【戦争プロパガンダ④】気づいた時には終わっていた……。サイバー・プロパガンダを駆使したロシアがあっという間にクリミア半島を併合『ハイブリッド戦争』

この記事をシェアする▼

【戦争プロパガンダ④】気づいた時には終わっていた……。サイバー・プロパガンダを駆使したロシアがあっという間にクリミア半島を併合『ハイブリッド戦争』

前回の記事を読む▼

【戦争プロパガンダ③】SNS時代!フェイクニュースが世論を作り上げる『サイバー・プロパガンダ』
“https://diggity.info/society/how-to-create-a-war-3/”

Hybrid Warfare

サイバー空間を駆使した新時代の戦争「ハイブリッド戦争」

NATO/YouTube

「ハイブリッド戦」とは、戦闘機、艦船などの軍事力だけに頼らない作戦だ。例えば、軍艦ではない船舶による領海侵入や上陸、正規軍ではない武装兵の動員、電力や通信網といったインフラ破壊、サイバー攻撃によるフェイクニュースの拡散などで相手を攪乱(かくらん)し、知らぬ間に優位な状況をつくり出すことを狙いとする。

【日本復喝!】台湾が警戒する中国〝ハイブリッド戦〟 情報戦やサイバー攻撃で相手を攪乱し、無血併合を画策か 日本国内でも不可解な事案発生の危険性/zakzak:夕刊フジ公式サイト.2022

(前略)無差別テロ、犯罪など、多様な手法を複合的に用いるような、多面的な姿をした戦争のことを指す。

中国が仕掛ける「ハイブリッド戦争」に、日本が抵抗できない理由/ダイヤモンド・オンライン.2021
その国の軍隊だけじゃなく、様々な方法で戦う戦争

 要するに、今日の戦争は、もはや正規軍同士の武力行使には限られなくなったということである。20世紀における戦争のイメージとは違うのである。

中国が仕掛ける「ハイブリッド戦争」に、日本が抵抗できない理由/ダイヤモンド・オンライン.2021

フランク・ホフマン(Frank Hoffman)は、ヒズボラとイスラエル軍の戦いを分析し、この弱者による戦いを、はじめてハイブリッド戦争と呼び、それを正規軍のみならず非正規軍の軍事行動も含めるものと定義した。

ハイブリッド戦争とは何か――21世紀における戦争の新たな形態/SYNODOS.2021
中国が日本に対してやっているのもハイブリッド戦争の一つ

アジアに目を転ずると、中国は、東シナ海や南シナ海において、グレーゾーン戦略を続けており、それらは今日ではハイブリッド戦争の一つとみなされている。

ハイブリッド戦争とは何か――21世紀における戦争の新たな形態/SYNODOS.2021

 中国人民解放軍政治工作条例では、「輿論戦、心理戦、法律戦(編集部注:これらを合わせて「三戦」ともいう)を実施し、瓦解工作(中略)を展開する」と定められている。17年以降の中国では「制脳権」という言葉がもてはやされ、認知領域の戦いでの勝利も重視されるようになってきている。

【限定公開】主戦場となるサイバー空間 〝専守防衛〟では日本を守れない/WEDGE Infinity.2021

サイバー大国ロシア

Red Square

 サイバー戦を通したハイブリッド戦争の先頭を走るのはロシアだ。2013年、ロシアのワレリー・ゲラシモフ参謀総長は、ハイブリッド戦争を「宣戦布告なく行われる政治、経済、情報、その他の非軍事的措置を、現地住民の抗議ポテンシャルと結合させた非対称的な軍事行動」だと規定した。ロシアには3万~5万人規模のサイバー戦専門部隊がいる。

【韓国紙】ハイブリッド戦争/オピニオンの「ビューポイント」

(前略)ロシアでは、インターネット関係者はロシア政府のセキュリティ・サービス(治安当局)と歴史的に関係が深いため、サイバーセキュリティを論じれば、必然的にロシア政府の連邦保安庁(FSB:かつてのKGB)やロシア軍の参謀本部情報部(GRU)の話をしなくてはならなくなる。

ロシアでサイバーセキュリティが議論されない理由/Newsweek.2017
旧ソ連圏でハイブリッド戦争を実験
cccp soviet union USSR

(前略)ロシアの情報機関が実験場として選んだのが、エストニアやウクライナといった旧ソ連圏である。

偽情報で世界を攪乱 ロシアの「積極工作」/WEDGE Infinity.2022

2007年 エストニア・サイバー戦争「インフラダウンの危機」

International Centre for Defence and Security/YouTube

 エストニアは2007年に大規模なサイバー攻撃を受けた。

「サイバー先進国」エストニアに注目すべき理由/WEDGE Infinity

2007年、エストニアの首都タリンの中心部にあったソ連時代の戦没者慰霊碑を軍の墓地に移すという決定がされた時、隣国でありかつての宗主国であるロシアとの外交問題に発展した出来事がありました。 ロシアの外交官から抗議と怒りの声明が出される中でエストニアが撤去作業を進めた結果、当時一国に対しては最大とされるサイバー攻撃の標的となりました。

世界最先端のIT国家、エストニアを知っていますか【第7回】ゼロトラスト時代のサイバー攻撃への備え/UNIADEX ユニアデックス株式会社.2021

 このエストニアに対する攻撃は、かつてないほど進化したものであると同時に大規模なものであった。攻撃にはボットネットと呼ばれる「ハイジャックされたコンピュータ群」が利用された。

“サイバー戦争”に耐えたエストニア、国家の関与を否定するロシア/ITmedia.2007

この「ボット」に感染した”ゾンビコンピュータ”は、感染を拡大させて1万台、10万台と増えていく。そして「ボット」は、攻撃者が秘密裏に用意した「C&C(Command & Control)サーバー」と呼ばれる一種の司令塔に定期的にアクセスして指示をあおぐ。攻撃者はC&Cサーバーを通じて、世界中のボットにこう指示を出すのだ。「○月○日○時に、このURLを攻撃せよ」と。すると、その決行日時に、世界中のコンピュータに感染した「ボット」のプログラムがターゲットへの攻撃を開始するのだ。

