公式サイト。ロイター通信は同日、ロシアの政府機関などのサイトが、特定のサイトやサーバーに大量のデータを送りつける「DDoS(分散型サービス妨害)攻撃」を受けていると報じている。

クレムリンなど政府系サイトに障害 「アノニマス」がサイバー攻撃か/朝日新聞デジタル.2022
この頃、ウクライナもサイバー攻撃を受けていた!!? IT防衛隊を創設

英BBCによると、ウクライナの政府機関サイトも、ロシアからとみられるサイバー攻撃により閲覧しにくい状況が断続的に生じているという。

ハッカー集団「アノニマス」、ロシア政府サイトを攻撃/日本経済新聞.2022

ウクライナのフョードロフ副首相は26日、サイバー防衛のために「IT(情報技術)防衛隊」を創設し、有志のサイバー専門家を募集するとツイッターで表明した。「我々はサイバー面で戦い続ける」と述べた。

ハッカー集団「アノニマス」、ロシア政府サイトを攻撃/日本経済新聞.2022

アノニマスがプーチンに宣戦布告

Anonymous Operations/YouTube

謎のハッカー集団アノニマスは、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領に、向けてYouTube動画を介して演説した。

アノニマスがロシアとのサイバー戦争で仮想通貨ウォレットを標的にする可能性/NEXTMONEY.2022

動画の中でアノニマスのメンバーは、過去数日間に多数の政府関連ウェブサイトがオフラインになり、攻撃的な体制に対するサイバー戦争を宣言し、プーチン大統領に対し、次のように語りかけている。

アノニマスがロシアとのサイバー戦争で仮想通貨ウォレットを標的にする可能性/NEXTMONEY.2022

あなたの秘密はもはや安全ではなく、政府のインフラストラクチャーの主要なコンポーネントが乗っ取られる可能性があります。

アノニマスがロシアとのサイバー戦争で仮想通貨ウォレットを標的にする可能性/NEXTMONEY.2022

また、ビデオの公開に続き、ハッキングが開始されており、300以上のロシア政府、銀行、および国営メディアサイトをハッキングして破壊し、ロシアに巨額の損失をもたらした責任を主張した。

アノニマスがロシアとのサイバー戦争で仮想通貨ウォレットを標的にする可能性/NEXTMONEY.2022

複数のロシア国営テレビをハッキング「軍事侵攻の映像を放送」

さらに2月26日、複数のロシアの国営テレビ局がサイバー攻撃を受けて乗っ取られ、ウクライナの愛国的な歌やロシアの軍事侵攻の映像が代わりに放送された。

ウクライナ侵攻の裏で「サイバー攻撃」応酬の行方「多国籍ハッカー集団」が続々参戦している/東洋経済ONLINE.2022

SNSでは、ロシア国営テレビ局がハッキングされ、ウクライナの音楽が流れる動画が投稿された。

ロシアの電気自動車の充電スタンドがハッキングされ、反プーチンのメッセージが表示される/Newsweek.2022

同日、ロシアのペスコフ大統領報道官は、クレムリンのウェブサイトが頻繁にダウンしているのはコンスタントに攻撃を受けているためと認めた。ロシアの宇宙開発機関「ロスコスモス」、国営鉄道もサイバー攻撃を受けているという。

ウクライナ侵攻の裏で「サイバー攻撃」応酬の行方「多国籍ハッカー集団」が続々参戦している/東洋経済ONLINE.2022

実際、「アノニマスTV」は動画を公開しており、そこにはテレビ画面にウクライナで苦しんでいる人々の姿が映し出されていた。

「アノニマス」がロシア国営テレビをハッキングか、イーロン・マスクもウクライナに協力/Switch News.2022

ロシア国防省のデータベースをオンライン上にリーク開始

また、アノニマスは、なんと、ロシア国防省のデータベースから盗んだメールや、パスワード、電話番号などの情報をオンライン上にリークし始めた。

ウクライナ侵攻の裏で「サイバー攻撃」応酬の行方「多国籍ハッカー集団」が続々参戦している/東洋経済ONLINE.2022

ベラルーシの軍需企業をハッキング

2月26日、ベラルーシの軍需企業「Tetraedr」からの200ギガバイト相当の大量のメール情報を見つけたと発表、同企業がウクライナへの軍事侵攻においてプーチンに後方支援していたと断じた。データベースで見つけたロシア関係者に対して、スパムメールやコンピュータウイルスによるサイバー攻撃も始めたという。

