【世界のスラム街】アフリカ最大の都市!“エジプトの首都”カイロにあるゴミの街「マンシェット・ナセル」

【世界のスラム街】アフリカ最大の都市!“エジプトの首都”カイロにあるゴミの街「マンシェット・ナセル」

Cairo from Egypt

アフリカ大陸最大!エジプトの首都「カイロ」

5 千年の時を超えて、古代エジプト人たちの遺したロマン溢れる遺跡の数々を体感できる国、エジプト。

国際社会で活躍できる人材の育成を目指して エジプトのゴミ問題を共に学びながら/山 村 拓 司.埼玉県川口市立戸塚北小学校.東京学芸大学 国際教育センター

エジプトの首都カイロ。ナイル川東岸イスラム地区の旧市街とオールド・カイロと呼ばれる地域にまたがる大きなエリアが、1979年に「イスラーム都市カイロ」として世界遺産に登録され、2007年に「カイロ歴史地区」に名称変更されました。600以上のモスクに1000以上のミナレット(礼拝を呼びかける塔)が立つことから千塔の町と称されるカイロ歴史地区。““

エジプトの首都カイロ発祥の地を巡る!世界遺産・カイロ歴史地区/skyticket.2018

エジプトの首都・カイロは、アフリカで最も人口の多い大都市であり、アラブ文化圏の中心です。

【世界遺産】大都市・カイロで、エジプトの歴史地区散策/TravelBook
この投稿をInstagramで見る

ADLR(@antoniodelariva)がシェアした投稿

ゴミだらけ!?カイロのゴミ問題

Downtown Cairo's Decay احتضار وسط البلد

しかし、世界有数の観光都市カイロのイメージとはかけ離れた光景が街中に広がっている。カイロの道路にはゴミが溢れており、観光客の多くが「エジプトはゴミだらけの不衛生な国」という悪い印象を強く持って帰国する現状がある。

国際社会で活躍できる人材の育成を目指して エジプトのゴミ問題を共に学びながら/山 村 拓 司.埼玉県川口市立戸塚北小学校.東京学芸大学 国際教育センター
行政も対処できない量のゴミ

 大カイロ都市圏で毎日1万5000トン以上のごみが出る。行政が処理できる量のごみではない。だから、カイロいやエジプト中ごみであふれている。あの世界遺産のギザの三大ピラミッド周辺でさえもペットボトルやお菓子の袋のごみが溢れている。

ザッバリーン~ごみ回収を仕事とする人々~/エジプト日記.2017

ごみ収集業者「Zabbaleen(ザッバーリーン)」

近年の経済成長を背景として、人口増加と都市化にともなうゴミの排出量が増加していることは、グローバルな都市環境問題のひとつとなっている。

カイロにおける「ゴミの人」の社会経済的役割 -ザッバーリーンのセルフフォーマル化に向けた基礎的研究-/東 真澄

都市ごみの 40%は公共が自動車を用いて収集し、埋立地で資源物が選別される。有機物はコンポスト化され、エジプト全体で55の堆肥化施設がある。ごみの40%はZabbaleenと呼ばれる人たちが人力で収集し、手選別によって紙、金属、プラ、繊維、動物の骨(85%)を回収している。(中略)埋立地での収集ごみの選別もZabbaleenが行っている。

世界の埋立処分の現状と将来トレンドに関する研究(p.12)/小川人士.中山裕文.松藤敏彦.吉田英樹.吉田充夫

家庭のごみは、 Zabbaleenと呼ばれる世襲的ごみ収集業者によって、月極めの契約を結んでいる各家庭から収集され、口バ車によって輸送されているが、この制度による収集対象家庭は比較的裕福な賭層に限られている。Zabbaleenの主たる関心は有価物回収であり、金目の者を回収した後のごみは適当な路上か空地に捨てられてしまう。

エジプト国アレキサンドリア市都市廃棄物処理計画事前調查報告書(p.1)/国際協力事業団
この投稿をInstagramで見る

KfW Bankengruppe(@kfw.stories)がシェアした投稿

カイロもZabbaleen頼み

エジプト・アラブ共和国の首都カイロも、家庭から排出されるゴミの処理を、ゴミ回収・リサイクルによって生計を立てる(中略)「ザッバーリーン」(アラビア語で「ゴミの人」の意)に頼ってきた。