【世界のサイバー事件簿①】あなたのPCがサイバー攻撃に使われている? エストニアのサイバー事件/TIME&SPACE.2016

エストニアでITインフラがダウンすれば、国民がバンキング機能を利用できなくなる。ダウンタイムは「ミルクやパンですら買えなくなってしまうような状態」だったそうだ。またネットは主要な情報源でもあり、オンライン・メディアが機能しなくなると、テレビやラジオがないのと同じような状態になる。IT立国を掲げたゆえの弱点を露呈した。

Black Hat USA 2007 – 初の”サイバー戦争”!? 狙われたIT先進国エストニア/TECH+ – マイナビニュース.2007

当時のエストニアは、オンライン投票やデジタル署名などのサービスを導入し、すでに電子政府のリーダー的存在でした。ITの仕組みがすでに整備されていたこともあり、この事件ではデータの盗難はありませんでしたが、銀行、メディア、一部の政府サービスのWebサイトがDDoS攻撃(分散型サービス拒否攻撃)の対象となり、22日間にわたって攻撃が続きました。その結果、一部のサービスは中断され、いくつかのサービスは完全に停止に追い込まれました。

世界最先端のIT国家、エストニアを知っていますか【第7回】ゼロトラスト時代のサイバー攻撃への備え/UNIADEX ユニアデックス株式会社.2021

当然、エストニア政府はロシアを激しく非難したが、ロシア政府は「ハッカーがロシア政府のコンピュータに侵入して悪用したのであって、我々は関係ない」と即座に否定している。

【世界のサイバー事件簿①】あなたのPCがサイバー攻撃に使われている? エストニアのサイバー事件/TIME&SPACE.2016

 エストニアを襲った今回の「サイバー攻撃」は「テロ」と呼ぶより「戦争」と呼んだほうがふさわしいと専門家は言う。

“サイバー戦争”に耐えたエストニア、国家の関与を否定するロシア/ITmedia.2007

2008年 ロシア・ジョージア戦争「ジョージアの国家中枢機関が無力化」

Associated Press/YouTube

最初の目立つサイバー攻撃は2007年にエストニアに対して行ったものだった。その効果に味をしめたのか、2008年のロシア・ジョージア戦争では、戦闘と並行してサイバー攻撃や情報戦を展開し、まさにハイブリッド戦争の実践的練習を行ったといえる。

「忍び寄るハイブリッド戦争」/金融ファクシミリ新聞社

 2008年8月、ロシア・ジョージア戦争の時、ロシアのサイバー攻撃でジョージア(当時、グルジア)の国家中枢機関は無力化された。同国の国防、内務、外務各省のコンピューター機能は、ロシア軍ハッカーのDDoSと悪性ウイルス攻撃で完全に麻痺(まひ)した。マスコミとポータルサイトも例外でなかった。同国政府と軍首脳部は戦争の指揮も、欧米諸国への援助要請もろくにすることができなかった。戦争の情報が遮断されると、恐怖にとらわれた国民は抵抗することさえできなかった。結局、ロシア戦闘機の空襲開始後5日でジョージアは白旗をあげた。

【韓国紙】ハイブリッド戦争/オピニオンの「ビューポイント」

ロシアはハイブリッド戦争をジョージアで練習し、ウクライナで花咲かせたという議論もあるくらいである。

ロシアが展開するハイブリッド戦争の脅威(廣瀬 陽子)/現代ビジネス | 講談社.2019

だが、それに関しては、国際社会は大きな反応をしなかった。

「忍び寄るハイブリッド戦争」/金融ファクシミリ新聞社

2008年以降もロシアとグルジア間ではサイバー攻撃がたびたび問題になっていた。そして2011年初めにグルジアのニュースサイトがサイバー攻撃を受け、重要情報が窃取されるマルウェアがグルジア国内の約390のコンピュータに拡散された。このマルウェアは感染したPCのWebカメラを使って盗聴する機能も持っていた。

ロシア・グルジアのサイバー戦争:サイバー反撃による秘匿性の崩壊/InfoComニューズレター.2012
created by Rinker
弱小国となったロシアはなぜ世界に覇権を誇示し続けられるのか。異能の研究者が戦争の最前線を読み解き、未来の世界情勢を占う。(「Books」出版書誌データベースより)

“Accession of Crimea to Russia

2014年 クリミア併合「ハイブリッド戦争」

Thread And Anchor Films LLC/YouTube

2013~2014年にウクライナで起こったユーロマイダン革命で当時のウクライナ大統領だったヤヌコーヴィチ氏が失脚しロシアに亡命すると、ロシアは混乱するクリミアに特殊部隊やコサック(軍事的共同体)を送り込み、クリミアの親露派達を利用しつつ、もともと国際法的にはウクライナの一部であったクリミアをロシアに編入するために都合の良い状況を生み出した。クリミア併合は、表向きは住民投票による住民の総意の結果だという事になっているが、実際には、ロシアへの編入に反対していたクリミアタタール人が投票出来なかったり、ロシア編入に賛成しなければ命の保証がないというような恐怖の中での投票が強いられたり、およそ公平とは言えない選挙だった。

「忍び寄るハイブリッド戦争」/金融ファクシミリ新聞社

当時、ロシア軍の情報機関であるGRU(軍参謀本部情報総局)は、存在しない人々を作り上げるなどして、欧米メディアの記事のコメント欄やフェイスブックといったSNSで、ロシアの主張を拡散させていたことが分かっている。こうした工作は、日本を含む世界中で平時にも行われていると考えていい。

UNC1151のゴーストライターキャンペーン/JIJI.COM.2022

ロシアでのソチ冬季オリンピック閉幕!その直後にロシアはクリミア半島に侵攻する

その直前、14年2月にはロシア南部でソチ冬季五輪が開かれていた。

ソ連崩壊30年・現場の記憶 空港を囲んだ覆面部隊 ロシアが隣国を強制編入する始まりだった/毎日新聞.2021

ロシアは2014年2月23日にソチ五輪を閉幕した直後、ウクライナ領のクリミア半島に侵攻したのだ。

【ニュースの核心】恐怖のシナリオ、“中露同時侵攻”の可能性 ウクライナ情勢が「台湾有事」を誘発か、中国は「戦わずして勝つ」兵法 北京五輪閉幕後が危険/zakzak.2021

