「ロスチャイルド系の軍艦が活躍」朝鮮開国と“日清戦争”【ロスチャイルド陰謀論】

「ロスチャイルド系の軍艦が活躍」朝鮮開国と“日清戦争”【ロスチャイルド陰謀論】

前回の記事を読む

「通貨を支配する事は許さない」ガーフィールド大統領 暗殺事件【ロスチャイルド陰謀論】
“https://diggity.info/culture/conspiracy-rothschild-5/”

The Opening of Korea in 1876

明治政府と朝鮮の開国

Samuel Lee/YouTube

日本に迫りくるロシアの脅威!

19世紀になるとイギリス、フランス、オランダなどの列強は東南アジアの植民地化をおし進めました。

なぜロシアと戦ったのか/記念艦「三笠」こどもページ

帝政ロシアはすでにシベリアをその手におさめ、沿海州、満州をその制圧下におこうとしていた、その余勢を駆ってすでに朝鮮にまで影響を及ぼそうという勢いを示していた。

日清戦争/大連紀行
日本:「朝鮮に開国してほしい」

明治政府は発足すると、朝鮮王朝(李氏朝鮮)に開国を求めていきます。

日清・日露戦争~なぜ、日本は中国・ロシアと戦わねばならなかったのか/茂木誠.WEB歴史街道.2019
朝鮮を強化してロシアの防波堤にしたい

当時の朝鮮には資源も購買力もなく、貿易のうまみはありません。それでも開国を求めたのは、ロシアの南下を食い止めるために、朝鮮の近代化が必要だったからです。

日清・日露戦争~なぜ、日本は中国・ロシアと戦わねばならなかったのか/茂木誠.WEB歴史街道.2019

しかし清は朝鮮を宗属関係にあるとして、その独立を認めず、かといって自国領すら列強に次々と蚕食されている清が、列強の侵略から朝鮮を守れるはずがありません。

日清戦争の講和条約「下関条約」の締結/WEB歴史街道.2018

ようするに、朝鮮が日本の防波堤となるよう、近代化の支援をしていこうというのが、一番の狙いでした。

日清戦争の講和条約「下関条約」の締結/WEB歴史街道.2018
この投稿をInstagramで見る

Zihan(@floating__lotus)がシェアした投稿

日本の軍艦を朝鮮が攻撃!「江華島事件」

江華島明治8年(1875)9月 日本の軍艦「雲揚」(270t)が 仁川と江華島の間の水路で給水の為のボートが 接近したときに江華島の草芝城砲台から砲撃を 受けました。

江華島事件と雲揚/釜山でお昼を 韓国の近代史探索旅行

西洋諸国が朝鮮の開国に失敗した後に、日本の軍艦「雲揚号」が何故、江華島に接近したかといえば、日本側の挑発に応じた朝鮮側の反撃をきっかけに開国のための交渉に持ち込むためだったのです。

江華島(Kanghwa-do)/京都教育大学附属高等学校
これをきっかけに開国を迫る

日本は全権大使に黒田清隆、副全権に井上馨を任命、軍艦6隻と兵員260人を率いて会談に赴いた 。朝鮮では日本の威圧外交に反発があったが、開国やむなしとして締結に至った 。

日朝修好条規/アジア歴史資料センター
奇しくも“ペリー”にやられた方法と同じ

艦日進は佐賀藩がオランダから購入した1468トンの艦船で明治政府に献上されたものであった。またガトリング砲とは1862年にアメリカで発明された、6本の銃身を人力で回転させながら1分間に200発程度発射できる、最新式の兵器であった。

日朝修好条規/世界史の窓

いわば日本がかつてペーリーの黒船に威嚇されて不平等条約を押しつけられたのを、そっくりそのまま朝鮮に対して適用したかたちであった。

日朝修好条規/世界の歴史まっぷ

不平等条約「日朝修好条規」

日朝修好条規とは、1876年(明治9年)、朝鮮と日本の間で結ばれた日本に有利な内容の不平等条約です。

【日朝修好条規とは】簡単にわかりやすく解説!!きっかけや目的・内容など/日本史辞典.com

すなわち、開国、開港とともに日本は朝鮮王朝の国内では治外法権、すなわち領事裁判権を持ち、在留日本人が犯罪を犯しても朝鮮王朝側では裁くことはできません。また、貿易における関税も朝鮮王朝には決めることはできなかった(関税自主権がない状況)のです。

日韓併合のスタート地点になった「日朝修好条規」とは?わかりやすく解説/Rinto

日本は欧米の列強から強いられた条約を、今度は朝鮮国に強いたわけである。

「日朝修好条規」は不平等条約か?――150年前のTPP問題――/この世の眺め 亀井秀雄のアングル

日朝修好条規を締結して以降、朝鮮は清国と日本に挟まれ政治情勢が不安定になっていきます。そして、日本はその隙をついて朝鮮の政治に頻繁に介入しました。

江華島事件を簡単にわかりやすく徹底解説するよ【起こった理由から日朝修好条規までこれでOK!】/まれなきドットコム.2020

朝鮮の農民が自国にマジギレ!「甲午農民戦争」

1894年1月11日から1895年3月29日にかけて朝鮮で起こった農民の蜂起を「甲午農民戦争」といいます。当初は、全羅道の古阜郡という場所で起こった小規模な反乱でしたが、やがて全国に拡大していきました。