カイロにおける「ゴミの人」の社会経済的役割 -ザッバーリーンのセルフフォーマル化に向けた基礎的研究-/東 真澄
Street in Cairo
Street in Cairo
created by Rinker
ハイエナ、象牙の密輸、ゴミ溜め、酷使されるロバ、丸石敷きの路地にある剥き出しの汚水溝、薄暗い小屋へ客を誘いこむ暗い目をした女…セローがアフリカで見出した、西洋近代とは異なる「世界のあり方」とは。(「BOOK」データベースより)

Manshiyat naser

ゴミの街!「マンシェット・ナセル」

Garbage City of Cairo

40年以上前から「ゴミの街」として知られるマンシェット・ナセル。

アラビア書道のストリートアートで貧困地域に光を/seeME.2017

カイロ郊外、ザッバリーンの広大な街が広がる。 見渡す限り、道路も家の中もベランダも屋上も、ゴミが集められ詰め込まれている。

聖家族逃避行 序章 26 マンシェット・ナセルの聖サマーン大聖堂/ナイルストーリー Nile Story.2016

そこに、トラックやロバでゴミが運び込まれる。 ほこりの匂いと食べ物の匂い、なんだかわからない凝縮した匂いがたちこめる。

聖家族逃避行 序章 26 マンシェット・ナセルの聖サマーン大聖堂/ナイルストーリー Nile Story.2016
この投稿をInstagramで見る

Everything Built(@everythingbuilt)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

NE+AR(@near_design)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

NE+AR(@near_design)がシェアした投稿

住民は文字通りゴミの中に住んでいる……

どこもかしこもゴミだらけ。ゴミを運ぶトラックが行き交い、ゴミを運ぶロバ車がいたり、路上でゴミを分別する人たちがいたり。

洞窟教会とゴミの街。エジプトの問題を考える/finding egypt.2018

強烈な異臭が鼻を突く狭い路地を、ごみ袋が崩れ落ちそうなほど積まれたトラックが行き交う。カイロ中心部から車で三十分ほどの町マンシェット・ナセル。四~五階建ての住宅が立ち並び、町は圧縮や破砕するプラスチックや段ボール、空き缶などで埋まっている。

ごみの町、生業は収集 カイロ・キリスト教地区 再処理85%、養豚にも利用/東京新聞 TOKYO Web.2020

腐ったゴミとネズミに囲まれたこの状況は今に始まったことではなく、ずっと昔から続いているということです。
ゴミの中で人々は生活し、ゴミをリサイクルすることでわずかな生活費を作り出しています。

ゴミ・シティーというレッテルを貼られたエジプトの首都カイロのスラム街/せかいろ.2011

 環境状態が悪く、インフラや設備も十分に整備されていない貧困にあえぐこの地区には現在約35万人が暮らしていると言われています。

エジプトの無法地帯と化すゴミの町 「マンシェットナセル」/ザイーガ.2009

住んでいるというより、ゴミの中に埋もれて生活しているといった方があたっているかもしれません。

カイロは社会問題を学ぶ「最高の教科書」だ/浅川 芳裕.BEST TiMES.2017
この投稿をInstagramで見る

Zachary Prong(@zachary.prong)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Madi(@theroadleadinghome)がシェアした投稿

リサイクルタウン

National Geographic/YouTube

マンシェット・ナセルは「ザッバリーン」と言われるゴミ収集人によってカイロ市中で出るゴミが集められる区画で、住人は廃棄物の分別やリサイクルで生計を立てています。

世界一危険なスラム街10選/雑学ミステリー.2020

カイロで日々排出される一万七千トンの廃棄物のうち、四千トンがここに運ばれる。人口六万人の大半がごみ処理に従事し、再処理率は85%に上るという。

ごみの町、生業は収集 カイロ・キリスト教地区 再処理85%、養豚にも利用/東京新聞 TOKYO Web.2020

マニラのごみ山との大きな違いは、この街の住民はトラックやロバ車を所有し、カイロ中から自らごみを集め、それを持ち込み、リサイクルすることだ。紙やペットボトルを破砕したり、圧縮したりする機械を備える小さな工場まである。

