伝説の兵士「ヴォイテク伍長」彼はなんと本物の熊(笑)── ポーランドで語り継がれている“嘘みたいな本当”

伝説の兵士「ヴォイテク伍長」彼はなんと本物の熊(笑)── ポーランドで語り継がれている“嘘みたいな本当”

Wojtek

伝説の兵士「ヴォイテク伍長」

The Story Behind/YouTube

第2次世界大戦中、ポーランド軍には信じられない「兵士」がいた──。それは、親と離れ離れになったヒグマの子どもだ。熊の「ヴォイテク(Wojtek)」は、イランでポーランド軍に発見された。発見時は独りぼっちの子熊だったが、後に軍の第22弾薬補給中隊に配属され、家族のように扱われた。

動画:第2次大戦時ポーランド軍に配属されたヒグマの物語、アニメ映画に/AFPBB News.2019

ある日、ポーランド軍は1匹の小熊と出会った

(前略)ポーランドの若いふたりの兵士はパレスチナの山岳地帯で子グマが入った袋を抱えたイラン人の少年と出会います。

兵士になったクマ ヴォイテク/株式会社汐文社

 兵士らは食べ物やチョコレートやスイスナイフなどと交換でクマをもらい受けると、ヴォイテクと名付けて飼うことにした。

ヴォイテク:戦争に行った兵隊クマ。御褒美は大好物のビール(ポーランド軍)/ガラパイヤ.2018
この投稿をInstagramで見る

Album Lama(@lawaspotret)がシェアした投稿 –

兵士たちの癒しのマスコット

ヴォイテクは部隊マスコットとして愛され、人間性を奪う過酷な戦場にあって兵士たちの精神を支えた。

児童書 『兵士になったクマ ヴォイテク』/産経ニュース.2015
この投稿をInstagramで見る

Behind.it(@echissacosacedietro)がシェアした投稿 –

好きなものは「ウォッカ」「タバコ」

幼いヴォイテクは始めのうちは食べ物をうまくのみ込むことができず、兵士たちは薄めたコンデンスミルクをハンカチに染み込ませ、ウォッカ瓶に入れて飲ませました。その時のウォッカ瓶に数滴残っていたアルコールがミルクに混ざったため、その後ヴォイテクはお酒(特にビール)を好むようになったのでは、と兵士たちは後に考えるようになったとのこと。(中略)ほかにタバコも大好物という(後略)

ビールとタバコが大好物、第二次世界大戦で活躍したポーランド軍の勇敢なクマ「ヴォイテク二等兵」/GIGAZINE.2010
この投稿をInstagramで見る

Olivaarrrrrrr!!!!(@olivaarrrrrrr)がシェアした投稿 –

「この先は“動物”は一緒に連れていけない」

当時、ヴォイテクがいた部隊はエジプトに滞在していたのですが、モンテ・カッシーノの戦いに参加するためにエジプトから航路でイタリアに向かう事となります。

伍長の階級を持つクマの兵士「ヴォイテク」!第二次世界大戦で英雄となったヒグマとは!/Gunfire.サバゲーアーカイブ.2018

(前略)船で動物を輸送することは禁止されていたため、ヴォイテクを連れて行きたいポーランド兵たちは、あるアイデアを実行した(後略)

クマの兵士のヴォイテク/月の光で澄み渡る .2017

「“動物”ではありません!ヴォイテク伍長です!」

(全略)ヴォイテクをどうしても連れていきたかったポーランド軍は乗船名簿にヴォイテクの事を「ヴォイテク伍長」とまるで人間であるかのように記載して乗船させようとしたのです。

伍長の階級を持つクマの兵士「ヴォイテク」!第二次世界大戦で英雄となったヒグマとは!/Gunfire.サバゲーアーカイブ.2018
流石にバレる(笑)

しかし残念ながらこの作戦はヴォイテク伍長が受け付けに現れない事が理由で、あっさりとバレてしまいます。

伍長の階級を持つクマの兵士「ヴォイテク」!第二次世界大戦で英雄となったヒグマとは!/Gunfire.サバゲーアーカイブ.2018

ついに熊が正式にポーランド兵士に!!

(前略)カイロの最高司令部に相談したところ、ポーランドの第2軍団司令官のアンデルス将軍によってヴォイテクは正式に部隊に採用されることとなり、ヴォイテクは認識番号も与えられ、タバコを買うお金も支給され、ついに本物の兵士となった(後略)

クマの兵士のヴォイテク/月の光で澄み渡る .2017

(前略)第22弾薬補給中隊の一員としてアレクサンドリア港から船に乗り、ローマ解放のためのモンテ・カッシーノの戦いへと向かいます。

ヴォイテク:戦争に行った兵隊クマ。御褒美は大好物のビール(ポーランド軍)/ガラパイア.2018

 成獣となり体重113キログラム、体長1.8メートルに成長したヴォイテクは、正式に「兵士」として従軍し、他の兵士とともにテントで眠り、特別製の木枠に入ってトラックで移動した。

