Adoとウタが告げる「新時代」── 初音ミクと辿るJ-POPとボーカロイドの歴史⑩

Adoとウタが告げる「新時代」── 初音ミクと辿るJ-POPとボーカロイドの歴史⑩

前回の記事を読む▼

メインストリームを席巻!!新時代の歌い手「Ado」 ── 初音ミクとめぐるJ-POPとボーカロイドの歴史⑧
“https://diggity.info/music/hatsune-miku-8/”
created by Rinker
『ONE PIECE FILM RED』に登場する歌姫・ウタの歌唱パートを歌い手・Adoが担当。7組の豪華アーティストたちが同作のために楽曲提供した主題歌と劇中歌を収録! (C)RS

Ado & UTA

『ONE PIECE FILM RED』

ONE PIECE公式YouTubeチャンネル/YouTube

 2022年の音楽界の“顔”といえば、真っ先に「Ado」の名が挙げられるだろう。アニメ映画『ONE PIECE FILM RED』主題歌の『新時代』が国内外で爆発的にヒット。ビルボードジャパンの年間アーティストランキングで1位に輝いた。ついには紅白歌合戦にアニメのキャラクター・ウタとして出場することも決まった。

紅白にはアニメキャラで出場のAdo 素顔は色白で平手友梨奈のような雰囲気/NEWSポストセブン.2022

『ONE PIECE FILM RED』歌姫ウタの歌唱の担当はAdo!

ONE PIECE公式YouTubeチャンネル/YouTube

2022年エンタメシーンを象徴するプロジェクトとなった“『ONE PIECE FILM RED』×Ado”のコラボレ―ション。興行収入185億円突破、観客動員数1300万人超。映画『ONE PIECE FILM RED』ヒットの理由のひとつは、間違いなくウタの歌唱パートを担ったAdoの歌声である。

歌い手・Adoとは?名前の由来やチャート独占「新時代」解説。注目&人気5曲のピックアップも/THE FIRST TIMES.2022
国民的代表作『ONE PIECE』

『ワンピース』は、1997年7月より「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートした、尾田栄一郎による少年マンガを原作とする海洋冒険ロマン。数多くのメディアミックス作品、関連商品が生まれ、関連イベントも途切れることがなく開催されている人気作だ。2021年にはアニメが1000話を達成し、原作コミックスも100巻が発売。2022年7月22日には連載25周年を迎えた。

「ワンピース」ナミにスタイル激似!「ITZY」ユナがSNSで話題「骨格ナミ」「ワンピース体型」「リアルナミ」/アニメ!アニメ!.2022

素性を隠したまま発信するウタの歌声

ONE PIECE公式YouTubeチャンネル/YouTube

 2022年8月6日に公開された『ONE PIECE FILM RED』。

いまだ謎多き男…『ONE PIECE』“赤髪のシャンクス”の名シーンを振り返る/ふたまん+.2022

素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。

映画『ONE PIECE』主題歌「新時代」MV再生回数1億回突破/ORICON NEWS.2022
原作者「尾田栄一郎」が直々に監修するFIRMシリーズの4作目!

「ONE PIECE」劇場版シリーズとしては15作目、FILMシリーズとしては「FILM STRONG WORLD」「FILM Z」「FILM GOLD」に続く4作目。FILMシリーズは、原作者・尾田栄一郎が総合プロデューサーを務めるシリーズ。監督には、「コードギアス」シリーズで知られる谷口悟朗が担当。脚本には黒岩勉が続投。

尾田栄一郎プロデュース「ONE PIECE FILM RED」’22年8月公開/AV Watch.2021

谷口監督は「ONE PIECE」初のアニメ作品「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」を担当しており、「ONE PIECE」作品を担当するのは23年ぶり。「今まで見たことがない『ONE PIECE』を表現したい。スタッフたちの力を借りて、新しい可能性を見出していきたいと思っています」と語る。脚本・黒岩氏は「2年間かけて、尾田さんや谷口監督と話し合い、みんなの力を結集して紡ぎだした物語です。きっと多くの人の心に刺さる素晴らしい映画になるはず」とコメント。

