“君が代”だけじゃなかった!!?GHQにより封印された第2の国歌「海ゆかば」

“君が代”だけじゃなかった!!?GHQにより封印された第2の国歌「海ゆかば」

Umi Yukaba

「海ゆかば」

JP Historical Records/YouTube

当時の大日本帝国政府が国民精神総動員強調週間を制定した際のテーマ曲。放送協会の嘱託を受けて信時潔が作曲。本来は、国民の戦闘意欲高揚を意図して依頼された曲だった。曲自体が、賛美歌風で、「高貴」「崇高」な旋律であるため、第二の国歌として愛唱された。戦時中のラジオ放送で、大本営発表の冒頭に流されたことで戦争の印象が強くなり、戦後は事実上の封印状態が続いた。

海ゆかば/NHK放送史(動画・記事)

大絶賛!!日本の歴史に残る名曲

久世光彦は「日本で生まれ日本で育った者の魂から春、草が萌え出るように、花がほころぶようにわき起こった歌である。過去の歌として葬ってしまうには、あまりにも口惜しいうたではないだろうか・・」と言う。さらに付けくわえる。「この曲の中に、人の命が見える。親から受け、子に伝える血脈が見える。人はどこからきてどこへいくという永遠の質問さえほのかに見えてくるような気がする」とまで評する。

花ある風景/銀座一丁目新聞

 新保祐司さんは「この歌を知らない人は日本人ではない」と言い切る。「海ゆかば」は義の音楽であり崇高な曲である」と語る。「海ゆかば」には日本は将来においても「その民のうちに強く義を愛する者がある」であろうという希望が響いているという。

花ある風景/銀座一丁目新聞

芥川賞作家の阪田寛夫も、著書『海道東征』において、初めて聴いた時の感想を次のように述べている。

髙橋史朗 18 -「死者」と向き合う教育を取り戻そう/公益財団法人モラロジー道徳教育財団

 <私には讃美歌のように響いた。大伴家持の歌だのに、旋律も和声も堂に入って西洋風で、そのことが嬉しかった。……日本にもこんな歌ができるようになったのかと、心強く思ったことを覚えている>

髙橋史朗 18 -「死者」と向き合う教育を取り戻そう/公益財団法人モラロジー道徳教育財団

『消された唱歌の謎を解く』(産経新聞出版)の著者・喜多由浩は、次のように訴えている。

髙橋史朗 18 -「死者」と向き合う教育を取り戻そう/公益財団法人モラロジー道徳教育財団

 <戦後75年、GHQの意向で“オクラ入り”にされた戦時歌謡や唱歌をひとくくりにしていつまでもアンタッチャブルにしておくのか。「消された歌」の封印を解くのは、誰でもなく日本人自身なのだ。唱歌・童謡は日本の大事な伝統文化である。次代に「残す」努力や工夫があって然るべきではないか>

髙橋史朗 18 -「死者」と向き合う教育を取り戻そう/公益財団法人モラロジー道徳教育財団
created by Rinker
日本建国の神話を格調高く描いた世界に誇る名曲、交声曲「海道東征」は、1940年(昭和15年)の『皇紀2600年奉祝行事』のために書かれた日本初のカンタータ。当時山田耕筰らとともに日本の洋楽の礎を作った作曲家の信時潔によるこの大作に歌詞は『日本書記』や『古事記』の記述を元に詩人・北原白秋が手掛けました。管弦楽、独唱、重唱、合唱、児童合唱が見事に組み合わされたこの大曲は、今や古典名曲として全国各地で演奏され、この曲の魅力が再評価されています。 (C)RS

Kiyoshi Nobutoki (1887-1965)

作曲家「信時 潔」

信時潔(のぶとき・きよし)=1887-1965年。大阪市で牧師の子として生まれ、賛美歌に親しむ。東京音楽学校(現・東京芸術大)からドイツに留学後、母校の作曲科教授になり、多くの著名作曲家を育てた。

常翔学園FLOW89号/学校法人 常翔学園

主な作品には、交声曲『海道東征』、歌曲集『沙羅』戦時歌謡(国民唱歌)『海ゆかば』(大日本帝国海軍の将官礼式用儀制曲『海ゆかば』とは同名異曲)、ピアノ組曲『木の葉集』、合唱曲『紀の国の歌』、『鎮魂歌』などがある。芸術音楽のみならず文科省唱歌『電車ごっこ』等を作曲。戦前戦後を通じて学校の音楽教科書の編纂、監修にも力を注いだ。

