【ウクライナ危機⑮】混沌極める東欧情勢……。ウクライナの未来を占う大統領選が始まる『2019年ウクライナ大統領選挙』

この記事をシェアする▼

【ウクライナ危機⑮】混沌極める東欧情勢……。ウクライナの未来を占う大統領選が始まる『2019年ウクライナ大統領選挙』

前回の記を読む▼

【ウクライナ危機⑭】クリミア沖でロシア軍がウクライナ海軍の船を砲撃して拿捕……前例のない事件が発生『ウクライナ海軍艦船拿捕事件』
“https://diggity.info/society/ukraine-14/”

2019 Ukrainian presidential election

【伝説】2019年ウクライナ大統領選挙

DW Українською/YouTube

2014年の市民デモによる政権崩壊を受けて就任したポロシェンコ氏は軍の強化など対ロ強硬姿勢を前面に押し出し、親欧米と改革路線の継続を訴えた。だが公共料金の引き上げなどが国民の生活を圧迫したほか、汚職政治家の処分も進まず支持離れを招いた。

ウクライナ大統領選、タレント候補勝利 対ロ協議に意欲/日本経済新聞.2019

大統領の任期は5年。14年にロシアが併合を宣言した南部クリミア半島や東部の親ロ武装勢力が実効支配する地域では投票が実施されなかった。東部ではロシアが支援する親ロ派との紛争が続き、これまでに1万3千人が死亡した。

ウクライナ大統領選、タレント候補勝利 対ロ協議に意欲/日本経済新聞.2019

選挙戦に向けポロシェンコが国民に猛アピール

2019年の選挙戦を控えたポロシェンコ政権は、「軍・言語・信教」という標語を掲げました(上掲の写真参照)。「軍」とは、ウクライナ軍を立て直し、ロシアの軍事的脅威に対抗することを意味します。「言語」とは、ソ連時代の名残で依然としてロシア語の比率が小さくない当国において、国家言語たるウクライナ語の地位を盤石にしようという政策です。「信教」とは、ウクライナの正教会がロシア正教会に従属している状況を解消するというもの。つまり、ロシアの圧力や影響を排して、独自の国民国家としてのウクライナをより明確に確立しようという路線でした。その上で、ウクライナは近年中に欧州連合(EU)に加入申請を行い、北大西洋条約機構(NATO)加盟のプロセスも開始すると、ポロシェンコは訴えました。

ウクライナのゼレンスキー次期大統領につきまとう「一発屋」の不安/朝日新聞GLOBE+.2019
ウクライナ正教会がロシア正教会の影響下から独立

19年1月にはウクライナ正教会が独立し、同国教会の管轄権を主張してきたロシア正教会の影響下から離れ、両国の対立は宗教にも広がった。

ウクライナとは 独立から30年足らず、東部でロシアと紛争/日本経済新聞.2019

 バルソロメオス1世全地総主教や側近らは、11日まで3日間にわたり、ウクライナ正教会のロシア正教会からの独立を認めるかどうかについて協議を続けていた。ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は決定を歓迎。米国の支援を受けているポロシェンコ政権はロシアや分離派と4年にわたって同国東部で武力衝突を続けている。

東方正教会、ウクライナ正教会の独立を承認 ロシアは非難/ウォール・ストリート・ジャーナル.2018
ウクライナがEU・NATOに加盟路線を憲法に明記

2019年2月、ウクライナの議会に当たる最高会議は、ポロシェンコ大統領(当時)が提出したEUと北大西洋条約機構(NATO)へのウクライナの加盟路線をウクライナ憲法に明記する憲法改正法案を可決しました。その結果、憲法序文には、ウクライナ民族の欧州アイデンティティとウクライナの欧州・欧州大西洋路線の不可逆性に関する文言が加筆されましたた。また、第102条には、「ウクライナ大統領は、ウクライナのEUとNATOへの完全な加盟に向けた国家の戦略的方針の実現を保証する者である」との文言も追加されたのです。

ウクライナとEUの関係はどこまで深まったか/朝日新聞GLOBE+.2021
この方針はゼレンスキー大統領が引き継ぐことに

しかし、親欧米路線の懸命のアピールも実らず、ポロシェンコは2019年3、4月の大統領選挙に敗れます。ただ、この選挙では対外路線の選択はほとんど争点にならず、ポロシェンコに取って代わったV.ゼレンスキー大統領も、方針を大きく変えることはありませんでした。

ウクライナとEUの関係はどこまで深まったか/朝日新聞GLOBE+.2021

2019年2月8日 大統領選候補者が出揃う!!その数なんと44人!!

2月8日、中央選挙管理委員会は、3月31日の大統領選挙へ出馬する候補者登録プロセスを終了した。

44人の大統領選挙候補者の存在自体が持つ、国民にとってのメリット/ウクルインフォルム通信.2019

申請をした92人の人物のうち、44名が候補者として登録された。このうち24名が政党推薦者であり、7名が政治・市民団体の代表者であるが、無所属候補として書類を提出した者であり、残りの13名が実際に無所属の候補者である。

44人の大統領選挙候補者の存在自体が持つ、国民にとってのメリット/ウクルインフォルム通信.2019

44名もの候補者を掲載することから、投票用紙は1メートル15センチという長大なものとなるそうです。従来は2004年の67センチが最長でしたから、これも記録更新です。現地のニュースを見たところ、まるで巻物かトイレットペーパーのような投票用紙でした。

ウクライナ大統領選は立候補者44人!「ティモシェンコ」が2人も出馬/朝日新聞GLOBE+.2019

有力候補は3人!三つどもえの選挙戦!!

ТСН/YouTube

最大争点は事実上の戦争状態にある隣国ロシアとの関係。選挙戦は現職のポロシェンコ大統領、失脚から復活したティモシェンコ元首相、人気コメディアンのゼレンスキー氏による三つどもえとなる見通しだ。

ウクライナ大統領選三つどもえ、反ロシア姿勢に温度差/産経ニュース2019

3人以外の支持率は最高で9%止まりだ。3月31日の第1回投票で過半数を得る候補が出ず、上位2人の決選投票になるのがほぼ確実な情勢になっている。

大統領選3候補、いずれも支持率1割台 ウクライナ混迷/朝日新聞デジタル.2019

3者とも親欧米・反露路線を掲げるが、主張には微妙な温度差がある。

ウクライナ大統領選三つどもえ、反ロシア姿勢に温度差/産経ニュース2019
現職「ペトロ・ポロシェンコ」
Петро Порошенко/YouTube

 ポロシェンコ氏は、親露派のヤヌコビッチ元大統領が失脚した2014年のウクライナ政変後の大統領選で親欧米・反露路線を掲げて当選。しかし目標とした欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)への加盟は実現できず、国内には低所得や不十分な社会保障、公共料金値上げなどへの不満が募っている。

