大の親日家「2CELLOS」!世界一有名な二人組みのチェロ演奏に魅了される

チェロ演奏の世界的デュオ「2CELLOS」は、その斬新なアプローチと卓越した演奏スキルで知られ、世界中に多くのファンを持っています。

彼らは日本文化への深い敬愛を公に表しており、親日家としても知られており、日本でのコンサートを始め、多くの日本人ファンを魅了し続けています。

created by Rinker
クラシックのプレイヤーでありながら、「マイケル、U2、ニルヴァーナ・・・ここで演奏しているアーティストの曲は、どれも子供の頃からずっと聴いてきて、メロディや曲の構成の上でも大きな影響を受けてきた。それらを表現できたこのアルバム・レコーディングは、本当に素晴らしい経験だったよ。」と二人は語り、若いエネルギーと超絶テクニックが拮抗する、比類のないアルバムが完成した。(「HMB&BOOKS」データベースより)

Luka Sulic&Stjepan Hauser

「2CELLOS」世界を虜にするチェロ・デュオ!

2CELLOS/YouTube

2CELLOSは、クロアチア出身のチェロ奏者ルカ・スーリッチ(Luka Šulić)とステファン・ハウザー(Stjepan Hauser)によるチェロデュオで、2011年に結成されました。

ステファン・ハウザーとルカ・スーリッチはクロアチアで幼少期からチェロを学び、数々の国際的なコンクールで賞を受賞しています。

彼らはクラシック音楽だけでなく、ポップやロックなどの現代音楽も演奏し幅広いジャンルをカバー、現在までに7枚のオリジナルアルバムを発売しています。

  1. 2CELLOS(2011年)
  2. In2ition(2013年)
  3. Celloverse(2015年)
  4. Score(2017年)
  5. Let There Be Cello(2018年)
  6. Dedicated(2020年)
  7. Discover(2022年)
この投稿をInstagramで見る

2CELLOS(@2cellosofficial)がシェアした投稿 –

 YouTubeからスターダムへ!

二人は幼い頃からの知り合いで、クラシック音楽の道に進んでいました。しかし、この当時の二人はロックやポップスの音楽にも興味を持っていました。

2011年1月に、二人はふとしたきっかけでチェロでロックを演奏してみようという話になりました。

そこで、彼らはマイケル・ジャクソンの「スムーズ・クリミナル」のカバーを演奏し、それをYouTubeにアップロードしました。この動画が瞬く間に話題になり、わずか3日間で100万回、200万回と再生され、瞬く間に560万以上の再生回数を記録しました。

この動画の成功により、突如多くのレコードレーベルからオファーが届くようになりました。喜びながらも彼らは慎重に検討を始め、最終的にソニー・マスターワークスと契約することに決めました。

2CELLOS/YouTube

デビューアルバム「2CHELLO」

2011年4月、二人は母国のクロアチアでデビューアルバムのレコーディングを始めました。

この時のことを二人は、朝から晩まで演奏し続け、疲れ果ててスタジオを出たときにはゾンビのようになっていたと振り返っています。

彼らはクラシックのプレイヤーであると同時に、マイケル・ジャクソン、U2、ニルヴァーナなどのポップスやロックのアーティストから影響を受けており、このアルバムでそれらの曲を表現することができたことは、素晴らしい経験になりました。

こうして完成したアルバムには、彼らの若いエネルギーと超絶テクニックが見事に表現されており、非常に魅力的な作品となっています。

アルバムは、ヨーロッパで2011年6月に、7月19日にはアメリカでも発売されました。

この投稿をInstagramで見る

2CELLOS(@2cellosofficial)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

2CELLOS(@2cellosofficial)がシェアした投稿 –

エルトン・ジョンのツアーに同行!!

2CELLOSは2011年6月から始まったエルトン・ジョンのヨーロッパ・ツアーにも同行し、サポートアクトを務めました。

その後、6月27日にはエルトン・ジョンが毎年主催する「ホワイト・タイ&ティアラ・ボール」に出演しました。

7月には、エルトン・ジョンのツアーでパフォーマンスを行い、7月25日にはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでピアニストのランランと共演しました。

2CELLOSは、この年のエルトン・ジョンとの共演によって、どんとどん知名度を上げ、世界的に知られるアーティストになっていきました。

日本が好き!?2011年に日本デビュー

実は2CELLOSの二人は、日本に対して深い愛着を持っており、大の親日家として知られています。

ルカは過去に2度コンクール出場のため来日しており。ステファンはイギリスに住んでいた学生時代に日本人の友人がいたので日本文化通で日本食が大好物でした。

この投稿をInstagramで見る

2CELLOS(@2cellosofficial)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

2CELLOS(@2cellosofficial)がシェアした投稿 –

2011年9月21日に日本でCDデビュー!

そんな親日家の二人は日本デビューを果たしたのは、2011年9月21日でした。

二人が日本で発売した2CHELLOデビューアルバムには、スティングの名曲「フィールズ・オブ・ゴールド」がボーナストラックとして収録されていました。

この曲は、2CELLOSが得意とするロックやポップスの要素を取り入れた演奏で、彼らならではのアレンジが加えられています。

また、初回限定盤のDVDには、2CELLOSのライブパフォーマンスや結成秘話の初公開インタビューなどが収録されています。このDVDは、2CELLOSのファンにとって貴重な映像資料となっています。

docomo CM「影武者」

2013年にはNTTドコモ「ツートップ」のCM楽曲で2CELLOSが演奏しました。この時演奏した「影武者」は、二人が日本語で命名しました。

2CELLOS/YouTube
第28回日本ゴールドディスク大賞」受賞

「影武者」と、2ndアルバム『In2ition』が日本で高く評価され、「第28回日本ゴールドディスク大賞」において、2部門で受賞しました。

「2CELLOSの日」

2015年1月には3rdアルバム『チェロヴァース』のプロモーションのため再び訪日、この年は日本記念日協会より正式に「2CELLOSの日」と認定されました。

そして、東京タワー大展望台1Fの記念イベントをライブ演奏を披露しました。

同年6月〜7月にかけて日本ツアーも全国各地を回りました。

Misa WordsofVM/YouTube

世界中で大活躍!!