校名・校歌・校章について/樟蔭高等学校

また、慶応義塾塾歌、学習院院歌、開成学園校歌、帝京中学校・高等学校校歌など数多くの校歌や社歌を手がけ、1964年に勲三等旭日中綬章を叙勲された。

校名・校歌・校章について/樟蔭高等学校

彼は教育者としては、片山潁太郎、下総皖一、坂本良隆、橋本國彦、呉泰次郎、細川碧、高田三郎といった作曲家たちを見守り育て、戦後には、靖国神社に捧げる歌なども作って、1965年8月1日に逝った。

信時潔/オーケストラ・ニッポニカ (Orchestra Nipponica)

戦後、信時は東京音楽学校の校長に就任の要請を受けるが固辞している。「『海ゆかば』で若者を戦場に送り出したことを悔いているからだろう」という人もいたが、本人は、軍歌「海ゆかば」を作曲したことについて一切釈明をしていない。1962年、ある週刊誌のインタビューには、次のように答えている。「今も人々に歌われるとすれば、それはあの当時の戦死者とか靖国神社とか、そういったなまなましいイメージをからませて歌われないと思う。少なくともそうあってはならないんです。もしああいう歌が次の世代にも歌われるとすれば、作られた当時の広い意味での実用価値を越えた芸術的価値ですね」。

その 24 消された軍歌 「海行かば」/NPO法人 地球ことば村・世界言語博物館

1937年(昭和12年)「海ゆかば」発表!!

1937(昭和 12)年、日中戦争のきっかけとなる盧溝橋事件が起きた直後は、文化領域の 人員、作品がこぞって、戦意高揚、啓発宣伝に動員されました。同じ年の 8 月には、コロム ビアが、『露営の歌』を懸賞募集によって発売します。それから日本放送協会が国民精神総 動員運動強調週間のラジオ放送のテーマ曲として信時潔に委嘱したのが『海ゆかば』です。 内閣情報部は『愛国行進曲』を公募で作りました。

「社会に翻弄された音楽を辿って」~明治から戦中、そして現代へ~(p.10)/80 周年記念事業 JASRAC 音楽文化賞記念講演会
儀礼歌として流された

国家への忠誠心を高める国民精神総動員強調週間でラジオ放送されたが、時は太平洋戦争開戦前。改まった席で歌われる儀礼歌という位置付けだった。

【海道東征を聴く】「海ゆかば」魂に届ける 信時作品と戦争(上)/産経ニュース.2015

歌詞は万葉集から!

渡辺はま子 – トピック/YouTube

歌詞は、奈良時代の歌人・大伴 家持(おおとも の やかもち)による『万葉集』巻十八「賀陸奥国出金詔書歌」から抜粋されている。

海行かば(海ゆかば)歌詞と解説/世界の民謡・童謡
聖武天皇への忠誠心

大伴家は宮廷の警護と軍事を司る家柄で、我が身を顧みることなくお務めに徹することを歌ったものです。

海ゆかば/ブログ・三ノ宮通信 – 比々多神社.2011

海行かば 水漬く屍(かばね)
(海を行けば、水に漬かった屍となり)
山行かば 草生す屍(かばね)
(山を行けば、草の生える屍となって)
大君の辺(へ)にこそ死ねめ
(天皇のお足元にこそ死のう)
かへりみはせじ
(後ろを振り返ることはしない)

太平洋戦争中、“第二の国歌”といわれた軍歌「海行かば」に作曲家・信時潔のキリスト教信仰/CHRISTIAN TODAY.2015

 歌中の「我が大君」とは聖武天皇のこと(後略)

海ゆかば/西郷隆盛.2010

 死体が水に浮くことになっても、草が生えるようになっても、私たちは大君の側で死のう、自分のことを顧みないようにしよう、というような意味である。

6月23日 海ゆかば/鈴木忠志・SCOT(Suzuki Tadashi・Suzuki Company of Toga).2011
「海ゆかば」は歴史を繋いぐ名曲だ

 交声曲「海道東征」の作曲家・信時潔が、昭和12年にこの「言立」に曲を付した「海ゆかば」こそ、戦前の日本の最深の音楽であった。それは、遥(はる)かな『万葉集』の時代から昭和の戦前までの日本の歴史を貫く響きでもあった。