ウクライナ大統領選三つどもえ、反ロシア姿勢に温度差/産経ニュース2019
ウクライナを支配するオリガルヒの力が増していった

 その一方で、改革の不徹底のいくつかは、ポロシェンコの責任といっていいだろう。有力財閥(オリガルヒ)の利権は維持され、彼らの事業に有利な法律や規制が新たに採用されたりしている。

「美しすぎる」大統領、ついに誕生か?/JBpress.2022

 また現役閣僚や政治家、高級官僚の蓄財ぶりや汚職、オリガルヒとの癒着ぶりも相変わらず報道されている。

「美しすぎる」大統領、ついに誕生か?/JBpress.2022

 ポロシェンコが「パナマ文書」に登場したことは記憶に新しいところだ。ポロシェンコ自身、ウクライナ有数の資産家であり続けている。

「美しすぎる」大統領、ついに誕生か?/JBpress.2022
元首相「ユーリヤ・ティモシェンコ」
Юлія Тимошенко/YouTube

 ティモシェンコ氏は04年の「オレンジ革命」で成立した親欧米派政権で首相を務めたが、その後のヤヌコビッチ政権下で職権乱用罪で実刑に。14年の政変で釈放され、政界復帰した。大統領選ではロシアを批判しつつも、ポロシェンコ氏ほど先鋭的な路線は取らず、平和実現や所得増、公共料金値下げをアピールして支持を拡大させている。

ウクライナ大統領選三つどもえ、反ロシア姿勢に温度差/産経ニュース2019
ロシアとの疑惑

 ただ同氏に関しては、実業家時代の露国営企業との関係の深さなどから「ロシアの手先ではないか」との風評も国内にはある。昨年11月には、ロシアがウクライナに発動した経済制裁対象に同氏が含まれたのにポロシェンコ氏が含まれず、「ロシアはポロシェンコ氏の再選を防ぐため、あえてティモシェンコ氏を制裁対象にしてロシアの手先との疑いを晴らし、当選を支援しようとしたのではないか」との憶測さえ流れた。

ウクライナ大統領選三つどもえ、反ロシア姿勢に温度差/産経ニュース2019
有名なオリガルヒ

ティモシェンコと現職ポロシェンコが決選投票に進んだ場合、ティモシェンコを警戒する有権者が現職の安定感に流れ、またオリガルヒや地方ボスの支援・動員を取りつけてポロシェンコが再選する、とみられていた。

「美しすぎる」大統領、ついに誕生か?/JBpress.2022
コメディアン「ウォロディミル・ゼレンスキー」
ТСН/YouTube

 一方、コメディアンで政治経験がないゼレンスキー氏は、ウクライナのテレビドラマで大統領に転身する教師役を演じて人気を博した。昨年12月には「大統領になれば、(同国東部を実効支配する)親露派勢力との紛争は武力ではなく対話で終わらせる」と述べたほか、国内で進むロシアの芸術や文化の規制には反対する姿勢を明らかにした。

ウクライナ大統領選三つどもえ、反ロシア姿勢に温度差/産経ニュース2019
ロシア企業の株保有が問題視される

 またウクライナのテレビ局は今年1月の調査報道で、ゼレンスキー氏とロシアとの商取引関係を指摘している。報道を受けてゼレンスキー氏は、ロシア企業が所有するキプロス企業の株式を保有していることを認め、これを売却することを誓った。

「チョコレート王 vs コメディー俳優」 ウクライナ大統領選、決選投票へ/AFPBB News.2019

ロシアによる選挙介入を警戒

ロシアによる選挙介入への警戒も広がる。現地メディアによると、ウクライナ国家保安庁は最近、キエフの本部で欧州連合(EU)と共に海外からのサイバー攻撃を撃退する訓練を実施した。EUのハッカー役がウクライナの中央選挙管理委員会を攻撃し、同国のスタッフがそれを無効化するという内容だ。

ウクライナ大統領選、39候補が乱立 対ロシア争点/日本経済新聞.2019

国家保安庁の職員によると最近数カ月、ウクライナ政府機関のコンピューターへ不正アクセスを試みる攻撃が増えた。同庁の専門家はAFP通信に「ロシアによるサイバー攻撃だ」と指摘する。

ウクライナ大統領選、39候補が乱立 対ロシア争点/日本経済新聞.2019

ロシアはウクライナ大統領選でポロシェンコ氏の再選を阻止する狙いだと、米国のボルカー・ウクライナ担当特別代表は2月に発言した。ロシアは新政権となら取引できると考えているようだ。

ウクライナ大統領選、39候補が乱立 対ロシア争点/日本経済新聞.2019

アメリカのトランプ大統領は2004年から始まったリアリティショー「アプレンティス」で、毎週出演者の1人をクビにしていく冷酷な経営者を好演したが、これがアメリカの若い有権者に優れた経営手腕を持つリーダーというイメージを刷り込む結果となり、大統領選挙でのイメージづくりに一役買ったとされている。ゼレンスキー氏の手法は、トランプ大統領のものよりも、さらに徹底している。

政治経験のないコメディアンがウクライナ大統領選で圧勝できた理由/ダイヤモンド・オンライン.2019

選挙戦略が匠すぎ!?政治経験ゼロのレンスキーがトップを走り続ける

VICE News/YouTube

 ロシアによるクリミア半島併合や親ロシア派との紛争が続くウクライナで、政治経験ゼロのタレント、ボロディミル・ゼレンスキー氏(41)が大統領選の先頭を走っている。発信は専らインターネット。31日の第1回投票を前に政治風刺ショーを続け、いまだ選挙集会も開いていない。同国を支援する国際機関や欧米の国も政策を探り始めた。

危機のウクライナ、救世主はお笑い芸人? 大統領有力/朝日新聞デジタル.2019

タレント、文化人、スポーツ選手などが政界に進出することは、世界的に、決して珍しくはないでしょう。アメリカでは、故レーガン大統領は元俳優でしたし、「ターミネーター」ことシュワルツェネッガー氏もカリフォルニア州知事を務めました。日本でも、テレビタレントの政治家転身はよくあることで、お笑い出身者が大阪府知事や宮崎県知事を務めたこともありました。

ウクライナ大統領選は立候補者44人!「ティモシェンコ」が2人も出馬/朝日新聞GLOBE+.2019

ロシアやウクライナでも、歌手やスポーツ選手が選挙に出ることは、時々ありました。しかし、現在ウクライナで起きているように、人気コメディアンが大統領選で主要候補の一人となり、しかも支持率でトップに立っているというのは、やはり異例の事態だと思います。