尾田栄一郎プロデュース「ONE PIECE FILM RED」’22年8月公開/AV Watch.2021
ボイスキャスト「名塚佳織」・歌唱パート「Ado」
シネマトゥデイ/YouTube

シャンクスの娘「ウタ」は名塚佳織さんが演じ、歌唱パートは「うっせぇわ」で知られるアーティストAdoさんが担当。

「#Twitterトレンド大賞」特別企画2022年をTwitterで振り返る事前配信番組「#Twitterトレンド大賞」アニメトレンド2022 事後レポート/PR TIMES.2022

ウタのボイスキャストを務める名塚佳織は、『交響詩篇エウレカセブン』の主人公・エウレカ役や『コードギアス』シリーズのナナリー・ランペルージ役、『僕のヒーローアカデミア』の葉隠透役など、かわいらしいキャラクターから、クール、コミカルなキャラクターまで幅広く演じている声優だ。

「ONE PIECE FILM RED」ウタはボイスを名塚佳織、歌唱をAdoが担当!主題歌聴ける本予告も公開/アニメ!アニメ!!.2022

「“Oda”を反対から読むと“Ado”」

映画公式パンフレットの尾田栄一郎インタビューによると、本映画にも楽曲提供している音楽ユニット・FAKE TYPE.のラッパー トップハムハット狂(TOPHAMHAT-KYO)の「Princess♂」を聴きながら、“こういう女の子が映画に出てきたら面白いのに”と思ったことが『ONE PIECE FILM RED』が音楽映画となった前日譚(ちなみに、尾田は2019年に最近ハマっているものとして同曲をピックアップしている)。ただ、最初のプロットではウタのようなキャラではなく、様々な候補がある中から「歌姫の話にしたい」という案を提案され、音楽の難しさを知る尾田は躊躇しつつも、スタッフの覚悟を聞いて一歩踏み出したという。

尾田栄一郎の音楽愛が『ONE PIECE FILM RED』大ヒットを生んだ? 流行の先端をキャッチするトップランナーとしての姿勢/Real Sound.2022

また、ウタという歌姫を完成させるには高い声を出せるだけでなく“クセ”という個性が必要だと気づき、担当編集との雑談の中で全ての条件を満たしていたAdoにオファー。

尾田栄一郎の音楽愛が『ONE PIECE FILM RED』大ヒットを生んだ? 流行の先端をキャッチするトップランナーとしての姿勢/Real Sound.2022

──ウタはボイスキャストを名塚佳織さん、歌唱キャストをAdoさんが担当しています。Adoさんの起用はどのように決まったのでしょうか。

ウタの歌を誰にお願いするかという話になったときに、「歌声を聞いて、一発で覚えられるような声に癖がある人がいいよね」っていう話になったんです。最初は「オーディションをしようか」って話も出ていたんですが、Adoさんの名前が挙がって「ダメ元で当たってみようか」とオファーしました。Adoさんという案が出てからは「もうこの人しかいないよね」という雰囲気になっていましたね。たぶん1年ちょっと前、2021年の5月ぐらいにはAdoさんで決まっていたと思います。

「ONE PIECE FILM RED」“歌姫”ウタの誕生秘話から、“今が一番熱い”原作の今後までをジャンプ編集部原作メディア担当編集者・高野健が語る/コミックナタリー.2022

──尾田先生が「ONE PIECE Magazine」などで公開している、作業時に聴いている音楽のプレイリストを見ると、新旧さまざまな楽曲を聴いていて非常に音楽好きという印象を受けます。Adoさんに決まったときの尾田先生の反応はいかがでしたか?

すごく喜んでいました。“Oda”を反対から読むと“Ado”になるので、最初は「僕の娘なのかな(笑)」みたいな冗談を言っていたりもして(笑)、「ぜひ歌ってほしいよね」と言っていたので。

「ONE PIECE FILM RED」“歌姫”ウタの誕生秘話から、“今が一番熱い”原作の今後までをジャンプ編集部原作メディア担当編集者・高野健が語る/コミックナタリー.2022

「どこのブランドと洋服のコラボするんですか?」Adoの勘違い(笑)

――まず『ONE PIECE FILM RED』の話が来たときの第一印象はどうでしたか?