【正論】今こそ「海ゆかば」の精神を 断絶された日本文明の歴史を回復するには必須だ 文芸評論家、都留文科大学教授・新保祐司/産経ニュース.2017

<1941年12月7日> 真珠湾攻撃「太平洋戦争の勃発」

British Pathé/YouTube

1941年12月7日午前7時55分(日本時間8日午前3時35分)。日本軍による真珠湾攻撃で、アメリカ海軍基地から白煙が立ち上った。

真珠湾攻撃から78年。太平洋戦争が始まったあの日、現地で何が起きていたのか(画像集)/HUFFPOST.2019

ラジオ放送「大本営発表」

Magrocker/YouTube

1941(昭和16)年12月8日、米ハワイ真珠湾攻撃により太平洋戦争が始まったことを発表する大本営陸軍報道部長。「臨時ニュースを申し上げます。帝国陸海軍は今8日未明、西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり」とラジオが伝えた。

太平洋戦争に突入 大本営が発表/株式会社共同通信社

発表の形態は、「報道」の形でNHKのアナウンサーが読み上げるものと、陸海軍の報道部長が読み上げるものの2種類があった。

大本営発表/ 航空軍事用語辞典++ – MASDF
玉砕ミュージック

ちなみに大本営発表はラジオの場合テーマ曲があった。テーマ曲による放送は 1941 年 12 月 8 日に始まった。陸軍は「観兵式行進曲」、海軍は「軍艦行進曲」をテーマ曲とし、 陸海軍共同のときは「敵は幾万」を流した。また 1937 年 3 月 6 日に放送された特殊潜航 艇によるハワイ攻撃を行った特別攻撃隊員戦死の発表の際には「海ゆかば」が流れた。こ の曲は後の 1943 年 5 月にアップ島玉砕のときにも流され、それ以来「玉砕ミュージック」 となった。

序章 なぜ今“玉音放送”なのか(p.53)/明治学院大学社会学部
「軍艦行進曲」の中にあるもう一つの「海ゆかば」
Electric Eel Dog/YouTube

このような歌が発表される前に、和歌「海行かば」は、1880年に伶人・東儀季芳により初めて儀礼歌に作曲された。この曲の影響で多数の曲で「海行かば」の文章表現と語彙がそのまま用いられ、1897年には明治軍艦マーチとして有名な「軍艦行進曲」(鳥山啓作詞・瀬戸口藤吉作曲)の中間部に東儀の曲が挿入され、広く歌われるようになる。

明治・昭和軍歌にみる近代的特徴 : 楽曲・テーマ・ 言語表現を中心に(p.146)/李, 有姫.大阪大学リポジトリ

君が代に次ぐ第二の国家「海ゆかば」

昭和18年12月には、文部省および大政翼賛会は同曲を儀式に用いることを決め、《君が代》に次ぐ準国歌の役割を果たした。

戦時下の歌 ――内地における『ウタノヱホン 大東亜共栄唱歌集』の普及に 関する検討――(P.357)/丸山 彩.立命館大学

「学徒出陣」の壮行歌

HISTORY CHANNEL/YouTube

1943年10月21日。いまの新国立競技場と同じ場所にあった「明治神宮外苑競技場」で、「学徒出陣壮行会」が開かれた。

「何のための戦争だったのか」76年前のあの日、学徒出陣を見送った少女が思うこと。/BuzzFeed Japan.2019

 行進には軍歌が鳴り響き、最後は「海ゆかば」が流れました。1943年12月から文科系学生の徴兵猶予が停止され、在籍のまま陸海軍に入隊し、戦争に参加しました。壮行会の模様は2時間にわたり中継放送されました。25,000人のうち7,000人が戦死したといいます。

