【陰謀論Qアノン】「バイデンは“ダークシャド”ーに操られている」陰謀・デマを使ったトランプと支持者によるバイデン攻撃(12)

【陰謀論Qアノン】「バイデンは“ダークシャド”ーに操られている」陰謀・デマを使ったトランプと支持者によるバイデン攻撃(12)

前回の記事を読む▼

【陰謀論Qアノン】「出馬を取りやめるべき」トランプの対抗馬バイデンがセクハラ疑惑で告発!?さらに陰謀論が拡散(11)
“https://diggity.info/society/qanon-11/”

Trump attacks Biden

大統領選!トランプ陣営の戦略はバイデン攻撃

The Sun/YouTube

ドナルド・トランプ米大統領の再選戦略は、1期目の当選を目指した際のやり方を再現することだ。彼の選挙対策チームは、民主党の候補者指名を確実にしているジョー・バイデン氏を現職大統領のように描き、トランプ氏のアウトサイダー的資質を強調しようとしている。

トランプ氏の再選戦略:挑戦者として振る舞う/ウォール・ストリート・ジャーナル日本版.2020

バイデンにあだ名をつける「スリーピー・ジョー」

The Telegraph/YouTube

 2020年の米大統領選に向けて民主党の候補者指名争いが本格化するなか、受けて立つトランプ大統領が各候補者に「あだ名」を付けて攻撃している。前回の大統領選でも、あだ名でレッテル貼りし、得意の口げんかに持ち込んだ成功体験がある。

トランプ米大統領のあだ名攻撃 民主候補にレッテル貼り/朝日新聞デジタル.2019

 バイデン氏には、かねて認知症の噂があり、トランプ大統領は彼を「スリーピー・ジョー」(眠ったいジョー)と揶揄してきた。

「病気隠し」は憲法違反のアメリカ トランプ大統領は認知症テストも/iza.2020

「おい、『スリーピー(眠そうな)・ジョー』が『世界を救う』と言って立候補したぞ。彼は米国以外の全ての国を救うつもりだ。知ってるか? 彼は1週間前、『中国は競争相手ではない』って言った」

トランプ米大統領のあだ名攻撃 民主候補にレッテル貼り/朝日新聞デジタル.2019

 そのため、バイデン氏も健診を行い、その結果をジョージ・ワシントン大学のケビン・オコーナー医師が公表した。オコーナー医師はバイデン氏を「健康的で元気な77歳の男性であり、大統領の職務を首尾よく遂行し、首席行政長官、国家元首、司令官を任命するのに適している」と述べた。そして、バイデン氏が現在、血液の希釈剤と酸逆流、コレステロール、季節性アレルギーの薬を服用していると詳細に説明している。

「病気隠し」は憲法違反のアメリカ トランプ大統領は認知症テストも/iza.2020

「トランプを再選させる」トランプ陣営がバイデンの編集動画をリツイート

Washington Post/YouTube

2020年3月9日(現地時間)、アメリカのニュースメディアCNBCは、Facebookがトランプ大統領陣営の投稿した動画を「一部虚偽の情報」に分類したと報じました

FacebookとTwitter、トランプ大統領陣営が投稿した動画⇒「一部虚偽の情報」「情報操作」と認定/HUFFPOST.2020

問題の動画はTwitterにもアップされていましたが、Facebookより早い3月8日(現地時間)に「情報操作されたメディア」というタグが付けられました

FacebookとTwitter、トランプ大統領陣営が投稿した動画⇒「一部虚偽の情報」「情報操作」と認定/HUFFPOST.2020

 警告をつけられたのは、ホワイトハウスのソーシャルメディア担当のダン・スカビーノ氏が7日夜、ツイッターに投稿した約13秒の動画。トランプ氏がバイデン氏を指して使う「スリーピー・ジョー(眠たいジョー)」の言葉とともに、バイデン氏がミズーリ州の演説で言葉に詰まり、「我々はトランプ氏を再選させることしかできない」と述べた場面を映し出している。