【エジプト協力隊が出会ったごみの街に生きる人々①】カイロに巨大なリサイクルタウン! 住民はコプト教徒/ganas.2019

驚くことに、マンシェット・ナセルの住民は、ごみの収集・運搬から処理(リサイクル)までの静脈産業を一手に担っていた。巨大なリサイクルタウン。マンシェット・ナセルを一言で表すのなら、この呼び方がぴったりな、世界でも稀な場所だった。

【エジプト協力隊が出会ったごみの街に生きる人々①】カイロに巨大なリサイクルタウン! 住民はコプト教徒/ganas.2019
この投稿をInstagramで見る

Tawfik W Dajani(@twdajani)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Telibayev Andrey(@tengrishaman)がシェアした投稿

「俺たちがいなければカイロはゴミだらけになる」

「俺たちがいなければカイロはゴミだらけになる」

ラマダンで太るイスラム教徒の知られざる食豚を食べる民族との「共生」とテロの狭間で…/木村 聡.東洋経済ONLINE.2018

空カンからアルミ精製していたザッバリーンは、自慢げに胸を張った。ここに集まるゴミのリサイクル率は7割以上とされ、ペットボトルも古紙もガラス瓶も、家電も車だって、ほぼ科学技術に頼らない手作業で再利用品へと生まれ変わる。町そのものが、世界でもまれな環境にやさしい優れた廃棄物管理システムといえよう。

ラマダンで太るイスラム教徒の知られざる食豚を食べる民族との「共生」とテロの狭間で…/木村 聡.東洋経済ONLINE.2018
この投稿をInstagramで見る

marco vacca(@marcovacca)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

@studioadlerがシェアした投稿

児童労働と貧困の連鎖

ごみ回収は、夜中の12時ころから始まり、昼の12時ころまでカイロの町を回ってごみを集めるそうだ。集めるのは、男たちで、ごみを持ち帰ると女たちがそのごみを分別する。公立の学校は、午前中だけ開いているので小さい時から働き始めるザッバリーンの少年たちは学校に行けない。読み書きができなければ、貧しさから脱出できない。

ザッバリーン~ごみ回収を仕事とする人々~/エジプト日記.2017

分別されたごみは、リサイクルに回される。プラスチックのごみは、細かく粉砕され中国に送られるそうだ。そのプラスチックが、ファイバー状になってまたエジプトにもたらされる。売った時より高いものになって。ここに住んでいる人々が、必死で生きているのが分かる。でも、エジプト政府の援助もうけられず、長く続く不況のために企業の援助も打ち切られ、にっちもさっちもいかない状態だという。

ザッバリーン~ごみ回収を仕事とする人々~/エジプト日記.2017
この投稿をInstagramで見る

Jennifer Thomas(@missjent)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Robert Carter(@carterelliott)がシェアした投稿

低い平均寿命

予想以上に酷い環境で、この街に住む人たちの平均寿命は50歳と言われています。しかし、彼らがこの仕事をしないとカイロの街中はゴミだらけ…(革命前に多国籍企業が参入したのですが、街までゴミを拾いに行かないためにカイロにゴミが溢れたとか)。

ガイドブックには載らないエジプトのはなし/アンマン暮らし(仮).2019
この投稿をInstagramで見る

The National News(@thenationalnews.com)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

RT Documentary(@rt_documentary_)がシェアした投稿

意外と普通の街?

マンシェット・ナセル地区と呼ばれるこの地域は、約8万人の人々がゴミの回収で生活をしているのだが、ゴミ以外は至って普通の街と変わりはない。

その後 2012/06/28(木)22:00 の放送内容 ページ1/TVでた蔵.2012
治安は比較的安全?街を守る強盗集団

一方でスラム街の犯罪はやや少ない傾向。「ハンガラニーヤ」と呼ばれる強盗集団がISを排除しているからとのことです。テロも少なく、スラム街の住民はハンガラニーヤに好意的です。エジプトではスラム街よりISのテロの方が危険なのです。

スラム街30選!絶対に行ってはいけないあの街の生活事情を紹介!/YOUYI8282.ToraTora.2019

ゴミの街の住民「コプト教徒」

ゴミの街の住民の多くは、手首や首に小さな十字架のタトゥーがある。古代キリスト教の一分派であるコプトの象徴だ。

汚いゴミ? 私たちが暮らしていく資源/東亜日報.2018
「コプト教」って?

