NATURE

【パンデミック】欧州を恐怖のどん底に突き落としたウイルス『ペスト』

Plague

『ペスト』

症状

ペスト菌は、ヒトに感染すると無治療では命にかかわるような強い毒力を持つ菌です。ペストを発症すると主に高熱が生じます。感染した菌は、リンパ節または他の組織に移動すると、そこで増殖する場合があり、治療しないでおくとかなりの確率で罹患者を死亡させてしまいます。

ペストとは?病型ごとの症状、検査方法/渡邉 治雄.メディカルノート

症状や感染経路で、腺ペストと肺ペストに分けられますが、患者の80~90%は腺ペストです。
腺ペストは、潜伏期間が2~7日で、症状としては、ノミにさされたところに近いリンパ節が腫れるほか、発熱や頭痛、悪寒などが現れます。
肺ペストは、潜伏期間は通例2~3日で、発症後12~24時間で死亡すると言われています。症状は、強烈な頭痛、嘔吐、39~41℃の発熱、急激な呼吸困難や鮮やかな赤い色の泡立った血が混じった痰を伴う重い肺炎です。

アンタナナリボにおける最近のペストの発生について/在マダガスカル日本国大使館

感染

ヒトのペストは、齧歯類の間で繰り返されている通常のペストの感染サイクルの袋小路の 1 つにすぎない。すなわち、感染様式は、ネズミ→ノミ→ネズミが本来のサイクルである。ヒトの大流行期にはネズミ→ノミ→ヒト→ノミ→ヒトと考えられる。

第 4 回「ペスト」-中世ヨーロッパを揺るがせた大災禍/加藤 茂孝.モダンメディア.人類と感染症との闘い(pp.12-pp13).2010
土の中→ネズミ

ペスト菌は、土壌に生息する類縁菌から進化したものであることが知られている。

ペスト菌、600年前から変化せず/ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ペストを起こす細菌は、通常はネズミやプレーリードッグのような野生のげっ歯類に感染します。

ペスト – 16. 感染症 – MSDマニュアル家庭版/MSD Manuals
ネズミ⇄ノミ

ネズミがペスト菌に感染すると、そのネズミの血を吸ったノミに細菌が移る。

「黒死病」はネズミのせいではなかった?最新研究/ナショナルジオグラフィック日本版サイト

菌をノミが運び、そのノミが取りついたネズミは、貨物船など交易用の乗り物にしばしば潜り込んだ。

ペスト菌、600年前から変化せず/ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ノミ⇄人

感染したネズミが死ぬと、宿主を失ったノミは次に人間を襲うというわけだ。

「黒死病」はネズミのせいではなかった?最新研究/ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ペスト菌はネズミやノミの体内に生息しており、ペスト菌を持つネズミやノミに咬まれることでヒトにも感染します。また、空気中に漂うペスト菌を吸い込むことでも感染が成立します。

ペストについて /メディカルノート
人⇄人

また、空気中に漂うペスト菌を吸い込むことでも感染が成立します。

ペストについて /メディカルノート

ペストのおそろしさはねずみの死亡率(かかった人の中で死ぬ人の割合)より人間の死亡率のほうがずっと高いということです。ペスト菌を持っているねずみがすべて死ぬとはかぎらず、平気で走り回っていたりします。

ペストと猫のお話/北里柴三郎記念室.学校法人北里研究所
他の動物からも感染の可能性がある

ネコはペスト菌に感染,発症することが知られているが,これはネコが保菌ネズミ等を捕食する際に,保菌ノミに曝露され感染するためと考えられている(稀に経口的に感染した例も報告がある)

ペストとは/厚生労働省-戸山研究庁舎.2019
人に感染するように変異

 ヒトに感染できるようになったことで、ペスト菌は爆発的に広まった。

ペスト菌、600年前から変化せず/ナショナルジオグラフィック日本版サイト

黒死病として流行したペスト菌には、ヒトへの感染を可能にするDNA配列が加わっていた。

ペスト菌、600年前から変化せず/ナショナルジオグラフィック日本版サイト

Timeline of plague

ペストの歴史

転載:National Geographic/YouTube

 古来、もっとも恐れられてきた伝染病(注)は、ペストと天然痘であった。とくにペストは、その別名が「疫病」であることに示されるように、人々を恐怖のどん底に陥れてきた。

