【ウクライナ危機⑫】ウクライナ東部を飛行中の旅客機がミサイルで撃墜……。航空史上最悪の事件が発生『マレーシア航空17便撃墜事件』

この記事をシェアする▼

【ウクライナ危機⑫】ウクライナ東部を飛行中の旅客機がミサイルで撃墜……。航空史上最悪の事件が発生『マレーシア航空17便撃墜事件』

前回の記事を読む▼

【ウクライナ危機⑪】親ロシア派グループが東部ドンバス地方の一部を占拠し独立を宣言!!ウクライナ政府は軍を派遣し鎮圧に動く『ドンバス戦争』
“https://diggity.info/society/ukraine-11”

Malaysia Airlines Flight 17

マレーシア航空17便撃墜事件

Wall Street Journal/YouTube

 6月から7月にかけて激しい戦闘が繰り広げられ、一日あたりの死者数は増えていった。そしてロシア領土から、国境を越えて大量のミサイル攻撃がなされ、ロシアから発進した戦闘機がウクライナ軍用機を攻撃していた。

緊迫するウクライナ情勢に関する日本人の四つの誤解(後編)/日刊SPA!PLUS.2018

 ウクライナは多くの犠牲者を出しながら、それでも少しずつ領土を解放していった。7月の中ごろ、ロシア正規軍はもう直ぐ国境を越えるという雰囲気になった。

緊迫するウクライナ情勢に関する日本人の四つの誤解(後編)/日刊SPA!PLUS.2018

 しかし、その時、ロシアの動きを一時的に止めた事件が起きた。それは7月17日のマレーシア民間機の撃墜事件であった。

緊迫するウクライナ情勢に関する日本人の四つの誤解(後編)/日刊SPA!PLUS.2018

マレーシア航空機MH17便

マレーシア航空MH17便は2014年7月17日、ウクライナ東部の上空を飛行中に墜落した。

マレーシア機撃墜、ロシア当局者ら4人起訴へ マハティール首相「ばかげている」/BBCニュース.2019

墜落したのは、アムステルダム(オランダ)からクアラルンプール(マレーシア)へと向かっていたMH17便。機材はボーイングの大型旅客機「777」で、ウクライナ東部のドネツク近郊に落ちたという。

マレーシア機墜落、航空業界への余波は?/東洋経済ONLINE.2014

 ドネツク(Donetsk)州内で親露派が支配しているシャフチョルスク(Shaktarsk)に近い墜落現場に生存者がいる様子は見られない。現地で取材に当たっているAFP記者は、大破してくすぶっている同機の残骸の中に、ばらばらになった多数の遺体が散乱しているのを目撃した。

ウクライナでマレーシア航空機撃墜か、295人全員死亡の情報/MODEPRESS. powered by AFPBB News.2014

遺体は数キロメートルの範囲にわたって散乱。墜落原因などをめぐる議論は熱を帯びているものの、乗客乗員295人の命は絶望的というほかない惨状だ。

噴き上がる黒煙に散乱する遺体、マレーシア機の墜落現場/REUTERS.2014

 日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)によると、両社が18日に運航する欧州方面などの国際線についてはウクライナ上空を飛行しないため、通常通り運航するという。

マレーシアMH17便撃墜、154人がオランダ人 日本人乗客なし/Aviation Wire.2014

 今回の事態を受け、ヨーロッパやアメリカなどの航空当局はウクライナ東部の航空機の飛行を全面的に禁止した。ルフトハンザ航空など民間の航空会社は迂回(うかい)するルートで運航するという。

「飛行機撃墜した」親ロシア派の音声公表/日テレNEWS.2014

乗客員298人全員が死亡

マレーシア航空MH17便に搭乗していた乗客乗員298人は全員死亡した。

情報BOX:マレーシア機撃墜、米情報機関の分析内容/REUTERS.2014

亡くなった人々を国籍別で見ると、オランダ国民が192名(内、1人が米国との二重国籍保有者)、マレーシア国民が44名(内15名が乗員、2名が幼児)、オーストラリア国民が27名、インドネシア国民が12名(内1名が幼児)、英国民が10名(内1名が南アフリカ共和国との二重国籍保有者)、ドイツ国民4名、ベルギー国民4名、フィリピン国名3名、カナダ国民1名、ニュージーランド国民1名となっている。

【MH17裁判】マレーシア航空機撃墜事件とりまとめ/ウクルインフォルム通信.2020
犠牲になった約80人は子供だった

(前略)現地メディアは7月18日、乗客乗員298人のうち約80人が子供だったと伝えた。夏休みを国外で楽しむ予定だった子供が多数犠牲となった。

マレーシア航空機墜落、犠牲者に子供80人 失われた未来/HUFFPOST.2014

親ロシア派とウクライナ軍による戦闘が続く中での事件

この問題は、ウクライナ政府軍と親ロシア派分離主義勢力による衝突の真っただ中に起きた。

マレーシア航空MH17便撃墜のミサイルはロシア軍所有=調査担当者/BBCニュース.2018

 墜落現場付近では、ウクライナ軍と親露派武装勢力の双方が停戦を宣言しているが、そこから60キロメートルほど離れた場所では激しい戦闘が続いており、親露派の拠点があるドネツク(Donetsk)の西と北の郊外では、大きな爆発音が一定の間隔で鳴り響いている。

マレーシア機墜落の遺族、初めて現場に 一人娘失った豪州の夫婦/AFPBB News.2014

当時の状況と目撃者の証言

CNN/YouTube

 MH17便は17日午後0時14分、アムステルダムのスキポール空港を出発。クアラルンプールへは18日午前6時10分(いずれも現地時間)に到着予定だった。

マレーシアMH17便撃墜、154人がオランダ人 日本人乗客なし/Aviation Wire.2014

 夏休み、帰省、国際学会-。さまざまな目的の乗客283人と乗員15人を乗せてオランダ・アムステルダムからマレーシアのクアラルンプールを目指した機体は、離陸から約4時間後の午後5時(日本時間午後11時)ごろウクライナ東部に差しかかっていた。政権部隊と親ロシア派武装組織が4月以降、戦闘を続けている地域だ。

【マレーシア機撃墜】米「親露派が誤射」、遺体はオランダへ移送 (2/4ページ)/SankeiBiz.2014

 親露派は政権側軍用機へのミサイル攻撃を繰り返し、既に10機以上を撃ち落としていた。(7月)14日には高度6000メートル超を飛行中のウクライナ軍輸送機アントノフ26も撃墜。ウクライナ航空当局は(7月)14日、ウクライナ空域で民間機に約9800メートル以下を飛ばないよう要請。マレーシア機は1万メートル超を飛んでいた。

【マレーシア機撃墜】米「親露派が誤射」、遺体はオランダへ移送 (3/4ページ)/SankeiBiz.2014

マレーシア機は高度3万3000フィートを飛行中に機影がレーダーから消えた。

マレーシア機はウクライナ親ロ派が「撃墜」か、東西対立の懸念/REUTERS.2014

ロシア国境に近いウクライナ東部ドネツク州グラボボ村の草原に墜落し、地面に激突すると火の玉状に。黒煙がみるみる立ち上った。

【マレーシア機撃墜】米「親露派が誤射」、遺体はオランダへ移送 (3/4ページ)/SankeiBiz.2014

目撃者の1人は「バンという大きな音がした。距離が近くて怖かった。空を見上げると、黒い破片が雨のように落ちてきた」と説明。「その後、飛行機が地面に墜落し、真っ二つになるのが見えた。濃い黒煙が舞い上がった」と振り返った。

噴き上がる黒煙に散乱する遺体、マレーシア機の墜落現場/REUTERS.2014

自宅のバルコニーから墜落を目撃したという分離派の男性は「飛行機がかなりの高さから落ちてきた。その後に2回の爆発音が聞こえた」とコメント。その上で、「これは戦闘機か地対空ミサイルが撃墜したとしか思えない」とし、分離派にはそのような高さを飛行する航空機を撃ち落とせる武器はないと話した。

噴き上がる黒煙に散乱する遺体、マレーシア機の墜落現場/REUTERS.2014

ウクライナ政府が「親ロシア派武装勢力とロシア軍幹部の通信傍受動画を公開」

Служба безпеки України/YouTube

マレーシア機の撃墜をめぐり、ウクライナ政府が「盗聴動画」を公開した。ウクライナで反政府活動を続けている「親ロシア派武装勢力」と、ロシア軍幹部の通信を傍受したとするものだ。日本語含め8カ国語に簡易翻訳し、ウクライナ保安局(The Security Service of Ukraine)のインターネットのサイトに載せている。

ウクライナが「盗聴動画」を異例の公表 マレーシア機撃墜は情報戦に/withnews.2014

 撃墜にはロシアの関与があったとの主張を国際社会に訴えるためとみられ、ネット上で異例の「情報戦」を展開している。

ウクライナが「盗聴動画」を異例の公表 マレーシア機撃墜は情報戦に/withnews.2014

世界中が驚きと悲しみ……そして疑惑が渦巻く中「各国の政府はすぐに調査に乗り出す」

ABC News (Australia)/YouTube

 同機には、欧州などからは夏の休暇シーズンで、また、犠牲者が2番目に多いマレーシアからは目下のラマダン(断食月)が明ける7月下旬のハリラヤ(祝祭=日本の新年に相当)休暇を故郷で過ごそうとした家族連れが目立ち、世界航空事故史上最もショッキングで、痛ましいニュースとして報道された。