ウクライナ大統領選は立候補者44人!「ティモシェンコ」が2人も出馬/朝日新聞GLOBE+.2019

ゼレンスキーの選挙公約「財閥(オリガルヒ)などが支配しているシステムを一掃すること」

 ゼレンスキーの選挙キャンペーンの公約は、財閥の富豪、オリガルヒが占拠する仕組みを一掃するというものであった。この公約は、当時現職のペトロ・ポロシェンコ大統領を攻撃し、自身を差別化するものであった。この公約が彼を大統領戦勝利に導いた。

元コメディアンとテック起業家が本領発揮、ウクライナのデジタル・メディア戦略とは/NewSphere.2022
親ロシア派との和平合意「ミンスク合意」履行を進める

 ゼレンスキー氏は公約として、2015年にウクライナ政府と対立する同国東部の親ロシア派の間で和平に向けて交わされた「ミンスク合意」の履行を進めると述べている。だが、ゼレンスキー氏がロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領に立ち向かうことができるのか疑問だとの指摘もある。一方でゼレンスキー氏は、ポロシェンコ政権が進める欧米との協調路線を維持すると表明している。

「チョコレート王 vs コメディー俳優」 ウクライナ大統領選、決選投票へ/AFPBB News.2019

出口調査でゼレンスキーがトップ!!ポロシェンコとの決選投票に挑む!

Al Jazeera English/YouTube

 投票は31日午後8時(日本時間1日午前2時)に締め切られた。

コメディアンと現職で決選投票へ ウクライナ大統領選/朝日新聞デジタル.2019

ウクライナ選挙管理委員会によると、開票率100%での得票率は、新人で人気コメディアンのゼレンスキー氏が30.24%で首位、現職のポロシェンコ大統領が15.95%で2位となっている。

ウクライナ大統領選の集計終了 決選投票に/日テレNEWS.2019

両氏とも当選に必要な過半数の得票に達しない見通しで、決着は上位2候補による4月21日の決選投票に持ち越される。

ウクライナ大統領選、タレント候補が現職引き離す 決選投票へ/日本経済新聞.2019

ティモシェンコ氏は13%で、上位2位までの決選投票には進めない。

ティモシェンコ・ウクライナ元首相 写真特集/時事ドットコム

ティモシェンコ元首相は記者会見で、ゼレンスキー氏がトップに立ったことを認めた。

ウクライナ大統領選、決選投票へ コメディアン候補が首位/CNN.co.jp.2019

ゼレンスキー氏は31日夜、キエフ市内の選対本部で記者会見し「大きな勝利への一歩にすぎない」と決選投票へ決意を表明。ポロシェンコ大統領も「決選投票へ向けた闘いを始める」と宣言した。同大統領は3位以下の候補者に協力を呼びかけたが、現状では既存政治の打破を掲げるゼレンスキー氏を支持する勢力が増えている。

ウクライナ大統領選、タレント候補が現職引き離す 決選投票へ/日本経済新聞.2019

焦るポロシェンコ……ゼレンスキーはエンターテイメントショーのような選挙戦を展開!!

Зе!Президент/YouTube

 21日に決選投票が行われるウクライナ大統領選で、タレントのゼレンスキー氏(41)が有権者への直接の露出を避ける選挙戦を続けている。圧倒的な知名度と広がった「政治刷新」のイメージで支持率は50%超。現職のポロシェンコ大統領(53)は焦りを隠せない。

タレント候補、大統領選を翻弄 討論は「スタジアムで」/朝日新聞デジタル.2019
7万人収容のオリンピック・スタジアムで直接討論会に合意
euronews/YouTube

 ポロシェンコ氏は決選投票前に勢いを取り戻そうと、自身の経験や弁舌を強調している。同氏は政界に入ったばかりのライバル、ゼレンスキー氏を大統領選討論会に招いたが、ゼレンスキー氏は血液検査や討論会を首都キエフにある7万人収容のオリンピック・スタジアムで開催することなどの数々の条件を付け、これをポロシェンコ氏が受け入れた。

コメディー俳優優勢のウクライナ大統領選、候補者2人が血液検査/AFPBB News.2019

 ウクライナは騒々しいと言えるほど活気に満ちた民主主義を誇りとしており、議会での殴り合いといった政治ショーが繰り広げられることもあるが、多くの人が、今回の大統領選は行き過ぎではないかと心配している。

コメディー俳優優勢のウクライナ大統領選、候補者2人が血液検査/AFPBB News.2019
なぜ?討論にあたってゼレンスキーとポロシェンコが血液検査を実施!!その様子がライブ中継
Радіо Свобода Україна/YouTube

 21日に実施されるウクライナ大統領選の決選投票で対決する人気コメディアンのゼレンスキー氏と現職のポロシェンコ大統領が5日、血中のアルコールや麻薬の濃度を調べる血液検査を首都キエフで受けた。

決選投票に向け血液検査 ウクライナ/産経ニュース.2019

(前略)その映像がライブ中継される異例の一幕があった。

ウクライナ大統領選 候補者2人が血液検査、討論会控え/CNN.co.jp.2019

血液検査の披露は、決戦投票へ向けた選挙戦がメディア受けを狙ったショーと化しつつあることも印象づけた。

ウクライナ大統領選 候補者2人が血液検査、討論会控え/CNN.co.jp.2019

医師によると、両氏の血液検査に問題はなかった。

ウクライナ大統領選 候補者2人が血液検査、討論会控え/CNN.co.jp.2019
ポロシェンコがテレビ討論会に乗り込みゼレンスキーに呼びかける「今このスタジオで討論しよう」
ТСН/YouTube

 「ゼレンスキー氏に呼びかけたい。今このスタジオで討論しよう」。ポロシェンコ氏は11日夜、出演予定のなかったテレビの政治討論番組に突然乗り込み、あっけにとられる出演者や聴衆を前に語気を強めた。

タレント候補、大統領選を翻弄 討論は「スタジアムで」/朝日新聞デジタル.2019

 しかし、局スタッフが連絡をとるとゼレンスキー氏はウクライナを離れ、パリにいることが判明。電話はつながったが、2人の会話は討論会の開き方をめぐる非難の応酬で終わった。