ウクライナ侵攻の裏で「サイバー攻撃」応酬の行方「多国籍ハッカー集団」が続々参戦している/東洋経済ONLINE.2022

ロシアメディアサイトを改ざん・・・反戦メッセージを掲載

国際ハッカー集団「アノニマス(Anonymous)」は2月28日、ロシアのウクライナ侵攻に抗議し、政府寄りのロシアメディアのウェブサイトにサイバー攻撃を行ったと発表した。

ロシアメディアにサイバー攻撃 ハッカー集団「アノニマス」/AFPBB News.2022

標的となったのは国営のタス通信(TASS)とロシア通信(RIA)、日刊紙コメルサント(Kommersant)とイズベスチヤ(Izvestiya)、雑誌フォーブスロシア(Forbes Russia)の各サイト。

ロシアメディアにサイバー攻撃 ハッカー集団「アノニマス」/AFPBB News.2022

フォーブスロシアのサイトには「ロシアを憂慮するジャーナリスト」の署名入りで「(ロシア)国民の生活は数年のうちに北朝鮮のようになるだろう。(ウクライナ侵攻は)何か国民の利益になるのか? (ウラジーミル)プーチン(Vladimir Putin大統領)が歴史書をつくるために(戦うのか)? これは私たちの戦争ではない、終わらせよう!」とのメッセージがロシア語で掲載された。

ロシアメディアにサイバー攻撃 ハッカー集団「アノニマス」/AFPBB News.2022

 アノニマスを名乗るツイッターアカウントは同日、「300以上のロシアメディアと銀行のウェブサイトをダウンさせた。アノニマスとプーチンのロシアの戦いは続く」と投稿している。

国際ハッカー集団、ロシアメディアを攻撃か タス通信が被害認める/朝日新聞デジタル.2022

タス通信はSNSでサイトがハッキングされたと認めたうえで、「表示されている内容は事実でなく、我々は関係ない」と説明した。

国際ハッカー集団、ロシアメディアを攻撃か タス通信が被害認める/朝日新聞デジタル.2022

さらに、2月28日にはロシアのガス会社へ侵入したとも宣言している。

ロシア侵攻の裏で激化するサイバー戦争事情、トヨタ全工場停止・仮想通貨にも影響…/ダイヤモンド・オンライン.2022

ガソリンスタンドの充電スタンドにメッセージ

ロシアの二大都市モスクワとサンクトペテルブルグを結ぶ高速道路「M11」で電気自動車(EV)の充電スタンドがハッキングされ、使用できなくなった。充電スタンドのスクリーンには、「プーチンはクソ野郎」、「ウクライナに栄光あれ、英雄に栄光あれ」のメッセージが表示された。

ロシアの電気自動車の充電スタンドがハッキングされ、反プーチンのメッセージが表示される/Newsweek.2022

この充電スタンドを運用するロシア国営電力会社ロセッティは、2022年2月28日、フェイスブックの投稿でこの問題を認めた。ロセッティによると、高速道路「M11」に設置された充電ステーションは2020年にロシア国営天然ガス企業ガスプロムから調達したもので、コントローラーを含め、充電スタンドの主な部品はウクライナのオートエンタープライズによって製造されていた。