経営危機のマレーシア航空を2度襲った悲劇/JBpress.2014

ドイツのシュタインマイヤー外相は「現時点では事故ではなく撃墜されたようだ」と述べ、オーストラリアのアボット首相は「ロシアの支援を受けた武装勢力が撃墜したようだ」との見方を示した。

マレーシア機はウクライナ親ロ派が「撃墜」か、東西対立の懸念/REUTERS.2014

マレーシアのナジブ・ラザク首相はSNSを通じ、「マレーシア航空MH17便がウクライナ国内で墜落したという報道に驚いている。直ちに調査を実施する」と表明した。

マレーシア便が墜落、乗客乗員298人全員死亡/人民網日本語版.2014

 ウクライナを訪問中の岸田外相は、「報道については承知している。大臣から直ちに事実確認と邦人の安否確認の指示を出した。引き続き情報収集に努める」とコメントしている。

マレーシア首相「墜落の報告に衝撃」/日テレNEWS
最も多くの犠牲者が出たのがオランダのルッテ首相は怒りの声を上げる

犠牲者の国籍は、オランダ人が最も多かった。

マレーシア機撃墜、ロシア当局者ら4人起訴へ マハティール首相「ばかげている」/BBCニュース.2019

オランダのルッテ首相は休暇先から急きょ帰国。「心が砕かれた。暗黒の日だ」と述べた。オランダ・スキポール空港に妻と来たオランダ人のビム・アネンさん(67)。撃墜事件に「何でこんなばかなことをするんだ」と憤った。メディアは「オランダ史上最悪の飛行機事故の一つ」と伝え、イベントで中止や音楽を流さないなどの自粛ムードが広がった。

旅客機撃墜「なぜこんなことに」 各国で憤りや自粛モード/日本経済新聞.2014
アメリカのオバマ大統領は憤りとウクライナ支援と調査、さらに即時停戦に言及
CGTN America/YouTube

 アメリカ・オバマ大統領は17日、「マレーシア航空」機の墜落を受けて「恐ろしい悲劇だ」と述べ、原因究明に向けたウクライナ政府への支援を表明した。

オバマ大統領“可能な限りの支援”約束/日テレNEWS.2014

「世界的な悲劇だ。アジアの航空機がヨーロッパの空で破壊された。その航空機には多くの国からやってきた民間人でいっぱいだった。だからこそ、信頼できる国際的調査によって何が起こったのかを明らかにする必要がある」と、オバマ大統領は述べた。

【マレーシア航空機墜落】オバマ大統領「親ロシア派の支配地域からミサイル」と強調、プーチン大統領にも圧力/HUFFPOST.2014

さらに、「ロシア、親ロシア派の分離主義者、そしてウクライナは即時停戦を忠実に履行しなくてはならない。墜落現場の証拠はむやみに変更してはならない。ウクライナに平和と安全を取り戻す時が来た」と述べた。

【マレーシア航空機墜落】オバマ大統領「親ロシア派の支配地域からミサイル」と強調、プーチン大統領にも圧力/HUFFPOST.2014
ロシアのプーチン大統領(ロシア)は戦闘を再開したウクライナ政府に責任があると批判
The Sta/YouTube

 ロシアのプーチン大統領は「戦闘が再開されなければ悲劇は起きなかった」と述べ、軍に作戦を命じたウクライナ政府を批判した。

【マレーシア機撃墜】親露派が誤射の可能性 露軍と通話「民間機だ。なぜ飛んでいるんだ」/産経ニュース.2014
ウクライナ大統領は事故ではなくテロ攻撃と断定、軍事行動の強化を言明

ポロシェンコ大統領は、今回の事件は「事故ではなく、テロリストの攻撃によるもの」と断定した上で、親ロシア派武装勢力に対する軍事行動を強化すると言明した。

マレーシア機墜落は「撃墜」とウクライナ当局、親ロ派は関与否定/REUTERS.2014
ロシア情報当局と親ロシア派武装勢力と通話記録を公開

ウクライナの情報当局は、ロシアの情報当局者の電話での会話の録音を公開。ロシアが支持する武装勢力が航空機を撃墜したとする内容だった。マレーシア機の機影がレーダーから消えた午後4時20分(日本時間午後10時20分)の数分後で、会話内容からは武装勢力側は墜落機を発見するまでウクライナの軍用機を撃墜したと判断していたことが示唆された。

マレーシア機はウクライナ親ロ派が「撃墜」か、東西対立の懸念/REUTERS.2014
親ロシア派の幹部は自身の関与を否定
BBC News Japan/YouTube

 親露派勢力の犯行だと強く批判するウクライナのポロシェンコ大統領に対し、同国東部ドネツク州の親露派幹部は、「ボーイングを撃ち落とすような武器は持っていない」「ウクライナ軍の挑発だ」と反発した。

【マレーシア機撃墜】親露派が誤射の可能性 露軍と通話「民間機だ。なぜ飛んでいるんだ」/産経ニュース.2014
少し前に地対空ミサイルの入手してウクライナ空軍輸送機撃墜していた

ただ親ロシア派は、地対空ミサイルを入手したことを認めており、14日にはウクライナ空軍の輸送機を撃墜していた。

マレーシア機はウクライナ親ロ派が「撃墜」か、東西対立の懸念/REUTERS.2014
ドネツク人民共和国幹部イーゴリ・ストレルコフがSNSに飛行機を撃墜を示唆する書き込みをおこなっていた

 一方的に独立を宣言している「ドネツク人民共和国(Donetsk People’s Republic)」の自称防衛相イーゴリ・ストレルコフ(Igor Strelkov)氏は、ロシアの交流サイト最大手「フコンタクチェ(Vkontakte)」 の自身のページに、「たった今、トレーズ(Torez、ドネツク州の都市)近郊でアントノフ26(An-26)型機を撃墜した」と書き込んでいた。

マレーシア機、宇親露派が軍用機と誤認して撃墜か ツイート削除/AFPBB News.2014

 ストレルコフ氏はさらに「これが『鳥が落ちた』ことを証明する動画だ」と書き込んだ。同氏のページには、マレーシア航空機についてウクライナのメディアが報道したものと完全に一致する情報へのリンクが掲載された。

マレーシア機、宇親露派が軍用機と誤認して撃墜か ツイート削除/AFPBB News.2014

 この書き込みは直後に削除されたが、ウクライナ東部の同国軍司令部はこの投稿が表示されたディスプレーの画像を保存しており、英文の報道機関向け発表に添えて公開した。

マレーシア機、宇親露派が軍用機と誤認して撃墜か ツイート削除/AFPBB News.2014
国連安全保障理事会ではウクライナとロシアの意見がぶつかる

 18日、アメリカ・ニューヨークで開かれた、国連安全保障理事会の緊急会合では、ウクライナとロシアの代表が非難の応酬となった。

米大統領「親露派地域から撃墜」航空機墜落/日テレNEWS.2014

 ウクライナ・セルゲイエフ国連大使「この悲劇は、ロシアが親ロシア派勢力を支援したり、地対空ミサイルを提供したりしていなければ起きなかった」

米大統領「親露派地域から撃墜」航空機墜落/日テレNEWS.2014

 ロシア・チュルキン国連大使「なぜ、ウクライナ政府は民間機を紛争地域上空に飛ばしたのか。きょうやっと空域を閉鎖したが、なぜ今までやってこなかったのだ」

米大統領「親露派地域から撃墜」航空機墜落/日テレNEWS.2014

 国連安保理は、墜落原因について国際的な調査を求めることで一致している。

米大統領「親露派地域から撃墜」航空機墜落/日テレNEWS.2014

ウクライナ内務省が親ロシア派が地対空ミサイル“ブク”を運搬している映像を公開

On Demand News/YouTube

マレーシア航空機がウクライナ東部上空で撃墜されたとみられる事件で、ウクライナ内務省は7月18日、使用された可能性のある地対空ミサイル「BUK」(ブク)一式を、親ロシア派がトレーラーに載せてロシア領に向けて運搬しているのを確認したと発表、映像と写真をホームページで公開した。

【マレーシア航空機墜落】ミサイルの映像公開  ウクライナ「撃墜後ロシアに移送」と非難/HUFFPOST.2014

親ロシア派武装勢力とウクライナ政府「国際調査団の立ち入りを合意・一時停戦の話し合いを開始」

ウクライナ東部でマレーシア航空機が撃墜された事件で、国連安全保障理事会は18日、関係当事者に対し、「完全かつ独立した国際的調査」の受け入れを要求する声明を発表した。

オバマ大統領「ミサイルは親露派から」明言 国連安保理は国際調査へ/日本経済新聞.2014

墜落現場の一帯を支配下に置く親ロシア派武装勢力とウクライナ政府は同日、国際調査団の立ち入りを認めることで合意。一時停戦に向けた話し合いに入った。

ウクライナ政府と親ロ派、調査団受け入れ 旅客機撃墜/日本経済新聞.2014

ロシアのプーチン大統領も同日、「ウクライナ危機の早急な正常化が不可欠だ」と強調。ウクライナ東部の即時停戦を訴えた。マレーシアのナジブ首相とも電話で協議し、客観的な調査が必要との見方で一致した。

ウクライナ政府と親ロ派、調査団受け入れ 旅客機撃墜/日本経済新聞.2014

ロシアも発表に同意したことで、国際的な調査が実現することになった。ロイター通信によると、欧州安保協力機構(OSCE)のメンバーら約30人の調査団が同日、墜落現場入りした。

オバマ大統領「ミサイルは親露派から」明言 国連安保理は国際調査へ/日本経済新聞.2014

親ロシア派が遺体を放り投げ、さらに遺留品を略奪している!?