ウクライナのマイダン革命を受けてクリミアでは親ロシア派とタタール人が小競り合い

クリミア半島のクリミア自治共和国では2月21~22日に起きた政変以降、分離・独立やロシアへの帰属替えを求める親ロ派の部隊結成の動きが活発になっている。

クリミアの空港に武装集団 ウクライナ南部緊迫/日本経済新聞.2014

ウクライナの南部クリミア半島では26日、政変により誕生した新たな指導者を支持する原住民系クリミアタタール人と新ロシア派住民の小競り合いが発生していた。

ウクライナのクリミア半島で武装集団が政府庁舎を占拠=報道/REUTERS.2014

27日には政府、議会が親ロ派の武装集団に占拠された。

ウクライナのクリミア半島で武装集団が政府庁舎を占拠=報道/REUTERS.2014

クリミア議会が謎の武装集団に囲まれ「親ロシア派の首相が任命される」

UKRAINE TODAY/YouTube

クリミア自治共和国では2月27日、武装部隊が占拠した議会で首相が解任され、親ロシア政党のアクショノフ氏が新首相に就任した。同共和国はウクライナ新政権の統治が及ばない事実上の分離独立地域になりつつある。

ウクライナにロシアが軍事介入する理由は? クリミア半島に武装部隊が展開/HUFFPOST.2014

 しかし、首相就任の経緯や経歴には不透明さもある。地元メディアによると、アクショノフ氏が党首を務める政党「ロシアの統一」は、前回のクリミア議会選で得票率がわずか3・4%だった。

一躍「クリミアの英雄」アクショノフ首相 あだ名は「小鬼」、マフィアとも関係?/産経ニュース.2014

 首相選出が、ロシア軍と疑われる武装集団が議会を封鎖する中、非公開の密室で行われ、出席議員の数も半数以下だったとの批判が出ている。AP通信は、同氏が「ゴブリン(小鬼)」というあだ名を持ち、過去に犯罪組織に関わった経歴もあると伝えた。

一躍「クリミアの英雄」アクショノフ首相 あだ名は「小鬼」、マフィアとも関係?/産経ニュース.2014

 地元の記者たちも「地元マフィアと深い関係があったことは事実。突如、首相となった背後に、ロシアがいることも間違いない」と指摘する。

一躍「クリミアの英雄」アクショノフ首相 あだ名は「小鬼」、マフィアとも関係?/産経ニュース.2014

謎の武装勢力が地方政府庁舎・警察署を襲撃「実はロシアの特殊部隊」

VICE News/YouTube

それとほぼ時を同じくして、ロシア軍と見られる集団がクリミアに展開。

クリミア併合とは何だったのか? 驚天動地の事件を再考する/朝日新聞GLOBE+.2018

(前略)クリミア半島併合は「リトル・グリーンメン」と呼ばれる武装勢力が地方政府庁舎や警察署などを襲撃する破壊工作から始まった。

ウクライナの首都に迫る ロシア軍事戦略で知っておきたい10のこと/日経ビジネス

彼らは、ロシア軍に似た戦闘服を着用しており、ロシア製の武器を装備している。しかし、階級章や部隊章等の徽章は装着しておらず、どこかの国の正規軍でないとの生出たちである。

プーチン大統領の思惑、今回のウクライナ騒動を理解するには(元統合幕僚長の岩崎氏)(2)【実業之日本フォーラム】/REUTERS.2022

メディアが所属を尋ねても「教えられない」と回答していた。ロシア軍特殊作戦部隊と判明したのは後のことだ。

ウクライナの首都に迫る ロシア軍事戦略で知っておきたい10のこと/日経ビジネス
部隊が展開すると同時にサイバー攻撃を開始

ウクライナ・クリミアに緑色の軍服を着た部隊が姿を現すと同時にウクライナ独立通信社、国家安全保障・国防会議、クリミア最高会議、クリミア独立住民投票のウエブサイトがDDoS攻撃を受ける。

凄まじすぎるプーチンの情報戦争 敗れたオバマ トランプは「蜜月」共演/Yahoo!ニュース – Yahoo! JAPAN.2016

(前略)ウクライナ政府系機関サイトへの攻撃では、マルウェアが政府機関のシステムに秘密裏に埋め込まれていたことが、米マイクロソフト社の調査で判明している。しかも、それらのマルウェアは、攻撃指示を受けて初めて起動する潜伏型で、有事の際に政府システムを不全化する可能性があった。

サイバー攻撃の実験場、ウクライナで暗躍する親ロシア工作集団「UNC1151」フォーサイト-新潮社ニュースマガジン/JIJ.COM

サイバー攻撃・謎の人員が通信センターを占拠「インターネットが切断」

2014年2月28日、クリミア半島に設置されていたウクライナ国営通信事業者「Ukrtelecom」の通信センターがサイバー攻撃を受け、サービスの提供が妨害された。数日後、同社の施設が正体不明の人員によって占拠され、インターネットのケーブルが物理的に切断された。これにより、同社は半島と他のウクライナの間のインターネット接続を全く提供できなくなった。

ウクライナによる攻撃を「自作自演」で大規模侵攻を正当化か…ロシア情報戦の「恐るべき全貌」【実業之日本フォーラム】/REUTERS.2022
クリミア半島のインターネットはロシアの支配下

こうして、クリミア半島はインターネット上、完全に孤立してしまい、ロシアはクリミア半島でのインターネット活動を自由に管理することができるようになった。これはサイバー封鎖と呼ばれている。

ウクライナによる攻撃を「自作自演」で大規模侵攻を正当化か…ロシア情報戦の「恐るべき全貌」【実業之日本フォーラム】/REUTERS.2022
GPS使用不可により偵察用ドローンが停止「何が起こっているかわからなくなった」

GPSが使えなくなった偵察用のドローンは自己位置を評定できなくなり、地上へ降下したまま動かせない状態にされてしまいました。

ウクライナ侵略から見る「ハイブリッド戦争」の本質と自衛隊の弱点 元陸上自衛隊幹部からの提言/デイリー新調.2022

ロシア軍による電波妨害「クリミアの一部地域で携帯電話が使えなくなった」

さらに、ロシア軍は電波妨害機を使用し、クリミア半島の一部の地域での携帯電話サービスの利用も妨害した。

ウクライナによる攻撃を「自作自演」で大規模侵攻を正当化か…ロシア情報戦の「恐るべき全貌」【実業之日本フォーラム】/REUTERS.2022
回復と同時に大量のフェイクニュースを拡散「ウクライナ住民は大混乱」

また、携帯電話を一時的に使用不能にして、その機能が回復した時には、数多くのフェイク情報をメール等で大量に流したのです。このためウクライナの住民は混乱へと陥りました。