ロシアの電気自動車の充電スタンドがハッキングされ、反プーチンのメッセージが表示される/Newsweek.2022

コントローラー内にはインターネットを介して秘密裏にアクセスできる「バックドア」が仕込まれており、遠隔で充電スタンドをシャットダウンし、反プーチンのメッセージを表示させたとみられる。ロセッティは「このコントローラーはウクライナから欧州へ広く輸出され、電気自動車(EV)の充電スタンド向けに使われている」と主張している。

ロシアの電気自動車の充電スタンドがハッキングされ、反プーチンのメッセージが表示される/Newsweek.2022

一方、ロセッティから名指しされたオートエンタープライズは2月28日、一般ユーザーが撮影したこの充電スタンドの動画を充電スタンドの動画に投稿した。「この事象は自社によるもの」と暗に主張しているのか、単にこの事象を歓迎しているのか、その真意は明らかでない。

ロシアの電気自動車の充電スタンドがハッキングされ、反プーチンのメッセージが表示される/Newsweek.2022

ロシアの機密文書をリーク

アノニマスはまた、ロシアのメディア規制当局Roskomnadzorやロシアの諜報セキュリティサービスFSBなどの組織に対してサイバー攻撃を実施し、ウクライナを征服し、クレムリンの内部宣伝を弱体化させるプーチンの計画の詳細を明らかにするために、何千もの機密文書を漏らしました。

匿名はロシア中央銀行の何千もの秘密文書を公表した/Infobae.2022

アノニマスが示した文書には、2月20日から3月6日までのロシア軍の動き方が詳細に記載されており、どの部隊がどういった動きで都市を陥落させるかのシミュレーション図も添付されている。

ハッカー集団「アノニマス」がロシア軍機密文書を公開!/SAKISIRU.2022

文書では、3月6日までのスケジュールしか示されていないため、当初ロシア軍は、どんなに遅くとも3月6日までにはウクライナ全土を陥落させられると見ていたということだろう。

ハッカー集団「アノニマス」がロシア軍機密文書を公開!/SAKISIRU.2022

「ウクライナの戦場の映像を放送」大手ロシアメディアを一斉にハッキング!

 匿名ハッカー集団「Anonymous」は3月7日(日本時間)、ロシアのテレビと動画配信サービスをハッキングし、ウクライナでの戦闘の様子を放送したと報告した。

Anonymousが露TVをジャック ウクライナでの戦闘の様子を放送/ITmedia.2022

3月7日「ロシアの国営放送の配信チャンネルなどをハッキングして、ウクライナの戦場の映像を流した」という投稿が、ネット上で話題を呼んだ。

“ロシア政府をターゲット”と宣言 「アノニマス」は何者?/NHK NEWS WEB.2022

 アノニマスを名乗る複数のアカウントが投稿で声明を発表。ロシアのストリーミングサービス「Wink」「Ivi(Netflixなど)」、ロシア国営テレビ「Russia24」「Moscow 24」、テレビ局「Channel One」と5つのメディアの名前を併記し、これらを「ハッキングして #Ukraine からの戦争映像を放送した」と発信した。

ハッカー集団「アノニマス」ロシア国営放送などハッキング、戦地映像を放送 「最高の偉業」「味方につくと強い」世界中から称賛の声/中日新聞Web.2022

またロシアの通信衛星のハッキングも行い、フランス語圏に向けたRT(Russia Todayのチャンネルも映像を乗っ取られたとのこと。

ロシア国営テレビの配信を乗っ取り、ウクライナの映像を流す。ハッカー集団「Anonymous」が発表/HUFFPOST.2022

 放送を乗っ取った瞬間と見られるテレビ放映の様子も動画として添付。

ハッカー集団「アノニマス」ロシア国営放送などハッキング、戦地映像を放送 「最高の偉業」「味方につくと強い」世界中から称賛の声/中日新聞Web.2022

(前略)マスクの人物が「ロシアのメディアでは世界的な出来事がきちんと報道されていない。プーチン政権はウクライナ侵攻という戦争犯罪をしています」として、ウクライナでロシア軍が戦闘するシーンとともに放送された。途中に「ロシア人よ、ウクライナ領土の戦争に声を上げよう」というロシア語のメッセージも浮かび出た。