墜落から3日が経過し、現場の遺体の多くは機体の残骸の間にばら撒かれた状態のままだ。

【マレーシア航空機撃墜】オランダ外相、遺体の扱いを批判「引きずり回されている」/HUFFPOST.2014

撃墜したミサイルはロシアが供与した「BUK-2M」と見られており、また墜落現場は親ロシア派が押さえており遺留品や遺体も勝手に運び出したと報じられている。遺留品の略奪行為も行なわれているとされる。遺体を放り投げたりする動画映像がながれており、イスラム教の犠牲者が多かったマレーシアでは、死者をただちに埋葬するイスラム習慣に立脚した武装勢力への批判の声が上がっている。

【マレーシア航空17便 撃墜事件】ロシア&親露派へ批判強まる…マ政府の慎重対応に疑問も/レスポンス.2014
オバマ(アメリカ)・ポロシェンコ(ウクライナ)両大統領はこの行為に非難

オバマ米大統領やポロシェンコ大統領は、武装集団が遺体を何日間も放置し、乗客の所持品などを盗んでいるとして非難していた。

親ロ派がブラックボックス引き渡し 遺体を搬送へ/CNN.co.jp.2014
この情報を受けオランダは大激怒

オランダのティマーマンス外相はウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領と会談し、「現場で遺体が引きずり回されているという情報に、オランダ国民は激怒している」と述べた。

【マレーシア航空機撃墜】オランダ外相、遺体の扱いを批判「引きずり回されている」/HUFFPOST.2014

「我々は本日、現場で遺体が引きずり回され、適切に取り扱われていないているというニュースを知って非常にショックを受けている。オランダではショックが尾を引いている。大統領にお願いしたい。私たちを助けて欲しい。私たちの国民を返して欲しい」

【マレーシア航空機撃墜】オランダ外相、遺体の扱いを批判「引きずり回されている」/HUFFPOST.2014
「何らかの略奪が行われていることは否定できない」

ウクライナからの独立を一方的に宣言している「ドネツク人民共和 国」の指導者、アレクサンドル・ボロダイ氏はミサイル撃墜の事実を否 定。墜落機のブラックボックスを引き渡す用意があるがウクライナ政府 には渡さないとしている。

親ロ派が遺体搬送妨害、マレーシア機のブラックボックスも保持/Bloomberg.2014

同氏は「何らかの略奪が行われていることは否定できない」とした 上で、略奪者は厳罰に処せられるとし、墜落現場の「保全とそこへのア クセス提供の用意がある」と記者団に表明した。

親ロ派が遺体搬送妨害、マレーシア機のブラックボックスも保持/Bloomberg.2014
撃墜から4日目になっても遺体の移送はいまだ進まないままだった

ウクライナ東部上空でマレーシア航 空機が撃墜されてから4日目の21日朝時点で282遺体が収容されたが、 ウクライナ政府の管轄地域であるハリコフへの遺体搬送は親ロシア派の 妨害に遭って進んでいない。

親ロ派が遺体搬送妨害、マレーシア機のブラックボックスも保持/Bloomberg.2014

ウクライナ国防省のリセンコ報道官によると、親ロ派は墜落現場か らパスポートなどを持ち去っている。また、鉄道路線が武装勢力によっ て遮断され、冷蔵車両に収納した251遺体の搬送を開始できない。

親ロ派が遺体搬送妨害、マレーシア機のブラックボックスも保持/Bloomberg.2014
国連安全保障理事会「親ロシア派に現場保存・関係国に原因調査の協力を要求」

 国連安全保障理事会は7月21日、298人が死亡したウクライナ東部のマレーシア航空機撃墜を非難し、現地を実効支配する親ロシア派組織に現場保存を要求、関係国に原因調査への協力を求める決議案を全会一致で採択した。理事各国からはロシアに対し親露派組織への影響力行使を求める声が相次いだ。

【マレーシア機撃墜】親露派、ブラックボックス引き渡す (1/4ページ)/SankeiBiz×SANKEI EXPRESS.2014
ロシアのプーチン大統領「調査協力を約束」

 証拠隠滅の可能性や、犠牲者の遺体収容、さらにはブラックボックスの回収が懸念される中、国連安保理はウクライナからの独立を掲げる同国の親露派に対し、同独立派が掌握するウクライナ東部の墜落現場への「無制限の立ち入り」を要求する決議案を21日に審議する。

マレーシア機墜落で露に非難、プーチン氏は協力を約束/AFPBB News.2014

そうした中、オランダのマルク・ルッテ(Mark Rutte)首相との電話会談で、プーチン露大統領は遺体収容とブラックボックスの回収への「全面的な協力」を約束。この事故でオランダからは最多の犠牲者が出ている。

マレーシア機墜落で露に非難、プーチン氏は協力を約束/AFPBB News.2014

 またオランダに次いで犠牲者が多かったオーストラリアのトニー・アボット(Tony Abbott)首相もプーチン氏と電話会談。アボット首相は詳細な内容については明かさなかったが「(プーチン氏は)まったく正しいことを述べた。次は、その言葉通りに対応してほしい」と豪ラジオに語った。

マレーシア機墜落で露に非難、プーチン氏は協力を約束/AFPBB News.2014

航空機のブラックボックスが親ロシア派からマレーシアに渡される

VOA News/YouTube

 7月21日、ウクライナ東部ドネツクの親ロシア派勢力は、同国東部で撃墜されたマレーシア航空機のブラックボックスをマレーシアの専門家に引き渡した。

ウクライナ親ロ派、ブラックボックスをマレーシアに引き渡し/REUTERS.2014
世界中のメディアが集まる中……親ロシア派からマレーシア政府に引き渡し
The Star/YouTube

【7月23日 AFP】オランダ外務省は22日、ウクライナ東部の親ロシア派支配地域で墜落したマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便をめぐる国際調査を主導するオランダ安全委員会(OVV)が、ウクライナの首都キエフ(Kiev)で、マレーシア当局から同機のブラックボックス2個を受け取ったと発表した。

マレーシア航空機ブラックボックス、オランダ当局に引き渡し/AFPBB News.2014

 ブラックボックスの引き渡しは22日午前1時半頃に行われたが、世界中のメディアが集まった。その中で、親ロシア派のリーダーの誇らしげな表情が印象的だった。

ブラックボックス、いい状態~マレーシア側/日テレNEWS.2014

 航空機の飛行の状況などを記録するブラックボックスは、ごつんごつんという重い音を立てて2つ並べられた。うっすらと泥のような汚れがつき、一部がへこんでいたが、受け取ったマレーシア政府関係者は「いい状態だ」と話し、解析に自信を示した。

ブラックボックス、いい状態~マレーシア側/日テレNEWS.2014

 ブラックボックスを持っていた親ロシア派は、自らを「ドネツク人民共和国」と名乗っており、マレーシア側と国同士の調印式のようなことを行い、文書を交換した。ブラックボックスを譲り渡すことで、いかに自分たちが良識的で紳士的かを誇示しようとしたのは明らかで、事故が政治的なアピールの道具として使われた印象を受けた。

ブラックボックス、いい状態~マレーシア側/日テレNEWS.2014
ブラックボックスはイギリスの研究所に送る方針

マレーシアのアジズ運輸次官は22日、ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空機MH17便のブラックボックスを英国の研究所に送る方針を明らかにした。

【マレーシア航空機撃墜】ブラックボックス、イギリスでデータ回収・分析へ/HUFFPOST.2014

7月22日、マレーシアのナジブ首相は、ウクライナの分離独立派から回収した撃墜機のブラックボックスについて、国際チームが編成された後に引き渡すことを明らかにした。

撃墜機のブラックボックス、国際調査団に引き渡しへ=マレーシア/REUTERS.2014
イギリスの英航空事故調査委員会で分析
Global News/YouTube

 墜落した同機の残骸から回収されたボイスレコーダーとフライトレコーダーは、英国のファンボロー(Farnborough)にある英航空事故調査委員会(Air Accidents Investigation Branch)に引き渡され、分析が進められている。

ボイスレコーダーに「改ざんの証拠なし」 マレーシア機墜落調査/AFPBB News.2014

 調査にあたっているオランダ安全委員会(OVV)は、「操縦室のボイスレコーダーは損傷を受けているが、メモリー・モジュールは無傷だ。また、同装置を改ざんした証拠も痕跡も発見されていない」と発表。「操縦室の録音データの回収に成功し、同便の有効なデータが含まれていることが分かった。データは今後さらに分析と調査が進められる」と説明した。

ボイスレコーダーに「改ざんの証拠なし」 マレーシア機墜落調査/AFPBB News.2014
結果「爆発したミサイルの破片が墜落の原因」

【7月29日 AFP】ウクライナ東部の親ロシア派武装勢力が支配する地域で撃墜されたマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便のブラックボックスを解析した結果、爆発したミサイルの破片による機体の損傷が墜落の原因だったことが分かったと、ウクライナ当局者が28日、明らかにした。