ウクライナ侵略から見る「ハイブリッド戦争」の本質と自衛隊の弱点 元陸上自衛隊幹部からの提言/デイリー新調.2022

クリミアに住むロシア人に向けてのフェイクニュース「クリミアでロシア人大虐殺されている」

加えて、ロシアはロシア語メディアやSNS上で「民族主義者による虐殺でクリミアのロシア人に危機が迫っている」などというフェイクニュースの拡散などの手段を用いて「情報戦・心理戦」も並行して行っていた。

【限定公開】主戦場となるサイバー空間 〝専守防衛〟では日本を守れない/WEDGE Infinity.2021

当時ロシア側はクリミアに偽情報を流し続けることで、現地ロシア人にウクライナ政府への反感を植え付けた。その中には「クリミアはソ連からウクライナへプレゼントされたものだ(つまりもともとはロシアのものである)」といった真贋(しんがん)のややこしい偽情報などが見られる。

【新聞に喝!】ウクライナ危機 露の偽情報、日本でも拡散 日本大教授・小谷賢/産経ニュース.2022

無線通信が使えなくなったウクライナ軍は携帯で連絡「偽の作戦指示を受け実行」

SETC17: Ukraine

 ロシア軍はウクライナ軍の無線通信の利用を電子戦で妨げた上で、司令部などとの連絡に携帯電話を使わざるを得なくなったウクライナ軍兵士の携帯にメールなどで展開拠点を変更させる虚偽指令を送信。虚偽指令を信じ、ある地点に誘導された兵士を待ち伏せするように火砲などで集中的に攻撃を加えていた。

露軍の電子・サイバー戦の一体的展開が判明 無線遮断し偽メールで誘導、火力制圧/産経ニュース.2020

 --メッセージにはウ軍兵士に展開拠点を変更させる偽の指令や、「攻撃されるから逃げろ」などと兵士の士気を低下させることを狙ったものもあった

露軍の電子・サイバー戦の一体的展開が判明 無線遮断し偽メールで誘導、火力制圧/産経ニュース.2020
電子戦とは

 電子戦 電波などの電磁波を利用した戦い。(1)相手の通信機器やレーダーに強い電波などを当てて機能を妨げる電子攻撃(2)電波の周波数変更や出力増加で相手の電子攻撃を無効化する電子防護(3)攻撃と防護のため相手の使用電波を把握する電子戦支援-がある。

露軍の電子・サイバー戦「新たな領域」 無線遮断し偽メールで誘導 (2/2ページ)/SankeiBiz.2020

混乱したデモ隊がインフラ設備を襲撃「大停電」

錯綜した情報を与えられた市民によるデモ隊がインフラ設備に押し寄せ、占拠することによって、電源が落ちてしまう事態も発生。

陸上自衛隊幹部の「突撃脳」が、隊員15万人の命を危険に晒している/PRESIDENT Online.2020
停電の中でデモ隊がラジオ局を制圧「信用できるはずのラジオはフェイクが流れてくる」

停電状態の中、頼りとなるラジオ局もデモ隊に占拠された状態となり、ラジオからはフェイク情報が流し続けられました。

ウクライナ侵略から見る「ハイブリッド戦争」の本質と自衛隊の弱点 元陸上自衛隊幹部からの提言/デイリー新調.2022
デモ隊は変装したロシア軍だった

後に、インフラ設備を占拠したデモ隊は、実はロシア軍であることが判明しています。

陸上自衛隊幹部の「突撃脳」が、隊員15万人の命を危険に晒している/PRESIDENT Online.2020
デモ隊はロシア軍だけじゃなく様々な勢力を動員されていた

一方、ロシアは、正規軍に属さない非正規の手段をも介入に用いた。クリミア半島について言えば、これは(おそらくロシアの情報機関が扇動した)現地の一般住民やクリミア・コサックと呼ばれる民族主義勢力、騒乱の際にデモ隊を鎮圧したことに対する暫定政権からの報復を恐れてキエフから逃れてきた内務省治安部隊「ベルクート」の元隊員たち、ロシアのカバルディノ・バルカル共和国からクリミア入りしたコサックなどであった。

ウクライナ危機にみるロシアの介入戦略ハイブリッド戦略とは何か(p.44)/小泉愁.JIIA -日本国際問題研究所-

プロパガンダでロシア側に有利な世論を形成していく

14年、ロシアがクリミアに介入した際にロシア政府が発信した情報は、「政治的にはウクライナ国民だが、民族的にはロシア人と同じだ」というものだった。さらにロシア政府は、クリミアへの介入に際しさまざまな情報戦を展開した。「キエフでの政変の黒幕は米国だ」「ウクライナの親西欧派住民はナチス支持者やファシストの末裔だ」「ロシア政府は関与しておらず現地住民による運動である」といった情報を流し、人々の認識形成において影響力を発揮した。

知らぬ間に進む影響力工作 中国が目論む日米の〝分断〟/WEDGE Infinity.2022

親ロシア派住民が交通を遮断「クリミアがウクライナ本土から完全に孤立」

議会や通信網がロシアの特殊部隊によって占拠されると、親露派住民が出てきて、自治政府の解散とロシアへの併合を求める住民運動を始めた。住民が自警団を組織してウクライナ本土との交通を遮断し、クリミアは孤立した島になった。

ロシアを手本に無血占領狙う/世界日報.2022

自作自演で大混乱の中、ロシア系住民を保護の名目で「ロシア軍がクリミアに投入」

ABC News/YouTube

3月1日にプーチン・ロシア大統領は、ロシア系住民の保護を理由に、ウクライナへのロシア軍投入の承認を上院に求め、上院はこれを全会一致で承認。

クリミア併合とは何だったのか? 驚天動地の事件を再考する/朝日新聞GLOBE+.2018
ロシア軍がクリミアに上陸

 3月2日には、ロシア軍歩兵部隊が、ウクライナ沿岸警備隊第36旅団のペレバルネ基地、海軍海兵隊のフェオドシヤ基地、対空ミサイル部隊のエフパトリア基地など、クリミア域内の主要なウクライナ軍基地を包囲。ウクライナ軍部隊は無抵抗のままロシア軍の管理下に下った。