アノニマスの「ロシアTVジャック」 谷原章介「(サイバー)防御は弱い?」/J-CASTテレビウォッチ.2022

 この声明が発表されると日本を含む世界各国から称賛の声が相次いだ。日本語では「これこれ、アノニマスに求めていたのは。かっこよすぎる」「ハッカー集団の肩を持ちたくないが今はご容赦。グッジョブ」「味方につくと強ぇな」「アノニマスすげえな。アニメや映画に出てくるスーパーハカーみたい」などの声が見られた。

ハッカー集団「アノニマス」ロシア国営放送などハッキング、戦地映像を放送 「最高の偉業」「味方につくと強い」世界中から称賛の声/中日新聞Web.2022

 海外諸国からも賛同的な声が多数届いていた。スペイン語では「ロシアのテレビで真実を語ってくれてありがとう。すばらしい仕事」。英語で「信じられないほど強力な行動をした。よくやった」「最高の偉業です」と称賛が相次ぎ、フランス語でも「なんて打撃だ!」と歓迎する声も。また被害を受けているウクライナの言語でも「最高、ブラボー」といった投稿が書き込まれていた。

ハッカー集団「アノニマス」ロシア国営放送などハッキング、戦地映像を放送 「最高の偉業」「味方につくと強い」世界中から称賛の声/中日新聞Web.2022

ドイツ語圏のAnonymous分派グループは「DDoSだけでは体制を崩壊させることはできない」とブログに綴ったとIndependent紙は伝えていますが、それでも「民主主義に対してサイバー攻撃を仕掛けてきたプーチンはいま、しっぺ返しを食らっている」と述べていると伝えています。

ロシア国営テレビの配信を乗っ取り、ウクライナの映像を流す。ハッカー集団「Anonymous」が発表/HUFFPOST.2022

YouTubeチャンネルでロシア国民に語りかける

Anonymous TV/YouTube

7日、アノニマスはYouTubeチャンネル「Anonymous TV」でもロシア国民に向けてメッセージを出した。

アノニマスがロシアにハッキング、国営放送でウクライナ侵攻の映像流す。NATOでも米でもない“ダークヒーロー”誕生に称賛の声/MAG2NEWS.2022

ロシア国民はプロパガンダの鉄のカーテンの後ろに閉じ込められており、取り付け騒ぎなどのロシアが直面している経済問題の背後にある本当の理由も知らないと語った。

アノニマスがロシアにハッキング、国営放送でウクライナ侵攻の映像流す。NATOでも米でもない“ダークヒーロー”誕生に称賛の声/MAG2NEWS.2022

メッセージを「この紛争を終わらせることができる最も平和な方法は、ロシアの人々がプーチンに立ち向かい、彼を権力から排除すること」と訴えて結んだ。

アノニマスがロシアにハッキング、国営放送でウクライナ侵攻の映像流す。NATOでも米でもない“ダークヒーロー”誕生に称賛の声/MAG2NEWS.2022

ロシア中央銀行のデータファイルをリーク

Security Affairsは3月25日(現地時間)、「Anonymous leaked 28GB of data stolen from the Central Bank of RussiaSecurity Affairs」において、ハッカー集団「Anonymous」がロシア中央銀行から3万5,000の文書を窃取したこと、および、関連グループ「Black Rabbit World」がロシア中央銀行から28GBのデータを窃取して流出させたと伝えた。