MH17墜落原因はミサイルの破片、ウクライナがレコーダー解析結果公表/AFPBB News.2014

 ウクライナ安全保障国防会議のアンドリー・リセンコ(Andriy Lysenko)報道官は、国際調査チームによる分析結果として、「爆発したロケット(ミサイル)の複数の破片が機体にミシン目のような穴を開け、大規模な爆発的減圧が起きたことが、機体の破壊と墜落の原因だったということが、フライトレコーダーから取得したデータで示された」と述べた。

MH17墜落原因はミサイルの破片、ウクライナがレコーダー解析結果公表/AFPBB News.2014

 ウクライナ政府と欧米諸国は、MH17便を撃墜したのは親ロシア派の武装勢力だと主張している。同便のブラックボックスは、墜落現場を掌握する親ロシア派によってマレーシア当局に引き渡され、英国に運ばれて解析が行われていた。

MH17墜落原因はミサイルの破片、ウクライナがレコーダー解析結果公表/AFPBB News.2014

国際社会の怒りをうけて親ロシア派が政府主導の移送計画に合意「遺体の移送が始まる」

Channel 4 News/YouTube

ウクライナのグロイスマン副首相は21日、マレーシア機墜落の犠牲者298人のうち282人の遺体を発見、墜落現場の捜索活動を終了し、同日夜(日本時間22日未明)、ウクライナ政府が事件の対策センターに指定した東部ハリコフに移送すると発表した。

【マレーシア機撃墜】282人の遺体移送へ オランダ主導で身元確認/産経ニュース.2014

 墜落現場を支配下に置く親露派は、これまで遺体を独自に管理下に置き、政府主導の移送計画に拒否する姿勢をみせていたが、国際社会の怒りを受けて態度を軟化させた。親露派戦闘員や国際調査団が同行するとの条件を付け、支配領域外への移送に同意した。

【マレーシア機撃墜】282人の遺体移送へ オランダ主導で身元確認/産経ニュース.2014

 親ロシア派のリーダーは、調査に協力するために現場周辺10キロを停戦ゾーンとすることを宣言したが、親ロシア派がブラックボックスを持ち帰っていたことに象徴されるように、現場の保存は全くできていない。

ブラックボックス、いい状態~マレーシア側/日テレNEWS.2014
欧州安保協力機構(OSCE)の国際監視団が遺体の状態を確認

(前略)20、21両日、現場を訪れた欧州安保協力機構(OSCE)の国際監視団が状態を確認した。

【マレーシア機撃墜】282人の遺体移送へ オランダ主導で身元確認/産経ニュース.2014
墜落現場の捜索活動が一時終了……282人の遺体を発見、いまだ16人が未だ行方不明

ウクライナのグロイスマン副首相は21日、マレーシア機墜落の犠牲者298人のうち282人の遺体を発見、墜落現場の捜索活動を終了し、同日夜(日本時間22日未明)、ウクライナ政府が事件の対策センターに指定した東部ハリコフに移送すると発表した。

【マレーシア機撃墜】282人の遺体移送へ オランダ主導で身元確認/産経ニュース.2014
犠牲者の遺体が冷凍車両に収容される

 7月21日、ウクライナ副首相は、撃墜されたマレーシア機の犠牲者全員の遺体が冷凍車両に収容されたことを明らかにした。

マレーシア機の全遺体を収容、オランダへ移送=ウクライナ副首相/REUTERS.2014
遺体はハリコフに移送後さらにオランダ(アムステルダム)に移送される

副首相は記者会見で「すべての遺体が冷凍車両に保管され、列車は午後7時(日本時間22日午前2時)以降にハリコフに向け出発する見通しだ」とし、「すべての遺体はその後、オランダに運ばれる」と述べた

マレーシア機の全遺体を収容、オランダへ移送=ウクライナ副首相/REUTERS.2014

最も犠牲者数が多かったオランダは全遺体の身元特定作業を行う。

【マレーシア機撃墜】米「親露派が誤射」、遺体はオランダへ移送 (1/4ページ)/SankeiBiz.2014

 ウクライナのヤツェニュク首相は21日、今後の対応について、犠牲者の最も多いオランダが中心となって行われる見通しを明らかにした。ハリコフには、オランダ人23人を筆頭に、米英独豪の専門家を含む31人の調査団が到着しているという。

【マレーシア機撃墜】282人の遺体移送へ オランダ主導で身元確認/産経ニュース.2014

 ハリコフ到着後、全ての遺体はアムステルダムに移送して遺族との面会などが行われる見通しで、そのためにオランダ軍の軍用機がウクライナ領土に入ることも検討されている。

【マレーシア機撃墜】282人の遺体移送へ オランダ主導で身元確認/産経ニュース.2014
ハリコフに向けて移送開始

 遺体をのせた列車は日本時間22日未明、現場近くの駅を出発した。282体の遺体と16人分の遺体の一部をのせて、250キロ北にあるハリコフに向かっている。政府は「これで遺体の捜索を終えた」と発表したため、今後は原因究明の調査が本格化する見込み。

ブラックボックス、いい状態~マレーシア側/日テレNEWS.2014
遺体がハリコフの一時保管場所に到着……派遣調査団による検死や納棺が進む

【7月22日 AFP】墜落したマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便に乗っていた280人の遺体を運ぶ列車が22日、ウクライナ東部のドネツク(Donetsk)からウクライナ政府の統治下にあるハリコフ(Kharkiv)に到着した。

マレーシア機乗客280人の遺体、列車でハリコフに到着/AFPBB News.2014

事件発生から5日後、犠牲者の遺体が、冷蔵施設が施された特別列車で墜落現場から搬送されてきた。一時保管場所になったのは、ソ連時代からこの町の一大産業だった軍事産業の施設。外部から遮断された戦車工場の敷地内で、派遣調査団だけが立ち入りを許され、収容された遺体の検視や納棺する作業が続けられた。

チャイコフスキー 追悼の調べ ウクライナ・ハリコフ (3/4ページ)/SankeiBiz.2014

 高度1万メートルから落下してきた犠牲者の遺体は損傷が激しく、さらに一部分しかない亡きがらも数多くあった。

チャイコフスキー 追悼の調べ ウクライナ・ハリコフ (3/4ページ)/SankeiBiz.2014

 ハリコフで遺体の搬送を調整するオランダの警察幹部は22日の記者会見で、遺体の一部が墜落現場に残っている恐れがあると指摘した。

オランダにマレーシア機遺体到着 一部は現場に残留か/千葉日報.2014
当初は282人の遺体と報告を受けていたが遺体の数は200体だけだった

 親露派の武装勢力は21日、現場から収容した282人の遺体を乗せる保冷機能付きの貨車を、現場から北西に約300キロ離れたウクライナ政府の支配下にあるハリコフ(Kharkiv)に送り出したと述べていた。だが、遺体を引き渡されたオランダの専門家チームによると、列車に乗せられていた遺体は200体のみだったという。

マレーシア機搭乗者の遺体「80体足りず」、蘭専門家チーム/AFPBB News.2014
遺体を乗せた最初の飛行機がオランダに向けて出発

 ウクライナで撃墜されたマレーシア航空機の犠牲者の遺体を乗せた最初の飛行機が23日、オランダに向かってウクライナを飛び立った。オランダ到着後は法医学専門家が遺体の身元確認作業を開始し、家族への引き渡しが行われることになる。

マレーシア機犠牲者の遺体、オランダに移送開始―飛行記録は英国到着/ウォール・ストリート・ジャーナル.2014
犠牲者の遺体がオランダに到着
CNN/You

【7月24日 AFP】ウクライナ東部に墜落したマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便の搭乗者の遺体のうち、最初の40体が23日、オランダに到着した。

マレーシア機搭乗者の遺体、オランダに到着/AFPBB News.2014

 オランダ南部のアイントホーフェン(Eindhoven)空港で行われた式典では、厳粛な空気が漂う中、飛行機2機で運ばれた40個の木棺をオランダ兵らが担ぎ、霊柩車に乗せた。

マレーシア機搭乗者の遺体、オランダに到着/AFPBB News.2014

空港では国王夫妻が出迎えて追悼式典が営まれ、兵士が40の棺(ひつぎ)を軍用機から降ろして霊柩(れいきゅう)車に乗せた。

犠牲者の遺体がオランダに到着 マレーシア機撃墜/CNN.co.jp.2014

霊柩車の列は警察に守られてヒルフェルスムにあるオランダ軍基地に向かった。沿道には何万人もの市民が並び、霊柩車に花を投げるなどして犠牲者を悼んだ。同基地で身元確認作業が進められる予定だが、確認には数週間から数カ月かかる可能性もある。

犠牲者の遺体がオランダに到着 マレーシア機撃墜/CNN.co.jp.2014

オランダはこの日を国民の追悼の日として、全土で半旗を掲げて1分間の黙祷(もくとう)をささげた。この間、バスや列車も運転を停止し、スキポール空港でも便の着陸を見合わせて哀悼の意を表した。テレビやラジオはCMの放送を中止し、教会で営まれた追悼礼拝には大勢の市民が参列した。

