【陰謀論Qアノン】「出馬を取りやめるべき」トランプの対抗馬バイデンがセクハラ疑惑で告発!?さらに陰謀論が拡散(11)

この記事をシェアする▼

【陰謀論Qアノン】「出馬を取りやめるべき」トランプの対抗馬バイデンがセクハラ疑惑で告発!?さらに陰謀論が拡散(11)

前回の記事を読む▼

【陰謀論Qアノン】「私はトランプ大統領と共にある。私はQANONと共にある。」Qアノンが新人議員!?(10)
“https://diggity.info/society/qanon-10/”

Joe Biden’s conspiracy

大統領選でトランプと対決するバイデンの陰謀論が拡散

毎日新聞/YouTube

 11月3日の米大統領選に向け、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)の劣勢が伝えられる中、民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)を「小児性愛者」などと攻撃する陰謀論が拡散している。

バイデン氏を「小児性愛者」と攻撃…渦巻く「親トランプ」陰謀論 フロリダから拡散する裏事情/毎日新聞.2020

編集された動画が拡散

この男性はバイデン氏。副大統領時代に市民らの表敬訪問を受けた際の映像をつないだものとみられるが、今年8月にはこれを露悪的に編集した動画がフェイスブック(FB)などで拡散された。

バイデン氏を「小児性愛者」と攻撃…渦巻く「親トランプ」陰謀論 フロリダから拡散する裏事情/毎日新聞.2020

事実として女性のセクハラ疑惑で告発されている

Megyn Kelly/YouTube

 バイデン氏の上院議員時代の事務所スタッフだったタラ・リード(Tara Reade)さん(56)は3月、自身が29歳だった1993年に連邦議会議事堂(Capitol Hill)の廊下でバイデン氏から性的暴行を受けたと告発した。それによると、リードさんを壁に押し付けたバイデン氏は、両手を「スカートの下」に入れて体に触ったとされる。

バイデン氏告発の女性、大統領選撤退を要求 うそ発見器使用にも言及/AFPBB News.2020

告発の信頼性について、リードさんは、議会での宣誓証言や反対自問を受ける意向があると語った。ポリグラフについて聞かれると、「私は犯罪者ではない」と否定的な姿勢を示す一方、バイデン氏が受けるのであれば、自身も受けると述べた。

性的暴行告発のタラ・リード氏 :バイデン氏は大統領選撤退を/Mashup Reporter.2020

リードさんはまた、SNSやメディアムに投稿したプーチン大統領に関する発言から、ロシアのエージェントなどと非難されていることに言及。「殺人予告を受け取った」と明かした。さらに、すべてのソーシャルメディアがハッキングされるなどの被害にあっていると語った。

性的暴行告発のタラ・リード氏 :バイデン氏は大統領選撤退を/Mashup Reporter.2020
目撃者はいなかった!でも隣人の証言は「確かにあったことだ。」

リード氏の主張について、目撃者はいない様子。しかしこれまでにリード氏の弟、元隣人と元同僚の計3人が、1993年当時に本人からその話を聞いたと名乗り出ている。

バイデン氏、27年前のアシスタント性的暴行疑惑を全面否定 「まったくなかった」/BBCニュース.2020

当時リード氏の隣人だったリンダ・ラカス氏は米誌ビジネス・インサイダーに、「確かにあったことだ。なぜ知っているかと言うと、当時その話をしたのを覚えているから」と話した。

バイデン氏、27年前のアシスタント性的暴行疑惑を全面否定 「まったくなかった」/BBCニュース.2020

「彼女が当時、どういう人の下で働いていて、どれだけその人に憧れていたか話していたのを覚えている」とラカス氏は話した。「話に出てくるスカートも覚えているし、指の話が出たのも覚えている。彼女が打ちひしがれていたのも覚えている」。

バイデン氏、27年前のアシスタント性的暴行疑惑を全面否定 「まったくなかった」/BBCニュース.2020
元夫も過去にセクハラ問題を言及

カリフォルニアのサン・ルイス・オビスポ・トリビューンによると、1996年の裁判資料でリード氏の元夫が「リード氏がジョー・バイデン上院議員の事務所で遭遇したセクハラ問題」について言及している。