世界的なアーティストなった、2CELLOSはロンドンのロイヤル・アルバート・ホール、ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホール、シドニーのオペラハウス、ドイツのメタルフェス・ヴァッケンなど、世界中の有名な会場で演奏を行ってきました。

2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube

武道館

そして、2018年11月19日には、二人が念願としていた日本の東京・日本武道館でのライブを実現しました。

日本武道館は、ビートルズの初来日以来、多くの著名なアーティストが演奏する聖地として知られており、2CELLOSがその名を刻むこととなりました。

2CELLOSのライブは、会場に集まったファンから大きな反響を呼び、二人の人気を証明するものとなりました。

Petite*Lis/YouTube
Petite*Lis/YouTube

カッコ良すぎる!名作映画音楽のカバー映像!!

2CELLOSは、映画音楽のカバーを数多く手掛けており、その映像作品も非常に人気があります。

彼らの独特なアレンジと演奏で、映画音楽が新たな魅力を持ち、より多くの人々に楽しまれるようになっています。いくつかの代表的な映画音楽のカバーを紹介します。

2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube
2CELLOS/YouTube

ソロでも活動中!

二人は2CELLOSの活動と並行して、それぞれソロでのキャリアも築いています。

LUKA SULIC/YouTube
ルカ・スーリッチ

ルカ・スーリッチは2019年ソロデビューアルバム「Four Seasons」をリリースしました。

このアルバムでは、アントニオ・ヴィヴァルディの「四季」をチェロで独奏するという難しい挑戦に取り組んでいます。彼はまた、クラシック音楽の演奏会や音楽祭にも出演し、ソロチェリストとしての地位を確立しています。

LUKA SULIC/YouTube
LUKA SULIC/YouTube
LUKA SULIC/YouTube
ステファン・ハウザー

スティヤペ・ハウザーは2020年に、ソロデビューアルバム「Hauser Classic」をリリースしました。

このアルバムでは、チェロの名曲を取り上げ、彼の豊かな音楽性を披露しています。彼もまた、クラシック音楽の演奏会や音楽祭に出演し、ソロチェリストとして活動しています。

HAUSER/YouTube
HAUSER/YouTube
HAUSER/YouTube
HAUSER/YouTube
HAUSER/YouTube

「東日本大震災の復興を願って」日本との深い関係

親日家の2人にとって、2011年3月11日の東日本大震災のニュースを聞いて非常にショックなものになりました。

彼らは日本のために自分たちにできることを考え、2011年、2012年に日本に来日し、東日本大震災の復興支援のためにチャリティー演奏を行いました。

二人は、日本各地でチェロケースを床に置いて演奏し、その場で募金を呼びかけるという形で、多くの人々に支援を呼び掛けたのです。

彼らの真摯な演奏に対して、多くの日本のファンから感謝の気持ちや支援の声が寄せられました。

こうして集まった募金は、東日本大震災で被災した人々を支援するため、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルを通して日本赤十字社に寄付されました。

2CELLOS/YouTube
母国クロアチアで日本のために!

2011年4月28日にはクロアチアのザグレブで行われたチャリティー・コンサート「コンサート・フォー・ジャパン」にも、二人はソロで出演しました。

このコンサートは、日本の復興支援を目的に行われたもので、多くのアーティストたちが参加し、多額の募金が集まりました。

Darko Zibar/YouTube
2014年には東北でのチャリティーコンサート 開催

2014年3月11日、東北地方太平洋沖地震の発生から3年目となるこの日。

日本ツアー中の二人は宮城県仙台市の東北大学川内萩ホールに訪れ、会場に詰めかけたファンたちに向けて、感情を揺さぶる演奏を披露しました。

この時の収益の一部は、東北放送が主催者を代表して設立した『東北放送東日本大震災義援金募金』を通じて宮城県に送られました。

この募金活動は、東北地方太平洋沖地震で被災した人々の支援を目的としており、2CELLOSはこの取り組みに協力することで、被災地の復興支援に貢献したのです。

東北大学/YouTube

読者の皆様へ

このように2CELLOSの二人は日本でのチャリティー活動やコンサートでのファンとの交流などを通じて、日本と日本人に対する深いリスペクトを示しました。

震災後にも2CELLOSは「今回の震災時に日本人がとった冷静な行動は、他の国へのいいお手本となったのではないか」と日本を称賛しました。

今後も2CELLOSと日本の間に深まる絆を期待し、彼らの音楽と行動が世界中にインスピレーションを与え続けることを願っています。

created by Rinker
クラシックのプレイヤーでありながら、「マイケル、U2、ニルヴァーナ・・・ここで演奏しているアーティストの曲は、どれも子供の頃からずっと聴いてきて、メロディや曲の構成の上でも大きな影響を受けてきた。それらを表現できたこのアルバム・レコーディングは、本当に素晴らしい経験だったよ。」と二人は語り、若いエネルギーと超絶テクニックが拮抗する、比類のないアルバムが完成した。(「HMB&BOOKS」データベースより)

You might be interested in …

当サイトではプロモーションが含まれています。また、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、これらの設定や使用に同意したことになります。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください

X