【都市伝説】疑惑だらけ!?“ドルの歴史”の影に『ロスチャイルド6.0』 – ガーフィールド大統領 暗殺事件 –

【都市伝説】疑惑だらけ!?“ドルの歴史”の影に『ロスチャイルド6.0』 – ガーフィールド大統領 暗殺事件 –

James Abram Garfield

ガーフィールド 大統領

James A. Garfield Monument -- Capitol Hill SW Washington (DC) August 2020

ガーフィールドはエイブラハム・リンカーン以来2人目の「暗殺されたアメリカ大統領」として知られています。

【米大統領特集】アメリカ大統領の平均享年は?/政治ドットコム.2020

ガーフィールドが就任した頃、アメリカの政府の腐敗が進んでおり、勝手な人事、企業との癒着が深刻化しており、ガーフィールドはそんな政治体制を改善するために力を尽くしていった。

歴代アメリカ大統領44人を全員振り返ろう!/ivote Media.2020

なかでも、エイブラハム・リンカーンが暗殺されて以降続いていた上院議会優位の政治体制を正すことは、先代大統領のラザフォード・ヘイズから続く重要事項でした。

アメリカの大統領 第20代 ジェームズ・ガーフィールドについて/公務員総研
No Known Restrictions: President James A. Garfield Lithograph by G.F. Gilman, ca. 1881 (LOC)

通貨を支配するのは許さない

「誰であろうと通貨をコントロールする者が、すべてを支配しているのは分かりきったことだ。ごく一部の権力者がすべてのシステムを操作しているのであれば、インフレと不況がどうやって起こされるのか、人に聞かなくてもわかるはずだ。」

※歴代米大統領暗殺と通貨 – 独裁権力の作り方 /Google Sites

このガーフィールド大統領も、国際銀行家が提案したいくつかの法案に署名することを拒絶し、彼らに歯向かおうとしたのです。

米大統領暗殺の陰謀をイケメン経済学者が暴露!(インタビュー)/TOCANA.2017

上院議会は自分達の息がかかった銀行家のリーヴァイ・モートンを財務長官に任命するようにジェームズ・ガーフィールドに圧力をかけますが、ジェームズ・ガーフィールドはこれを拒絶し、議会に対して公職人事には介入させないという姿勢で挑みます。

アメリカの大統領 第20代 ジェームズ・ガーフィールドについて/公務員総研
ロスチャイルド

大統領に当選したガーフィールドは、ジェー ムズ・ブレインを国務長官に選んだが、この選択はイギリスの利害とかみ合わなかった。当時は、 オーガスト・ベルモント、レナード・ジェローム、およびその他一群の実業家たちがフロント企業を作り、南北アメリカでのイギリス王家の利益のために動いていた。 ペルモントはロスチャイルド家の銀行業を代表し、レナード・ジェロームは〈ニューヨーク・ タイムズ〉紙を所有していた。

秘密結社全論考〈下巻〉人類家畜化の野望 /ジョン コールマン(p.128)

この陰謀家集団が慌てたのは、ブレインが、イギリスーハプスブルク家による南アメリカでの収奪行為や、グレース、ベルモント、ロスチャイルド家の果たしている役割について、詳しく知っていたからだ。

秘密結社全論考〈下巻〉人類家畜化の野望 /ジョン コールマン(p.129)

ガーフィールド大統領 暗殺事件

暗殺事件は1881年7月2日に、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.で発生。就任からわずか4ヶ月程度のタイミングでした。犯人はチャールズ・J・ギトーという人物で「神が大統領暗殺を命じた」と理由で暗殺に踏み切ったそうです。

【超大国の闇】暗殺されたアメリカ大統領たち/O3 WEB.2017

1881年3月4日に大統領に就任しますが、わずか半年後の9月19日、精神病歴を持つ弁護士のチャールズ・ギトーに銃撃され、命を落としました。

【米大統領特集】アメリカ大統領の平均享年は?/政治ドットコム.2020

銃撃された後も生きていた……が

なおギトーの撃った銃弾は見つからず、医師がそれを見つけようとして臓器をきずつけてしまった結果死んだという説もある。

暗殺された第20代アメリカ大統領ジェームズ・ガーフィールド/俺の世界史ブログ!~世界の歴史とハードボイルドワンダーランド~.2019

(前略)なんらかの企みによってわざとヤブ医者が治療に当たることになり、約2カ月後に死去しました。

イルミナティ、ロスチャイルド、300人委員会… ユダヤ系金融資本の恐怖支配を気鋭のイケメン経済学者が完全暴露!(インタビュー)/TOCANA.2017

ガーフィールドの直接の死因は出血などではなく感染症であったと言われる。

暗殺された第20代アメリカ大統領ジェームズ・ガーフィールド/俺の世界史ブログ!~世界の歴史とハードボイルドワンダーランド~.2019

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについてはプライバシーポリシーをご覧ください。

×
X