バイデン氏の性暴行告発者、「大統領選撤退を」 要求強める/BBCニュース.2020

トリビューンは、そのメモによるとリード氏は最終的に「バイデン氏事務所の人事部長と合意して仕事を辞めた」と報じている。

バイデン氏の性暴行告発者、「大統領選撤退を」 要求強める/BBCニュース.2020

ドローネン氏は、「この出来事は(リード氏にとって)大きなトラウマとなったのは当然で、その後も影響を受けて傷つきやすくなっている」と書いていたという。

バイデン氏の性暴行告発者、「大統領選撤退を」 要求強める/BBCニュース.2020

また、リード氏の兄弟や元隣人、元同僚なども、疑惑の出来事があった後にリード氏からバイデン氏に対する非難を聞いている。リード氏の母は、1993年にCNNのテレビ番組に電話し、この件について訴えたという。

バイデン氏の性暴行告発者、「大統領選撤退を」 要求強める/BBCニュース.2020
本当?嘘?信憑性を疑う報道が……。

 女性はニュースキャスター、メーガン・ケリー氏のインタビューを受けるなど、数々のメディアに登場して自分の体験を語り、バイデン氏が「出馬を取りやめるべき」などと発言。しかし、その後すぐにこの女性の信憑性を疑う報道も出てきた。

「バイデン氏から性的暴行」セクハラ訴えた女性の過去に注目集まる/NewSphere.2020
シニアスタッフに報告をしたという証言は否定される

  リードさんは暴行を受けた後、バイデン氏のオフィスのシニアスタッフ3人に報告したと述べたが、この3人はいずれも報告があったことを否定している。

バイデン氏が否定、元スタッフへの性的暴行は「決してなかった」/Bloomberg.2020

リードさんはバイデン事務所の上席スタッフ数人に、バイデン氏からハラスメントを受けたと、暴行を受けたとは言わずに報告したとしている。

バイデン氏、元アシスタントの性的暴行の訴えを否定/BBCニュース.2020

そのスタッフには、上級補佐のマリアン・ベイカー氏も含まれていたとした。しかしベイカー氏は、「認識も記憶もまったくない。そうした説明を受けていたら、働く女性として、管理職として、強烈な印象が記憶に刻まれたはずだ」として否定している。

バイデン氏、元アシスタントの性的暴行の訴えを否定/BBCニュース.2020
「連邦議会上院に告発書を提出した」その証言は証拠はなし

リードさんによると、事務所スタッフがハラスメントの訴えに対応するのを拒否したため、連邦議会上院に告発書を提出した。まもなく、リードさんは事務所での仕事を失い、解雇されたという。

バイデン氏、元アシスタントの性的暴行の訴えを否定/BBCニュース.2020

リードさんが上院に出したという告発書の記録は見つかっていない。

バイデン氏、元アシスタントの性的暴行の訴えを否定//BBCニュース.2020
知人の証言では「彼女は嘘をつき?」人格的を問題視

 政治ニュースサイト『ポリティコ』は、バイデン氏を告発した女性の複数の知人にインタビュー。記事によると、この女性は異なる3つの名前を使って家賃やほかの請求を踏み倒したり、借金をしたりするなどしていたという。

「バイデン氏から性的暴行」セクハラ訴えた女性の過去に注目集まる/NewSphere.2020

 その後、女性が自分の教育と経験を詐称して、数々の裁判で家庭内暴力(DV)のエキスパートとして証言していた疑いが明るみに出た。『ポリティコ』の報道によると、女性はカリフォルニア州の裁判6件で証言を行い、裁判の結果に影響を及ぼしたとみられている。同サイトによると、この報道があった翌日には、バイデン氏のケースを担当していた女性の弁護士が辞任した。ちなみに、この弁護士はもともとトランプ大統領支持者で、バイデン氏に対する告発を大統領選に向けて同氏を攻撃する好機であるとみた可能性も高い。

「バイデン氏から性的暴行」セクハラ訴えた女性の過去に注目集まる/NewSphere.2020

また、さまざまな場でバイデン氏のオフィスで働いていた経験があることを自慢のように語り、バイデン氏を褒めていたことも判明。この女性を知る人々は、彼女について「人を操るのがうまく、嘘つきで、人を利用する」と語っている。