Ado:自分が生まれる前から連載されている作品ですし、例えば、外を歩いていても自販機に描かれていたり、『ONE PIECE』のグッズがあったり、ポスターがあったり。国民的にも人気ですし、世界的にも有名だし、大袈裟じゃなく『ONE PIECE』イコール“世界”みたいな印象がありました。私が関わることは一生ないだろうと思っていたので、お話をいただいたときは、最初は「どこのブランドと洋服のコラボするんですか?」って聞き返したりしてしまって(笑)。「そのワンピースじゃない」ってなって、「えっ? あっち!?」って。想定外の出来事でした。人生で起こるはずがないことが起こってしまって、すごくびっくりしましたが、同時にとても嬉しかったです。そんな作品に携われるということはすごく光栄です。

<インタビュー>Adoにとってもチャレンジングな経験になった『ONE PIECE FILM RED』歌姫・ウタを振り返る/Billboard JAPAN

――Adoさんにとって『ONE PIECE』という作品は?

私にとって『ONE PIECE』は、やっぱり“ロマン”が詰まってるところが最高ですし、登場人物が全員自分の意志を持っていて、絶対に揺らがないその気持ちが人として尊敬してしまいますね。

特にルフィー達なんて、、、ルフィーと私は、今は同い年?でも、読み始めたころなんて、私より年下とかですし、、、今考えたら。人として皆さんすごいちゃんとしていて、キャラクター自身が魅力的ですし、羨ましいって言うんですかね(笑)こんなにも、互いを信じ合っているルフィー達を、私は一人の人間としてすごい尊敬しますし、見習いたいという部分と、羨ましいなっていう部分があって(笑)人生に関与してくれるような作品だなと思います。

Adoが中学時代にはまったアニメは?レコーディングは鶴の恩返しスタイル!?/radiko news.2022

――実際に映画をご覧になった感想は?

Ado:それぞれのシーンが面白かったとか、ウタがかわいいとか、感動したとか、そういう部分もありますけど、この映画には一貫してとんでもないテーマがあるんだなと。ウタとシャンクスの関係性も、私たちが思うより深いものがあると思いました。どうしてウタが歌うのか、なぜ新時代を築きたいのか―。やはりそこにはシャンクスが鍵になっているのかなって思います。ルフィにとってもシャンクスは大きい存在だし、ウタも幼少期からルフィと関わっていたので、それが作品の重要な部分を描いている気がしました。

Ado、『ONE PIECE FILM RED』歌姫・ウタの「人間くさいところは自分と似ている」/クランクイン!.2022

歌姫「ウタ」とAdo

Ado/YouTube

ウタはルフィの“命の恩人”である赤髪のシャンクスの娘で、世界で最も愛されている歌手。素性を隠しながらも、その“別次元”の歌声で世界中を熱狂させるという、『ONE PIECE FILM RED』の物語の鍵を握る重要なキャラクターだ。

Ado最新アルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』Vaundyやミセスら楽曲提供/ファッションプレス.2022

劇中では、Adoがウタとして主題歌「新時代」ほか全7曲を歌唱。

Ado最新アルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』Vaundyやミセスら楽曲提供/ファッションプレス.2022
「自分とは真逆な存在」素性を隠したウタとの共通点について

──素性を隠しながらも、その歌声で世界中を熱狂させるウタの姿は、Ado自身とも重なる。だが、初めてウタを見たときは、「自分とは真逆な存在」だと感じた。

 ウタはすごくカラフルで、とても可愛い女の子です。性格もお茶目で元気で。私自身は、普段から悲しみや怒り、憎しみから生まれるパワーを歌うことが多いんです。だから、ウタに私の声が乗っていいのか……と心配というのが正直な感想でした。

 ただ、ストーリーや脚本、生い立ちを知るうちに、ウタの中に眠る芯のようなものも感じました。悲しみや怒りといった人間に欠かせないネガティブな感情も、ウタは全部あらわにしている。歌姫って神聖で輝かしいイメージがありますが、ウタは人間として輝いているんです。ネガティブな感情や怒りの感情も持っている、そんな人間臭いところは、自分とも少し似ていると感じます。