エジプトはイスラームを主要宗教とする国々の代表的国家のひとつであるが、その一方で、総 人口約 9,000 万人の 10-15% にあたる 900 万人~ 1350 万人前後をコプト・キリスト教徒(コプト正 教徒)が占めている。コプト正教会は、福音記者 である聖マルコにより西暦 42 年頃に設立されたといわれる、東方諸教会に属するキリスト教の一宗派である。エジプトでは 7 世紀に到来したイス ラームよりも古い歴史を持つとともに、キリスト 教世界のなかでも、ローマ・カトリック、東方正教会、プロテスタントという三大宗派とは一線を画す宗派である。

アジア・アフリカにおける地域に根ざしたグローバル化時代の国際貢献手法の開発(pp.109-110)/東洋大学

「コプト (Copt)」とはアラビア語の「Qibt」または「Gibt」から派生した言葉で、その起源は「エジプト」を意味するギリシャ語の「Egyptos」に由来します。この「Egyptos」は古代エジプト語「Hikaptah」(現在のメンフィス) をギリシャ語に訳したものでした。

エジプトの観光の権限/コプト正教会
この投稿をInstagramで見る

Zachary Prong(@zachary.prong)がシェアした投稿

“Zabbaleen”と「コプト教徒」

ザッバーリーンは、主にコプト教徒(エジプト国民の少数派)であり、40年代に上エジプトの農村部からカイロに移住した際にゴミ産業に参入した土地なし農民である。

カイロにおける「ゴミの人」の社会経済的役割 -ザッバーリーンのセルフフォーマル化に向けた基礎的研究-/東 真澄

全てのコプト教がここに住んでるわけではありませんし、コプト教だけがマンシェット・ナセルに住んでるわけではありませんが、多くのコプト教がこのエリアに住んでいるのは間違いありません。

洞窟教会とゴミの街。エジプトの問題を考える/finding egypt.2018

「カイロ市が砂漠とぶつかる縁にあたる場所で、コブト教徒の居住地区。彼らはゴミのリサイクルを生業にしていて、ビルの中は住居であり倉庫で、廃材、ペットボトルがフロアごとに分類されてるんだ。混沌としたカオスのように見えて実は秩序がある。実際彼らは普通の商業リサイクル業者よりもリサイクル率が高いんだよ」

WIRED VOL.10: 未来都市2050/WIRED.2013
この投稿をInstagramで見る

Peter Garmusch(@peter_garmusch)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Peter Garmusch(@peter_garmusch)がシェアした投稿

マンシェット・ナセルに追いやられた

マンシェット・ナセルの起源は、エジプト南部にいたコプト教徒たちが1920~30年代、より良い生活を求めてカイロに移住してきたこと。

【エジプト協力隊が出会ったごみの街に生きる人々①】カイロに巨大なリサイクルタウン! 住民はコプト教徒/ganas.2019

昔、カイロ市はコプト教徒の街だったのですが、時代の中でイスラム教徒が多数派となり、コプト教徒は現在のマンシェット・ナセルに追いやられてしまいます。

世界一危険なスラム街10選/雑学ミステリー.2020

最初は、生ごみを家畜の豚に食べさせていたが、1970年ごろからカイロのごみを収集し、お金を稼ぐようになったことなどだ。コプト教徒は、イスラム教を信奉していないので、豚を飼い、豚肉も食べる。

【エジプト協力隊が出会ったごみの街に生きる人々①】カイロに巨大なリサイクルタウン! 住民はコプト教徒/ganas.2019

同じような「ごみの町」はカイロに六カ所ある。 

ごみの町、生業は収集 カイロ・キリスト教地区 再処理85%、養豚にも利用/東京新聞 TOKYO Web.2020
この投稿をInstagramで見る

zephyr ann(@nights.and.days)がシェアした投稿

「イスラム教徒の国」エジプトで豚を飼育!?
VOA News/YouTube

エジプトで養豚は、ごみのリサイクルと裏腹だ。市街地で集めるごみを分別し、残飯のみ豚に与えて飼育。豚は食肉工場に、分別した残りのごみはリサイクル業者に出荷する。人口の1割と言われるコプト教徒のうち約3万5千人が、この地区でごみ処理と養豚で生計を立てており、1日にトラック2千台分のごみが運び込まれ、約6万頭の豚が飼育されているという。