「バイデン氏から性的暴行」セクハラ訴えた女性の過去に注目集まる/NewSphere.2020
バイデンの反論「全容を調べる必要がある」

  バイデン氏は米国立公文書館に申し立てに関する何らかの記録があれば公開するように求めた。同氏は声明で「こうした申し立てが保管されているとしたら国立公文書館しかない」と指摘した。

バイデン氏が否定、元スタッフへの性的暴行は「決してなかった」/Bloomberg.2020

声明では「告発の詳細は複雑だが、複雑ではない点が二つある。第一に、女性は尊厳をもって扱われるべきであり、名乗り出た場合には発言を封殺するのではなく、耳を傾ける必要がある。第二に、彼女たちの証言に対して適切な調査が行われる必要がある」と指摘。

バイデン前副大統領、性的暴行疑惑を否定 「決してない」/CNN.co.jp.2020

そのうえで「彼女の証言は大小の変化を繰り返しており、責任ある報道機関は、証言の矛盾が積み重なった経緯の全容を調べる必要がある」とした。

バイデン前副大統領、性的暴行疑惑を否定 「決してない」/CNN.co.jp.2020

過去に他の女性からもセクハラ疑惑で告発されていた!?

NBC News/YouTube

米メディアによるとバイデン氏を巡っては2019年にも複数の女性からセクハラ疑惑の告発があった。そのうちの一人は選挙応援に駆けつけたバイデン氏が両肩に手を置いて髪のにおいをかぎ、後頭部にゆっくりとキスしたと訴えていた。

バイデン氏にセクハラ疑惑再燃 米大統領選に火種か/日本経済新聞.2020
頭にキス
ABC News/YouTube

【3月30日 AFP】2020年米大統領選の民主党候補選びで支持率トップを走っているジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領(76)が29日、ネバダ州議会の元議員から、5年前の選挙運動の際に頭にキスをされるなど不適切な行為を受けたと告発され、非難にさらされている。

米大統領選 根強い人気のバイデン氏を不適切な行為で女性元議員が告発/AFPBB News.2019

身体に触り、キスをしたとバイデンを非難しているのは元ネバダ州議員のルーシー・フローレス。雑誌「ザ・カット」に寄稿した記事で詳細を明らかにした。

バイデン前副大統領「髪にキス」で窮地に/Newsweek.2019

「何が起きているのかわからなかった。とてもショックだった」と、フローレスは書いている。「動くことができず、言葉も出てこなかった。なんとかして、バイデンと離れたかった」

バイデン前副大統領「髪にキス」で窮地に/Newsweek.2019
バイデン「……親愛の情や支援の気持ち、安心感を表す手段としてだ」

当時を振り返り、不安や不快感、無力感に襲われたとするフローレス氏の主張に対し、バイデン氏は「長年にわたって選挙活動や公の場で、数え切れないほどの握手や抱擁(ほうよう)を交わしてきた。親愛の情や支援の気持ち、安心感を表す手段としてだ」と説明。

バイデン前副大統領、「不適切な行動は一度もない」 告発に反論/CNN.co.jp.2019

そのうえで「これまでただの一度として、不適切な振る舞いをしたという認識を持ったことはない。そうした行為があったと言われれば、真摯(しんし)に耳を傾ける。しかしそれは決してこちらの意図したものではなかった」と強調した。

バイデン前副大統領、「不適切な行動は一度もない」 告発に反論/CNN.co.jp.2019

バイデン氏本人からの声明を受け、フローレス氏はバイデン氏が自身の訴えに「耳を傾ける」としたこと、「自らの意図を明確にしている」ことを「うれしく思う」と語った。ただ自分の論点はバイデン氏の振る舞いが意図的だったかどうかではなく、あくまでもそうした振る舞いを受けた女性たちに関するものだと指摘した。

バイデン前副大統領、「不適切な行動は一度もない」 告発に反論/CNN.co.jp.2019
バイデンがセクハラを釈明
テレ東BIZ/YouTUbe

 バイデン氏は3月31日の声明で「長年の選挙運動や議員生活で、数え切れないほどの握手と抱擁をし、好意や支援、励ましの気持ちを示してきた。私は一度も、不適切な行動を取ったことはないと信じている」と主張。女性を不快にさせる意図は無かったと弁明した。