Adoが語る世界の歌姫・ウタ 「人間臭いところは、自分とも少し似ている」/AERA dot. 2022

 尾田さんが描いたAdoさんのビジュアルも話題になっている。

 「びっくりです。うわぁぁ!すごい!と言葉にならない感動がありました。ポージングも迫力があり、格好よすぎてずっと見入ってしまいました。ルフィ、ウタ、Adoのイラストもすごく好きです。感動しました。ずーっと眺めています」

Ado:「ONE PIECE FILM RED」の挑戦 世界の歌姫役で「表現の幅が広がった」/MANTANWEB.2022

日本を代表する豪華アーティストが楽曲を提供!

Ado/YouTube

劇中歌の楽曲提供にも錚々たるアーティストたちが集結し、「私は最強」は、リリースした楽曲の音楽ストリーミング総再生数は20億回を越え、幅広い世代に圧倒的人気を博すMrs. GREEN APPLE。「逆光」は、作詞作曲アレンジのみならず、デザインや映像も自ら手がけるマルチアーティスト・Vaundy。「ウタカタララバイ」は、ダンスミュージックを基調とし、変幻自在なトラックとポップかつトリッキーなラップが特徴の音楽ユニット・FAKE TYPE.。「Tot Musica」は、ドラマ・アニメ・映画など映像の音楽“劇伴”を中心に活動する作曲家・澤野弘之が手がける。「世界のつづき」は、2013年よりギター弾き語りでライブ活動を開始し、活動の幅を広げるシンガーソングライター・折坂悠太。そして「風のゆくえ」は、数々の映画やTVの主題歌を手掛け、幅広い世代から支持されるシンガーソングライター・秦 基博。「音楽」が物語の鍵となる本作だからこそ、実現した豪華コラボレーション。

『ONE PIECE FILM RED』の歌姫・ウタの歌唱パートをAdoが担当!7組の豪華アーティストの書き下ろしによる主題歌&劇中歌を収録したCDアルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』発売も決定!/Universal Music Japan.2022

楽曲提供者の選定について、高野健氏は…

これは僕と尾田さんと監督の3人でよく話し合って、この曲にはこういう人がいいのではないかと、決めさせていただいた形です。元々監督からこういうシーンで使う楽曲のラインアップみたいなのを、もらっていてそれぞれの楽曲のアーティストの皆様には「こういうシーンで歌うんですよ」というのは伝えてはいたんですけど、基本的には自由にやってくださいと話していたので、本当にアーティストの皆様の解釈でウタの“歌”は1曲ずつできているという感じでございます。

【直撃取材】Adoが語る「ONE PIECE FILM RED」秘話 “ウタの歌”世界的ヒットの舞台裏/FNNプライムオンライン.2022
Ado/YouTube
Ado/YouTube
Ado/YouTube
「本当に貴重な経験になりました」
Ado/YouTube

これまでボカロPの方に書き下ろしていただいた楽曲を歌ってきて、普段自分がカバーしている曲もボーカロイド系が多いのですが、今回は以前から存じ上げているアーティストの皆さんに提供していただいて。この7曲を歌うことで、いろんな自分、いろんな声を引き出せたのかなと思います。もちろんすべての曲がこの映画とウタのために作られていて、作品のストーリーにもピッタリで。こんなにも素晴らしい曲を私の声で歌わせてもらえたのは、本当に貴重な経験になりました。

「ONE PIECE FILM RED」特集 Adoインタビュー|世界の歌姫・ウタの歌唱キャストに抜擢、豪華アーティスト提供曲で感じた新たな可能性/音楽ナタリー.2022
主題歌「新時代」について
ONE PIECE公式YouTubeチャンネル/YouTube

――中田ヤスタカさんが手掛けた「新時代」は、主題歌にふさわしく非常に意味深い曲だと実感しました。曲だけを聴いた時と、映画を観た後で聴くのではまた違った響き方になりそうですね。

Ado:そうなんですよ! 映画を観ないで聴くのと、映画を観た後に聴くのとは全然違います。後で聴くと、作品のすべてをこの曲が語っていることに気付くんですね。ホントに映画を観ないと伝わらないです!