タレント候補、大統領選を翻弄 討論は「スタジアムで」/朝日新聞デジタル.2019
ポロシェンコが一方的に提案した討論会を開催!
ТСН/YouTube

21日のウクライナ大統領選決選投票を前に、現職のポロシェンコ大統領は14日、自分が一方的に提案した討論会に臨むため首都キエフのスタジアムを訪れたが、ライバルの人気コメディアン、ゼレンスキー候補が現れず、討論会は不発に終わった。

ウクライナ、討論会不発 優勢の喜劇俳優現れず/西日本新聞me.2019
5000人が集まる!
Петро Порошенко/YouTube

 警察によるとスタジアムには約5000人が集まった。

ウクライナ大統領選討論会、コメディアン候補者欠席 現職の「ワンマンショー」に/AFPBB News.2019

 スタジアム内に用意された臨時プレスセンターには2つの演壇が設置され、司会者が記者団を前にルールを説明した。収容人員7万人のスタジアムの外では、大統領支持者らが「ポロシェンコ」と唱和していた。

ウクライナ大統領選討論会、コメディアン候補者欠席 現職の「ワンマンショー」に/AFPBB News.2019

ポロシェンコ候補は、午後3時まで40分間待つと述べ、その間、アンドリー・クルコウ市民ラジオ記者の司会の下、国内外記者からの質疑応答を行った。

ポロシェンコ候補、国立スタジアムの討論会に参加 ゼレンシキー候補は現れず/ウクルインフォルム通信.2019

 ポロシェンコ氏は、仮に決選投票でゼレンスキー氏が当選すれば「ウクライナ国民の選択」を尊重するとしつつも、国の未来を憂慮すると発言。1時間の登壇中に記者団の質問にも応じた同氏は「ウクライナの運命は危険にさらされていると言わなければならない」と語った。

ウクライナ大統領選討論会、コメディアン候補者欠席 現職の「ワンマンショー」に/AFPBB News.2019

ポロシェンコ氏は、会場に現れなかったゼレンスキー氏を厳しい質問から逃げたと非難した。

ウクライナ大統領選討論会、コメディアン候補者欠席 現職の「ワンマンショー」に/AFPBB News.2019

選投票前!オリンピックスタジアムで決選投票前の最後の討論会が開催!!!!

Sky News/YouTube

2019年4月19日、2回目の投票の前に、ゼレンスキー氏とポロシェンコ氏はキエフのオリンピックスタジアムで公開討論会を開催し、ライブ中継された。

ゼレンスキー大統領、かつて公然とウクライナ人に「ひざまずいた」/看中国 / VisionTimesJP.2022

 会場には両陣営の支持者ら約2万2千人が集まり、周辺を約1万人の警官らが厳重警備。

ウクライナ大統領選で討論会 喜劇俳優の優位動かず/西日本新聞me.2019

 討論会はオリンピック・スタジアムで1時間にわたって行われ、欧州連合(EU)とロシアとの緩衝地帯とされ、紛争で荒廃したウクライナで数週間続いたセンセーショナルな選挙運動の最後を締めくくった。

コメディアン候補が旧体制の打破誓う、ウクライナ大統領選討論会/AFPBB News.2019
ゼレンスキー「私は政治家ではない普通の人間だ」「古いシステムを壊すために立候補した」

 ゼレンスキー氏は今回初めて出席した公開討論会で、「私は政治家ではない」と切り出し、「私はこの体制を破壊するために来た普通の人間だ」と述べた。

コメディアン候補が旧体制の打破誓う、ウクライナ大統領選討論会/AFPBB News.2019

(前略)ゼレンスキー氏は、前回の2014年選挙でポロシェンコ氏に投票したのは失敗だったとし「あなたの政権下で生まれた古いシステムを壊すために立候補した」と強調した。

喜劇俳優の優位動かず ウクライナ大統領選討論会/産経ニュース.2019

 さらに、ポロシェンコ氏に対して「私はあなたの過ちと約束の結果だ」と述べると、聴衆からは喝采が起き、やじが飛んだ。

コメディアン候補が旧体制の打破誓う、ウクライナ大統領選討論会/AFPBB News.2019
ポロシェンコ「経験のないゼレンスキーではプーチンに対抗できない」

 ポロシェンコ氏は、政治家としての能力が未知数のゼレンスキー氏の経験不足を攻撃。現役兵としての兵役を回避したことを批判した上で、同氏ではロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領に抵抗することはできないと述べた。

コメディアン候補が旧体制の打破誓う、ウクライナ大統領選討論会/AFPBB News.2019

(前略)ポロシェンコ氏は「プーチン(ロシア大統領)はウクライナをロシア帝国に引き込む願望がある。これにどう対抗するのかをゼレンスキー氏が知らないなら、そのリスクは排除せねばならない」と主張。政治経験のないゼレンスキー氏より自身こそが大統領に適格だと強調した。

喜劇俳優の優位動かず ウクライナ大統領選討論会/産経ニュース.2019

 さらに、ゼレンスキー氏の出演番組を放映するテレビ局を所有する実業家イーゴリ・コロモイスキー(Igor Kolomoysky)氏との結び付きについても非難した。

コメディアン候補が旧体制の打破誓う、ウクライナ大統領選討論会/AFPBB News.2019
ゼレンスキーは見事に切り返した「プーチン氏に決してひざまずかない、ウクライナの人々にだけひざまずく」
ТСН/YouTube

 ウクライナの国防とクリミア問題に関する議論で、ゼレンスキー氏はポロシェンコ氏の無能な統治やドンバス地域の紛争解決の失敗を問い詰めた。ポロシェンコ氏は、ゼレンスキー氏が当選しても何もできず、プーチン氏にひざまずくしかないだろうと揶揄った。

ゼレンスキー大統領、かつて公然とウクライナ人に「ひざまずいた」/看中国 / VisionTimesJP.2022

 それを聞いたゼレンスキー氏は衝撃的な行動に出た。彼は2歩前に出て、突然ひざまずいて、「プーチン氏に決してひざまずかない、ウクライナの人々にだけひざまずく」と述べた。

ゼレンスキー大統領、かつて公然とウクライナ人に「ひざまずいた」/看中国 / VisionTimesJP.2022

 この突然の行為は、討論を見ている多くのウクライナ人の心を動かした。

ゼレンスキー大統領、かつて公然とウクライナ人に「ひざまずいた」/看中国 / VisionTimesJP.2022

ポロシェンコ vs ゼレンスキー」決選投票が実施!!結果ゼレンスキーが勝利!!