忘れちゃならぬ、今日は何の日!!/植竹団扇ブログ.2017

太平洋戦争末期……敗戦へ進む日本では鎮魂歌

 真珠湾特別攻撃隊の戦死、山本五十六戦死の大本営発表…。深刻な戦況を伝える放送でも流されるようになった。当初の儀礼歌とは、しだいに異なる使われ方となっていく。

【海道東征を聴く】「海ゆかば」魂に届ける 信時作品と戦争(上)/産経ニュース.2015

太平洋戦争の敗色が濃くなるにつれ、「君が代」以上に歌われたこの曲は、確かに日本の鎮魂歌(レクイエム)であった。

『義のアウトサイダー』 | 『情報と戦争』『大政翼賛会のメディアミックス』ほか/週刊東洋経済プラス.2019
この歌であのマッカーサーが日本軍の気持ちを理解

 マッカーサーがフィリピン軍の軍事顧問時代、この歌詞から日本軍の戦闘心理を理解したという逸話がある。

海ゆかばアーカイブ/俺の時代の音楽館.2008

戦後はGHQによって「海ゆかば」は封印……その理由は

敗戦後のしばらくは、日本の悪夢の時代のシンボルの一つとして封印されてしまった。

6月23日 海ゆかば/鈴木忠志・SCOT(Suzuki Tadashi・Suzuki Company of Toga).2011
国家神道の最高位「天皇」

神の子孫とされる天皇は教皇やカリフなどの代理人とは異なり、血統の原理によって終始、貫かれる存在です。歴史上、世俗の有力者が教皇やカリフの権威に挑み、これを排斥したり、簒奪(さんだつ)したりしました。日本では、源平の武人政権から徳川の江戸幕府に至るまで、いかなる世俗政権もその地位を侵すことはありませんでした。それは天皇の持つ神性の血統が尊重されたからです。

「神を祀る存在」天皇とローマ教皇の決定的違い長い歴史の中で確立された天皇の歴史/東洋経済ONLINE.2019

天皇家の祖神である太陽神・天照大神をはじめとする自然神を、日本人は民間信仰として広く受け入れ、神々を祭るために神社を各地に建立しました。これが神道です。

「神を祀る存在」天皇とローマ教皇の決定的違い長い歴史の中で確立された天皇の歴史/東洋経済ONLINE.2019

天皇家のルーツをたどると、天照大神が祖先であるといわれ、国家神道における最高位の「神官」である天皇は、現在も尚「現人神(あらひとがみ)」と信じられ続けているからです。

天皇家のルーツとは。日本人と天皇の歴史を探る/【公式】家系図作るなら家樹-Kaju-|東京の家系図作成専門会社
神道はカルト!?GHQによる占領政策「神道指令」
HISTORY CHANNEL/YouTube

終戦の年、昭和20年12月15日にGHQが出した神道指令は神道をカルト、すなわち「狂信」とみなし、公的な場から神道を追放した。

【河村直哉の時事論】GHQ日本改変の果ての、ハロウィーン/産経ニュース.2019

「神道指令」は略称で、本来は「国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、保全、監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件」という題である。

神聖天皇から象徴天皇へ―なお続く課題― – 島薗進/論座 – 朝日新聞社の言論サイト.2019
国家神道という言葉の使用を禁止

政教分離を目指したGHQが1945年12月に発した神道指令によりこの用語の使用は禁止されました。

天皇と神道の関係/いい仏壇.2020
国家神道とは?
伊勢神宮 公式チャンネル (ISE-JINGU)/YouTube

国家神道が生まれたのは明治時代になります。

国家神道とは?成立の背景から見える天皇と戦争の関係性/舞の道 観音舞

 当時、神道は「国家神道」として優遇され、宗教ではないとみなされていた。

【戦後70年】神道の命運左右した「視察」 GHQに新嘗祭見せよ…占領政策から神社守った宮司の戦い/産経ニュース.2015

(前略)国家神道が、これまでの神道と大きく違った点は、伊勢神宮を頂点として、皇室祭祀や天皇崇敬のシステムと神社神道が組み合わされるようになったという点。これが、日本の多数の国民の精神生活に、大きな影響を及ぼしていく。

伊勢神宮が日本一権威のある神社になった理由/介護ポストセブン.2018
「神社を破壊すべき」
伏見稲荷大社

国家神道の解体を指示したと言われているが、実は神社神道という宗教組織と国家の分離というところに焦点を当てたものだった。

神聖天皇から象徴天皇へ―なお続く課題― – 島薗進/論座 – 朝日新聞社の言論サイト.2019

(前略)日本の非軍事化・民主化を進めていたGHQ内では、天皇を頂点とした精神的な団結力が日本人を戦争に突き動かしたという考えから、日本人の精神的改革のため「神社を破壊すべきだ」という過激な意見もあった。