史上最大の伝染病・牛疫:根絶までの4000年/日本獣医学会.2009

ペストは古代エジプトやローマの時代から人類を苦しめていたのではないかと言われている。

医療の挑戦者たち(32)ペスト菌の発見①(北里柴三郎)/北里英郎 先生 北里大学医療衛生学部微生物学研究室 教授.テルモ株式会社

元々はアジアに細菌があったのですが、モンゴル帝国がヨーロッパまで攻め込んだときに病原菌も一緒に運びました。

黒死病の症状,原因と治療の病院を探す/病院検索・名医検索【ホスピタ】
歴史上危険なウイルスの1つ

人類の歴史のなかで、最も致死率が高く、壊滅的な被害をもたらした感染病のひとつがペストであることは間違いない。

17世紀「黒死病の村」をデータ分析してわかった「意外な感染経路」/WIRED.2016

最初の『ペスト』の記録と免疫の発見

紀元前5世紀、地中海に浮かぶ当時ギリシャ領のシチリア島において、カルタゴとギリシャの間に第二次シチリア戦争が勃発しました。しかしペスト(疫病)の流行により両軍とも大きな被害を受け、カルタゴ軍は撤退しました。8年後、カルタゴは再びシチリア占領を試みますが、ふたたびペストが流行。

【海外サイエンス・実況中継】 病気の予防に史上最大の貢献:ワクチンはどのようにして働くのか ~ 免疫学/布施 紳一郎.カガクシャ・ネット.2012
「2度なし」

一体、免疫という現象を、いつごろから人間は気がついていたのでしょうか。少なくとも、紀元前五世紀のギリシャ・カルタゴの戦争の記述に、今でいう「免疫」ということが「二度なし」という言葉で書かれています。

古くて新しい免疫学/菅野 雅元.広島大学

<1度目のパンデミック>東ローマ帝国崩壊の原因

541年から767年にかけて、ユスティニアヌス帝時代の東ローマ帝国を中心に流行したペストでは、当時の人口の50パーセント近くが死亡し、ローマ帝国の崩壊を早めたと考えられている。

17世紀「黒死病の村」をデータ分析してわかった「意外な感染経路」/WIRED.2016

6世紀に東ローマ帝国を中心に起こった第1回のパンデミックは約200年続き、1億人以上の死者を出したとされる。

医療の挑戦者たち(32)ペスト菌の発見①(北里柴三郎)/北里英郎 先生 北里大学医療衛生学部微生物学研究室 教授.テルモ株式会社

<2度目のパンデミック>ヨーロッパ全域を襲った「黒死病」

欧州での第二次ペストパンデミックは、現代の欧州の全ての国で起こった。1347~1351年の間に7500万人から2億人が亡くなったと推定される。散発的なペストの流行は18世紀初頭まで続いた。

「黒死病」  欧州人口を6割激減させたパンデミックの「発生源」はロシアだった 研究で明らかに/SPUTNIK 日本

当時は、ワクチンなど有効な治療法がなかったため、ペストに罹患した人はなすすべもなく、皮膚が黒く変色して苦しみながら命を落としました。

「メメント・モリ(memento mori)」の意味とは?絵画様式も解説/lismile.TRANS.Biz.2019
衛生環境が改善された

ペストは、治療の手立てがない恐ろしい病気ではありましたが、「瘴気=悪い空気がもたらす病」と考えられ、衛生環境をよくする取り組みにつながりました。それまではヨーロッパの​街路はまるで下水道のような不衛生さでしたが、政府が街を清掃する取り組みをしたことで清潔になっています。(当時は汚物などが溜まると、それを外(街路)に捨てるのが当たり前でした。)