4 канал/YouTube

ウクライナの大統領選挙の決選投票が4月21日に実施された。

ゼレンスキー氏が現職を破り、大統領就任へ/ジェトロ(日本貿易振興機構).2019
出口調査でゼレンスキーの勝利が確定

  出口調査によると、ゼレンスキー氏(41)の得票率は73%。現職のポロシェンコ大統領は26%で、敗北を認めた。ゼレンスキー氏の勝因は政界において新顔であることが大きい。同氏の選挙戦はスタイル重視で、政策提案はごくわずかに限られていた。

ウクライナ大統領選、タレント候補のゼレンスキー氏が圧勝-出口調査/Bloomberg.2019

 当初は真剣に受け止められていなかったゼレンスキー氏の選挙戦はやがて貧困や汚職、1万3000人余りの犠牲者を出した5年に及ぶウクライナ東部の紛争に不満を持つ有権者の心をとらえ、驚くべき結果につながった。

ウクライナ大統領選 コメディアン候補が当選確実/毎日新聞.2019
ゼレンスキーが勝利宣言!!「皆さんの期待を裏切らない」
Зе!Президент/YouTube

 出口調査結果の一報が伝えられると、ゼレンスキー氏は拍手しながら跳び上がって喜び、妻エレナさんや選挙チームの仲間と次々に抱擁。「私は皆さんの期待を裏切らないと約束する」と語り、国民の支持に感謝した。

「全ては可能」と喜劇俳優 ウクライナ大統領選で圧勝/産経フォト.2019

 当選を確実にした21日夜の記者会見で早速、「渋滞を引き起こす(大統領の)車列はやめたい」と発言。人気のテレビドラマ「国民のしもべ」で演じる庶民感覚の大統領を連想させた。

TVドラマ通り?コメディアン大統領が誕生 ウクライナ/朝日新聞デジタル.2019
ポロシェンコが敗北を認め、国際社会に新たな大統領と進むウクライナに支援を呼びかける

 ポロシェンコ氏は自身の選挙対策本部での演説で、選挙結果は「明白」であり、相手に「祝福を述べる」理由は十分にあると敗北を認めた。

ウクライナ大統領選 コメディアン候補が当選確実/毎日新聞.2019

ポロシェンコ氏は敗北を認めた上で、政治経験がない大統領が就任するウクライナへの支援を国際社会に呼び掛けた。

コメディアンが圧勝へ ウクライナ大統領選 出口調査で70%超支持/産経ニュース.2019
世界各国から祝電やメッセージ

ゼレンスキー氏の勝利を受けて、米国のトランプ大統領、EUのトゥスク欧州理事会常任議長ら欧米諸国の首脳のほか、CIS地域ではアルメニアのニコル・パシニャン首相らから電話もしくは祝電などが届いている。ロシアからは、外務省のマリア・ザハロワ報道官が「ウクライナでの『リセット』に期待する」とフェイスブックに投稿したほか、アレクセイ・クドリン会計検査院議長は「ロシアとウクライナ間の対話プロセスの再開を期待したい」とツイートしている。

ゼレンスキー氏が現職を破り、大統領就任へ/ジェトロ(日本貿易振興機構).2019
ゼレンスキーは旧ソ連圏の国々に向けて「全てが可能!」これがロシアを刺激

 「一人のウクライナ市民として旧ソ連の国々の皆さんに言える。見てください。全てが可能なんだと」。ウクライナ大統領選の決選投票で圧勝が確実となった人気コメディアンのゼレンスキー氏は21日、国内外の報道陣らを前に演説。旧ソ連諸国で指導者による長期支配が続いていることを念頭に、政権交代は実現しうるとのメッセージを送った。

「全ては可能」と喜劇俳優 ウクライナ大統領選で圧勝/産経フォト.2019
ロシアのプーチンは祝電を送らなかった

この発言はロシアを刺激し、プーチン大統領は祝賀電報を送らなかった。

ゼレンスキー演説 考え抜かれた「ソフト外交」【解説委員室から】/時事ドットコム.2022

ドラマの「国民のしもべ」が現実に……。

Слуга народа/YouTube

 選挙期間中、ドラマの新シリーズの放映が始まった。「規定外の選挙運動では」と物議を醸したが、ドラマと現実が同時進行するような異例の選挙戦となった。

TVドラマ通り?コメディアン大統領が誕生 ウクライナ/朝日新聞デジタル.2019

ウクライナの人気テレビドラマ「国民のしもべ」で演じたのは、正義感あふれる教師出身の大統領だった。放映は2015年から。このはまり役に出合うまで政治との「接点」はなかったが、18年の大みそかに大統領選への出馬を宣言すると、現職を終始リードして地滑り的な勝利を収めた。

ドラマの大統領役が現実に ウクライナ大統領、ウォロディミル・ゼレンスキー氏(41)/日本経済新聞.2019

ドラマで大統領を演じた人物が、現実の大統領となってしまったのだ。ウソのようだが、本当の話である。その清新なイメージから、「政治家の汚職といった政治的腐敗を一掃してくれそうだ」という期待を国民が抱いたのが勝因だという。

【日本の選択】ウクライナ情勢に見る「民主主義の危機」 日本には「政権交代可能な野党」の存在必要 /zakzak.2019

ゼレンスキーは大統領選に勝利したが、自分の党の議席がゼロ……なんとかしなかれば

ゼレンスキー率いる「国民の公僕」党は大統領選のために結成された新党で、現状では議席ゼロ。

ウクライナのコメディアン大統領と議会に「ハネムーン期間」はなし/Newsweek.2019
一刻も早く議会選挙を実施して議席を獲得する必要があった

決選投票でのゼレンスキーの得票率は70%超だったから、この追い風がやまないうちに「できるだけ早く議会選を実施して、協力的な」議会にすることが、新大統領の「最優先課題だろう」と、ヘアリングはみる。

ウクライナのコメディアン大統領と議会に「ハネムーン期間」はなし/Newsweek.2019
すでに政治的な駆け引きは始まっていた

もちろん既成政党はこれに抵抗。大統領就任式を控えた17日にはポロシェンコ政権で連立政権の主軸を担った国民戦線が連立を離脱した。突然の離脱劇は議会選の前倒しを狙うゼレンスキーへの圧力とみられている。

ウクライナのコメディアン大統領と議会に「ハネムーン期間」はなし/Newsweek.2019

2019年5月20日 ゼレンスキーが大統領に就任!!