【戦後70年】神道の命運左右した「視察」 GHQに新嘗祭見せよ…占領政策から神社守った宮司の戦い/産経ニュース.2015

神道は邪教視されたといってよい。西洋に限らない。戦後の日本人自身が、神道を否定的に見るようになってしまった。神社への公費支出などが再三、違憲に問われ、公教育の場から神道も神話も姿を消した。

【西論】伊勢志摩サミット 日本を見直すきっかけに/産経ニュース.2016
祝日も変更させられた

祝日法に至るまでの日本の祝祭日は、神道や天皇制と結びついていた。

【西論】祝日考 本来の意味を知っておきたい/産経ニュース.2016

 戦争が終わる前からアメリカは戦後の日本の改革案を練った。日本の教育制度も検討された。1944年にまとめられた文書は、日本の教育の目的は命令に服従する国家の構成員を作り出すことであるとし、祝祭日も国民教化のために使われている、とみなしている。祝祭日に生徒を遠ざけよ、とまで言っている。

【西論】祝日考 本来の意味を知っておきたい/産経ニュース.2016

 神武天皇の即位の日である2月11日は、もともと紀元節として祝われていた。GHQは戦後まもなく日本の祝祭日を見直させ、それらが本来持っていた宗教色は薄められることになった。紀元節の復活は認められなかった。

【日曜に書く】GHQの呪縛を脱し日本人の音楽を取り戻そう 論説委員・河村直哉/産経ニュース.2016

 独立後も左派などが反対し、建国記念の日が祝日としてようやく復活したのは昭和42年。しかし現在も建国記念の日に反対する集会が2月11日に開かれるなど、偏向はなお根強い。

【日曜に書く】GHQの呪縛を脱し日本人の音楽を取り戻そう 論説委員・河村直哉/産経ニュース.2016
created by Rinker
愛国心さえ取り戻せれば、日本は世界で一番幸せな国になる。戦後70年にわたる「反日プロパガンダ」の虚構を、知日派・米国人が暴く!(「Books」出版書誌データベースより)

Otomo no Yakamochi(718-785)

奈良時代の歌人「大伴 家持」

 大伴家持は、奈良時代の貴族・歌人であり、波瀾の万葉歌人と言われ、その人生は左遷と昇進の繰り返しであった。

大伴家持(おおとものやかもち)/鳥取県

武家の名家

 大伴家持は718年、武人の家柄の大伴旅人(たびと)の長男として生まれました。都が平城京に移った710年から8年後の、奈良時代の初めの頃です。

大伴家持生誕1300年記念/高岡市.2017

もともと大伴氏は大和朝廷以来の武門の名家であり、祖父・安麻呂、父・旅人と同じく律令国家の高級官吏として歴史に名を残し、延暦年間には従三位 中納言にまで昇っている。

大伴家持(おおとものやかもち)/鳥取県

 歌人としての家持に大きな影響を与えたのは、父の任官により大宰府に赴いた10歳の頃である。当時の大宰府には、山上憶良(やまのうえのおくら)をはじめとする筑紫(ちくし)歌壇を形成していた文人が多く滞在しており、家持は恵まれた文化的環境のもとで少年時代を過ごした。

奈良の歴史散歩/奈良県公式ホームページ
聖武天皇に仕えていた

 若い頃は内舎人(うどねり:天皇のそばに仕える雑用係)として聖武天皇に仕え、29歳の時、越中国守として、高岡の地に赴任しました。

大伴家持生誕1300年記念/高岡市.2017

高岡に赴任中に歌人としての才能が開花

 家持の作品は473首(479首とする説もある)、約4500首を収録する『万葉集』で最多である。これらの作品は父旅人の没後1年を経た15歳から詠まれた。やがて越中守(えっちゅうのかみ)として赴任後5年間で全作品の半分近くの220首を詠む。このころは政治家としても充実し、家持の作風が鍛えられた時期でもある。

奈良の歴史散歩/奈良県公式ホームページ

大伴家持はもともと武門の名家の出身ですが、越中国守として今の高岡に派遣された5年間はまさに歌人として翔いた時代でした。

北陸三都市連携公演 大伴家持・生誕1300年記念・演劇  大伴家持 剣に歌に、夢が翔ぶ!/金沢芸術創造財団.2017
国家プロジェクト「奈良の大仏を作る」
MOVIE JAPAN/YouTube