ロシアが本格的軍事介入へ、今後のカギを握るウクライナの親ロシア勢力/JBpress.2014

ロシア軍は3日、実効支配するウクライナ南部クリミア半島にフェリーで上陸し始めた。ウクライナ国境警備隊のスポークスマンによると、警備隊が武装した7人を乗せたバス2台を港の検問所で止めようとした後に、ロシア軍が検問所を占拠。その後、ロシア軍兵士を乗せたトラック3台がフェリーで到着したという。

ロシア軍、クリミア半島に上陸開始=ウクライナ国境警備隊/REUTERS.2021
《プロパガンダ》ロシア国内の別の襲撃事件を偏向報道「ロシアが守っている」

ロシア軍がクリミア半島に進撃すると、抜群のタイミングで、ウクライナ各地でユダヤ教の教会への襲撃事件が起きたのだ。

新兵器「デマ爆弾」で国家機能を殲滅せよ!|ロシア「ハイブリッド戦争」の全貌/クーリエ・ジャポン.2017

ロシアのテレビ局は、実際に起こっていることとは無関係の混乱を、あたかもクリミアから生中継の現地レポートであるかのように報道した。武力侵攻したロシア軍兵士を「自警団」に見せかけ、ウクライナの戦闘員と戦っているかのように映し出したのだ。ロシア軍とウクライナ市民との街頭戦は、テレビカメラの前ではそんなふうに“演出”されていた。

新兵器「デマ爆弾」で国家機能を殲滅せよ!|ロシア「ハイブリッド戦争」の全貌/クーリエ・ジャポン.2017

ロシアのSNS(ネット交流サービス)で拡散していた、ウクライナのドンバス地方のものとされた炎に包まれた戦車の写真は、実際は中国で同種のロシア戦車が炎上していた事件の写真でした。ロシアメディアが「ファシズムとの戦い」をうたって義勇兵を募集した記事では、ナチス・ドイツの象徴であるカギ十字をつけた、ウクライナ国旗を掲げる戦車の写真が拡散しました。しかし、この元の写真はロイター通信が配信したもので、カギ十字は捏造(ねつぞう)されたものでした。

クリミア危機で成果も……ウクライナ侵攻、ロシア情報戦の「誤算」/毎日新聞.2022
【ウクライナ危機⑩】安全保障上の重大な脅威だ……。革命を見たプーチンがクリミア半島にロシア軍を派遣『2014年クリミア危機』

ロシア軍……とみられる部隊がウクライナ軍の基地を包囲

 クリミア半島のシンフェロポリ近郊では、4日もロシア軍とみられる部隊がウクライナ軍の基地を包囲する様子が見られました。

ロシア軍とみられる部隊が展開 緊張続くウクライナ/テレ朝news.2014

 プーチン氏は、ウクライナ軍基地を包囲しているのは「地元の自警団」だと言明。クリミアでの作戦にロシア軍が参加したかとの質問には「いや、参加はしていない」と断言し、自身特有の笑みを浮かべて「似たような軍服はたくさんある」と述べた。

プーチン大統領、クリミアにいるのは「ロシア軍でなく自警団」/AFPBB News.2014
クリミアの首相「武装勢力はロシア人ではない」
CNN/YouTube

同共和国のアクショノフ首相は5日、CNNとの単独会見に応じ、これら武装部隊はロシア人ではないとし、軍の主要施設の警護はクリミアの住民が担っていると言明。ただ、ロシア軍に以前従軍していた住民がロシア軍の制服を保有し続けている場合もあると説明した。

ロシア軍、演習終了後も部隊多数が撤退せず ウクライナ情勢/CNN.co.jp.2014

クリミア議会はロシアに加入の方針をしめす「クリミアは住民投票を実施」

RTVE/YouTube

さらに、3月6日にクリミア議会はロシア連邦に加入する方針を決定し、クリミアの国家的帰属を問う住民投票を3月16日に実施することを決めました。

クリミア併合とは何だったのか? 驚天動地の事件を再考する/朝日新聞GLOBE+.2018

ロシアに入ったほうがお得!?「ウクライナのテレビ放送を停止、ロシア国営テレビでプロパガンダ」

半島南部の軍港セバストポリに駐留するロシア黒海艦隊の部隊などが、半島内にあるウクライナ側の軍事施設を次々に制圧するのに並行して、住民の支持を取り付ける世論工作も行われた。ロシア併合の賛否を問う住民投票の前に、クリミア半島内でのウクライナのテレビ局の放送を停止させ、ロシアの国営テレビに切り替えて、政変後のウクライナ国内の混乱とロシア併合のメリットを強調し、多くの住民が賛成に回るような”流れ”をつくったのである。

「ウクライナ情勢と北方領土問題〜 現地シアからの報告」(pp.1-2)/NHKモスクワ支局長 石川慎介

(前略)ロシアは、クリミア半島で様々な工作を行い、この地域の住民に、クリミア半島の帰属をめぐる住民投票を行わせた。この周辺住民も主要言語はロシア語であり、ロシア文化のもとで暮らしている人達である。かつ、ここの住民の多くは高齢者であり、年金受給者である。ロシアは、この住民に、ロシアの年金とウクライナの年金を具体的に説明したのである(ロシアの年金は、ウクライナのそれに比較し、高額である)。

プーチン大統領の思惑、今回のウクライナ騒動を理解するには(元統合幕僚長の岩崎氏)(2)【実業之日本フォーラム】/REUTERS.2022
オバマ大統領(アメリカ)は声明で「住民投票を完全に拒否する」
PBS NewsHour/YouTube

アメリカのオバマ大統領は3月12日、ウクライナ暫定政権のヤツェニュク首相とホワイトハウスで会談し、3月16日にクリミア自治共和国で予定されているロシアへの編入の賛否を問う住民投票を「完全に拒否する」と述べた。

オバマ氏、クリミア住民投票「完全に拒否」 ウクライナ首相と会談/HUFFPOST.2014
世界の主要7カ国とEUは声明を発表「投票結果を認めない」

 ウクライナ南部のクリミア地方が16日に実施する、ロシアへの編入の是非を問う住民投票について、日本やアメリカなどのG7(=主要7か国)とEU(=ヨーロッパ連合)の首脳は12日夜、「投票の結果を認めない」という声明を発表した。

G7とEU「クリミア住民投票、認めない」/日テレNEWS.2014

声明では、住民投票はウクライナ憲法に違反し「威嚇的なロシア軍の存在を踏まえれば道徳的効力を持たない」と強調。ロシア軍を駐屯地に撤退し、ウクライナ政府と直接対話するよう求めた。