Ado、『ONE PIECE FILM RED』歌姫・ウタの「人間くさいところは自分と似ている」/クランクイン!.2022

いつも通り一人でレコーディング!

Ado/YouTube

Ado:
ひとりでスタジオに入って、自分で考えながら録音するという、Adoのいつもの制作スタイルで録ったのですが、これは果たして客観的に聞いた時にちゃんとウタになれているのかな」とか。いざ皆さんに聞いていただくってなった瞬間はすごく緊張しました。『ウタカタララバイ』は、ラップパートがあって、まず「歌姫がラップ!?」っていうのも驚きました。もう「私これできるかしら」と思って…レコーディングの最中も、何回もくじけそうになりました。ラップなんて私は本当に経験したことがなかったので、自分の中のまだ知らなかった歌い方やテクニックが、無理やりにでも引き出せたのかなと思いますね。本当に素晴らしい経験をさせていただきました。

【直撃取材】Adoが語る「ONE PIECE FILM RED」秘話 “ウタの歌”世界的ヒットの舞台裏/FNNプライムオンライン.2022

『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』発売日 2022年8月10日

Ado/YouTube

 映画『ONE PIECE FILM RED』で“ウタ”の歌唱を担当したAdoさん。劇中では『新時代』や『私は最強』など合計7曲を披露しましたが、2022年8月10日にリリースされたアルバム『ウタの歌』には『ビンクスの酒』を追加した計8曲が収録されていました。

『ワンピース』海賊の歌として知られる楽曲をAdoがカバーしたワケ。劇場版では流れなかった『ビンクスの酒』を“ウタ”が歌う?【YouTubeでアニソン】/ファミ通.com.2022

通常盤のジャケットイラストは、『ONE PIECE』原作者であり本作の総合プロデューサーを務める尾田栄一郎が描き下ろし。『ONE PIECE FILM RED』のヒロイン・ウタのライブ風景が彩り豊かに描かれており、ルフィも大盛り上がりの様子が伺える。中央に描かれているのは歌唱担当を務めるAdo。ウタの明るく可愛らしい様子とは対照的に、スタイリッシュでクールな雰囲気を纏っている。なお、Adoのアーティストビジュアルも尾田栄一郎描きおろしのイラストにリニューアルした。

Ado最新アルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』Vaundyやミセスら楽曲提供/ファッションプレス.2022

2022年 音楽チャートはAdoが総なめ!

8月6日の「ONE PIECE FILM RED」公開後、ウタは、アニメの世界だけでなくリアルの世界も巻き込み、旋風を巻き起こす。ウタが歌った劇中歌7曲は、8月16日時点でApple Musicのランキングで1~7位を独占。中でも主題歌「新時代」はApple Musicで世界1位を獲得し、国内外のランキングで70冠を達成する大ヒット曲となった。Adoさんが「新時代」で「日本レコード大賞」の候補となる「優秀作品賞」に選ばれたことも話題になっている。

ONE PIECE:紅白出場は必然!? 世界の歌姫ウタとは? 現実と虚構をつなぐ新時代のスター/MANTANWEB.2022

 Adoは昨年の『第63回日本レコード大賞』でも「特別賞」に輝いたため、2年連続の受賞となる。

Ado「新時代」がレコード大賞「優秀作品賞」を受賞/MusicVoice.2022

――映画の主題歌でもある新時代が世界で1位になりました

Ado:
ああ、もうすごい。いや、もうなんとなんと…という、驚きの事実ですよね(映画で)世界の歌姫と描かれていたものが、私たちの世界、「現実世界」でも本当に世界の歌姫になっていて、こんなにもアニメーションと現実がリンクすることってなかなかないなと思っています。

【直撃取材】Adoが語る「ONE PIECE FILM RED」秘話 “ウタの歌”世界的ヒットの舞台裏/FNNプライムオンライン.2022
Billboard JAPANで首位に!

 2022年の年間Billboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、Adoの『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』が首位を獲得した

【ビルボード 2022年 年間Download Albums】 Ado『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』が2位以下に大差をつけ首位/エンタメOVO.2022
Billboard JAPANトップ・アーティスト・チャートで総合首位!!