民主党の本命バイデン氏にセクハラ疑惑「後頭部にキス」/朝日新聞デジタル.2019

 バイデン氏の「スキンシップ」は有名で、他に七人の女性から同様の申し立てが相次ぎ、バイデン氏は昨年、「決して不快にさせるつもりはなかったが、今後はもっと気を配り、相手との距離を尊重する」と、反省の弁を述べている。

<米大統領選>目をそらす民主主流派 バイデン氏に「性的暴行」疑惑/東京新聞 TOKYO Web.2020

トランプ大統領は前日、「バイデン氏は対応すべきだ」とし、「誤った告発の可能性がある。多くが冤罪(えんざい)だ」と述べた。トランプ大統領自身も複数の性的暴行やセクハラ疑惑に直面している。

米民主バイデン氏、過去の性的暴行疑惑を否定 「真実でない」/REUTERS.2020
created by Rinker
全米20万部突破! 世界13カ国で刊行! ピューリッツァー賞受賞者が、 バイデン氏本人、オバマ前大統領をはじめ100人以上におよぶ綿密な取材に基づいて、 その「人となり」を描いた究極の評伝! もっとも不幸で、もっとも幸運な男 すべてが限界を超えたアメリカ、そして日米関係の行方は?(「紀伊國屋書店」データベースより)

Hunter Biden Ukraine conspiracy

波瀾万丈!?ハンター・バイデンにウクライナ疑惑が……。

BBC News Japan/YouTube

バイデン家の悲劇は広く知られている。ハンターは1972年、2歳の時に交通事故で母親と妹を失い、自らも負傷した。助かったひとつ上の兄も2015年、脳腫瘍で46歳という若さで亡くなった。

バイデン大統領の息子、家族の悲劇と依存症と 赤裸々な転落の告白本/朝日新聞GLOBE+.2021

兄弟の関係は親密だった。著者はジョージタウン大学とイェール・ロースクールを卒業し、ロビイストの仕事やさまざまな団体の役員を務め、3人の娘も育てたが、20代からアルコール依存症でリハビリ施設への入退院を繰り返していた。兄の死後、依存症が再発し、20年来の結婚生活が破綻した。コカイン中毒に陥り、転落への道を辿っていった。

バイデン大統領の息子、家族の悲劇と依存症と 赤裸々な転落の告白本/朝日新聞GLOBE+.2021

現ファーストレディである継母ジルさんの必死のリハビリ支援でなんとか更生したとされる。親の七光りで公職(全米鉄道旅客協会副理事長など)にも就いたが長続きせず、それからは海外進出する米合弁企業のコンサルタントやロビイストをしてきた。

菅首相も同情? バイデン次男が衝撃の「薬物・不倫」告白本/NEWSポストセブン.2021

 しかし、40代になって再びコカイン常習者になり、銃器の不法購入(薬物常習者の銃購入は禁じられている)、義姉との不倫、隠し子騒動、離婚などスキャンダルのデパートのような人生に転落した。

菅首相も同情? バイデン次男が衝撃の「薬物・不倫」告白本/NEWSポストセブン.2021
トランプにとってハンター・バイデンは格好の的

 素行の悪さが有名だったからこそ、ドナルド・トランプ前大統領が目をつけ、政敵・バイデン氏のアキレス腱である「ハンター・マター」を徹底攻撃したのである。執念深いトランプ氏は、ホワイトハウスを去った後も、ハンター氏とモスクワ前市長夫人との金銭授受疑惑をやり玉にあげている。

菅首相も同情? バイデン次男が衝撃の「薬物・不倫」告白本/NEWSポストセブン.2021

ハンター・バイデンとウクライナの関係

New York Post/YouTube

昨年11月3日の米大統領選前、ハンター氏はウクライナと中国で行っているビジネスをめぐり、ドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領に日常的に攻撃されていた。

バイデン米大統領次男ハンター氏、薬物依存との闘い語る回顧録を出版へ/AFPBB News.2021
父親のジョー・バイデンが権力を行使した?

これはバイデン氏がオバマ政権で副大統領を務めていた頃、ハンター氏がウクライナのエネルギー会社ブリスマの取締役に就任して高額の報酬を受け取り、その見返りに父親(アメリカ副大統領)の政治力を使ってブリスマの捜査を担当していたウクライナの検事を解任させるなど、同社に様々な便宜を図ったという疑惑だ。

バイデン氏「ウクライナ疑惑再燃」が映し出す米国メディアの試行錯誤/現代ビジネス | 講談社.2020

証拠のメールが発見!?