G7首脳「ロシアはクリミア併合停止を」 声明発表/日本経済新聞.2014

投票の結果はロ賛成多数!!クリミアはロシアに併合される

投票の結果、クリミア自治共和国では96.8%が、セバストポリ市では95.6%がロシア編入に賛成。

クリミア併合とは何だったのか? 驚天動地の事件を再考する/朝日新聞GLOBE+.2018

クリミア自治共和国のアクショーノフ首相は16日夜「われわれはロシアに入る」と宣言。

クリミア住民投票、ロシア編入支持 米欧は制裁強化へ/日本経済新聞.2014

この結果を受け、ロシアはクリミア、セバストポリとそれぞれ編入に関する条約に調印し、条約は4月1日に発効しました。

クリミア併合とは何だったのか? 驚天動地の事件を再考する/朝日新聞GLOBE+.2018
国連はクリミアの投票結果は無効を採択もロシアは無視

国連総会は住民投票に正当性はなく併合は無効だとする決議を採択。

今さら聞けない! 「ウクライナ危機」って?ロシアが侵攻?なぜ?【時事まとめ】/就活ニュースペーパーby朝日新聞 – 就職サイト あさがくナビ.2022
プーチン大統領(ロシア)が承認

 ロシア・プーチン大統領:「(クリミアは)強力で安定した主権の下に存在しなければならない。それはロシアだけだ」

プーチン大統領 クリミアのロシア編入を宣言/テレ朝news.2014

「クリミアはロシアの固有の領土であり、セバストポリはロシアの町だ」プーチン大統領は、2014年3月18日、クリミアでの住民投票で圧倒的多数がロシアへの編入を支持したのを受けて、クリミア併合を宣言した。

クリミア半島〜共存と争いの歴史/編集部のページ by 日本看護協会出版会

 プーチン大統領は、クリミアの住民投票は「国際法にのっとり、民主的な方法で行われた」と述べました。また、ロシアとクリミアは「分けることが出来ない土地であった」と強調し、編入を正当化しました。演説後、プーチン大統領は、クリミアの首相とともに編入のための条約に署名しました。今後、憲法裁判所による判断や議会による条約の批准手続きが行われることになります。

プーチン大統領 クリミアのロシア編入を宣言/テレ朝news.2014

ロシアがクリミアの軍事拠点を全て制圧

The New York Times/YouTube

そして3月25日にはロシアがクリミアの軍事拠点を全て制圧した。この間、クリミアとウクライナ本土との有線通信網の切断、ウクライナのテレビ局のクリミアでの放送停止、インターネットや携帯電話の妨害なども行われた。

ハイブリッド戦という新たな”戦場”(上)非軍事手段をフル活用する侵略手法/論座 – 朝日新聞社の言論サイト.2021

「ロシア人保護」を口実にウクライナの一部を併合したプーチン政権は、旧ソ連地域にとって危険な先例を作ってしまった。

ロシアによるクリミア併合のインパクト:カザフスタンの対応と「ロシア人問題」/岡 奈津子.アジア経済研究所.2014
気づいた時には終わっていた

2014年のロシアによるウクライナ侵攻では、サイバー攻撃によっていつのまにか始まり、気づいた時にはウクライナ軍はすでに無力化されていた。

知らないうちに侵略される「ハイブリッド戦争」の恐怖/テンミニッツTV

 人口約250万人のクリミア半島がたった3週間で事実上、無血占領された。

ロシアを手本に無血占領狙う/世界日報.2022

街中ではロシアを歓迎する市民の集会や、プーチン大統領の写真を飾る店舗も続出。「飴と鞭」で生活向上や年金倍増政策が施される一方、旧ソ連時代を思わせるかのような情報統制も行われていた。

ニュースが伝えない「ウクライナ騒乱」〜意外な日本ブーム/テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)
ロシア国民は侵略だとは思っていない!?

「無法者」というロシアへの評価を決定づけたクリミア半島併合。ウクライナの領土を一方的に切り取った侵略行為だが、ロシアでの見方は全く異なる。「今、国民がロシアを誇れることが三つだけある。第2次大戦での勝利、ガガーリンの宇宙初飛行、そしてクリミアなのです」(社会学者アレクセイ・レビンソン)。

なぜ世界を敵に回す ロシアの振る舞いを解くカギはクリミアにある(ロシアの謎)/朝日新聞GLOBE+.2018

 ロシアでは「クリミア併合」とは、誰も言わない。「復帰」や「編入」という言葉を使う。「もともとロシアのものだ」という意識からだ。

なぜ世界を敵に回す ロシアの振る舞いを解くカギはクリミアにある(ロシアの謎)/朝日新聞GLOBE+.2018
欧米側も経済制裁のみ「プーチンのロシア国内での支持率は上昇」

 欧米はクリミア併合に対し軍事的な手段で対抗せず、「冷戦終結後、最も重大な国際法違反」として非難し経済制裁措置を取るにとどめた。プーチンの「電撃作戦」は功を奏したのだ。ロシアがクリミアを併合した直後、プーチンに対するロシア国民の支持率は、一時約80%にまで上昇した。

冷戦の再来、欧州で高まるロシアとNATOの緊張/日経ビジネス.2016
2014年5月のウクライナ大統領選挙では偽の投票結果をロシア国内で放送

2014年5月に行われたウクライナ大統領選挙において、投票集計システムに対するサイバー攻撃が行われた。実際の票の集計とテレビの集計報道にズレがあったのだ。しかもサイバー攻撃により操作された集計結果の数字の方がロシアのテレビで流れた。このことは、ロシアのハッカーとテレビ局は投票数改竄に関し事前調整をしていたことを意味する。実際には、このサイバー攻撃が選挙結果発表の直前に明らかとされたことから、この攻撃により選挙結果が左右される事はなかったとされている。

ウクライナによる攻撃を「自作自演」で大規模侵攻を正当化か…ロシア情報戦の「恐るべき全貌」【実業之日本フォーラム】/REUTERS.2022
クリミア併合の後は、ロシアはウクライナ東部のロシア派武装勢力を支援
UATV English/YouTube