ТСН/YouTube

5月20日、ウクライナでは、ヴォロディーミル・ゼレンシキー氏が新大統領に就任した。

新ファーストレディー、オレーナ・ゼレンシカ大統領夫人が選んだのは、ウクライナ・ブランドの服/ウクルインフォルム通信.2019

 現職だったペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)氏に対して大勝を収めたゼレンスキー氏は、ソ連時代後では最年少の大統領となった。

コメディー俳優のゼレンスキー氏、ウクライナ大統領に就任/AFPBB News.2019
宣誓式
Телеканал Прямий/YouTube

 首都キエフの議会で行われた就任式で同氏は、憲法と聖書の上に手を置き、「ウクライナの主権と独立を守ることを誓う」と述べた。

コメディー俳優のゼレンスキー氏、ウクライナ大統領に就任/AFPBB News.2019

 宣誓式が行われた議会前の公園には、徒歩で議会に入る同氏を見ようと大勢の支持者やファンが詰めかけた。ゼレンスキー氏は演説で東部での親ロシア派との紛争を止めることを第一の課題とする一方、「政府が問題を作り出している」と現内閣を強く批判した。

タレント大統領、いきなり議会解散を宣言 ウクライナ/朝日新聞デジタル.2019

ゼレンスキーが大統領として初めての演説

ТСН/YouTube

選挙戦で汚職撲滅を掲げたゼレンスキー氏は、「国民のために奉仕する権力者を国民は支持すべきだ」と呼びかけた。

「テクノロジーでは日本人に」 ウクライナ大統領、就任演説で議会解散/BBCニュース.2019

さらに、「我々はサッカーではアイスランド人に、母国防衛ではイスラエル人に、テクノロジーでは日本人にならなくてはならない」と訴えた。

「テクノロジーでは日本人に」 ウクライナ大統領、就任演説で議会解散/BBCニュース.2019

そして、「みんなが違いを越えて幸せに暮らすためには、スイス人になる」必要があるとした。

「テクノロジーでは日本人に」 ウクライナ大統領、就任演説で議会解散/BBCニュース.2019
ウクライナ東部の戦闘については停戦を示唆

 さらにゼレンスキー氏は、同国東部でロシアの支援を受ける分離独立派との戦闘における停戦が、自身の最初の任務になるとの見方を示し、「この戦争を始めたのはわれわれではないが、終わらせるかどうかはわれわれにかかっている」と述べた。分離独立派側も、同氏との交渉に臨み得ると示唆している。

コメディー俳優のゼレンスキー氏、ウクライナ大統領に就任/AFPBB News.2019

「(ロシアと)対話を始めるための最初の一歩は、全ウクライナ兵の捕虜を帰還させることだ」との考えを表明した。

ウクライナ新大統領、ゼレンスキー氏就任 内政と対ロシアで課題多く/毎日新聞.2019
既存の政治システムの対決姿勢

ゼレンスキー大統領は演説で、「国民は28年間続いた、賄賂と国民の財産をかすめ取ることを許してきた政治体制にうんざりしている」と述べ、既存の議会・政府勢力との対決姿勢を引き続き明確にした。

ゼレンスキー氏が大統領に就任、高い支持率を背景に議会選に突入へ/ジェトロ(日本貿易振興機構).2019

ゼレンスキー新大統領は、最優先課題として、5年にわたりロシア系武装勢力との抗争が続く東部での停戦実現を挙げた。ロシアとの対話は、ロシアに編入されたクリミア半島を回復し、捕虜が返還されることが条件とした。

ウクライナ新大統領が就任、議会解散・選挙実施を表明/REUTERS.2019
ポロシェンコ政権下での内閣総辞職を呼びかける

ポロシェンコ氏を支えてきたクリムキン外相、ポルトラク国防相、トゥルチノフ国家安全保障防衛会議書記は20日までに辞意を表明。ゼレンスキー氏は演説で内閣総辞職を呼び掛けた。

ウクライナ紛争停戦が優先/西日本新聞me.2019
さらに議員の特権廃止に向けて動く

また、議会に対しては、議員の訴追免責権を廃止する法案と公人の不正蓄財を禁止する法案を選挙実施までの2カ月間に承認するよう要請した。

ウクライナ新大統領が就任、議会解散・選挙実施を表明/REUTERS.2019
プーチン大統領は祝福はしないが、紛争解決と両国の関係正常化に期待

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ゼレンスキー氏の大統領就任を祝福はしないと述べた。その一方、「ウクライナ南東部の内紛の解決と、ロシアとウクライナの関係正常化をまず成功させること」を心待ちにしていると話した。

「テクノロジーでは日本人に」 ウクライナ大統領、就任演説で議会解散/BBCニュース.2019
ロシアのラヴロフ外相はミンスク合意の履行を呼びかける

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相は、2015年にウクライナ政府と同国の親ロシア派勢力の間で交わされたミンスク和平合意の履行と、「全員対全員」の囚人交換をゼレンスキー氏に呼びかけた。

「テクノロジーでは日本人に」 ウクライナ大統領、就任演説で議会解散/BBCニュース.2019
EUとNATOへの加盟路線「我々は欧州への道を選んだ」

人口約4500万人のウクライナはロシアと欧州の間に位置する地政学上の要衝だ。14年に親ロ派政権が倒れ、欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)へ加盟を目指す路線を強めた。ゼレンスキー氏も就任演説で「我々は欧州への道を選んだ」と述べた。

ウクライナ議会選前倒し タレント大統領が就任、表明/日本経済新聞.2019
議会選挙を前倒しするために議会の解散を発表
ТСН/YouTube

 また新大統領は就任演説の中で、10月に予定されていた議会選を前倒しして実施するため、議会を解散すると発表。議席の過半数を確保しないまま政権のかじ取りができるのかという疑問の声は、以前から上がっていた。

コメディー俳優のゼレンスキー氏、ウクライナ大統領に就任/AFPBB News.2019

現在の第8期のウクライナ最高議会の会期は2019年11月27日までで、議会選挙は10月27日に予定されていたが、今回、ゼレンスキー氏が解散を宣言したことから、60日以内に臨時議会選挙が実施される。

ゼレンスキー氏が大統領に就任、高い支持率を背景に議会選に突入へ/ジェトロ(日本貿易振興機構).2019

就任と同時に解散を宣言した背景には、支持率が高いうちに議会で一定の勢力を固め、政策決定で主導権を握る狙いがある。ゼレンスキー氏は自らの政党を立ち上げたばかりで現議会に足場がない。外相など重要閣僚人事も議会の承認が必要だ。解散の要件を満たしているか不透明な部分があり、議会側との協議が必要になる可能性もある。

ウクライナ議会選前倒し タレント大統領が就任、表明/日本経済新聞.2019
ゼレンスキーが大統領に署名!!7月21日の議会選挙が決定
DW Українською/YouTube