5分でわかる甲午農民戦争!農民蜂起のきっかけや日清戦争をわかりやすく解説/majisaru.ホンシェルジュ.2020

農民軍の勢いにおされた朝鮮の閔氏政権は 清 に助けを求めました。

【高校世界史B】「朝鮮国内の動乱と日清戦争」/Try IT
困惑!?無関係な日本が便乗して出兵してきた

その直後に依頼されていない日本も戦争鎮圧するために出兵した。

日清戦争について/公文国際学園

内紛どころでなくなった朝鮮では、反乱軍と朝鮮政府が和解。甲午農民戦争は終結することになります。朝鮮は甲午農民戦争を早期に終わらせ、日清両国が朝鮮に出兵する大義名分を失わせようとしたのです。

面白いほどわかる甲午農民戦争!わかりやすく徹底解説【なぜ日本は出兵した?原因から日清戦争勃発までの流れ】/まなれき.ドットコム.2020
そのまま朝鮮の王宮を占領

 この停戦によって日清両国軍が朝鮮に滞在する理由は消滅した。日本はなんとか理屈をつけて清国と戦端を開こうと、あれこれ画策するがうまくいかず、とんでもない暴挙に出る。朝鮮王宮の占領である。

隠蔽された日清戦争の日本の蛮行…朝鮮の農民5万人を殺戮、韓国の反日感情の根底/木村貴.Business Journal.2019
清(中国)の軍を撤退させよ

(前略)日本軍は朝鮮王宮を占領し、朝鮮政府に清国軍を撤退させるよう求めた。

日清戦争について/現代中国事情 担当教員 朱 新建. 平成 17 度 教養セミナーⅠⅡ 経営学科1年 伴 守
この投稿をInstagramで見る

2677SS(@2677ss)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

2677SS(@2677ss)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

2677SS(@2677ss)がシェアした投稿

created by Rinker
世界を操る「ディープステート」は いかにして生まれたのか 「誰が戦争を望み、利を得てきたか」そこから、本当の歴史がみえてくる。 国際金融資本によって歴史はいかに都合よく捻じ曲げられてきたか、 対米戦争からさかのぼり、混迷する現在まで。教科書には書かれない真実の現代史。 グローバリストに歪められた「偽りの歴史」を暴く!(「紀伊國屋書店」データベースより)

The First Sino-Japanese War

日清戦争

ReinaChannel/YouTube

朝鮮の支配をめぐって日本と清国との間で戦われた日清戦争は、明治27年(1894)7月25日の豊島沖海戦で始まった。

日清戦争(凱旋祝賀軍隊歓迎会) | 檪原家文書 ―大阪の大店の ./檪原家文書 ―大阪の大店の日記―

これをきっかけに8月1日に、日本は対清宣戦布告し、日清戦争が始まった。

日清戦争について/公文国際学園

この戦争は日本の勝利で終わった

これに勝った日本軍は、9月15日の平壌の戦いや17日の黄海海戦などでも勝利し、翌年3月には遼東半島を占領、さらに台湾へと進出していった。4月17日の日清講和条約の調印、5月8日の批准書の交換により戦争は終結。勝利に沸き立つ日本では各地で祝賀行事が催されることになった。

日清戦争(凱旋祝賀軍隊歓迎会) | 檪原家文書 ―大阪の大店の ./檪原家文書 ―大阪の大店の日記―
この投稿をInstagramで見る

古美術もりみや(@kobijyutsu_morimiya)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

古美術もりみや(@kobijyutsu_morimiya)がシェアした投稿

ロスチャイルド系企業から購入した軍艦が活躍

日清戦争以降、日本政府が購入した戦艦の大半はアームストロング社、ヴィッカース社など、イギリスのロスチャイルド系の兵器メーカーが製造元になっています。

武器商人としてのユダヤ系金融資本・ロスチャイルド/日々の気づき.2020

 また、この海戦は、日本の帝国主義的膨張の始まりを記した点でも興味深く、英国の国内的な事情から言えば、ブリテン島東北部における大砲と軍艦の製造所、アームストロング社が建造した軍艦が互いに砲火をまじえて傷を負わせあったという点でも興味深い。

日清戦争黄海海戦

「アヘンの蔓延」中国は戦争どころじゃなかった……。

 中国において日清戦争は、その敗戦後に日本や欧米列強から本格的に侵食されるため「屈辱の始まり」と理解されている。北洋艦隊では乗組員の士気が低くアヘンの吸引が横行し、それが海戦に敗れた大きな要因とも言われ、当時の中国の停滞・腐敗ぶりを示す象徴にもなっている。

日清戦争で沈没した巨大軍艦の調査進む 中国で「屈辱の歴史」見つめ直すワケ/AFPBB News.2020

日清講和条約(下関条約)