ハッカー集団「Anonymous」がロシア中央銀行のデータ窃取・流出を主張/TECH+総合トップ – マイナビニュース.2022

ハッカー集団「Anonymous」は、窃取した文書にはロシアの経済に関する機密事項が含まれていると主張している。

ハッカー集団「Anonymous」がロシア中央銀行のデータ窃取・流出を主張/TECH+総合トップ – マイナビニュース.2022

Security Affairsは、流出したデータが本物であった場合、今回のデータ流出はロシア政府に対してハッカー集団「Anonymous」が仕掛けた現在進行中のサイバー攻撃において、ロシアがウクライナに侵攻を開始して以来の最大の攻撃になる可能性があると指摘している。

ハッカー集団「Anonymous」がロシア中央銀行のデータ窃取・流出を主張/TECH+総合トップ – マイナビニュース.2022

ウクライナに侵攻したロシアに「宣戦布告」している国際ハッカー集団「アノニマス」が、ロシア中央銀行から流出させたとする約3万5000件のデータファイルについてネット上で公開を始めた。国家機密も含まれると主張しており、本物であればプーチン政権やロシア経済に大打撃となる可能性もある。

ハッカー集団「アノニマス」、ロシア中銀の「機密情報」流出 本物ならプーチン政権に大打撃 識者「ロシア側の手の内を見ながら経済制裁を打てるように」/zakzak.2022

3月26日にはロシア連邦航空輸送庁にサイバー攻撃を実行し、全ての文書ファイルや航空機の登録データなど計約65テラバイト分を消去したと主張。ロシアの国営石油パイプライン企業「トランスネフチ」や国営原子力企業「ロスアトム」、政府の通信・メディア監督当局もハッキングを受け情報が流出したとされている。

ハッカー集団「アノニマス」、ロシア中銀の「機密情報」流出 本物ならプーチン政権に大打撃 識者「ロシア側の手の内を見ながら経済制裁を打てるように」/zakzak.2022

ウクライナで戦っているロシア兵12万人の個人情報をリーク

アノニマスは3日(現地時間)、ツイッターを通じて「ウクライナで戦っているロシア軍人12万人の個人情報を流出させた」とし「ウクライナ侵攻に参加したすべての兵士たちは戦犯裁判を受けなければならない」と明らかにした。

アノニマス「露兵12万人の個人情報を流出させた」「すべての露兵士は戦犯裁判を受けろ」/KOREA ECONOMICS.2022

アノニマスは追加のハッキング攻撃も予告している。アノニマスは「ロシアが攻撃を止めるまでハッキングを続ける」とし「プーチン大統領によって起きたあらゆる犯罪によって人類がロシアを許すには長い時間がかかるだろう」と付け加えた。

アノニマス「露兵12万人の個人情報を流出させた」「すべての露兵士は戦犯裁判を受けろ」/KOREA ECONOMICS.2022

ロシア軍捕虜虐待映像がロシアで制作された可能性を指摘

ウクライナ兵がロシア軍捕虜を虐待したとされる映像が流出し、問題となっていた件で、この映像がロシア側で製作された可能性が提起されている。

「露兵捕虜虐待」映像は捏造だった? アノニマスが露軍文書を公開「ウ軍の非道映像開発を」/KOREA ECONOMICS.2022

際ハッカー集団アノニマスは28日(日本時間)、Twitterアカウントにおいて、ロシア語で書かれた文書をアップロードした。この文書にはロシア当局が偽の映像制作を指示する内容が含まれている。ウクライナ政府もテレグラムを通じてこれを共有した。