奈良東大寺の大仏は聖武天皇の発願により、律令国家が膨大な国費をつぎ込んで完成した一大事業でした。

わが町涌谷の歴史~その3奈良の大仏と涌谷の金/涌谷町公式ホームページ
【緊急事態】「金が致命的に足りない」

当時の日本では金は採掘されず、聖武天皇は全てを輸入に頼るつもりだった。

黄金をめぐる旅(6)眩いばかりの黄金の輝きを放っていた『東大寺の大仏』/マイナビニュース.2015

天平21年(749)の早春、大仏本体の鋳造が秋には完了するメドがたったというのに、仏体を鍍金する金の量が決定的に不足していました。遣唐使の派遣も検討されるほど深刻な事態でした。

わが町涌谷の歴史~その3奈良の大仏と涌谷の金/涌谷町公式ホームページ
奇跡的なタイミングで金が発見される!!

しかしその2月、絶妙のタイミングで陸奥守百済王敬福(むつのかみくだらのこにきしきょうふく)が、小田郡で黄金を発見したことを報告しました。

わが町涌谷の歴史~その3奈良の大仏と涌谷の金/涌谷町公式ホームページ

「黄金山」と呼ばれるようになった一帯で産出された金は、後の中尊寺金色堂にも使われたが、これを契機に東北各地で金の採掘が進められ、塗金に必要な金を調達できたのだという。

黄金をめぐる旅(6)眩いばかりの黄金の輝きを放っていた『東大寺の大仏』/マイナビニュース.2015

聖武天皇年号までも変えるほど歓喜!!

 聖武天皇は、これを「国家始まって以来」と大いに慶び、年号を「天平」から「天平感宝」へとかえました。

まなぼう/天平ろまん館
政務天皇は大伴家の家訓を取り上げて功績をたたえた

 大仏造営に必要な金が産出されたことに喜んだ聖武天皇が、詔書の中で大伴氏の家訓を取り上げ、氏の先祖代々の功績をたたえた(後略)

海 ゆか ば 10/Webエンジニアキット

それに感激した「大伴」が聖武天皇のを引用し歌った歌

聖武天皇の詔を聞いて感激した家持は、この長歌を詠み、その歌の中に天皇が書いた「この文句」を引用したのである。そして、これも本文に、<この「海行かば」の句は、武人の家柄である、大伴氏(家持が當主です)と佐伯氏(大伴氏の一族)が、代々語り傳へて来た家訓即ち家の誡(いまし)めでした>と、あるように、武人の家の家訓だったのである。従って、万葉集の大伴家持の長歌から引用はされているが、軍歌「海ゆかば」の作詩を大伴家持とするのは、明らかに誤りである。

その 24 消された軍歌 「海行かば」/NPO法人 地球ことば村・世界言語博物館

反歌「須賣呂伎能 御代佐可延牟等 阿頭麻奈流 美知乃久夜麻尓 金花佐久(すめろきの みよさかえんと あづまなる みちのくやまに くがねはなさく)」はよく知られています。

万葉集・大伴家持の長歌と軍歌「海ゆかば」覚え/涌谷町.2016

長歌は五百三十二文字の長文で、その一節に「…海行者 美都久屍 山行者 草牟須屍 大皇乃敞尓許曽死米 可敞里見波勢自等許等大弖(うみゆかば くさむすかばね おおきみのへにこそしなめ かへりみはせじとことだて)…」(万葉集巻十八―四〇九四)と詠み天皇への忠誠を誓いました。

万葉集・大伴家持の長歌と軍歌「海ゆかば」覚え/涌谷町.2016
戦争の歌ではない

明治の時に軍隊が作曲したから、軍歌の一部になってしまったけれど、戦争の歌とは違って、日本が幸せな良い国になるためだったら、私たちは命を捧げてもいいという、そういう意味の歌だったのです。

歴史から学ぶ日本のこころ(p.11)/《2010年度|CD日本部会·総会・認証式特別講演》
created by Rinker
「歌で魂を鎮めよ」。天賦の才に恵まれた歌人、大伴家持は愛妻の自殺と娘の死に苦しみながらも、父の遺言である万葉集の編纂に乗り出した。柿本人麻呂が残したとされる無名の人々の歌集を捜し、身分の違いを超えた「国書」完成に奔走する家持。だが謀叛人の歌をも集めたことが朝廷の反感を買い、追い詰められていく。霊界の力が残り、血の政争が絶えなかった古代・奈良を舞台に、謎に包まれた大歌人の生涯を描く歴史ロマン小説。(「BOOK」データベースより)