【動画】第二次世界大戦中ポーランド軍で兵士として共に戦った兵隊グマ「ヴォイテク」/ガラパイア.2012
迫撃を運ぶように訓練

行動を共にできるよう兵士として登録し、迫撃砲を運ぶよう訓練した。

【動画】第二次世界大戦中ポーランド軍で兵士として共に戦った兵隊グマ「ヴォイテク」/ガラパイア.2012
この投稿をInstagramで見る

Wojtek Jazz Collective(@wojtekjazz)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

IFnot Art(@ifnot_art)がシェアした投稿 –

Battle of Monte Cassino

モンテ・カッシーノの戦い

Harcerskie Kroniki Filmowe/YouTube

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線の中でも激戦地のひとつがイタリアのモンテカッシーノの修道院のある丘をめぐる戦いです。

WW.II ドイツ軍降下猟兵 モンテカッシーノの戦い1944年 (プラモデル)/HOBBY SEARCH
歴史に残る激戦地

1944年1月17日に、第二次世界大戦の最長かつ最も血なまぐさい戦いの1つである「モンテ・カッシーノ」の戦いが始まりました。イタリア中部にあるモンテ・カッシーノ修道院とその周辺で激化した戦いでドイツ部隊は5か月間にわたって連合軍の前進をせき止めました。戦いでは両者から約7万5000人の兵士が死亡しました。

今日は何の日(1月17日)/TRT
この投稿をInstagramで見る

HistoryWeb.sk(@historyweb.sk)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

WW2 German Military History(@ww2_german_military)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

WW2 German Military History(@ww2_german_military)がシェアした投稿 –

「ヴォイテク伍長」が所属するポーランド軍が参戦

第4回攻撃には、ヴワディスワフ・アンデルス大将の決断により、1943年から1944年にかけてイタリアに投入されていた第2ポーランド軍団が、加わりました。

〈モンテ・カッシーノの戦い〉75周年/ポーランド 広報文化センター

連合軍には米軍、英国軍、ニュージーランド軍、インド軍、グルカ兵部隊までが参戦したが、決定的な功績を立てた部隊は、当時は国を失った軍隊だったポーランド軍と自由フランス軍だった。

国を失った軍人/東亜日報.2019

弾薬を運ぶヴォイテク

この戦いで、第22中隊は弾薬の補給に追われていた。

第二次大戦中ポーランドはクマも徴兵していた!本当にあった驚きと感動の物語!!/Haru.edamame.2017

(前略)激戦となったモンテ・カッシーノの戦いでは砲弾が飛び交うなか一度も弾薬箱を落とすことなく補給任務にあたったシリアヒグマのヴォイテク(後略)

ビールとタバコが大好物、第二次世界大戦で活躍したポーランド軍の勇敢なクマ「ヴォイテク二等兵」/GIGAZINE.2010

一つ運び終えると、「他のは?」と右足を出しさらなる弾薬を求め、足場の悪い山道でも弾薬箱を落とすことはない。さらには、人間の兵士一人では持てないほど重い弾薬箱も、軽々と運んでいたそうだ

第二次大戦中ポーランドはクマも徴兵していた!本当にあった驚きと感動の物語!!/Haru.edamame.2017
この投稿をInstagramで見る

♤ Modern Military History ♤(@combatpix)がシェアした投稿 –

見事勝利!そして部隊のマークがヴォイテクに!

(前略)第2ポーランド軍団の勝利に終わりました。これは、イタリアのモンテ・カッシーノ丘のベネディクト会修道院を守護するドイツ軍部隊に対する、連合国軍の4度目の攻撃にあたります。ポーランド兵士の勝利によって、ドイツ軍防御線が破られ、連合軍によるローマ解放への道が開かれました。

〈モンテ・カッシーノの戦い〉75周年/ポーランド 広報文化センター

中隊のマークは砲弾を運ぶクマの絵になった。

くまの兵隊 ヴォイテク二等兵/うみうまのつれづれブログ.2011

第二次大戦も終わり……動物園に引き取られた

第二次大戦が終わり、軍がスコットランドに移り。しばらくは付近の住民の人気ものになったけど、はて軍隊はずっとこうしてるわけにもいかないしどうしよう。で、「ポーランド本国が自由になるまで」エディンバラ動物園に引き取られることになった。

兵隊クマ・ヴォイテクの話/音源雑記帖.2012

(前略)ヴォイテクは21年の天寿を全うするまで結局はエディンバラの動物園にいた。

兵隊クマ・ヴォイテクの話/音源雑記帖.2012

ポーランドの伝説「ヴォイテク」

この投稿をInstagramで見る

Mijn Krakau Tours(@mijnkrakautours)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Katarzyna Jaświg(@katarzynajaswig)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Erskine Logan(@erskineloganphotography)がシェアした投稿 –

created by Rinker
昔むかし、あるところに一頭のクマがいました。クマは兵士になって戦場に行きました…。おとぎ話か童話のように思われるかもしれませんが、実は、そんなことが本当にあったのです。世界でいちばん有名なクマ、ヴォイテクの物語です。ALAバチェルダー賞(米国児童文学翻訳賞)受賞。(「BOOK」データベースより)
Previous post 次々と新しいスタイルが生み出される音楽シーン!抜群の存在感を放ち続けるプロデューサー 「LENZMAN」
Next post <PLAYING FOR CHANGE>音楽は全ての壁を超える。