トランプ氏側の投稿動画に「改変」初警告 ツイッター社/朝日新聞デジタル.2020

 ただ、実際にはバイデン氏はこの言葉に続いて、「円になって銃撃戦をやったところで。前向きな選挙戦にしなければ」と語っており、発言は「民主党の内部で争い続けると、トランプ氏を利するだけだ」と訴える内容だった。ツイッター社は編集によって言葉の後半が切られ、まるでバイデン氏がトランプ氏を支持しているような内容になっていることを問題視したとみられる。

トランプ氏側の投稿動画に「改変」初警告 ツイッター社/朝日新聞デジタル.2020

「フェイク動画」が問題となるなか、同社は意図的に紛らわしく編集された動画などは警告をつける方針を2月に発表しており、適用第1号となった。

トランプ氏側の投稿動画に「改変」初警告 ツイッター社/朝日新聞デジタル.2020

一方、動画をアップしたスカヴィーノ氏は「情報操作はしていない」と主張。一連の騒動に対して、トランプ陣営がどのような動きを見せるかに注目が集まっています。

FacebookとTwitter、トランプ大統領陣営が投稿した動画⇒「一部虚偽の情報」「情報操作」と認定/HUFFPOST.2020

ワシントンポストの記者であるCat Zakrzewski氏は自身のTwitterで、「Twitterが新しい『操作されたメディア』ラベルを、詐欺的に編集されたジョー・バイデン氏の動画に初めて適用しました。この動画はホワイトハウスでソーシャルメディア担当ディレクターを務めるダン・スカヴィーノ氏によってツイートされたもので、トランプ大統領がリツイートしています」とツイート。同ツイートは記事作成時点で3200件以上のリツイートと8200件以上のいいねを集めています。

Twitterがトランプ大統領のリツイートしたフェイク動画に「操作されたメディア」のラベルを付ける/Gigazine.2020

過去にはトランプ大統領陣営が対立候補のバイデン氏のフェイク広告をFacebookに掲載。バイデン氏がFacebookに削除要請をするも、これを拒否されるという騒動がありました。

FacebookとTwitter、トランプ大統領陣営が投稿した動画⇒「一部虚偽の情報」「情報操作」と認定/HUFFPOST.2020
投稿者「ダン・スカビーノ(トランプ・ソーシャルメディア担当)」
NowThis News/YouTube

スカビーノ氏は1976年、米ニューヨークでイタリア移民の子として生まれた。16歳だった1992年にゴルフ場でキャディーのアルバイトをし、トランプ氏に初めて会った。ニューヨーク州立大学プラッツバーグ校でコミュニケーションを専攻し、コカコーラなどで働き、2004年からトランプ・ナショナル・ゴルフクラブのマネージャーを務めた。

ゴルフのキャディーから大統領参謀に、スカビーノ大統領SNS広報責任者/東亜日報.2019

2016年の大統領選で、トランプ氏のソーシャルメディア戦略を担当し、その功労が認められ、新設ポストであるホワイトハウスのソーシャルメディア広報責任者になった。

ゴルフのキャディーから大統領参謀に、スカビーノ大統領SNS広報責任者/東亜日報.2019

ソーシャルメディア広報責任者は、2017年1月、トランプ氏の就任後に新設されたポストだ。最高権力者の言葉は力だ。そのためか、大統領のメッセージの窓口であるスカビーノ氏は、単に大統領のソーシャルメディアを管理するだけでなく、米政権の政策決定に深く関与する「実力者の中の実力者」とされる。

ゴルフのキャディーから大統領参謀に、スカビーノ大統領SNS広報責任者/東亜日報.2019
それならバイデンも警告するべきだ

トランプ大統領の選挙陣営はツイッター社に書簡を送り、バイデン氏が先週ツイッターに投稿したトランプ大統領を批判する動画こそ意図的に編集され、情報操作にあたるとして、バイデン氏に同様の警告を発するよう要求しました。