The Resurrection of Japan

日本の心を取り戻せ!「海ゆかば」の復活

h1way2012/YouTube

先の戦争中 は『第二の国歌』とも言われる程一般的な歌であったようであるが、敗戦後 GHQ の占領政策 より我が国の良き伝統や文化が否定される中で、我が国から完全に『忘れ去られた歌』と成ってしまった。

我が国の鎮魂歌「海行かば」に思う/SSRI-index.2014
映画「父ありき」のラストシーンに使われていたが削除

「父ありき」は、妻を亡くした中学教師(笠智衆が演じていた)が男手一つで息子(佐野周二)をたた育て上げる日々を描いた映画だった。

遠ざかる韓国: 冬扇房独語(pp.147-148)/田中明.晩聲社.2010

「父ありき」のラストシーンは、敗戦後GHQの検閲により一部分がカットされていたのです。1945年8月、第二次世界大戦終結直前に、ソ連軍の侵攻によって満洲国は崩壊しました。ソ連軍は満洲へ侵攻したときに、日本人の持ち物を片っ端から略奪していきました。その中には、「父ありき」のオリジナルフィルムも含まれていました。

小津安二郎と信時潔の接点 その2/小津安二郎の映画音楽 Soundtrack of Ozu

ソ連は押収したままのフィルムを持っていたから、「海ゆかば」も残っていたのだが、日本では、その部分がGHQの検開で削られていたのだ。「海ゆかば」は軍国主義歌曲の範疇に入れられていたのである。

遠ざかる韓国: 冬扇房独語(p.148)/田中明.晩聲社.2010

「海ゆかば」ともに封印された名曲「海道東征」

SankeiNews/YouTube

戦後は、「海ゆかば」とともに「海道東征」も封印された。戦争にかかわったものを忌避する戦後の風潮が、これらの曲を封じてしまった。「海道東征」が戦後、上演されたことはほとんどない。

【日曜に書く】GHQの呪縛を脱し日本人の音楽を取り戻そう 論説委員・河村直哉/産経ニュース.2016
「海道東征」
Deucalion Project/YouTube

 「海道東征」は、詩人の北原白秋と、大正・昭和に活躍した作曲家、信時潔による皇紀2600年(昭和15年)奉祝曲。信時は、バッハやヘンデルを理想にしながら、日本の雅楽や古謡などの旋律、響きも取り入れて作曲した。

【海道東征コンサート】タクトを振った北原さん「日本人の品性が立ちのぼる作品」/産経ニュース.2015

(前略)同年11月26日に東京・日比谷公会堂で初演。3日後には大阪で公演が行われ、44年12月には大阪フィル創設者、朝比奈隆の指揮で上演された。

建国神話の悠久の響き 交声曲「海道東征」コンサート/サンスポ.2015

<2015年11月>「海道東征」とともに復活!

 大阪出身で元東京藝術大学教授の作曲家、信時潔(のぶとき・きよし)と詩人、北原白秋が昭和15年に作った交声曲「海道東征」を全曲演奏する産経新聞社主催の「戦後70年 信時潔没後50年 交声曲『海道東征』」(ザ・シンフォニーホール協力、滋慶学園グループなど協賛)が11月20日と22日、大阪市北区のザ・シンフォニーホールで開かれました。会場は全1700席が満席となる盛況ぶりでした。

ザ・シンフォニーホール 75年ぶりに大阪で信時潔作曲、北原白秋作詞「海道東征」を上演 産経新聞社主催 滋慶学園グループなど協賛/滋慶学園グループ.2015

 戦時中は全国各地で盛んに演奏されたが、誕生の経緯もあって戦後は演奏の機会が激減。今年が戦後70年と信時没後50年の節目にあたることから、信時の出身地、大阪での演奏会が実現した