犠牲者の遺体がオランダに到着 マレーシア機撃墜/CNN.co.jp.2014
当時のことを振り返りマレーシアのナシブ首相は

ナジブ首相はインタビューの中で、親ロシア派との交渉は「非常に繊細」なプロセスであったことから一人で決断をし、指示をする必要があったとコメント。安全に墜落の原因究明や遺体の回収を進めるために「異例」で「前例のない」交渉を秘密裏に行う必要があり、側近やナジブ政権の幹部の多くも交渉の詳しい内容は知らされていなかったことを明らかにした。

【マレーシア航空17便事件】親露派と秘密裏に交渉 ナジブ首相が初めて内情明かす/レスポンス.2014

交渉のプロセスにおいてはナジブ首相自身と分離派のリーダー、調査チームのリーダーが会話を通じて交渉をしたという。通常は政府間の交渉となるが墜落現場を占拠していた武装集団と交渉をする必要があった。ナジブ首相は、犠牲者の遺族に遺体を引き渡し彼らの気持ちを落ち着かせるためにもこうした交渉が必要であったと強調。より良い結果のためには「静かな外交」が必要だったと説明した。

【マレーシア航空17便事件】親露派と秘密裏に交渉 ナジブ首相が初めて内情明かす/レスポンス.2014

欧米がロシアへの経済制裁を強化

 米国は撃墜直後、親露派武装勢力がロシアから供与された地対空ミサイル(SA11)により撃墜された可能性が高いとして、対露経済制裁強化案を打ち出しました。

情報戦に勝利した米国、ロシアを中国に走らせる/JBpress.2014

 「ロシアは再び国際社会から孤立し、過去数十年の発展から後戻りする。これはプーチン氏の選択だ」。オバマ米大統領は29日、追加制裁を発表する声明でこう述べた。主要国(G8)や主要20カ国・地域(G20)のメンバーという国際的な地歩を失うことになると脅した格好だ。

【マレーシア機撃墜】米では強硬論も 欧州では影響懸念の声 G7のロシアめぐる声明/産経ニュース.2014
ロシアへの経済制裁に慎重だったEUが事件を受け制裁強化案を発表

 欧州(EU)側は従来、対露経済制裁においては慎重な構えを崩しませんでしたが、この撃墜事件を受け、7月29日には欧米が対露経済制裁強化策を発表。この中には、金融制裁やロシアの石油業界に対する資機材輸出一部禁輸措置などが含まれています。

情報戦に勝利した米国、ロシアを中国に走らせる/JBpress.2014

乗客乗員298人が死亡したマレーシア機撃墜事件では、西側も態度を硬化させ、EUと米国の間にあった対ロシア制裁をめぐる溝は小さくなった。

プーチン氏、ウクライナ危機で強気貫く 後戻り不可能な局面に/HUFFPOST.2014

「民間人が犠牲になったことで、欧米側は生ぬるい制裁では許されないという雰囲気になり、ロシア側も妥協は許されないという国内世論が強まった」とニッセイ基礎研究所・上席研究員の伊藤さゆり氏は指摘する。

地政学リスク拡大し市場大荒れ、警戒されるエネルギー価格上昇/REUTERS.2014
「ロシアが方針転換すればロシアとの連携を再開する用意がある」

 一方で、「解決策を模索していく上でロシアがこれまでの方針を転換し、明瞭な形で積極的に貢献を始めるなら、EUには決定を取り下げロシアとの連携を再開する用意がこれまで通りある」ともしている。

欧米、対ロシア制裁強化を決定 金融・防衛部門など対象/AFPBB News.2014
ロシアはそれに対して対抗措置を発表

さらに欧米の制裁措置に対し、ロシアは野菜や肉など食料品の輸入禁止を表明。報復に打って出た。これまで市場ではロシアと欧州の経済的な結びつきの強さから、対立はエスカレートしないとの見方が多かったが、「マレーシア航空機撃墜で状況は一変した」(国内証券)という。

地政学リスク拡大し市場大荒れ、警戒されるエネルギー価格上昇/REUTERS.2014

プーチン大統領が対抗策を打ち出したことで、制裁合戦が一段と激しくなる可能性もある。

ロシア、領空の飛行禁止検討 欧米の航空会社に/日本経済新聞.2014
G7とEUが共同声明を発表「ロシアのへの制裁強化」「停戦要求」

先進7カ国(G7)と欧州連合(EU)の首脳は7月30日、ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜を受け、ロシアがウクライナ情勢の沈静化に役割を果たさなければ制裁をさらに強化するとの声明を出した。ク

【マレーシア機撃墜】米では強硬論も 欧州では影響懸念の声 G7のロシアめぐる声明/産経ニュース.2014

米ホワイトハウスが発表した。声明は「今回の悲劇を情勢の安定につなげるべきだったが、ロシアは方針を変えなかった」と批判し、米・EUが踏み切った追加制裁の正当性を強調した。ウクライナ東部を不安定にする原因となっているロシアによる親ロシア派組織への武器支援の即時中止も訴えた。

G7・EU「重大な懸念」 ロシアに追加制裁を警告/日本経済新聞.2014

撃墜の現場で調査を妨害する親ロ派を非難。そのうえで「安全な調査と犠牲者全員の遺体収容のため、すべての当事者に現場の保全と停戦合意の尊重を求める」と指摘した。ロシアにはウクライナの和平提案の履行を求めた。

G7・EU「重大な懸念」 ロシアに追加制裁を警告/日本経済新聞.2014

ウクライナ危機の「政治的な解決は可能」としてロシアには「緊張緩和に向けた道を依然選択することができる」と促し、制裁解除の可能性も示した。ただロシアが緊張緩和に取り組まなければ「我々はさらに大きな代償を支払わせる用意がある」と表明した。

G7・EU「重大な懸念」 ロシアに追加制裁を警告/日本経済新聞.2014

オランダ安全委員会が関係国や国際民間航空機関の調査団と連携して調査開始

Sky News/YouTube

航空事故などの調査に当たるオランダ安全委員会は22日夜、ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜の調査を正式に開始した。同委員会が23日、発表した。関係国や国際民間航空機関(ICAO)の調査団と連携する。

オランダ安全委が調査開始 マレーシア機、国際連携も/US FrontLine.2014

 同委員会は、最初の優先事項は、マレーシア機が墜落した現場での情報収集と飛行データなどを記録したブラックボックスの分析、国際調査チームの活動の調整だと表明。現在も現場へ調査員が安全に立ち入れないことを問題視した。

オランダ安全委が調査開始 マレーシア機、国際連携も/US FrontLine.2014
墜落現場に向かい直接調査をする方針も現場は戦闘地域

(前略)国際調査を主導するオランダ安全委員会は25日、数日以内に調査チームを墜落現場に派遣すると発表した。機体の破片の回収などを行い詳しく調べる方針。

EU ロシアへの追加制裁発動/日テレNEWS.2014

 しかし、現場周辺は依然不安定な状況が続いており、チームの代表は「作業を本格化できるかどうかは不透明」としている。

マレーシア機墜落現場に遺体収容チーム/日テレNEWS.2014

 また、墜落原因を調べる国際調査団は安全を確保できないとして首都・キエフにとどまったままで、停戦が延長されるかどうかが原因究明を進めるカギとなっている。

マレーシア機墜落現場に遺体収容チーム/日テレNEWS.2014
墜落現場で24時間の休戦合意を!!調査団がついに現地入り

【8月1日 AFP】マレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便が墜落したウクライナ東部の現場に7月31日、国際的な調査を行う専門家らが初めて到着した。ウクライナ軍が攻撃中止を宣言してから約1週間、ようやく調査の第一歩にこぎ着けた。

マレーシア機墜落、調査団がようやく現場入り/AFPBB News.2014

専門家チームは周辺で政権側と親ロシア派の戦闘が激化したため先月27日からドネツクで足止めされていたが、政権側が24時間の停戦を発表したことからこれまでとは違うルートを通り初めて現場に入ったという。

マレーシア機墜落現場に遺体収容チーム/日テレNEWS.2014

 ウクライナ政府側は、現場を掌握している親ロシア派が調査を阻止していると繰り返し主張するとともに、同地域内に展開する政府軍部隊に親ロシア派が砲撃を続けていると非難していた。これに対し親ロシア派は、政府側が停戦を守っていないと非難していた。

マレーシア機墜落、調査団がようやく現場入り/AFPBB News.2014

 ウクライナのペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)大統領は、オーストラリアとオランダ両首相との電話会談で、7月31日の現場調査は無事に行われたと伝え、さらに翌8月1日からは専門家らが連日調査作業に取り組めるはずだと保証した。同時に親ロシア派に対しては、現場から20キロの範囲での停戦を守るよう要求した。

ウクライナ東部の戦闘で市民死傷、墜落現場では遺体収容続く/AFPBB News.2014
翌日、犠牲者の遺体の捜索を開始

キエフ(CNN) ウクライナ東部のマレーシア航空機墜落現場では8月1日、オランダとオーストラリアの専門家70人が残された遺体の捜索に当たった。

調査団が現地入り、遺体の捜索に当たる マレーシア機撃墜/CNN.co.jp.2014

現場の捜索は犠牲者の約3分の2を占めるオランダが主導し、欧州安保協力機構(OSCE)の監視団も同行している。

調査団が現地入り、遺体の捜索に当たる マレーシア機撃墜/CNN.co.jp.2014

墜落現場はウクライナ政府軍と親ロシア派勢力が衝突する危険地帯にあり、捜索チームは数日間、手前での待機を強いられた。双方の上層部との交渉の結果、7月31日に一時休戦が実現。OSCE監視団の8人と専門家4人が現地入りを果たし、遺体の見つかった場所に目印を付けていた。