全頭処分、養豚担う少数派コプト教徒反発 エジプト/朝日新聞デジタル.2009

あまり知られていませんが、エジプトでは豚肉を食べることができます。

エジプト・カイロ 地獄から天国へ! 天空の教会マンシェット・ナーセル/Tap Tip.2016
この投稿をInstagramで見る

Jonathan Biddle(@jbiddle88)がシェアした投稿

宗教上の差別

コプト教徒はイスラム教においてタブーとされている豚の飼育を行っており、当時のカイロでは豚を飼うことが黙認される代わりに豚の餌となるような生ゴミが与えられるようにりました。

世界一危険なスラム街10選/雑学ミステリー.2020

人口の一割という宗教的少数派の立場に加え、ブタを扱っているがゆえに、蔑(さげす)みを込めて「ザッバリーン(ごみを集める人びと)」と呼ばれる。町は、決して衛生的とは言えない生活環境で、道路は未舗装のまま。多くのイスラム教徒は町に入りたがらない。

ごみの町、生業は収集 カイロ・キリスト教地区 再処理85%、養豚にも利用/東京新聞 TOKYO Web.2020
「ゴミの人」ではなく「豚のブリーダー」
First 2 Know/YouTube

ここの住民を他の街の人々は「Zabaleen」(ゴミの人々)と呼び、住民は自分たちのことを「Zaraeeb」(豚のブリーダー)と呼んでいます。

アラビア書道のストリートアートで貧困地域に光を/seeME.2017
新型インフルの影響でエジプト政府が豚を処分……。

2009年に流行したH1N1型インフルエンザウイルスは、「豚インフルエンザ」というあだ名が付けられた。豚ではなくヒトを介して広がるウイルスだったが、この名前のせいでエジプト政府は飼育している全ての豚を殺処分した。

新型コロナウイルス、正式名称はどうやって決まるのか/BBC NEWS.2020
エジプト全土で25万頭を処分

今回の新型インフルエンザについては、ブタから人への感染を示す確証はないと世界保健機関(World Health Organisation、WHO)が発表しているにもかかわらず、エジプト当局は2日から全土で計25万頭全頭の殺処分を開始した。

ブタ殺処分に反対の養豚業者ら、機動隊と衝突 エジプト/AFPBB News.2009

 同国政府によると、鳥インフルエンザの人への感染例は68件報告され、26人が死亡しているが、豚インフルエンザの感染は確認されていない。ただ、隣国イスラエルで感染が発表されたことで、政府は警戒を強めている。

エジプト、国内の豚全35万頭処分へ 新型インフル懸念/朝日新聞デジタル.2009
コプト教徒に大打撃

 豚肉を食することを禁じるイスラム教徒が多数を占めるエジプトで、養豚業を営むのは、主に少数派のキリスト教系コプト教の信者たちで、豚の殺処分により生活手段が奪われると抗議している。政府は養豚業者らに対し、補償金の支払いを約束している。

ブタ殺処分に反対の養豚業者ら、機動隊と衝突 エジプト/AFPBB News.2009

「ゴミの大半は人の食い残し。豚がいなければゴミ処理全体が成り立たない」

ラマダンで太るイスラム教徒の知られざる食豚を食べる民族との「共生」とテロの狭間で…/木村 聡.東洋経済ONLINE.2018

ザッバーリーンのコプト教徒にとって、豚は生ごみ処理の重要な商売道具であるのみならず、現金収入をもたらす家畜でもあったのだ。そのため、豚を飼育するコプト教徒は全頭殺処分を自分達の生活の基盤を脅かすもの考えて強く反発し、治安部隊との衝突による負傷者も発生した。これに対して、政府側はあくまでも保健衛生上の措置であり、処分に伴う補償も行われると発表して事態の収拾を図った。

新型インフルエンザから見えるエジプトの宗教対立/JIIA -日本国際問題研究所-

コプト教会総司教シェヌーダ3世も宗教対立の激化を懸念し、政府の決定を受け入れるようにとの立場を示した。全頭殺処分から約半年経った現在、各地でいくつかのムスリム・コプト教徒間の衝突が見られたものの、事態はほぼ沈静化したとされている。