2020年10月14日、アメリカ大統領選挙の民主党候補であるジョー・バイデン氏に関する疑惑を、アメリカのタブロイド紙であるニューヨーク・ポストが報じました。

Twitterがバイデン親子の疑惑を報じたニューヨーク・ポストのアカウント凍結を解除/Gigaine.2020

 同紙は「メディア王」とも呼ばれるルパート・マードック氏の傘下にあり、トランプ氏を支持する論調で知られる。

バイデン氏の「暴露記事」に拡散制限 共和党は猛反発/朝日新聞デジタル.2020

同紙はこの報道について、ハンター氏のパソコンに残っていた電子メール記録に基づくものだと説明。パソコンには、ハンター氏が薬物を吸引し、性行為に及んでいるとみられる動画も含まれていたという。

トランプ氏、バイデン氏次男の醜聞で巻き返し躍起 薬物吸引、性行為動画流出報道も 米大統領選/iza.2020

膨大な量の電子メールや文書ファイルを分析したIT専門家は「この仕事を20年間してきたが、(ハンター氏の)パソコンとデータが、いかなる方法でも妨害、変更、追加された兆候はない」と述べている。

米大統領選、中国裏工作で大混戦! メディア沈黙のバイデン氏「チャイナ・ゲート」疑惑をFBIが捜査 米名門紙は異例のトランプ支持 河添恵子氏緊急寄稿/zakzak.2020

ポスト紙は、この記事が事実である根拠をほとんど提示しておらず、入手したファイルが本物であるかどうかを確認したか否かも不明だ。彼らが報じたスキャンダルは、個別のEメールの断片を引用し、推測を加えたもので、明確な証拠を示さずにジョー・バイデンと息子の疑惑を伝えている。

「バイデンの疑惑」を米国の大手メディアが追求しない理由/Forbes JAPAN.2020
FBIが押収したパソコンデータのコピー!ちなみにトランプ陣営から!!

  同紙によると、電子メールは19年4月にデラウェア州のパソコン修理店で放置されていたパソコンから回収された。

FBI、ロシア情報戦の一環か捜査-バイデン氏息子宛とされるメール/Bloomberg.2020

このパソコンの請求書にはハンター・バイデン氏の名前が書かれており、パソコンにはハンター・バイデン氏の亡き弟にちなんで名付けられた「ボー・バイデン財団」のシールが貼られていた。パソコンの差出人は、浸水したパソコンのデータを復元して欲しいと依頼した。データの復元は成功したが、差出人は90日たっても引き取りに来ることはなく、連絡も取れなかった。そのためマック・アイザック氏はパソコンの中身を確認した。中身の重要性に気づいた彼はFBIに通報した後、パソコンとハードディスクが押収されたという。

米FBI、バイデン氏息子のパソコンを入手 ウクライナ疑惑関連のメールも/大紀元.2020

また、パソコンは通報を受けた連邦捜査局(FBI)が押収したが、トランプ氏を支持する修理店主がデータをコピーし、トランプ氏の顧問弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長の関係者に渡した、と報じた。

バイデン氏の「暴露記事」に拡散制限 共和党は猛反発/朝日新聞デジタル.2020

しかし、専門家の多くはこの話の信頼性に疑問を抱いており、店のオーナーがトランプ支持者だったとの報道もある。

「バイデンの疑惑」を米国の大手メディアが追求しない理由/Forbes JAPAN.2020

なおパソコンの持ち主については、明らかにされていない。

フェイスブックとツイッター、NYポスト紙のハンター・バイデン記事に配布制限/Mashup Reporter.2020

Twitter・Facebookがこの投稿を削除・凍結!結果は大炎上

BBC News/YouTube

 情報入手の経緯など信頼性に疑わしい点が多く、ツイッター社は「ハッキングで入手した情報の配信を禁止する」との運用規則に基づき、同記事の転載をブロックした。フェイスブックも「事実関係を確認するまで記事の表示回数を減らす」と発表した。