【ヨーロッパ観光が楽しくなる歴史の話】恐ろしい病「ペスト」「ペスト医師」とは?/ヨーロッパ旅ガイド.2018

“ルネサンス”に強い影響を与えた

Kunstmuseum Basel - The Triumph of Death by Pieter Bruegel the Elder-detail

この地で黒死病が多くの市民の命を奪ってから、わずか数十年後、しかもそれが一因となってルネサンスが花開いたのだ。疫病のあまりの威力によって、固定的な社会秩序が揺るがされることになり、新たに生まれた流動性が芸術と知の革命に直結した。

イノベーションを生み出す環境づくりは、シリコンバレーよりフィレンツェに学べ/Eric Weiner.Harvard Business Review.2016

黒死病が流行すると人々は司祭の助言どおり神に祈ったが、効果はなかった。(中略)教会が治療どころか司祭が先に死んでいく現実を目の当たりにし、大衆の教会と神への信頼が落ち始めた。

全欧州を襲った黒死病、ルネサンスを起こした原動力/柳原模.東亜日報.2019
ペスト流行の絵画

そんなペストの流行を描いた絵として有名なのが、ブリューゲルの「死の勝利」です。

「疫病の時代」の絵画を識る|アートの読み方(第1回)/JBpress(Japan Business Press)

人類初の検疫が始まった

神権が失墜する一方、王権は強化された。黒死病の大流行を終わらせたのは、祈りでなく国家が始めた衛生と検疫だった。15世紀に入って欧州各国は防疫システムと旅行証明書を発行した。現在まで全世界のすべての空港と港湾で行われる検疫は、黒死病の流行が端緒となった。

全欧州を襲った黒死病、ルネサンスを起こした原動力/柳原模.東亜日報.2019

<3度目のパンデミック>香港から世界へ

3回目のペスト大流行は1894年に香港で発生した。

医療の挑戦者たち(32)ペスト菌の発見①(北里柴三郎)/北里英郎 先生 北里大学医療衛生学部微生物学研究室 教授.テルモ株式会社

香港では原因不明の伝染病が流行した。香港は人口密度が高く、住民が密集して暮らしており、衛生状態も悪いため、瞬く間に多くの市民が感染し命を失った。その原因がペストであることがわからず、得体の知れない伝染病が香港全土に広がり、人々は恐怖におびえていた。

【第8回】 香港の伝染病を究明し、香港の市民を救った日本人医/NTTデータジェトロニクス株式会社

香港は貿易港であったため、汽船にまぎれ込んだネズミにより、ペストは世界へと広がった。しかしペストによる死者は、過去2回のパンデミックよりも少ない1000万人程度とみられる。

医療の挑戦者たち(32)ペスト菌の発見①(北里柴三郎)/北里英郎 先生 北里大学医療衛生学部微生物学研究室 教授.テルモ株式会社

1899年 ついに日本にも

1899年に、海外から持ち込まれたとみられるペストが日本で初めて流行します。

第11回本の万華鏡 はやり病あれこれ 第2章/本の万華鏡.国立国会図書館

 日本では、鎖国(さこく:日本人が外国に行ったり、外国の人が日本に出入りしないようにするやり方)をしていた江戸時代300年間にはペストはありませんでしたが、柴三郎が香港で発見してから5年後の明治32年にとうとう国内にも入ってきて、伝染病研究所では皆で力を合わせて調査と予防に全力を尽くしました。

ペストと猫のお話/北里柴三郎記念室.学校法人北里研究所
今も日本ではペスト発生はない

その後、大小の流行を繰り返しますが、検疫やネズミの駆除などの防疫に努めたおかげか、今日まで80年以上もの間、日本国内で感染・発症したペスト患者は出ていません。

第11回本の万華鏡 はやり病あれこれ 第2章/本の万華鏡.国立国会図書館
ペスト最後のパンデミック

アメリカ大陸に患者が多く発生した。インドでの死者が多く、最多の 1907 年には、インドだけで 131万人の死亡が報告されている。全世界では、1903 ~ 1921 年でペスト死亡は 1,000 万人と推定されている。そして、これが最後の世界的大流行になった。