新型インフルエンザから見えるエジプトの宗教対立/JIIA -日本国際問題研究所-
街はゴミで溢れてしまう……。その頃、豚の代わりにヤギの飼育を開始

養豚業を奪われたゴミの町では、結果、多くのザッバリーンがゴミ回収の仕事そのものから離れた。事態はそれで収まらない。ゴミ処理を彼らに依存していたカイロ市内は途端に生ゴミがあふれ異臭が漂うことになる。一方で、豚の飼育を禁じられた直後から「豚の場所」ではヤギなどが飼育され始めた。

ラマダンで太るイスラム教徒の知られざる食豚を食べる民族との「共生」とテロの狭間で…/木村 聡.東洋経済ONLINE.2018
この投稿をInstagramで見る

eL Seed(@elseed)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

eL Seed(@elseed)がシェアした投稿

ゴミ問題が浮上して豚の飼育が復活!

さらに現在ではいつの間にやら豚も戻っている。一向に減らない生ゴミを前にあらためて「豚の場所」は必要とされ、違法としながらも政府は黙認するしかなかった。

ラマダンで太るイスラム教徒の知られざる食豚を食べる民族との「共生」とテロの狭間で…/木村 聡.東洋経済ONLINE.2018

しかし、コプト教徒の一部からは、政府の全頭殺処分について、豚を忌避するイスラームの教えの押し付けであり、宗教差別だとする批判の声が上がっている。コプト教徒人口の1割を占める米国などの海外移住者の間にも反対の声が根強い。

新型インフルエンザから見えるエジプトの宗教対立/JIIA -日本国際問題研究所-
一時的に外国企業にゴミ処理を委託

 偏見と時代の荒波にさらされながら、町はたくましく生き残ってきた。政府は二〇〇三年に欧州企業を招いてごみ処理を委託。

ごみの町、生業は収集 カイロ・キリスト教地区 再処理85%、養豚にも利用/東京新聞 TOKYO Web.2020
指定の場所にゴミ出しする方法を採用も…

これは日本でも行われている方法で、市民が決められた場所までゴミを持ち出し、そのゴミを会社が集めるというもの。

爆走都市 エジプト カイロ /BS世界のドキュメンタリー.NHK BS1
街はゴミで溢れた……。やっぱりZabaleenが必要

ところが街はゴミであふれるようになってしまった。新しいシステムに慣れていない市民が思い思いの場所にゴミを捨てしまったからだ。

爆走都市 エジプト カイロ /BS世界のドキュメンタリー.NHK BS1

 しかし、「ザッバリーン」はカイロ市内のアパートを一軒ずつ回って収集する周到さで、結局、欧州企業は事業を断念した。

ごみの町、生業は収集 カイロ・キリスト教地区 再処理85%、養豚にも利用/東京新聞 TOKYO Web.2020

子供たちを学校へ!「リサイクリングスクール」

TRT World/YouTube

 一家総出でごみ収集を営むため、かつては学校に行けない子どもが多かった。だが、〇一年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)などが学習支援する「リサイクリングスクール」を設立して受け入れた。親も教育の重要性に気付き、今では高校や大学に進学する子どもが増えている。

ごみの町、生業は収集 カイロ・キリスト教地区 再処理85%、養豚にも利用/東京新聞 TOKYO Web.2020

ゴミを抜けた先にある洞窟の教会

lnspiration/YouTube

マンシェット・ナセルには、かつてモカッタムで生活をしていたサイモン・ザ・ターナーという聖人を記念したケープ・カセドラル教会があります。この教会は座席数15000を誇る、中東でも最大の教会です。

世界一危険なスラム街10選/雑学ミステリー.2020

聖サイモン教会はカイロの市街地から少し離れた丘の上のムカッタムと呼ばれる地区にあります。カイロ市内からここへ行くには、マンシェット・ナセルというスラム街を通って行きます。

【エジプト】エジプトの首都カイロを観光し尽くす!おすすめ観光スポット紹介②/あおつんjourney

たどり着くのは大変だが、イスラム教を国教とするエジプトで少数派のキリスト教一派であるコプト教(信者数は人口の10%程度)の祝日や祭りのみならず、毎週行われる礼拝には何千人もが訪れる場所となっている。