「バイデン氏の投稿こそ情報操作」トランプ氏陣営が警告を要求/NHK NEWS WEB.2020

この動画は、バイデン氏の陣営が制作した選挙広告ビデオで、この中でトランプ大統領が「地球温暖化、多くのでっち上げ。コロナウイルス、新たなでっち上げ」などと発言した動画が使用されています。

「バイデン氏の投稿こそ情報操作」トランプ氏陣営が警告を要求/NHK NEWS WEB.2020

トランプ大統領の陣営はこれらの発言が意図的に編集されているのは明らかだとしたうえで、「大統領は民主党の主張をでっち上げと呼んだにもかかわらず、まるでコロナウイルス自体をでっち上げと呼んでいるような誤った印象を与えている」と抗議しました。

「バイデン氏の投稿こそ情報操作」トランプ氏陣営が警告を要求/NHK NEWS WEB.2020

そのうえでツイッター社に対してバイデン氏が動画を投稿したツイートに「情報操作されたメディア」という表示を付け警告を発するよう要求しました。

「バイデン氏の投稿こそ情報操作」トランプ氏陣営が警告を要求/NHK NEWS WEB.2020

バイデンが選んだ副大統領候補を人格攻撃

ABC News/YouTube

米民主党の大統領候補、バイデン前副大統領(77)が8月11日、副大統領候補に西部カリフォルニア州選出の黒人女性カマラ・ハリス上院議員(55)を選んだことに対し、迎え撃つ共和党のトランプ大統領(74)は同議員を「とてもナスティ(性悪)だ」と早くも人格攻撃。今後、バイデン氏を揶揄する“寝ぼけたジョー”とともに、この中傷スローガンを連呼することになりそうだ。

〝性悪カマラ〟と〝寝ぼけたジョー〟トランプ、早くも人格攻撃開始/WEDGE Infinity.2020

ペンス副大統領はバイデンを中国のチアリーダーと批判

PBS NewsHour/YouTube

米大統領選に向けた与党共和党大会で26日に党副大統領候補として指名受諾演説したペンス副大統領(61)は、政権奪還を目指す野党民主党の大統領候補バイデン前副大統領(77)を「中国共産党のチアリーダーだ」などと繰り返し批判した。名指しは23回に及び、支持率でトランプ大統領(74)がリードを許す展開への危機感から対決姿勢を鮮明にした。

バイデン氏を23回名指し ペンス副大統領「中国のチアリーダー」「トロイの木馬」と批判/東京新聞 TOKYO Web.2020
本当に親中!?バイデンと中国の関係

大統領選挙に臨むにあたって、バイデンは習近平を「悪党」と呼び、中国との対決姿勢を鮮明にした。香港などでの人権問題を念頭に置いたものだが、これはバイデンにとって大きな軌道修正だった。バイデンは長年、中国政府の要人と幅広い人脈を持ち、中国通として知られてきたためだ。

「むしろトランプ以上」中国通のバイデンが企む”中国包囲網”というヤバい戦略/PRESIDENT Online.2020

2009~2017年のオバマ政権でバイデン氏は副大統領だった。オバマ政権の対中国政策は強硬でなかった。オバマ政権の政策はこうまとめられる。「中国の発展を歓迎する。米国と協力し、競争することを望む。しかし、ルールは守らなければならない。米国の同盟国を脅かしてもいけない」

「中国のチアリーダー」と皮肉られていたバイデン氏の対中政策は?/中央日報.2021

この時代、バイデン氏は当時副主席だった習近平国家主席とよく単独面談した。18カ月間に8回会い、25時間を過ごした。バイデン氏は自分自身を世界の指導者の中で最も長い時間習近平を側で見た人物だと言う。

「中国のチアリーダー」と皮肉られていたバイデン氏の対中政策は?/中央日報.2021

その彼が「反中タカ派」としてイメージチェンジした大きな背景には、香港問題やコロナ禍をきっかけに、アメリカで党派を超えて反中感情がこれまでになく高まっていることがあった。そのうえ、大統領選挙でトランプは「バイデンが当選すればアメリカ人が中国語を学ばなければならなくなる」と述べ、バイデンに「親中」のラベルを貼ろうと躍起になった経緯もある。