調査団が現地入り、遺体の捜索に当たる マレーシア機撃墜/CNN.co.jp.2014

現地の気温はセ氏約30度に達する。OSCE報道官は、「私たちの前には遺体が残っている。それはにおいで分かる。まだ適切な捜索が行われていない場所が多数ある」と話した。

監視団が墜落現場入り、80遺体が残存か ウクライナ/CNN.co.jp.2014

一方、ロシアも現地調査団に加わるため、専門家3人で構成する代表団をウクライナに派遣したと発表した。

監視団が墜落現場入り、80遺体が残存か ウクライナ/CNN.co.jp.2014
ウクライナ政府は休戦を延長する方針

ウクライナ軍が宣言した休戦は1日午前に期限切れとなったが、同国のグロイスマン副首相は、墜落現場への経路では引き続き戦闘を避けるとの方針を示した。

調査団が現地入り、遺体の捜索に当たる マレーシア機撃墜/CNN.co.jp.2014

これまでに収容された遺体はすでにオランダへ運ばれ、専門家200人以上のチームが身元確認作業を始めている。1日までに身元が判明したのは2人にとどまり、オランダ当局は作業完了までに数カ月かかるとの見通しを示している。

調査団が現地入り、遺体の捜索に当たる マレーシア機撃墜/CNN.co.jp.2014
休戦の延長も……翌日には調査エリアの数キロ先で砲撃……撤退へ

マレーシア航空機の墜落現場も親ロ派支配地域だ。ウクライナ軍は現場一帯の停戦を宣言しているものの、英BBC放送によると、2日、国際調査団の一部は数キロ先で砲撃があったとして撤退を余儀なくされたという。

親ロ派支配地域を分断 ウクライナ政府軍/日本経済新聞.2014
さらに翌々日も戦闘

【8月4日 AFP】ウクライナ東部各地で3日、政府軍と親ロシア派武装集団との戦闘により、合計で少なくとも民間人10人が死亡した。

ウクライナ東部の戦闘で市民死傷、墜落現場では遺体収容続く/AFPBB News.2014

 一方、ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便の墜落現場に入ったオランダとオーストラリアの両警察からなる合同調査団は3日、3日目となる未収容の遺体捜索作業を終えた。

ウクライナ東部の戦闘で市民死傷、墜落現場では遺体収容続く/AFPBB News.2014
戦闘悪化していく中で調査団は作業を中断

【8月7日 AFP】ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便の墜落現場で遺体の捜索に当たっている国際調査団は6日、周辺地域の治安悪化を理由に作業を中断した。オランダのマルク・ルッテ(Mark Rutte)首相が発表した。

MH17便の犠牲者捜索、安全上の懸念で中断/AFPBB News.2014

 ルッテ首相はハーグ(Hague)で行った記者会見で、現場周辺で戦闘を続けるウクライナ軍と親露派武装勢力との間の緊張が高まり非常に危険なため、犠牲者の遺体の捜索を継続できないと述べた。

MH17便の犠牲者捜索、安全上の懸念で中断/AFPBB News.2014

 墜落事故の調査はこれまでにも、現場周辺で行われている戦闘によって繰り返し遅れが出てきた。オランダのフランス・ティメルマン(Frans Timmermans)外相は、自身のフェイスブック(Facebook)の公式ページに、「われわれは、現在のところ任務を停止しなければならない。しかし、状況が許すようになればすぐに継続する予定だ」と投稿している。

MH17便の犠牲者捜索、安全上の懸念で中断/AFPBB News.2014
墜落現場に入ることもできないほど戦闘が激化。現地調査を断念し撤収を発表

 ウクライナ東部でマレーシア機が撃墜された事件で、墜落原因を究明する国際調査チームは11日、戦闘の激化を受けて墜落現場での調査を断念した。

マレーシア機撃墜 戦闘激化で現地調査断念/日テレNEWS24.2014

 オランダやアメリカ、ロシアなどの専門家25人は先月下旬から、墜落原因の究明のため現地入りを目指していた。しかし、政権側と親ロシア派の戦闘が激化したことから墜落現場に入れず、調査を主導するオランダ安全委員会は11日、「安全状況が悪化している」として現地調査を断念し撤収すると発表した。調査チームはオランダに戻り、ブラックボックスなどを分析、第1段階の報告書を数週間以内に公表するとしている。

マレーシア機撃墜 戦闘激化で現地調査断念/日テレNEWS24.2014
中間報告「外部から多数の高エネルギー物体が機体を貫通した」

原因調査を主導するオランダ安全委員会は9月9日、中間報告書を公表した。墜落の原因について「外部から多数の高エネルギー物体が機体を貫通した」と指摘。撃墜はミサイルによるものだと示唆したが、原因特定には至らなかった。原因を巡って、米欧やウクライナ政府は、親ロシア派武装集団が旧ソ連製地対空ミサイル「ブク(BUK)」で撃墜したと非難してきたが、武装集団やロシアは否定している。

南海トラフ地震に立ち向かう 東南アジアにおける自然災害(p.37)/RM OCUS

調査に当たり、オランダ側の調査団は、ウクライナ政府軍と親ロシア派の戦闘のため、墜落現場に足を踏み入れることができず、少数のマレーシア側の調査員らが実際に現地調査を行った。

マレーシア機、ミサイル撃墜の可能性=首相/REUTERS.2019

オランダ安全委員会は、マレーシア側から機体の一部残骸を受け取ったが、オランダ側も現地調査できればそれに越したことはないとした。

マレーシア機、ミサイル撃墜の可能性=首相/REUTERS.2019

 オランダ政府の調査にマレーシア側も加わったことから、マレーシア政府独自の報告書は発表しない。

マレーシア航空撃墜事件から2ヵ月…オランダ政府が事故報告書開示/レスポンス.2014
最終報告書「航空機を破壊したのはロシア製地対空ミサイル“ブク”」
BBC News Japan/YouTube

ロシア製の地対空ミサイル「ブク」で撃墜されたと結論づけた。ミサイルを発射した”犯人”は特定しなかったが、発射地点は親ロシア派が支配する「ウクライナ東部」だったと明記した。

ロシア製ミサイルで撃墜 マレーシア機事件で最終報告書/日本経済新聞.2015
ロシア製地対空ミサイルが原因と断定も、ロシアはウクライナ政府による撃墜と反論

委員長は、機体を破壊したのは9M38M1型ミサイルに搭載された9N314M型弾頭で、ロシア製「ブク」地対空ミサイルシステムだと断定した。

ウクライナで墜落のMH17、原因はミサイルとオランダ当局/BBCニュース.2015

  オランダ安全委員会のヤウストラ委員長は、アムステルダムからクアラルンプールに向けて飛行中の同ボーイング777の操縦室から約1メートルでミサイル弾頭が破裂して数百の金属断片が拡散した結果、空中分解が引き起こされたと説明した。

マレーシア機墜落、ウクライナ東部から発射のミサイルが原因-調査団/Bloomberg.2015

報告書はさらに、現場や操縦室にいた乗務員の遺体から見つかった金属片は蝶ネクタイ型、あるいは立方体で、これは9N314M型弾頭でしか使用されていないものだと説明している。また機体内部で発見された金属片についていた塗料が、地面で発見されたミサイル破片の塗料と一致したという。

ウクライナで墜落のMH17、原因はミサイルとオランダ当局/BBCニュース.2015

 最終報告書により、これまで疑われていたブクによる撃墜が確認された形だ。欧米やウクライナ政府は親ロシア派武装勢力がミサイルを発射したと主張。露側はウクライナ政府軍による撃墜だと反論している。

【マレーシア機撃墜】オランダ安全委が最終報告書 墜落原因は露製ミサイル「ブク」と結論/産経ニュース.2015
コクピットの左側で爆発

安全委のヤウストラ委員長は会見で、「弾頭が操縦室の左側で爆発した。この弾頭はブクに搭載されているものだ」と説明した。

マレーシア機「ロシア製ミサイルで撃墜」=オランダ当局最終報告/REUTERS.2015

報告書は、操縦室にいた乗務員3人はミサイル爆発で即死したもようだが、他の乗員乗客がどの時点で死亡したかは不明で、機体が地面に激突するまでの1分半の間、意識をとどめていた人もいた可能性があるとしている。

ウクライナで墜落のMH17、原因はミサイルとオランダ当局/BBCニュース.2015
ウクライナ政府は全空域を閉鎖しておくべきだった

報告書によると、ウクライナでは同年4月から7月17日の間に、軍のヘリコプターや航空機少なくとも16機が撃墜されていたことが判明した。「ウクライナ東部の衝突が上空にまで拡大していたにもかかわらず、ウクライナも他国や国際機関も民間機に対して警戒警報を出さなかった」「航空機の撃墜に関してウクライナ当局が言及していた兵器は、民間機にもリスクを及ぼす可能性があった。それにもかかわらず、そうした兵器から民間機を守るための対策が講じられなかった」と指摘している。