動画:エジプトの洞窟教会を「屋外聖書」に、使命に生きるポーランド人彫刻家/AFPBB News.2019
聖シモン

正式には聖シモンタナー修道院として知られているカイロの広大な洞窟教会は、聖シモン(聖サマーンまたは聖シメオンとも呼ばれます)が行ったと信じられている奇跡に敬意を表しています。

聖シオモンタナー修道院&カイロタワー/Last Minute In Egypt.Tripadvisor

モカッタム山を動かしたという聖シモン(サイモン、サマーン)だ。 1974年に地元の男性が穴に落ちて、そこに自然の大きな洞穴があることが分かった。 長い祈りの時を経て、1991年に岩を砕き、取り除くという作業が始まった。 1994年に数千人を収容することのできる大聖堂が完成し、周辺には修道院や教会が点在する。いずれも石灰岩盤を切りこんで造られている。

聖家族逃避行 序章 26 マンシェット・ナセルの聖サマーン大聖堂/ナイルストーリー Nile Story.2016
この投稿をInstagramで見る

Gashtiyar(@gashtiyar_maf)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Galactus Jack(@galactusjack)がシェアした投稿

映画「GARBAGE DREAMS」

garbagedreams/YouTube

エジプト系アメリカ人の映画製作者、マイイスカンダルが制作、監督した「Garbage Dreams」は、ザッバリーンが毎日6,000トンのカイロのゴミを収集し、その80%をリサイクルすることで、存在感を高めている様子を示しています。

ゴミが少ないほど問題が多い場合/December 2020 – savpj
ゴミの街に巨大グラフィティが出現!
eL Seed/YouT9be
「エル・シード作」

エル・シード(eL Seed)は、カイロ郊外、マンシーヤ・ナーセル(Manshiyat Nasr)の建物50棟にアラビア文字のカリグラフィを描いた。

カイロのゲトーを彩るエル・シードのカリグラフィティ/Marina Garcia-Vasquez.VICE

ここにはカイロで出されるゴミが全て集まる、なんて言われています。なにかとネガティブなイメージがまとわりつくこの地区ですが、彼は50軒もの建物にグラフィティを描くことで、地域コミュニティを活性化させました。

「ゴミの街」を色鮮やかに。カイロのアートワーク/TABI LABO.2018
“Zabaleen”への偏見を破壊するため

(前略)マンシーヤ・ ナセルのモカッタムの丘の上から見ると,建物に書いたアラビア文字のカリグラフィーが浮かび上がるというものだった。50の建物の中には,コプト教の教会も含まれていて,浮かび上がる文字は,アレクサンドリアのコプト教の教主・聖アタナシオスのことばで「陽の光をはっきりと捉えたくば,まず己の目を净めよ」(“Anyone who wants to see the sunlight clearly needs to wipe his eye first”)」というものだった(eLSeed,2016)。

エル・シードの“Perception”におけるステレオタイ プヘのアプローチ考 -心理学理論との比較から(p.104)/佐々木,美加.明治大学教養論集通巻548号 (2020・9)

彼は、このプロジェクトがザバリーンに対する偏見を打ち壊し、「誤った考えをいっ掃」するのを望んでいる。ザバリーンが永らくカイロ社会の隅に追いやられているのは、大勢がムスリムの国のなかで少数派のコプト教徒である、という理由に加え、彼らの生業がゴミ収集、分別だからだ。

カイロのゲトーを彩るエル・シードのカリグラフィティ/Marina Garcia-Vasquez.VICE
この投稿をInstagramで見る

eL Seed(@elseed)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

eL Seed(@elseed)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

eL Seed(@elseed)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Vida no Egito(@vidanoegito)がシェアした投稿

created by Rinker
スラムを歩いて直視したこれが世界の現実だ!タイ、インド、ケニア、ウガンダ、エジプト…60ヶ国以上を歩いた著者が世界のスラム街に迫る(「BOOK」データベースより)
Previous post 【世界のスラム街】その規模はアジア最大!?ムンバイの巨大スラム「ダラヴィ」 <後編>
Next post 地獄と化した南米の楽園……石油に呪われた国“ベネズエラ” ①