第 4 回「ペスト」-中世ヨーロッパを揺るがせた大災禍/加藤 茂孝.モダンメディア.人類と感染症との闘い(p.19).2010

2000年〜マダガスカルの首都で再び感染

転載:Redfilms Production/YouTube

(前略)2000年以降も世界中で症例が報告されており、特にマダガスカル、コンゴ民主共和国、ペルー、アメリカ合衆国では毎年発生報告があります。2017年にはマダガスカルの首都アンタナナリボを含めた都市部で肺ペスト患者のアウトブレイクがあり、2300人以上の感染者と200名を超える死者が出ました(致死率8.6%)。

北京で肺ペスト患者が発生 ペストとは?/忽那賢志.感染症専門医.2019

Kitasato Shiba Saburo

近代医学の父「北里柴三郎」

北里は熊本県生まれ。ドイツへ留学し、ロベルト・コッホのもとで破傷風菌の純粋培養に成功した。また、破傷風菌の毒素を弱める「抗毒素(抗体)」を血液中から発見。これを注射することで感染症の症状を抑える「血清療法」を切り開いた。

北里研究所、1世紀越しのノーベル賞 受賞逃した柴三郎/朝日新聞デジタル.2015
日本上陸前にペスト菌を発見

(前略)1894年、ペストが流行している香港に内務省から派遣され、到着2日後にはペスト菌を発見してイギリスの雑誌に発表、コッホの追試によって間違いなくペスト菌と確認されました。(中略)北里のペスト菌発見という業績を、世界各国は絶賛します。

北里柴三郎と森鴎外とノーベル賞と/北海道立衛生研究所感染症センター微生物部細菌科長 木村浩一.北海道立衛生研究所
それでも当時の日本は批判的

日本では北里は「忘恩の輩」です。北里の発見したのはペスト菌ではないと非難する論文が科学的証拠も無しに次々と発表されました。森鵬外もその一人でした。

北里柴三郎と森鴎外とノーベル賞と/北海道立衛生研究所感染症センター微生物部細菌科長 木村浩一.北海道立衛生研究所

ノーベル賞は確実!!?

こうして北里が日本で散々叩かれている最中の1901年、科学界にビッグ・イベントが誕生します。ノーベル賞です。

北里柴三郎と森鴎外とノーベル賞と/北海道立衛生研究所感染症センター微生物部細菌科長 木村浩一.北海道立衛生研究所
ノーベル賞の有力候補

北里博士は、当時のヨーロッパで大流行していたジフテリアの血清療法にコッホの弟子のベーリングと取り組み、医学の世界に一大革新を起こし、この研究でノーベル賞候補にノミネートされました。

TERUMO STORY エピソードで綴るテルモの歴史 SINCE1921/テルモ株式会社

ペスト菌の発見や破傷風・コレラの血清療法という画期的な治療法を発見していた彼は、このとき最終選考の15名の中にも残っていた。

第1回ノーベル賞の有力候補に/北里大学100×50周年サイト.Respect Life
なぜか受賞されなかった

驚くことにアカデミーは、二次選考15 名に漏れたベーリングを最終的に選出しました。ベーリングの受賞理由となったジフテリアの血清療法は、もともと北里が破傷風菌を使って開発した手法であり、対象論文も北里との共同執筆であったにもかかわらずベーリングの単独受賞となりました。ノーベル賞創設当時、ドイツ医学会が圧倒的な発言権を得ていたことや、共同受賞の概念がなかったことなどが推測されますが、ベーリングの受賞により北里の受賞の可能性は消えてしまったことになります。

北里柴三郎/日本BD.2011

’(前略)彼が受賞を逃したのは、選考の過程で「ベーリングのサポート役に過ぎない」と判断されたことが理由だと、後に報じられている。

第1回ノーベル賞の有力候補に/北里大学100×50周年サイト.Respect Life

新千円札の図柄

日本の紙幣が2024年度上期をメドに刷新されることとなり、新千円札の図柄に北里柴三郎(1853-1931)が採用されることが決まった。

新千円札デザインに採用―「日本近代医学の父」北里柴三郎の足跡をたどる【日本医事新報アーカイブズより】/日本医事新報社

関連記事:【パンデミック】未知の疫病が兵士を中心に蔓延……ついには戦争すら止めてしまった『スペイン風邪』