トランプVSバイデン「SNS」めぐる摩擦と規制論議/毎日新聞.2020

 Twitterは投稿を非表示にした理由を公式アカウントでの連投ツイートで、投稿で表示されたメールアドレスや電話番号が、個人情報の表示を禁止するTwitterルールに違反し、また、これらの画像がハッキングの結果入手されたものの画像であるため、それもポリシーに違反するためと説明した。

TwitterとFacebook、タブロイドのバイデン候補スキャンダル記事投稿を規制/ITmedia NEWS.2020

 一方、Facebookは本稿執筆現在、この記事の投稿を表示したままではあるが、同社のポリシーコミュニケーション担当マネジャーのアンディ・ストーン氏が自身のTwitterアカウントで「この記事はFacebokkの第三者パートナーによるファクトチェックの対象となっている。結果が出るまでの間、Facebookでの表示を規制している」」とツイートした。

TwitterとFacebook、タブロイドのバイデン候補スキャンダル記事投稿を規制/ITmedia NEWS.2020
ユーザーやトランプ陣営が反発

ユーザーからは2社の対応について、「言語道断」「大企業による権力の乱用」「ソーシャルメディアは選挙結果を操作しようとしている」などの批判の声が上がっている。

バイデン暴露記事の拡散ブロックするツイッターに非難殺到 CEOは誤り認めたが・・・/Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN.2020

当然のごとく、記事の拡散に乗り出したトランプ陣営の公式アカウントやホワイトハウス報道官、ケイリー・マッケナニー氏のアカウントも凍結された。これには共和党も猛烈に反発した。

バイデン暴露記事の拡散ブロックするツイッターに非難殺到 CEOは誤り認めたが・・・/Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN.2020
トランプ「……民主党の手先だ」

【10月15日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は14日、大統領選の対立候補ジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領とその息子がウクライナで行った不正取引の暴露と称する米紙ニューヨーク・ポスト(New York Post)の記事へのリンクをブロックしたとして、フェイスブック(Facebook)とツイッター(Twitter)を非難した。

トランプ氏がFBとツイッター非難、バイデン氏の不正疑惑記事をブロック/AFPBB News.2020

 トランプ氏らはまた、ツイッターなどの独自の判断による一方的な書き込みの削除や利用者のアカウント凍結は不当であるとして、ソーシャルメディア企業に対して出版業界と同様の編集責任を追及できるよう、これらの企業によるコンテンツ編集を免責する「通信品位法230条」を撤廃すべきだと主張している。

バイデン親子の疑惑記事拡散めぐりツイッターとFBのCEO召喚 米上院司法委/産経ニュース.2020

トランプ氏がいう「230条」とは、プラットフォーム事業者の投稿コンテンツへの免責を定めた通信品位法230条のことだ。

Facebook、Twitterがメディアの「暴露ニュース」を制限する/Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN.2020
大批判をうけ対応を変更

さらに与党・共和党も「ソーシャルメディアによる選挙介入だ」として、ツイッターの幹部を議会に召喚する考えを表明しました。

激しく対立するトランプ大統領とSNS 何が起きているのか?/NHK NEWS WEB.2020

SNSの対応への批判が強まるなか、ツイッターは当初の措置を変更。当該の記事について、注意喚起の警告をつけたうえで共有できるようにするなど、対応が二転三転しました。

激しく対立するトランプ大統領とSNS 何が起きているのか?/NHK NEWS WEB.2020

実はこの疑惑はトランプが仕掛け人だった!?

NBC News/YouTube

ウクライナ疑惑の中核は、トランプ氏とウクライナのゼレンスキー大統領が7月25日に行った電話会談だ。この時、トランプ氏は民主党のバイデン前副大統領とその息子に関する「疑惑」の調査を始めるよう、ゼレンスキー氏に求めた。

きっかけは内部告発 1からわかる、トランプ氏弾劾訴追/朝日新聞デジタル.2019
「ウクライナゲート」

米議会がすでに承認していた総額3億9100万ドルの対ウクライナ武器支援のための資金供与を、トランプ大統領は電話会談の1週間前に延長することを決定する一方、バイデン一家に対する調査をウクライナ政府に求めて圧力をかけた疑惑が表面化したのである。

「大統領当選可能性」と「脆弱性」が混在し始めたバイデン前副大統領フォーサイト-新潮社ニュースマガジン/JIJI.COM
トランプの顧問弁護士がウクライナとの協力を認める
CNN/YouTube