「むしろトランプ以上」中国通のバイデンが企む”中国包囲網”というヤバい戦略/PRESIDENT Online.2020

トランプ「バイデンは薬物検査をしろ」

Guardian News/YouTube

【8月27日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は26日、11月の大統領選の民主党候補であるジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領との討論会を前に、自身とバイデン氏に「薬物検査」を行う必要があると主張した。ただ、バイデン氏の薬物摂取を裏付ける証拠は一切示していない。

トランプ氏、バイデン氏に「薬物検査」要求/AFPBB News.2020

 トランプ氏は2016年の大統領選でも同様の発言をしており、当時の対立候補だったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が薬物を使用していると主張していた。

トランプ氏、バイデン氏に「薬物検査」要求/AFPBB News.2020

ホワイトハウスがバイデンのコラ動画をシェア

HuffPost/YouTube

8月30日、ホワイトハウスの大統領補佐官が、次期大統領候補のジョー・バイデン氏がテレビインタビュー中にウトウトと居眠りしていた動画をオンラインでシェアした。この動画は加工が加えられた「ディープフェイク」であることが判明した。 とはいえ、別人にバイデン氏の頭部を貼り付けただけで、さほどディープではないフェイクではあった。しかし、拡散したのはホワイトハウスの関係者である。

AIの劇的な進展と政治利用の恐怖|米国コロナ最前線と合衆国の本質(10)/キヤノングローバル戦略研究所.2020
翌日に共和党下院議員が編集動画を公開
CNN/YouTube

同日、共和党のスティーブ・スカリス下院議員(ルイジアナ州)はバイデン氏が警察予算の全額カットを支持すると発言している動画を公開した。これもまた改ざんされたものであり、バイデン氏の言葉を切り取って編集したものであった。スカリス氏は後日Fox Newsのインタビューを受け「改ざんは間違いだったが、バイデン氏はその通りの主張をしていた」と発言した。謝罪と偽ってフェイクを上乗せするという、反省の色が全く見られないものであった。

AIの劇的な進展と政治利用の恐怖|米国コロナ最前線と合衆国の本質(10)/キヤノングローバル戦略研究所.2020

トランプ「バイデンはダークシャドーに操られている」

The Young Turks/YouTube

 「バイデンはダークシャドー(暗い影)の人々に操られている」。米民主党の大統領候補について、トランプ氏は8月、報道番組でそう答えた。

広がる荒唐無稽な陰謀論 米国では政界中枢まで侵食/カナロコ.2020

一部の都市で抗議活動が過激化している問題に関して、トランプ氏は「バイデンが事態を収めることはない。彼らが乗っ取るのだ。バイデンが選ばれるのならば、彼らが勝利するのだ。」と語った。

トランプ大統領 バイデン氏は「ダークシャドウ」に操られている/Mashup Reporter.2020
「飛行機には黒色の服を着た無法者でいっぱいだった」

続けて「この週末、一部の都市から飛行機を利用した人がいる」と主張。「飛行機の中は、ほとんどすべてが暗い、黒色のユニフォームに身を包んだ悪党だった」と語った。

トランプ大統領 バイデン氏は「ダークシャドウ」に操られている/Mashup Reporter.2020

 この主張をトランプ氏は9月1日にも繰り返し、「機内は略奪者や無政府主義者、暴徒らでいっぱいだった」と記者団に語った。このトランプ氏の言説は、今夏フェイスブック(Facebook)上で広まった「飛行機に乗った左派の秘密工作員」という陰謀説と明らかな類似点があり、米メディア関係者はこれがトランプ氏の秘密の情報源ではないかとみている。

黒ずくめの男たちが暗躍? 「陰謀論全開モード」に突入したトランプ大統領/AFPBB News.2020
ソースはFacebookの投稿

6月1日、アイダホ州エメットの男性がフェイスブックにこんな投稿を行っている。「街中や住宅地を狙った攻撃に備えてくれ。シアトル発の飛行機から、少なくとも12人ほどの男たちが(アイダホ州)ボイシに降り立った。全身黒ずくめだ」。この男性はこう主張した。「1人の腕には『アンティファ・アメリカ』という入れ墨があった」。投稿は4000回近くシェア(共有)された。