 ロシアは2014年春、クリミア併合の余勢を駆って、ウクライナ東部でも親露派武装勢力を支援して同国軍との戦闘をたきつけた。

【主張】クリミア併合5年 露の暴挙を忘れてならぬ/産経ニュース.2019
ロシアの一般市民をバスでウクライナに送迎「地元民のふりをして抗議」「役者が演技」

紛争が東ウクライナに広がると、クレムリンの戦術はさらにエスカレートした。ロシアの一般市民を大量にバスでウクライナまで連れてきて、抗議をする地元の人々のふりをさせたのだ。重要な役どころは、役者が演じることもよくあった。

新兵器「デマ爆弾」で国家機能を殲滅せよ!|ロシア「ハイブリッド戦争」の全貌/クーリエ・ジャポン.2017
《プロパガンダ》3歳の男の子がはりつけにされている
NewsFromUkraine/YouTube

ソーシャルメディアは、ロシアが主張する陰謀論の格好の舞台となった。ネオナチから米国の特殊諜報部隊まで、ネタは何でもありだ。さまざまな残虐行為がでっち上げられ、なかでも3歳の男の子が磔(はりつけ)にされたという話は、ロシアの国営テレビ局が喜んでプライムタイムに放送した。だが、磔を目撃したという証言は、ウクライナ政府に抗議する地元住民を演じた女優の「演技」だったことが判明した。

新兵器「デマ爆弾」で国家機能を殲滅せよ!|ロシア「ハイブリッド戦争」の全貌/クーリエ・ジャポン.2017

こうした「物語」は、「共有され、数千回もツイートされた」。

SNSを駆使する「140字の戦争」 ニュースを制す…/Newsweek.2019
同じ民族同士の争い!?1万人以上の死者

(前略)ドンバスでは、ロシア連邦保安厅(FSB)での勤務経験をもつイーゴリ・ストレリコフなど、かつてのロシア帝国やソ連の版図回復を目指す大ロシア主義者が民兵集団を率いて現地のウクライナ治安機関を襲撃し、ウクライナ政府の統治が及ばない地域を作り出した。もっとも、ウクライナ政府による掃討作戦が厳しさを増し、民兵集団のなかでも相互の対立が激しくなると、ロシア政府はモルドバの分離独立地域である「沿ドニエストル共和国」の有力者を送り込み、彼らによる統治を試みた。しかし、これらの勢力はいずれも現地武装勢力の支持を得ることはできず、最終的にはドンバス出身者による自称「政府」(「ドネツク人民共和国」および「ルガンスク人民共和国」と自称)が現在まで実権を握っている。

ウクライナ危機にみるロシアの介入戦略ハイブリッド戦略とは何か(p.44)/小泉愁.JIIA -日本国際問題研究所-

事実上の「無血開城」だったクリミア半島とは異なり、ドンバス地方の双方の死者は1万3000人以上に上る。言語も宗教も近い東スラブ民族同士で殺し合った結果だった。

【地球コラム】ロシア軍演習で一触即発/JIJI.COM.2021
created by Rinker
国際社会というのは厳しいもので、 おとなしい平和国家であっても、凶暴な他国から攻撃されることがあります。 ここまで似た状況にあるウクライナと日本は、同じ結末にたどり着く危険性が十分にあると思います。 ウクライナに対して用いられたロシアの共産主義的手法は、今、中国によって日本に対して用いられています。 その最も顕著な例が沖縄と尖閣諸島です。 沖縄は第二のクリミアになりかねません。 (「はじめに」より)

Russian Hybrid Warfare

ロシアが世界中で仕掛ける「ハイブリッド戦争」

RANE/YouTube

 ロシアが欧州諸国に対して行った有名なサイバー攻撃には、エストニアに対する2007年のサイバー攻撃がある。これは、サイバーセキュリティ関係者の間では知らぬものはいない歴史的な事件だった。当時からデジタル化が進んでいたエストニアに対して、ロシアが国家機能を麻痺させるほどのサイバー攻撃を実施。省庁や議会、金融機関の業務ができないほどの大規模なDDos(莫大なデータを一斉に送りつける攻撃)攻撃を受け、メディアや一般企業にも被害は及んだ。

サイバー攻撃の実験場、ウクライナで暗躍する親ロシア工作集団「UNC1151」フォーサイト-新潮社ニュースマガジン/JIJI.COM.2022

ドイツで悪質なフェイクニュースが拡散「リサ事件」

ハイブリッド戦争との関連では、ロシアがドイツへのデマゴーグ効果を狙った自作自演の「リサ事件」も画策された。

多元的グローバリズムと人の移動/公益財団法人日本国際フォーラム.2021

 デマゴーグはギリシャ語であり、「民衆の指導者」(demos=民衆、aggos=導く者)を意味する。しかし現在では、民衆の偏見を利用して、間違った主張や約束をし、理性ではなく感情に訴える議論を駆使する指導者を指す表現になっている。

ドナルド・トランプはヒトラーと同じデマゴーグ【前編】/Newsweek.2016

2016年1月23日、移民たちが13歳のロシア系ドイツ人の少女を誘拐し、レイプしたと報じられた後、ドイツで数百人の人々がデモを行った。デモ参加者が掲げたプラカードには、「リサ(少女の名前)、私たちはあなたと共にある」と書かれていた。

フランス大統領選にも大きな影響、ロシア発のフェイクニュースに苦慮するEU各国/HUFFPOST.2017

『リサ・F』と特定された少女は、後になって自分の主張を撤回した。ドイツの警察当局は今も捜査しているが、ヨーロッパ中にこのニュースが広まったきっかけは、ロシアの国営テレビ局による報道だった。ロシアやドイツの報道機関の中には、「当局がこの事件を捜査しないのは、ドイツの移民政策の印象が悪くなるからだ」といった主張を加えたところもあった。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相ですら、この事件は「もみ消されつつある」と述べた。

フランス大統領選にも大きな影響、ロシア発のフェイクニュースに苦慮するEU各国/HUFFPOST.2017
目的は今のドイツ政権転覆

 ロシアは、ウクライナのクリミア半島を併合した2年前のウクライナ危機の間、ドイツなど欧州諸国でのスパイ活動を強化してきた。ドイツ国内の治安機関である連邦憲法擁護庁(BfV)によると、ロシアは、旧ソ連の秘密警察KGBがかつて用いた破壊活動戦術である「不安定化」と「偽情報」の2つを展開している。