ワシントンポスト紙は昨年11月、ジュリアーニ氏が2月に、ウクライナの当時の検事総長、ユーリー・ルツェンコ(Yuriy Lutsenko)から多額の支払いを受けるビジネスの交渉を進めていたと報じた。

米司法当局 ジュリアーニ氏の電子メール押収検討か/Mashup Reporter.2020

ジュリアーニ氏は当時、不正を否定しつつも、パルナス氏とフルマン氏とともに、ウクライナの検察官と協力して、ヨヴァノヴィッチ氏とバイデン氏、息子のハンター氏に損害を与える情報を収集していたことを認めていた。これらの情報について、ジュリアーニ氏は米政府当局者や、親トランプ派のコラムニストに共有していた。

米司法当局 ジュリアーニ氏の電子メール押収検討か/Mashup Reporter.2020
トランプが弾劾裁判も無罪

昨年12月には、ドナルド・トランプ大統領がウクライナに圧力をかけてバイデン親子の捜査をさせようとしたとされる問題で、民主党多数の議会下院は、職権乱用と議会に対する妨害行為があったとしてトランプ氏の弾劾を決議した。

バイデン氏の息子ハンター氏、税金問題で捜査対象に/BBCニュース.2020

だが、トランプ氏は今年2月、共和党が多数派を占める上院で無罪とされた。

バイデン氏の息子ハンター氏、税金問題で捜査対象に/BBCニュース.2020
【ウクライナ危機⑰】軍事支援をして欲しければバイデンのスキャンダル調査しろ……。再選を目指すトランプ大統領がゼレンスキーに要求!?『ウクライナゲート』

バイデン家をめぐってはさらに様々な陰謀論が拡散!!?

 ツイッター、フェイスブック、レディットといった大手SNSは、ほかにも数多くの投稿を制限している。大規模におこなわれているのが、「Qアノン」と呼ばれるグループの発言だ。「陰謀説」を唱えるトランプサポーターで、最近では先のバイデン氏の息子が薬物依存で死亡したとの情報が流された。

大統領選でフェイクニュース・陰謀論が大拡散「バイデンの息子が死亡!?」/Smart FLASH[光文社週刊誌].2020
共和党の思惑も!?

米国上院の国土安全保障委員会は、ジョー・バイデン前副大統領の息子、ハンター・バイデン氏が「売春や人身売買」に関わりのある女性らに金銭を支払っていた疑いがあるという報告書を発表した。バイデン陣営と民主党上院議員らは、この報告書を「筋金入りの右翼陰謀説だ」として退けた。

バイデン氏息子が「人身売買」関与の女性らに送金疑惑 米上院委員会が報告/大紀元.2020

共和党が多数を占める上院の国土安全保障委員会と財務委員会の合同報告書の一部では、ハンター・バイデン氏が疑わしい金融取引を行ったため、彼とバイデン一家は恐喝とスパイ行為の懸念にさらされたと主張した。

バイデン氏息子が「人身売買」関与の女性らに送金疑惑 米上院委員会が報告/大紀元.2020

 また、なぜか中国のSNSでは、バイデン氏の息子が未成年と性交したとされる画像が流出している。

大統領選でフェイクニュース・陰謀論が大拡散「バイデンの息子が死亡!?」/Smart FLASH[光文社週刊誌].2020
created by Rinker
史上最も騒然とした政権移行は、核兵器を使った米中戦争という国家存亡の危機に瀕していた。 重い影を背負ったバイデン政権の実態。 復讐を誓うトランプ復活の未来。 著名記者が放つ全米大ベストセラー。(「紀伊國屋書店」データベースより)

この記事の続きを読む▼

【陰謀論Qアノン】「バイデンは“ダークシャド”ーに操られている」陰謀・デマを使ったトランプと支持者によるバイデン攻撃(12)
“https://diggity.info/society/qanon-11/”
この記事をシェアする▼
Previous post 【陰謀論Qアノン】「私はトランプ大統領と共にある。私はQAnonと共にある。」Qアノンが新人議員!?(10)
Next post 【陰謀論Qアノン】「バイデンは“ダークシャド”ーに操られている」陰謀・デマを使ったトランプと支持者によるバイデン攻撃(12)

当サイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシー
をご覧ください

×
X