圧倒的に強烈な「デマ」流すトランプ信者の正体/東洋経済ONLINE.2020

これと同じ日、地元の保安官事務所は、このうわさには信じるだけの根拠がない、という声明を出した。「ペイエット郡保安官事務所には、アンティファがペイエット郡に入ったという報告は上がってきていない。

圧倒的に強烈な「デマ」流すトランプ信者の正体/東洋経済ONLINE.2020

また、そのような事実も確認されていない」「アンティファなどの組織について、ペイエット郡保安官事務所が市民に具体的な警告を発するような状況にはない」。しかし、こちらはフェイスブックで716回しか共有されなかった。

圧倒的に強烈な「デマ」流すトランプ信者の正体/東洋経済ONLINE.2020

バイデンが警察をディス曲を流してダンス!?ねつ造動画をリツート

Inside Edition/YouTube

【9月17日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は16日、11月の大統領選を争う民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)候補が反警察のラップ曲を流す場面をねつ造した動画をリツイート(再投稿)した。ツイッター(Twitter)はこの動画に対し「操作されたメディア」とのラベルを付けた。

トランプ氏、バイデン氏の偽動画投稿 反警察曲流す場面ねつ造/AFPBB News.2020
N.W.A「Fuck Tha Police」
Movieclips/YouTube

ラベルが表示されたのは、バイデン氏がラップグループ「N.W.A」の「ファック・ザ・ポリス」の曲を流したとする様子が写っている動画で、「一体これは何なんだ?」というコメントが付けられている。2回にわたり投稿された

ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデンの動画を加工か/Newsweek.2020

 バイデン氏は笑みを浮かべながら曲に合わせて軽く踊ると、「この人たちの中の誰か一人ほどの才能が私にあったら、私は発声投票で大統領に選ばれるだろう」と冗談を放った。トランプ氏はこの動画をリツイートした際、「中国がよだれをたらしている」とのコメントを添えた。

トランプ氏、バイデン氏の偽動画投稿 反警察曲流す場面ねつ造/AFPBB News.2020

実際には、バイデン氏がヒスパニック系米国人の文化遺産イベントに参加し、歌手ルイス・フォンシの「デスパシート」の曲を流していた場面とみられる。

ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデンの動画を加工か/Newsweek.2020

 世論調査の支持率でバイデン氏に後れを取っているトランプ氏は15日にも、バイデン氏が小児性愛者だと示唆した支持者の投稿をリツイートしていた。

トランプ氏、バイデン氏の偽動画投稿 反警察曲流す場面ねつ造/AFPBB News.2020

バインデンは認知症!?トランプが拡散

9 News Australia/YouTube

【10月27日 AFP】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領(74)は26日、「ジョージ」と誤って呼ばれたとして、大統領選の対立候補ジョー・バイデン(Joe Biden)氏(77)をやゆした。

「バイデンは私をジョージと呼んだ」 ドナルド・トランプ氏がやゆ/AFPBB News.2020

 バイデン氏は、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)元大統領と混同したのか、トランプ氏のことを2回にわたって「ジョージ」と呼んだ。

「バイデンは私をジョージと呼んだ」 ドナルド・トランプ氏がやゆ/AFPBB News.2020

 バイデン氏は「今後さらに4年間、ジョージ、ええと、ジョージ、ええと彼が、トランプ氏が大統領に選ばれれば、われわれは全く違う世界に身を置くことになる」と発言。横に座ったジル(Jill Biden)夫人が助け舟を出すかのようなそぶりを見せる場面もあった。

「バイデンは私をジョージと呼んだ」 ドナルド・トランプ氏がやゆ/AFPBB News.2020

 トランプ氏は、すぐさまこのバイデン氏の失態に飛びつき、ツイッター(Twitter)に喜々として「ジョー・バイデンは昨日、私をジョージと呼んだ。私の名前も思い出せない」と投稿。「フェイクニュース連合は懸命にこのことを隠そうとしている!」と書き込んだ。