マレーシア機撃墜、至近距離で弾頭爆発 オランダ当局が報告書/CNN.co.jp.2015
撃墜現場で証拠隠滅の可能性

 また機長の遺体をオランダの航空専門家が検分した際、「遺体に混入した物体を除去する作業がすでに実施されていた」こともわかった。撃墜現場で、証拠隠滅が図られていた可能性を示している。

【写真特集】マレーシア機撃墜現場で証拠隠滅を図った「悪の所業」/Newsweek.2015
オランダのルッテ首相は「……ロシアの役割について臆測はしない」

オランダのルッテ首相は「事件でのロシアの役割について臆測はしない」とコメントする一方、犯罪捜査を継続し、責任追及を続ける考えを強調した。

緊迫 ウクライナ情勢 写真特集/JIJI.COM

マレーシア人犠牲者の遺族からは、調査に進展があったことに安堵の声が出た一方で、何者に撃墜されたのかなど詳細がいまだに明らかになっていないことへの憤りや、最終報告書が出た後に国際社会がどう対応するのかなどに疑問の声が出ている。

マレーシア航空MH17便、ロシア製ミサイルに撃墜されたと発表/レスポンス.2015
操作は国際合同調査チームに引き継がれる

 今回の調査では、ミサイルを発射したのが誰かを特定することはしなかった。今後は刑事事件として、オランダの他、ウクライナ、マレーシアなどが参加する国際合同チームの捜査にゆだねられることになる。

【写真特集】マレーシア機撃墜現場で証拠隠滅を図った「悪の所業」/Newsweek.2015

5カ国の捜査当局が力を合わせて真相究明に乗り出す「国際合同調査チーム(JIT)」

Janes/YouTube

 オランダやマレーシアなど5カ国の捜査当局は、オランダでの刑事責任追及に向けた合同捜査チームを組織。

マレーシア機撃墜5年 露の元大佐ら起訴も全容解明遠く/産経ニュース.2019

前回の事故調査団に加わっていたロシアは、今回の捜査チームには参加していない。撃墜事件で死亡した乗客・乗員298人のうちオランダ人が3分の2を占めており、オランダが捜査を主導している。

【図解・国際】マレーシア機の撃墜地点と飛行経路(2016年9月)/JIJI.COM

 ウクライナ東部ドネツク州の墜落現場周辺はロシアの支援を受ける親露派武装勢力が実効支配しており、当初から親露派の捜査妨害が問題視された。合同捜査チームは、回収した機体の分析や目撃証言の収集、衛星写真や傍受した通信記録の解析によって捜査を進めた。

マレーシア機撃墜5年 露の元大佐ら起訴も全容解明遠く/産経ニュース.2019
中間報告「ロシア製地対空ミサイル“ブク”」「発射場所は親ロシア派の支配地域」「ミサイル運搬車両は撃墜後ロシア領に戻った」

2014年7月にウクライナで起きたマレーシア航空機撃墜事件に関して、オランダやウクライナなど5カ国の合同捜査チームは9月28日、旅客機がロシアから親露派武装勢力の支配地域に持ち込まれた地対空ミサイルによって撃墜されたとする中間報告を発表した。

マレーシア機撃墜の場所を特定 「親ロシア派の支配地域からミサイル」/HUFFPOST.2016

発射場所は親ロシア派が支配するペルボマイスキー近郊の農用地と特定。ミサイルはロシア領から持ち込まれ、運搬車両は撃墜後にロシア領に戻ったという。撃墜に関与したとみられる容疑者を約100人に絞り込んだとしたが、所属は明らかにしなかった。

マレーシア機撃墜の場所を特定 「親ロシア派の支配地域からミサイル」/HUFFPOST.2016

マレーシア機撃墜を巡っては、オランダ安全委員会を中心とする国際調査団が昨年10月に最終報告書を公表。撃墜に使われたのがロシア製のブクだったと断定した。今回の中間報告もこの点を改めて確認した。

マレーシア航空MH17便撃墜のミサイルはロシア軍所有=調査担当者/BBCニュース.2018

 さらにオランダ当局は捜査報告の発表から数時間後、事件に関連しロシア語話者の男2人について「特により多くの情報を探している」と発表した。

マレー機撃墜のミサイル、ロシアから搬入 捜査チームが報告/AFPBB News.2016

 さらにオランダ当局は捜査報告の発表から数時間後、事件に関連しロシア語話者の男2人について「特により多くの情報を探している」と発表した。

マレー機撃墜のミサイル、ロシアから搬入 捜査チームが報告/AFPBB News.2016

 オランダ警察のウェブサイトに発表された声明によると、2人は「オリン」と「デルフィン」という仮名を使用しているが、氏名はそれぞれアンドレイ・イワノビッチ(Andrey Ivanovich)、ニコライ・フョードロビッチ(Nikolay Fiodorovich)と特定された。

マレー機撃墜のミサイル、ロシアから搬入 捜査チームが報告/AFPBB News.2016
民間調査グループ「ベリングキャット」も報告とも一致

同時に、民間調査グループ「ベリングキャット」は、MH17を撃墜した「ブーク」がロシア軍第53対空旅団発のものであることを判明させていた。ベリングキャットは、ソーシャル・メディアとオープンソース情報の独自の分析を通じて、MH17撃墜に関与した20名のロシア軍人を特定させた報告書を発表した。これら軍人の名前が写真付きで示されているこの報告書は、オランダの検察に渡されている。

【マレーシア航空機撃墜裁判】蘭検察、被告人4名の名を読み上げ/ウクルインフォルム通信.2021
ロシア側は全否定

ロシア国防省の報道官は声明で「ブークを含むいかなるミサイルもロシアとウクライナの国境を越えていない」と述べた。

マレーシア機、ロシア製ミサイルで撃墜 合同捜査チーム発表/CNN.co.jp.2016
ロシアはプロパガンダを開始「調査結果はウクライナの捏造」「ウクライナ軍が撃墜に関与」

 中間報告発表を受け、ロシアはただちにプロパガンダを開始。「政治的な動機」による「偏向」した調査だとウクライナを非難した。

マレーシア航空機撃墜の「犯行」を否定するクレムリンのプロパガンダ/Newsweek.2016

 ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、合同調査チームに参加したウクライナには、「証拠をねじ曲げ、自国に有利なように調査を誘導するチャンス」があったと主張。調査は「残酷なジョーク」のようだと述べた。

マレーシア航空機撃墜の「犯行」を否定するクレムリンのプロパガンダ/Newsweek.2016

また、ロシア外務省の報道官も声明を出し、合同捜査チームは捜査へのロシアの全面的参加を拒んだと批判。先ごろロシア国防省が発表した、ウクライナ軍の関与を示すとされるレーダーのデータについても触れた。

マレーシア機、ロシア製ミサイルで撃墜 合同捜査チーム発表/CNN.co.jp.2016

英王立防衛安全保障研究所(RUSI)のジャスティン・ブロンク研究員は、ロシアの主張を「まったくばかばかしい」と一蹴。「ウクライナ軍は紛争において、地対空ミサイルを1発も発射したことがない。親ロシア派が空軍をもっていないからだ」と指摘した。

マレーシア機、ロシア製ミサイルで撃墜 合同捜査チーム発表/CNN.co.jp.2016
他にも様々なフェイクを拡散

 クレムリンはこれまでもロシア関与説を葬り去るため誤報キャンペーンを繰り返してきた。一時は、CIAがロシアを陥れるために、無人操縦の旅客機に多数の死体を積んで墜落させたというデマまで流した。ウクライナ政府軍がロシアのウラジーミル・プーチンの乗る飛行機を撃墜しようとして誤ってマレーシア機を撃ち落としたという説を広めたのもクレムリンだ。

マレーシア航空機撃墜の「犯行」を否定するクレムリンのプロパガンダ/Newsweek.2016
世論調査によるとロシア国民の8割はウクライナ軍の仕業だと思っている

 乗員乗客298人が犠牲になったマレーシア機撃墜事件を受け、欧米諸国と日本から制裁措置が発動され、孤立化が深まるロシア。果たして、ロシア国民は、この大惨事についてどう思っているのだろうか。ロシア製の地対空ミサイルが使用されたとする米国のオバマ政権やウクライナ軍の発表をどのように受け止めているのだろうか?このほど、独立系の調査機関レバダセンターが、世論調査を行い、報告書を発表した。結果は驚愕すべき数字になった。回答者の82%がウクライナ軍の仕業だと答え、西側世界の論調とは真っ向から異なっていた。

マレーシア機撃墜事件ロシア国民の82%が「ウクライナ軍の仕業」/WEDGE Infinity.2014
2018年5月24日の報告「ミサイルはロシア軍第53対空ミサイル旅団に属する」

【5月24日 AFP】2014年7月にウクライナ東部で起きたマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便撃墜事件について、国際的な合同捜査チームは24日、使用されたミサイルがロシア軍部隊から搬入されたものだと初めて発表した。

マレーシア機撃墜のミサイル、ロシア軍から搬入 捜査チームが発表/AFPBB News.2018

 オランダで記者会見した合同捜査チームのオランダの代表は、MH17便を撃ち落とした輸送車兼用起立式レーダー装備発射機(TELAR)からの地対空ミサイル「ブク(Buk)」は、ロシアのクルスク(Kursk)を拠点とする第53対空旅団から搬入されたものだという結論に達した」と述べるとともに、「第53対空旅団はロシア軍の一部だ」と説明した。