ウクライナのボロディミル・ゼレンスキー大統領は5月21日、国会に当たる「最高会議」(ベルホブナ・ラダ)の選挙日程について、議員の任期満了前の7月21日に実施する大統領令に署名した。大統領は「現在の最高会議の議席構成に対する国民の支持はわずか4%にすぎず、信用されていない」と述べ、選挙実施を急ぐ意義を強調。議会選挙は2014年10月以来、約5年ぶりに行われる。

ゼレンスキー大統領、議会選日程を決定、選挙法改正も図る/ジェトロ(日本貿易振興機構).2019

議会選は10月下旬に予定されていたが、早期の議会での影響力確保に向けて前倒し議会選に踏み切ったとみられる。

ウクライナ前倒し議会選へ 7月、新大統領が署名/産経ニュース.2019

 ゼレンスキー氏は大統領令署名に先立ち「議会の信任があまりにも低いため」解散すると大統領府のサイトを通じ説明していた。

ウクライナ前倒し議会選へ 7月、新大統領が署名/産経ニュース.2019

ゼレンスキー大統領の政治基盤をかけての戦い「最高会議選挙が実施」

 7月21日、ウクライナで最高会議選挙が行われた。

ウクライナで復活、プーチンお友達政党とその限界/JBpress.2019

ゼレンスキー氏としては、東部で続く親ロシア派武装勢力との紛争収束のほか、事実上の戦争状態にあるロシアのプーチン大統領と渡り合うための強固な政権基盤が不可欠で、与党が単独で過半数を獲得できるかが焦点となる。

,ウクライナ、大統領与党の単独過半数なるか 21日に議会選/iza(イザ!).2019
親ロシア派が実行支配している地域では選挙ができなかった

 ウクライナ議会は1院制で定数は450名である。比例代表と小選挙区並立性である。ロシアや親ロシア派が実効支配する地域では選挙が実施できないので、424議席が今回の選挙で争われた。

「政治的素人」が圧勝したウクライナ議会選挙/WEDGE Infinity.2019
出口調査の結果、ゼレンスキーの「国民の僕(しもべ)」党が大躍進

 キエフ国際社会学研究所など複数の調査機関が比例区を対象に合同で行った出口調査では「国民のしもべ」が44・2%。ロシアとの関係改善を主張する「野党プラットフォーム『生活』」の11・4%を引き離した。3、4位にはゼレンスキー氏と同じく親欧州路線のポロシェンコ前大統領の「欧州連帯」が8・8%、チモシェンコ元首相の「祖国」が7・4%で続いた。

タレント出身大統領の党が第1党へ ウクライナ議会選挙/朝日新聞デジタル.2019

225議席が決まる比例区で「国民のしもべ」の議席は120前後になる見通し。他の199議席は小選挙区で決まる。

タレント出身大統領の党が第1党へ ウクライナ議会選挙/朝日新聞デジタル.2019
政治家への不信感の中、有名人の政界進出が続いた

国民の間に強まる既存政治家への不信感を背景に、有名人の政界進出が続いている。

人気歌手率いる新党、20議席前後を獲得 有名人の政界進出続くウクライナ/毎日新聞.2019

人気ロック歌手ワカルチュク氏が立ち上げた西側寄りの新党「声」も、得票率が議席獲得に必要な5%を超えた。ゼレンスキー氏が連立を模索しているのは声のみ。

ウクライナ議会選、大統領の新党が過半数議席確保へ 独立後初/REUTERS.2019
「国民の僕(しもべ)党」が第1党なることが確実に!
НАШ/YouTube

 21日行われたウクライナ議会選で、今春の大統領選に圧勝したコメディー俳優のゼレンスキー大統領の新興政党「国民のしもべ」が躍進し、第1党になることが確実になった。

俳優大統領政党、第1党に 対ロ交渉が焦点、停戦目指す ウクライナ議会選/朝日新聞デジタル.2019
過半数を獲得する見通し

開票の結果、5月に就任したゼレンスキー大統領の率いる新党で、これまで議席を持たなかった「国民のしもべ」が比例代表、小選挙区を合わせ計240~250の議席を獲得し、単独過半数を確保する見通しだ。

ウクライナ議会選 大統領与党が単独過半数へ 政権基盤整う/産経ニュース.2019
出口調査の結果を受け「私は国民を失望させない」

同氏は出口調査の結果を受けて、「私は国民を失望させない」と表明した。また、公約としてきた汚職の撲滅や東部地域で続く親露派武装勢力との紛争の収束、事実上の戦争状態にある隣国ロシアに拘束されている国民の解放などを約束した。

ウクライナ議会選 大統領与党が単独過半数へ 政権基盤整う/産経ニュース.2019

最終的にゼレンスキーの党は過半数を大幅に超える254議席を獲得!

Espreso.TV/YouTube

ウクライナは1991年にソ連から独立したが、単独過半数を確保した政党は独立後初めてとなる。

ウクライナ議会選、ゼレンスキー大統領の新党が第1党に/Newsweek.2019

地元メディアによりますと、424の議席のうち、単独で過半数の254議席を獲得し、かつてない圧勝でした。

「元コメディアン大統領は順風満帆か?」(ここに注目!)/NHK 解説委員室.2019

 ゼレンスキー氏は21日、単独過半数を確保できなかった場合、同じ親欧米派と連立政権を組む可能性を示唆。しかし単独過半数が確保できる見通しとなったことで、陣営は「連立交渉は時期尚早だ」と表明した。

ウクライナ議会選 大統領与党が単独過半数へ 政権基盤整う/産経ニュース.2019
ドラマが現実に……。

新党ですのでこれまでの議席はゼロ。政治経験のない普通の人たちも多数当選しました。
ドラマで見たような光景が現実となっている。そんな錯覚すら覚えるほどです。

「元コメディアン大統領は順風満帆か?」(ここに注目!)/NHK 解説委員室.2019

 ゼレンスキー氏は同夜、記者会見し「人々の期待を裏切らないことが優先事項」とする一方、「戦争を止め、我々の捕虜を帰還させる」とも話し、東部を占拠する武装勢力の後ろ盾となっているロシアとの交渉に意欲を示した。

タレント出身大統領の党が第1党へ ウクライナ議会選挙/朝日新聞デジタル.2019

 出馬表明から4か月間で、同氏は1991年のウクライナ独立以降で最大の多数派を形成してみせた。

ウクライナ大統領選に圧勝したコメディアン/JBpress.2019

ゼレンスキー氏の支持者は選挙結果を歓迎。キエフの金融スペシャリスト、Olena Moskalenko氏は「私たちの国が変わるだろう」とコメントした。

ウクライナ議会選、ゼレンスキー大統領の新党が第1党に/Newsweek.2019

ウクライナ市場では政治が安定するとの期待が広がっており、同国のドル建て国債は2018年初め以来の高値に上昇した。

ウクライナ議会選、ゼレンスキー大統領の新党が第1党に/Newsweek.2019
この選挙ではプーチンと繋がりがある「野党プラットフォーム」が第2党に躍進
KyivPost/YouTube