「露兵捕虜虐待」映像は捏造だった? アノニマスが露軍文書を公開「ウ軍の非道映像開発を」/KOREA ECONOMICS.2022

ヤバすぎる・・・。アノニマスのサイバー攻撃

アノニマスがハッキングで得たデータの例としては以下のものが挙げられています。
・通関業者ALETによるメール110万通(1.1TB相当)
・ロシア中央銀行の利用データ28GB相当
・ウクライナで戦っているとみられるロシア軍兵士の個人情報12万人分
・電力関係組織Elektrocentromontazhのメール123万通(1.7TB相当)
・不動産管理会社Sawatzkyのメール57万5000通(432GB相当)
・ガスパイプライン関連企業Gazregionのメールとファイル222GB相当
・ロシア国営ガス企業ガスプロムとヨーロッパのガス事業者LindeのジョイントベンチャーであるGazprom Linde Engineeringのメール76万8000通(728GB相当)
・石油・ガス生産企業Technotecのメール440GB相当
・ロシア連邦文化庁のメール446GB相当
・ブラゴヴェシチェンスク市役所のメール150GB相当
・トヴェリ州知事室のメール116GB相当
・ロシア国営放送VGTRKのデータ20年分
・ロシア鉄道の職員データベース
・グローバル企業や銀行など455社を顧客に持つ法律事務所Rustam Kurmaev and Partnersのメールや裁判ファイルなどデータ1TB相当
・国防省と内務省のITインフラ管理を担当しているIT企業NPO VSのメール100万通以上を含むデータ759GB相当

ハッカー集団「アノニマス」がロシアから「分析に数年かかるレベルの膨大なデータ」を盗み出している/Gigazine.2022

一方でアノニマスの成りすましも発生・・・。

 3月1日、あるメッセージがツイッターに投稿された。

「ロシア作戦」偽情報にアノニマス困惑 元メンバーが初めて語る内幕/朝日新聞デジタル.2022

 「私たちは(ロシア国内にある)原子炉のモニタリングシステムをハッキングした」

「ロシア作戦」偽情報にアノニマス困惑 元メンバーが初めて語る内幕/朝日新聞デジタル.2022

 投稿者のアカウント名は「ウクライナのアノニマス(Anonymous)」。政治的な主張に基づく行動(ハクティビズム=hacktivism)を掲げ、過去に各国の政府や企業に対し、サイバー攻撃を仕掛けてきた国際ハッカー集団「アノニマス」と同じ名前だった。

「ロシア作戦」偽情報にアノニマス困惑 元メンバーが初めて語る内幕/朝日新聞デジタル.2022

 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まった翌日の2月25日、アノニマスの公式ツイッターは「私たちの作戦はロシア政府をターゲットにしている」と表明。「#OpRussia(ロシア作戦)」と名付け、ウクライナ支援の立場を明確にした。

「ロシア作戦」偽情報にアノニマス困惑 元メンバーが初めて語る内幕/朝日新聞デジタル.2022

 原子炉のモニタリングシステムをハッキングしたとする報告も、作戦の一環だとして投稿されたものだ。ところが、アノニマスの公式ツイッターは反応した様子はなかった。

「ロシア作戦」偽情報にアノニマス困惑 元メンバーが初めて語る内幕/朝日新聞デジタル.2022

サイバー戦争は様々なハッカー集団が入り乱れる乱戦に!

サイバー空間でロシアとウクライナの「代理戦争」が激化している。ハッカー集団が反ロシア派、親ロシア派に分かれ、それぞれが敵対視する国や企業にサイバー攻撃を仕掛けている。

ウクライナ支援のハッカー集団を直撃「鉄道狙いロシア進軍を妨害」/日経ビジネス.2022
created by Rinker
危険で不穏。けれど、あなたが考えるよりも、はるかに身近な世界。だが、匿名の状況にある人間が、どんな行動を取るかは、変わっていないはずである。(「BOOK」データベースより)

この記事の続きを読む▼

【ウクライナ危機(69)】「プーチンとも戦う」ベラルーシ反体制派ハッカー集団がウクライナ側で参戦!「サイバー・パルチザン」
“https://diggity.info/society/ukraine-69/”
Previous post 【ウクライナ危機(67)】世界1の富豪イーロン・マスクがウクライナ支援!!さらにプーチンに決闘を挑んだ!?『スターリンク』
Next post 【ウクライナ危機(69)】「プーチンとも戦う」ベラルーシ反体制派ハッカー集団がウクライナ側で参戦!「サイバー・パルチザン」

当サイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシーをご覧ください

X