「バイデンは私をジョージと呼んだ」 ドナルド・トランプ氏がやゆ/AFPBB News.2020

以前からトランプ氏が「バイデン氏は認知症だ」という主張をしていたこともあり、この動画はそれを裏付ける「証拠」だとして、200万回以上も再生されました。

アメリカ大統領選挙を混乱させた“選挙フェイク” すでに日本でも…/NHKオンライン

ところがこの動画は、バイデン氏の発言を意図的に編集された「フェイク動画」でした。実際にはバイデン氏が「ジョージ」と呼んでいたのは、インタビュアーをしていたジョージ・ロペス氏のことでした

アメリカ大統領選挙を混乱させた“選挙フェイク” すでに日本でも…/NHKオンライン

 インタビューの場に居合わせた政治コメンテイターのアナ・ナヴァロ氏自身、こう証言している。

ジョージって誰のこと? 200万回近く再生された“バイデン認知症疑惑“動画の真相 米大統領選/Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN.2020

「ひどい嘘だわ。しかし、彼ら(トランプ陣営)は嘘をやめないわ。これは彼らが、作り話を拡散するためにやっている汚い嘘のようなものよ。バイデン氏はジョージ・ロペス氏の質問に答えていた。私はその場にいたからわかっているの」

ジョージって誰のこと? 200万回近く再生された“バイデン認知症疑惑“動画の真相 米大統領選/Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN.2020

バイデンが場所を言い間違えた!?偽動画が拡散

CBS Miami/YouTube

ニューヨーク(CNN Business) 米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領が集会で会場を言い間違えたかのように見える偽動画が先週末、ツイッターに投稿された。

バイデン前副大統領の偽動画、ツイッターで100万回閲覧/CNN.co.jp.2020

動画では米民主党の大統領選候補者バイデン氏が「ハロー、ミネソタ!」と挨拶しているが、背景や演壇には「Tampa, Florida(フロリダ州タンパ)」「Text FL to 30330(30330番にフロリダと書いて送信しよう)」という文字が見える。「30330」とはバイデン氏がキャンペーンで使用しているSMS(ショートメッセージサービス)の番号である。

《週刊》ネット上の情報検証まとめ(Vol.57)【大船怜】/FIJ.2020

偽動画は24時間以内に110万を超える閲覧回数を記録。ツイッターが1日夜、「改ざんメディア」との警告ラベルを表示した後、投稿者によって削除された。

バイデン前副大統領の偽動画、ツイッターで100万回閲覧/CNN.co.jp.2020

大統領選本番!トランプは不正投票疑惑を拡散した

【11月6日 AFP】(写真追加)接戦が続く米大統領選で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は5日、民主党が不正投票で「当選を盗もうとしている」と根拠を示すことなく主張し、そうした「不正」さえなければ民主党候補のジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領に「楽勝」できるはずだと訴えた。

「民主党が当選盗まなければ、私の楽勝」 トランプ氏/AFPBB News.2020
created by Rinker
史上最も騒然とした政権移行は、核兵器を使った米中戦争という国家存亡の危機に瀕していた。 重い影を背負ったバイデン政権の実態。 復讐を誓うトランプ復活の未来。 著名記者が放つ全米大ベストセラー。(「紀伊國屋書店」データベースより)

この記事の続きを読む▼

【陰謀論Qアノン】「郵便投票だと不正が行われる!!」トランプが郵便ポストを撤去・封鎖(13)
“https://diggity.info/society/qanon-13/”
Previous post 【陰謀論Qアノン】「出馬を取りやめるべき」トランプの対抗馬バイデンがセクハラ疑惑で告発!?さらに陰謀論が拡散(11)
Next post 【陰謀論Qアノン】「郵便投票だと不正が行われる!!」トランプが郵便ポストを撤去・封鎖(13)

当サイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシー
をご覧ください

×
X