マレーシア機撃墜のミサイル、ロシア軍から搬入 捜査チームが発表/AFPBB News.2018

オランダやマレーシアなどの捜査チームのトップ、パウリセン氏がオランダ中部で記者会見し明らかにした。使われたのがロシアから持ち込まれた地対空ミサイル「ブク」であることは判明していたが、部隊名の特定は初めて。

マレー機撃墜のミサイル、ロシア軍の持ち込み部隊判明/日本経済新聞.2018

実際に同ミサイルを発射したのがロシア軍なのか、発射地域を支配していたウクライナの親ロシア派武装勢力なのかなどは明らかにせず、全容解明に向け「やるべきことは多い」と述べた。

マレー機撃墜のミサイル、ロシア軍の持ち込み部隊判明/日本経済新聞.2018
ロシア側は関与を否定

ロシアは24日、同国軍のどの部隊もこの件に関与していなかったとする立場を再表明した。モスクワのロシア国防省によると「ロシア連邦の対空ミサイルシステムは1つも、ロシアとウクライナの国境を通過していない」という。

マレーシア航空MH17便撃墜のミサイルはロシア軍所有=調査担当者/BBCニュース.2018

一方、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領はフェイスブックへのウクライナ語による投稿で、国際司法裁判所において「テロ支援国家としてのロシア連邦の行動に対して、それにふさわしい評価が下されるよう努力を惜しまない」と約束した。

マレーシア航空MH17便撃墜のミサイルはロシア軍所有=調査担当者/BBCニュース.2018

国際合同調査チームが4人の容疑者を起訴

CNN/YouTube

2019年6月19日、国際共同捜査チーム(JIT)は、MH17撃墜を撃墜した「ブーク」の輸送・発射に関与したとみられる4名の容疑者の名前を発表した

【MH17裁判】マレーシア航空機撃墜事件とりまとめ/ウクルインフォルム通信.2020

 検察当局は4人の身柄を確保しておらず、顔写真を公開し、国際逮捕状を発行する。

マレーシア機撃墜、殺人罪で起訴へ ロシアの元軍人ら/朝日新聞デジタル.2019

事件発生以降、容疑者の起訴は初となる。公判は来年3月9日にオランダで開始される見通し。

マレーシア航空機撃墜事件、容疑者4人起訴/NNA EUROPE.2019
ロシア治安当局と関係があるロシア人3人とウクライナ人1人

長期にわたって捜査を続けていたオランダ主体のJITは、ロシア人3人とウクライナ人1人が撃墜に関わったと結論づけた。ロシア人は全員、同国の治安当局と関係が深いという。また、ウクライナ人を含め4人とも、事件当時はウクライナ東部における紛争に関わっていたとされる。

マレーシア機撃墜、ロシア当局者ら4人起訴へ マハティール首相「ばかげている」/BBCニュース.2019

4人はいずれも、ウクライナ東部で分離派が樹立を宣言した「ドネツク人民共和国(Donetsk People’s Republic)」に参加した疑いが持たれている。

マレー機撃墜、殺人罪で4人起訴 ロシア「根拠ない」と反発/AFPBB News.2019
ロシアの工作員・特殊部隊の元兵士!?「FSB」「GRU」「スペツナズ」

起訴されるのはロシア人のイゴーリ・ギルキン、セルゲイ・ドゥビンスキー、オレグ・プラトフの3容疑者と、ウクライナ人のレオニド・ハルチェンコ容疑者。

マレーシア機撃墜、容疑者4人を殺人罪で起訴へ 合同捜査チーム/CNN.co.jp.2019

捜査チームによると、ギルキン容疑者はロシア連邦保安局(FSB)の元大佐で、ドゥビンスキー容疑者はロシア軍参謀本部情報総局(GRU)に雇われていた。

マレーシア機撃墜、容疑者4人を殺人罪で起訴へ 合同捜査チーム/CNN.co.jp.2019

プラトフ容疑者はロシアの特殊部隊「GRUスペツナズ」の元兵士。

マレーシア機撃墜、容疑者4人を殺人罪で起訴へ 合同捜査チーム/CNN.co.jp.2019

ウクライナ人のハルチェンコ容疑者は軍での経歴はないが、14年7月にウクライナ東部ドネツク州で戦闘部隊を率いていたと見られている。

マレーシア機撃墜、容疑者4人を殺人罪で起訴へ 合同捜査チーム/CNN.co.jp.2019
セルゲイ・ドゥビンスキー

JITは、ロシア連邦保安局(FSB)が、ウクライナの反政府勢力に対し、盗聴されない電話などの装備品を用意したとみている。

マレーシア航空機撃墜、「ロシア高官の指示」=国際捜査チーム/BBCニュース.2019

セルゲイ・ドゥビンスキー氏は、セミョノフという名前の人物への電話で、「これは特別な電話で、買うことはできない。モスクワから手に入れた。FSBを通じてね」と述べたとされる。

マレーシア航空機撃墜、「ロシア高官の指示」=国際捜査チーム/BBCニュース.2019
イゴーリ・ギルキン
AP Archive/YouTube

 イーゴリ・ギルキン容疑者:「(親ロシア派の)民兵はボーイング機を攻撃していない。これ以上のコメントは控える」

マレーシア機撃墜 国際手配の元ロシア大佐関与否定/テレ朝news.2019

 ロシア人の3人のうち1人は事件当時、ウクライナの親ロシア派が支配する地域が自称していた「ドネツク人民共和国」で防衛大臣を名乗っていたイゴーリ・ギルキン容疑者。

マレーシア機撃墜、殺人罪で起訴へ ロシアの元軍人ら/朝日新聞デジタル.2019

(前略)事件当日、ロシアの元諜報員で現在は武装勢力の司令官を務めているイゴール・ギルキン(Igor Girkin)氏が、自分のソーシャルメディア「VKontakte」のページにウクライナ軍の輸送機を撃墜したと発表したが、マレーシア機17便墜落のニュースが拡がると、その投稿を削除している。

墜落現場、親露派はウクライナを非難/ナショナルジオグラフィック

オランダで裁判が開始「ロシアは4人の身柄らを引き渡さず」

TRT World/YouTube

2020年3月9日、マレーシア航空機MH17撃墜事件の裁判が、オランダのスキプホール裁判コンプレクスにて始まった。

【MH17裁判】マレーシア航空機撃墜事件とりまとめ/ウクルインフォルム通信.2020

マレーシアの地元メディアによると、初公判は殺人の罪で起訴されたロシアの元軍人ら4人が出廷しないまま開かれた。

マレーシア航空機撃墜で初公判 オランダ/日テレNEWS.2014

オランダなどの合同捜査チームは、事件に関与したとしてロシア軍の元大佐や情報機関に所属するなどしていた4人を特定し、起訴したが、ロシア政府は身柄を引き渡さない構え。

マレーシア航空機撃墜で初公判 オランダ/日テレNEWS.2014

裁判官は、初公判で多くの人命が失われた事件について、「ほとんど理解しがたいものだ」と語り、被告人が不在でも審理を進めることを決めた。

マレーシア航空機撃墜で初公判 オランダ/日テレNEWS.2014

2021年12月22日 検察側は終身刑を求刑

FRANCE 24 English/YouTube

 オランダからの報道によると、ウクライナ上空で2014年7月にマレーシア航空機が撃墜され、乗客乗員298人が死亡した事件の公判が22日、オランダ・アムステルダム近郊の裁判所で開かれ、検察側は地対空ミサイルを配備したなどとして殺人罪に問われた元ロシア大佐ら4人に終身刑を求刑した。

元ロシア軍人ら4人に終身刑を求刑 2014年のマレーシア機撃墜事件/毎日新聞.2021

ロシア政府は被告らを引き渡さず、4人は公判を欠席している。

元ロシア軍人ら4人に終身求刑 マレーシア機撃墜公判/産経ニュース.2021

 検察側は撃墜について「298人全員の命を残酷に奪い、遺族らに信じ難いほど深く取り返しのつかない苦しみを与えた」と指摘した。

元ロシア軍人ら4人に終身求刑マレーシア機撃墜公判/京都新聞.2021
created by Rinker
ハイブリッド戦争の内幕とは。毎日新聞モスクワ特派員が両国政府と親露派の要人を取材、砲撃と空爆で破壊された街に潜入して、戦闘員と市民の声を聞く。激動のロシア情勢を伝えるルポルタージュ。(「BOOK」データベースより)

この記事の続きを読む▼

【ウクライナ危機⑬】停戦の兆しが見えないまま戦闘が続くウクライナ東部……。和平に向けての道筋を示す『ミンスク合意』
“https://diggity.info/society/ukraine-13”
この記事をシェアする▼
Previous post 【ウクライナ危機⑪】親ロシア派グループが東部ドンバス地方の一部を占拠し独立を宣言!!ウクライナ政府は軍を派遣し鎮圧に動く『ドンバス戦争』
Next post 【ウクライナ危機⑬】停戦の兆しが見えないまま戦闘が続くウクライナ東部……。和平に向けての道筋を示す『ミンスク合意』

当サイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシー
をご覧ください

×
X