 2022年の年間Billboard JAPANトップ・アーティスト・チャート“Artist 100”で、Adoが総合首位を獲得した。

【ビルボード 2022年 年間Artist 100】Ado、『ONE PIECE FILM RED』で認知を一気に拡大して総合首位獲得(コメントあり)/Billboard JAPAN.2022

 同チャートは総合ソングと総合アルバムのポイントを合算したもの。アニメ映画「ONE PIECE FILM RED」から、「新時代 ウタ from ONE PIECE FILM RED)」が総合7位。「私は最強 ウタ from ONE PIECE FILMRED)」が24位、「踊」が25位、「逆光 ウタ from ONE PIECE FILM RED)」が37位など、10曲がトップ100以内に入った。

ビルボード年間チャート Adoがアーティストチャート1位/スポーツ報知.2022

――ソング・チャートとアルバム・チャートを合算したアーティスト・チャート“Artist 100”にて、2022年の年間首位を獲得されました。まずは率直な感想をお聞かせください。

Ado:こうしてたくさんの方々に楽曲を聴いてもらえてとてもうれしく思います。特に最近は『ONE PIECE FILM RED』の曲を歌わせていただいたので、私もけっこうランキングを確認していたのですが、ふと見てみたら上からAdo、Ado、Adoみたいになっていて「えええ」とすごく驚きました

<2022年Artist 100年間首位記念インタビュー>Adoが語る怒涛の1年間――夢のSSAワンマンと『ONE PIECE FILM RED』コラボを振り返って/Billboard JAPAN.2022

歌番組に続々と出演!「UTA TV LIVE TOUR」

ONE PIECE公式YouTubeチャンネル/YouTube

 2022年の活動の集大成として、ウタはライブツアー「UTA TV LIVE TOUR」を実施する。歌番組の出演を含めた全6公演のライブツアーで、12月14日放送のフジテレビ系の音楽特番「2022FNS歌謡祭」を皮切りに、TBS、テレビ朝日、日本テレビと各局の大型音楽特番に軒並み出演。番組ごとに衣装を変え、番組司会者とのトークまでやってのけた。キャラクターであるウタが、現実世界で活躍するアーティストと肩を並べ、まさに虚構を飛び越えたパフォーマンスを繰り広げてきた。

ONE PIECE:紅白出場は必然!? 世界の歌姫ウタとは? 現実と虚構をつなぐ新時代のスター/MANTANWEB.2022
ONE PIECE公式YouTubeチャンネル/YouTube
このパフォーマンスに賛否両論が…。

   19日のCDTVには「ウタ from ウタワールド」の名前で、クリスマス仕様の衣装をまとって出演。アナウンサーとのトークコーナーを挟みつつ、「新時代」「私は最強」「風のゆくえ」の3曲を披露した。

映画ワンピース・ウタ「テレビ歌唱」に賛否 「そこにいるみたい」「紅白では生歌披露だよね?」/J-CAST ニュース.2022

   放送を受けてツイッターでは、「ウタめっちゃ可愛かった!!江藤アナとのやりとりも新鮮!!」「めちゃくちゃ表情豊かになってるし動きも自然だし3Dモデルの精度爆上がりしてない?!?」「やばすぎた、、ほんとにそこにいるみたいだった」と好評を博した。

映画ワンピース・ウタ「テレビ歌唱」に賛否 「そこにいるみたい」「紅白では生歌披露だよね?」/J-CAST ニュース.2022

   一方、生歌や新規収録の歌ではなく既存の音源を使用したのではないかと指摘もあがり、「ウタちゃん可愛いし素敵な曲なんだけど、音源流すだけで3曲も要らない気がするな」「CGに音源流すだけとか正直なにを見さされてるんだって感じ」「歌番組用にライブ音源録ってたりしたらいいのにな」と落胆する声や、「さすがに紅白では生歌披露だよね?」といった声も出ている。

映画ワンピース・ウタ「テレビ歌唱」に賛否 「そこにいるみたい」「紅白では生歌披露だよね?」/J-CAST ニュース.2022

新時代を告げる?史上初!アニメキャラ「ウタ」が紅白に出場!!