ザ・シンフォニーホール 75年ぶりに大阪で信時潔作曲、北原白秋作詞「海道東征」を上演 産経新聞社主催 滋慶学園グループなど協賛/滋慶学園グループ.2015

3時間近いコンサートは、アンコールに信時作曲の「海ゆかば」が演奏され、会場の聴衆も唱和し、大きな感動に包まれた。

【海道東征コンサート】「鳥肌立った」「日本人で良かった」…世代超え、聴衆に感動の渦/産経WEST.2015
「海道東征の復活は、敗戦国日本の精神的呪縛から日本人が解放されつつある象徴である」

 2度にわたる公演では、文芸評論家で都留文科大学教授、新保祐司氏がプレトークで、信時潔と北原白秋がコンビを組んだ交声曲「海道東征」が西洋音楽に雅楽や古謡など日本の旋律を取り入れた音楽と大和ことばの詩がもつすばらしさについて紹介、この演奏をここで聴くことは歴史的意義のある一瞬に立ち会えることであると述べ、「海道東征の復活は、敗戦国日本の精神的呪縛から日本人が解放されつつある象徴である」と、解説しました。

ザ・シンフォニーホール 75年ぶりに大阪で信時潔作曲、北原白秋作詞「海道東征」を上演 産経新聞社主催 滋慶学園グループなど協賛/滋慶学園グループ.2015

この名曲の復活は日本人のアイデンティティとは何か、という問題につながるものであり、日本人が一国一文明の宿命にある日本文明を、栄光ある文明としてこれからも引き継いでいく「意志」を表したということではないでしょうか。

【正論大賞・喜びの言葉】新保祐司氏「戦前と戦後の断絶を乗り越え真の日本人の精神を復活させることが必要」/iza.2017

<2017年4月>関東で初の「海道東征」!アンコールで斉唱!

4月19日、池袋の東京芸術劇場で、関東では戦後初めて、「海道東征(かいどうとうせい)」が歌われた。

若い世代へ贈る、「海道東征」と「海ゆかば」/言論テレビ: 櫻LIVE – 櫻井よしこ

(前略)今年4月に産経新聞が主催した「海道東征」(神武天皇の神話をテーマにしたカンタータで、これも信時の作曲です)のコンサートでは、アンコールでこの軍歌が歌われました。

「万歳ナチス」と本気で作詞? 名作詞・作曲家たちの知られざる逸話/現代ビジネス | 講談社.2017

そのとき、盛大な拍手が起こっただけではなく、一部の観客が起立する珍事もありました。いつの間にやら、「海ゆかば」は「立って聴くべき歌」にさえなってしまったようです。

「万歳ナチス」と本気で作詞? 名作詞・作曲家たちの知られざる逸話/現代ビジネス | 講談社.2017

終戦記念日の靖国神社でも

岩田真/YouTube

8月15日、終戦記念日の靖国神社では、正午になると日章旗を掲げながら旧軍歌の「海ゆかば」を斉唱する光景が見られます。

BOOKS ON JAPAN: Beyond The Space, Beyond The Time #4 森岡督行/株式会社ビー・エヌ・エヌ.2014

軍歌 or 鎮魂歌 今も賛否両論

 千葉県八千代市で3日に開催される民間団体主催の歌のイベントを毎年後援してきた八千代市教委が、今回は後援を見送ることを決め波紋を広げている。イベントの中で歌う予定の「海行かば」をめぐり、一部の市民から「軍歌を歌うイベントの後援は好ましくない」との指摘があったためだ。主催者側は市教委の姿勢を批判し、「そもそも『海行かば』は軍歌ではなく鎮魂歌だ」と反発、法的な対抗策も検討する構えを見せている。

「海行かば」軍歌か鎮魂か 一部市民から指摘…市教委、公演の後援見送り/産経ニュース.2018
created by Rinker
「海ゆかば」の信時潔の作曲、北原白秋の作詩による交声曲「海道正征」。戦後封印されてきた大曲が戦後70年に復活公演され、大きな感動で迎えられたが、その10年をかけた復活劇は著者の「信時潔論」が強力に牽引していた。東日本大震災という未曽有の災害により「戦後日本」が根底から揺るがされた、戦後60年から70年の10年間における、日本社会の精神史的考察の集成。(「BOOK」データベースより)

Previous post 東京オリンピック物語(29)── 感動の閉会式!!世界が一つになった「平和の行進」
Next post 【世界のスラム街】イスラム教国“パキスタン”の不法占拠エリア「カッチ・アバディ」