ロシアがドイツに仕掛けるハイブリッド戦争/Newsweek.2016

 NATO戦略的通信研究センター(StratCom COE)を指揮するジャニス・サーツによると、ロシアはこうした戦術を使って意図的にドイツの政情不安をかき立てており、その最終目標はアンゲラ・メルケル政権の転覆だという。

ロシアがドイツに仕掛けるハイブリッド戦争/Newsweek.2016

2016年アメリカ大統領選挙「ヒラリー・クリントンにハッキング」

WION/YouTube

オランダと英国の国民投票に際しても、クレムリンは同様の情報操作を展開した。そのクライマックスとなったのが米国の大統領選である。

新兵器「デマ爆弾」で国家機能を殲滅せよ!|ロシア「ハイブリッド戦争」の全貌/クーリエ・ジャポン.2017

ロシアのプーチン大統領は2016年の米大統領選挙を前にヒラリー・クリントン候補を不利にする目的で、民主党のアカウントへの不正侵入とメールのリークを命じた。米上院情報委員会が3年がかりの調査を終えて出した最終結論だ。調査はなお、トランプ大統領がモスクワと共謀した証拠は見いだされなかったとしている。

2016年の民主党ハッキング、プーチン氏が命令-米上院委員会報告/Bloomberg.2020

  調査ではトランプ氏側とロシア側、さらにはロシア政府とつながりのある人物の間で多数のやりとりがあったことも判明したほか、トランプ氏が情報リークを自分の政治的利益に利用しようとしたことが明らかになった。しかし委員会は「トランプ大統領とロシア側が共謀した証拠は見つからなかった」としている。その上で、ポール・マナフォート受刑囚が当時、選対本部長としてトランプ陣営にいたことは「防諜(ぼうちょう)における深刻な脅威」だとした。

2016年の民主党ハッキング、プーチン氏が命令-米上院委員会報告/Bloomberg.2020
【陰謀論Qアノン】「トランプ or ヒラリー」ガチのディスり合い!!混沌のアメリカ大統領選挙(5)

トランプは一部から、デマゴーグ(扇動政治家)でありファシストだといわれている。政治評論家がトランプを歴史上の人物にたとえる場合も、出てくるのは「人種隔離を永遠に!」と叫んだ元アラバマ州知事ジョージ・ウォレスや、共産主義者を弾圧する赤狩り(レッドパージ)で知られるジョセフ・マッカーシー上院議員(当時)、さらにはヒトラーなどの偏向した人物ばかり。

ドナルド・トランプはヒトラーと同じデマゴーグ【前編】/Newsweek.2016

2020年アメリカ大統領選挙「バイデンを陥れるフェイクニュースを工作」

2020年の米大統領選で当時現職だったドナルド・トランプ氏を勝たせようとロシアが行った政治工作は、プーチン大統領が指示していた公算が大きい――。米国家情報官室(ODNI)が16日公表した報告書は、こうした見解を示した。

昨年の米大統領選、プーチン氏が工作指示と米報告書 来週にも制裁か/REUTERS.2021

ロシアの工作については、昨年11月3日の大統領選に先駆け、バイデン氏の不利になりそうな根拠のない情報を、ロシアとつながりのある人物を通じて広めるなどしたという。さらに、選挙プロセスそのものへの世間の信頼を損なおうと、偽情報を拡散する工作を展開したとしている。

昨年の米大統領選でもプーチン氏が「親トランプ」工作承認=米政府報告/BBCニュース
【陰謀論Qアノン】「出馬を取りやめるべき」トランプの対抗馬バイデンがセクハラ疑惑で告発!?さらに陰謀論が拡散(11)
バイデンはプーチンをディスる「プーチンは殺人者だ」
Nation/YouTube

バイデン米大統領はロシアのプーチン大統領が「殺人者」であるとの認識を示し、ロシアは同国が行ったとされる米大統領選挙への干渉に対し報いを受けることになると述べた。17日放送されたABCニュースのインタビューで語った。

バイデン米大統領、プーチン氏は殺人者と指摘-選挙介入の報復を言明/Bloomberg.2021
トランプが煽ったフェイクを拡散して議事堂襲撃を引き起こした
ABC News/YouTube

 バイデン大統領がプーチン大統領を「殺人者」と激しく糾弾した背景には明らかに、先の大統領選期間中にロシアが、自国の情報機関通じ、各州で「選挙不正が大々的に行われている」との根拠のない欺瞞情報を拡散させ、結果的に「選挙は略奪された」とのトランプ氏の執拗な主張を信じ込んだ暴徒による米議事堂量乱入事件で6人の犠牲者を出したことと関係したものだ。

「トランプ再選」に賭けたプーチンの大誤算/WEDGE Infinity
【陰謀論Qアノン】「連邦議事堂に行進することを知っている」大統領選結果を決める最後の日、トランプは支持者へむけて演説……その結果(18)
プーチン「お互い様だ」
Global News/YouTube

【3月18日 AFP】(更新)ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領が、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は「殺人者」だとする認識を示したことについて、プーチン氏は18日、「お互いさまだ」とコメントした。

プーチン氏「お互いさまだ」 バイデン氏の「殺人者」見解で/AFPBB News.2021

 翌18日にテレビ放送された発言の中で「お互いさまだ」と軽口で応じたプーチン氏は、「人は常に他人の中に自分の本質を見いだし、その人物も自分と同じなのだと考えるものだ」と語った。

プーチン氏「お互いさまだ」 バイデン氏の「殺人者」見解で/AFPBB News.2021

 さらに、現在78歳のバイデン氏の健康を祈るとし、「これは皮肉なしに言っている、冗談としてではない」と断った。

プーチン氏「お互いさまだ」 バイデン氏の「殺人者」見解で/AFPBB News.2021
created by Rinker
戦争は戦場だけではない! いかに低コストで最大限のダメージを敵国に与えるか。執拗なサイバー攻撃、SNSを利用したプロパガンダ、暗躍する民間軍事会社――世界を脅かすプーチン流「現代戦」と日本の安全保障のリスクとは?(「Books」出版書誌データベースより)
この記事をシェアする▼
Previous post 【戦争プロパガンダ③】SNS時代!フェイクニュースが世論を作り上げる『サイバー・プロパガンダ』
Next post 【ウクライナ危機⓪】伝説の三兄弟から始まった!?東欧最後の大国ウクライナ!!『キエフ・ルーシ大公国』

当サイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシー
をご覧ください

×
X