ONE PIECE公式YouTubeチャンネル/YouTube

 『第73回NHK紅白歌合戦』に『ONE PIECE FILM RED』のヒロイン、歌姫・ウタが紅組歌手として出場することが決定。

『ONE PIECE』ウタ、『第73回NHK紅白歌合戦』出場へ 尾田栄一郎、Adoらのコメントも/Real Sound.2022

『第73回NHK紅白歌合戦』は、2022年12月31日19時20分~23時45分に放送。

「ワンピース」ウタが紅白歌合戦リハーサルに!コラボスペシャルマンガ第2話公開/アニメ!アニメ!.2022

アニメのキャラクターが紅白歌手として出場するのは、70年以上の歴史の中で初めての試みだ。

NHK紅白『ONE PIECE』ウタが初出場 史上初のアニメキャラ、新時代の全43組/KAI-YOU.net.2022

さらに、紅白を盛り上げるコラボレーション企画「ONE PIECE UTA LIVE RED×WHITE」を実施。今後、動画などのオリジナルコンテンツをPR企画として展開していく。

NHK紅白『ONE PIECE』ウタが初出場 史上初のアニメキャラ、新時代の全43組/KAI-YOU.net.2022
顔出しなしのAdoがアニメキャラ「ウタ」として出場!?

今回は「ウタ」としての出場となるが、Adoとしてもこれまで顔出しをしておらず、紅白でもどんな形での”パフォーマンス”になるのか、注目が集まりそうだ。

【紅白歌合戦】Adoが「ウタ」として初出場 アニメキャラが紅白歌手として出場するのは史上初/日刊スポーツ.2022

Adoは出場を決めたウタにコメントを寄せ「紅白歌合戦初出場おめでとうございます。歌姫としてキラキラと輝き続けるあなたが今回この舞台に立つことを心からうれしく思います。当日はあなたのパフォーマンスで私たちの”今”を鮮やかに彩ってきてください。そして、全ての人達に夢を見せてもらえたらと想います。応援しています」

【紅白歌合戦】Adoが「ウタ」として初出場 アニメキャラが紅白歌手として出場するのは史上初/日刊スポーツ.2022

制作統括の加藤英明氏(49)はAdoの出場の可能性について「演出はまさにこれから。どうでしょうね」と明言を避けた。

映画「ワンピース」の歌姫ウタ、アニメキャラ史上初!紅白出場 Adoが歌声「この舞台に立つことが心からうれしい」 原作者の尾田栄一郎氏も感激「髪色が紅白…運命」/サンスポ.2022

音楽シーンの「新時代」

 言われ続けているように、いまや流行歌の中心がテレビの歌番組だった時代は終わり、ヒット曲の多くがネットやアニメから生まれるようになっている。そこに流行歌における世代間ギャップの根本的理由がある。この傾向が続けば、遅かれ早かれ、ネット中心に活動する歌手が『紅白』の中心になっていくことになるだろう。

時代の変化の中で『紅白』らしさを保てるか ウタの初出場が映し出す番組の課題と方向性/Real Sound.2022

知られるように、Adoはボカロ曲の歌い手として活動をスタートし、基本的にネットを拠点に活動を続けている。社会現象にもなった「うっせぇわ」を経て、今回『ONE PIECE FILM RED』主題歌「新時代」などの大ヒットによって、次世代を担うシンガーとしての地位を確立したと言っても過言ではないだろう。いわゆる「覆面歌手」として、これまでテレビに姿を見せたことのないAdoの実質的な“初出場”は、目立たないが『紅白』の歴史において大きな意味のあることに違いない。

時代の変化の中で『紅白』らしさを保てるか ウタの初出場が映し出す番組の課題と方向性/Real Sound.2022
created by Rinker
『ONE PIECE FILM RED』に登場する歌姫・ウタの歌唱パートを歌い手・Adoが担当。7組の豪華アーティストたちが同作のために楽曲提供した主題歌と劇中歌を収録! (C)RS
Previous post ボカロシーンの流れを汲んだ大ヒット曲!「うっせわ」 ── 初音ミクと辿るJ-POPとボーカロイドの歴史⑨
Next post 《地球温暖化》北極の氷がなくなる日

当サイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシーをご覧ください

X