 注目されるのは、親ロシア政党「野党プラットフォーム・生活党(以下、野党生活党)」が第2党に躍進したことである。

ウクライナで復活、プーチンお友達政党とその限界/JBpress.2019

 他の既存政党が大統領新党にことごとく票を奪われるなか、得票率を伸ばした野党生活党の健闘ぶりが光る。

ウクライナで復活、プーチンお友達政党とその限界/JBpress.2019
プーチンの代理人「ヴィクトル・メドヴェドチュク」
Azattyq TV – Азаттық – Азаттык/YouTube

欧米メディアによると、メドベチュク氏はプーチン氏に近い新興財閥オリガルヒのメンバーの一人。プーチン氏はメドベチュク氏の娘の洗礼時に立ち会い、“ゴッドファーザー”(名付け親)でもあるという。

ウクライナ、プーチン大統領の友人拘束し捕虜との交換を要求 ゼレンスキー大統領「よくやった!」/スポーツ報知.2022
議会選前にプーチンと会談

「ロシア・ウクライナ関係の全面的な回復へあなたの党を含めてどの政党とも協力する」。ウクライナ議会選を3日後に控えた18日、プーチン・ロシア大統領がこう語った相手は、ウクライナの親ロ派新党「野党プラットフォーム―生活党」の幹部ビクトル・メドベチュク氏だった。

ロシアが親ロ派党を露骨に支援 第2党に浮上か/日本経済新聞.2019

同党は親ロ派勢力が集まった新政党で、ロシア系住民や対ロ関係の改善を期待する住民が多い東部が地盤。(中略)ロシアはこの政党の議席獲得をてこにゼレンスキー政権の欧州統合路線に歯止めをかけようと、議会選に向けて様々な工作をした。

ロシアが親ロ派党を露骨に支援 第2党に浮上か/日本経済新聞.2019

6月7日には国営ガスプロムのミレル社長がメドベチュク氏に会い、ウクライナ向けのガス価格を25%引き下げる用意があると語った。

ロシアが親ロ派党を露骨に支援 第2党に浮上か/日本経済新聞.2019

ロシア国営テレビはメドベチュク氏が所有するテレビ局と、両国の国民が参加する対話番組を企画した。ただ、ゼレンスキー大統領の強い反対もあり、7月12日にロシア側だけで放送された。

ロシアが親ロ派党を露骨に支援 第2党に浮上か/日本経済新聞.2019

 メドヴェドチューク氏は一貫してクレムリンの対ウクライナ政策と合致した公約に掲げ続けている。

ウクライナで復活、プーチンお友達政党とその限界/JBpress.2019

ゼレンスキーのウクライナが本格始動!!でも政治は素人……その道は前途多難

FRANCE 24 English/YouTube

 4月の大統領選挙の結果と今度の選挙結果は、ウクライナの選挙民がこれまでの政治に愛想をつかして、変化を求めた結果である。しかし、ゼレンスキー本人も「政治的素人」であるし、党にも政策経験が豊富な人はほとんどいない。彼らは多くの課題を背負っている。国内政治に対する権力は議会に集中しているが、大統領は防衛と外交政策を監督している。ゼレンスキーには国際情勢に関する知識はほとんどない。ロシアのプーチン大統領は彼を試すだろうが、しっかりとした姿勢、背骨を維持しなければならない。ゼレンスキーは、支援について国際通貨基金(IMF)とも交渉しなければならない。さらに重要なのは国内改革である。法の支配を改善し、より多くの国有企業を民営化し、財産法を自由化するために迅速に動かなければならない。腐敗は成長を遅らせる最大の要因である。

「政治的素人」が圧勝したウクライナ議会選挙/WEDGE Infinity.2019

 ゼレンスキーは腐敗汚職の根絶、東部での紛争の停止とウクライナ捕虜の帰還を重点事項にすると言っている。国民は生活改善を求めており、特にガス料金の引き下げなど、公共料金の引き下げを求めている。ただ、IMFの融資をつなぎとめるためには、安易にこれを行うわけにもいかない。

「政治的素人」が圧勝したウクライナ議会選挙/WEDGE Infinity.2019
ゼレンスキーの側近もほぼ政治素人だった

素人であるのはゼレンスキー本人だけではない。決選投票の数日前、ゼレンスキー陣営は大統領になった場合の側近20名の名簿を公表したが、その中に行政経験のある者は殆どいない。ゼレンスキーが適材適所の人材をそろえることができるのか、仮にできたとしても、これらを統率していけるのか、現時点では誰も確信を持てないでいる。

ウクライナ新大統領に留意すべき3カ条/WEDGE Infinity.2019
created by Rinker
望まぬ戦争でウクライナ人は命を落とす。世界と未来のために。 ウクライナの各地で痛ましい悲劇が続いている。 ウクライナの民間人の死者は3月22日の段階で約4000人、ウクライナ軍の死者は3月上旬のデータで約1300~3000人となっている。また、ロシア軍は3月2日のロシア国防省発表で498人、3月24日のウクライナ側発表では約1万5800人と大きな乖離があるが、これもまた現在繰り広げられている情報戦のひとつなのだろう。 このように大きな被害を出しながらも、ウクライナが持ちこたえている要因は何か? 各国の志願兵による軍事支援やロシア軍の士気の低下などさまざまな理由が考えられるが、間違いなくそのひとつは、ゼレンスキーの演説がウクライナ国民を鼓舞し、各国の人々に支援を呼びかけたことにある。そして日本だけでなく他の国々に向けた演説はいかなるものだったのか、それについても知って欲しいというのが、本書を緊急発刊する理由である。紙幅と時間が許す限りの演説を、本書では収録した。(「Books」出版書誌データベースより)

この記事の続きを読む▼

【ウクライナ危機⑯】ドラマのような本当の話。英雄になったコメディアン『ウォロディミル・ゼレンスキー』
“https://diggity.info/society/ukraine-16/”
この記事をシェアする▼
Previous post 【ウクライナ危機⑭】クリミア沖でロシア軍がウクライナ海軍の船を砲撃して拿捕……前例のない事件が発生『ウクライナ海軍艦船拿捕事件』
Next post 【ウクライナ危機⑯】ドラマのような本当の話。英雄になったコメディアン『ウォロディミル・ゼレンスキー』

当サイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシー
をご覧ください

×
X