 1895(明治28)年3月19日、清国の講和使節団を乗せた汽船が関門海峡に停泊。翌日から下関の春帆楼で日清講和会議が開催されました。

構成文化財:日清講和記念館/日本遺産 関門ノスタルジック海峡

この会議には日本全権の伊藤博文、陸奥宗光、清国全権の李鴻章をはじめ両国の代表11名が出席した。講和に向けて会議はくり返し行われ、4月17日に講和条約が調印された。

日清講和記念館/海上自衛隊小月航空基地 – 防衛省・自衛隊

 講和条約において、清国は日本に朝鮮半島の独立承認・領土(遼東半島・台湾・澎湖諸島等)の割譲・賠償金2億両の支払いなどを約束しました。

構成文化財:日清講和記念館/日本遺産 関門ノスタルジック海峡
この投稿をInstagramで見る

じゅんごろう(@nabechalin)がシェアした投稿

途中で中国の大使が狙撃された

 会議が29日間行われたのは、清国の大使李鴻章が3月24日午後4時ごろ宿舎引接寺への帰途、凶漢に狙撃され負傷したため会議が一時中断したからです。

日清講和記念館/下関旅館ホテル協同組合 観光案内

条約締結後に3つの国が異議を唱えた「三国干渉」

しかし、講和条約締結直後、ロシア・フランス・ドイツから横槍が入ります。世に言う「三国干渉」で、日本に対し、遼東半島の清への返還を求めました。

日清戦争の講和条約「下関条約」の締結/WEB歴史街道.2018

「下関条約」を締結してからわずか6日後のことでした。

5分でわかる三国干渉!ロシアやイギリスなど各国の状況をわかりやすく解説!/majisaru.ホンシェルジュ.2018

1895年4月、三国は日本による遼東半島の領有は朝鮮の独立を有名無実にし、極東の平和の妨害になるとして清への返還を要求した。

三国干渉史/アジア歴史資料センター
ロシアにとって日本は邪魔だった

 下関条約で日本が遼東半島を獲得したことを,ロシアは,自国の中国進出の妨げになると考えた。そこで,ロシアは,フランス・ドイツをさそい,遼東半島の放棄を日本に求めた。

三国干渉/兵庫教育大学大学院 連合学校教育学研究科 關浩和研究室

ロシアは、「日本による遼東半島は、清国を脅かし朝鮮の独立を有名無実のものとし、極東の平和に重大な脅威を与える」と主張する一方、極東艦隊を増強して一戦も辞さない構えを見せた。ロシアと軍事協定を結んでいたフランスがこれに同調し、かねてから極東に興味を抱いていたドイツも同意した。

【連載】 今、歴史から元気をもらおう(41)~三国干渉の臥薪嘗胆/NETIB-NEWS.2010
イギリス・アメリカは日本を助けず

日本は、イギリスやアメリカに働きかけ撤回を目論んだが、好意的な中立以上の期待は持てなかった。

【連載】 今、歴史から元気をもらおう(41)~三国干渉の臥薪嘗胆/NETIB-NEWS.2010
圧力に屈服!日本は獲得した遼東半島を返還

日本は列強の圧力に屈し、同年11月に遼東返還条約を清と結び、還付報償金として庫平銀3000万両(実際には英貨で受領)を受け取った。以後、日本ではロシアに対する反発が強まり、「臥薪嘗胆」を合い言葉として軍備の拡張が進められた。

三国干渉/アジア歴史資料センター
妨害をした3つの国は、すぐに中国(清)へ進出!

しかし日本が返還した後に清の分割支配に積極的に乗り出すようになり、1897年にはドイツが膠州湾を、1898年にはロシアが遼東半島南部の旅順・大連を、そして1899年にはフランスが広州湾を租借するなど、清の領土は草刈り場の様相を呈していくことになります。

5分でわかる三国干渉!ロシアやイギリスなど各国の状況をわかりやすく解説!/majisaru.ホンシェルジュ.2018
後の日露戦争につながる

これにより日露の衝突の危機が近づくことになります。

日清戦争の講和条約「下関条約」の締結/WEB歴史街道.2018
中国(清)は賠償金をロスチャイルドから借金していた

 清は戦費、賠償金共に外国の銀行から借金してたのだ。その銀行はいずれもロスチャイルド系だという。

日清戦争をカネの面から見る。なにやらロスチャイルドの影が見え隠れする。/布施温ブログ.2014

この賠償金は、イギリス・ポンド建てでロスチャイルド一族のロンドン・シティの銀行に保管された

お金が欲しいなら脱・情報弱者!~戦争の裏に潜む闇②~/高寺徹公式ブログ
created by Rinker
コロナで荒れる世相の中、世界権力構造についてのリテラシーある理解の仕方を、メディアに騙されている日本人に解説する。(「Books」出版書誌データベースより)

この記事の続きを読む▼

「アメリカに強大な資本家が誕生」ベアリング危機を救った“J・P・モルガン”【ロスチャイルド陰謀論】
“https://diggity.info/culture/conspiracy-rothschild-5-2/”
Previous post 「通貨を支配する事は許さない」ガーフィールド大統領 暗殺事件【ロスチャイルド陰謀論】
Next post 【楽器】一度は叩いてみたい!21世紀に生まれた神秘の打楽器『ハンドパン』