【世界のスラム街】微笑みの国は超格差国家!!<後編>――タイ最大最古のスラム街「クロントイ・スラム」

【世界のスラム街】微笑みの国は超格差国家!!<後編>――タイ最大最古のスラム街「クロントイ・スラム」

前回の記事を読む▼

【世界のスラム街】微笑みの国は超格差国家!!<前編>――バンコクのスモーキーマウンテン「テープラクサー地区」
“https://diggity.info/culture/bangkok-slum-1/”

Khlong Toey Slum

クロントイ・スラム

Coconuts TV/YouTube

クロントイ・スラムはタイ最大且つ最古のスラムとして知られています。

タイ最大のクロントイ・スラムの立退き問題が浮上/(公社)シャンティ国際ボランティア会.2019

最大のクロントイ・スラムには 12 万人が暮らす。住民登録すら認められない人まで含めれば14 万人を超すといわれ、出入りが激しいの が特徴だ。

海外派遣事業報告書 2012 タイ・カンボジア・シンガポール(p.21)/公益社団法人 北海道国際交流・協力総合センター HIECC

(前略)クロントイスラムは,中心部から6kmに位置するクロントイ港に隣接し,周囲は高速道路や団地などに囲まれているため一見ではスラムの存在を窺い知れない隔離されたエリアに存在している。

東南アジアのスラムにおける経済成長に応じた住環境整備手法の研究−バンコク都クロントイスラムを事例とした簡易的インフラシステムの設計-/高橋 良至.遠藤 秀平.工学研究科建築学専攻.国立大学法人 神戸大学 (Kobe University)

日本人駐在員やその家族の多くが暮らしているスクンビット地区からは僅か3キロほどの距離にありますが、近代的な高層ビルが並ぶスクンビット地区とは対照的に、背の低いバラックが立ち並んでおり、人々は劣悪な環境の中で、格差と貧困に苦しみながら暮らしています。

十六アジアレポート2002年12月号(p.2)/バンコク駐在員事務所 堀江幸康.十六銀行
名前の由来は植物

クロンはタイ語で運河、トーイは竹の葉に似た植物で、当時のクロントイはトーイの葉が生い茂る湿地帯(後略)

ほほえみ 第 107号 発行日 2019 年 10 月 1 日/ドゥアン・プラティープ財団

クロントイ地区

クロントイ地区は直径4kmの大きさ(面積12.316km2)で、内40%が国有地として港湾局が取り扱う。その中に15万人(内3万人がIDを所持しない)が暮らしている。

タイ バンコク周辺地域の脆弱地区再生事例に関する 調査報告(p.110)/吉岡 寛之.石井 梨紗子.鄭 一止.アジア研究センター
クロントイ地区の中の26地区の湾内エリア

港内地区に26カ所、港外地区に17カ所、合計43カ所の地区にコミュニティが分かれている。

タイ バンコク周辺地域の脆弱地区再生事例に関する 調査報告(p.110)/吉岡 寛之.石井 梨紗子.鄭 一止.アジア研究センター

港内地区の26カ所の地区がクロントイスラムと呼ばれ、約530ライ(1ライは0.16ha)に約14,050世帯、65,000人が集中的に暮らしている。クロントイ地区の1/4にあたるエリアでは、工場団地に近いことから交通費がかからないという理由で特に人口が密集している。家が建てられると即座に売却される。家賃は300バーツ程度と比較的安いものの、安定的な職がないため、1軒に4~5人がシェアし安価な家賃で暮らすのが主流である。

タイ バンコク周辺地域の脆弱地区再生事例に関する 調査報告(p.109)/吉岡 寛之.石井 梨紗子.鄭 一止.アジア研究センター

劣悪な環境

Viral Press/YouTube

木端を継ぎ合わせた平屋建てが軒を連ねる。安価な露店もある。道幅は1㍍。そこを中古バイクに乗った住民同士が、慣れた様子で、互いにぶつかることなく行き交う。家の玄関は開けたまま。全裸の子どもや上半身裸の男性の姿が目立つ。

海外派遣事業報告書 2012 タイ・カンボジア・シンガポール(p.21)/公益社団法人 北海道国際交流・協力総合センター HIECC

下水道はなく、生活ゴミを焼却する習慣もないため、道沿いにゴミが投棄されたままになる。また各家々の電線から整理されておらず、漏電から火事が頻繁に発生している。スラム内の市場は通販などの発達により廃れてきている。寺が2ヶ所、火葬場と納骨堂も整備されているが、納骨堂は経済的に裕福な人に使われている。

タイ バンコク周辺地域の脆弱地区再生事例に関する 調査報告(pp109-.110)/吉岡 寛之.石井 梨紗子.鄭 一止.アジア研究センター

スラムに住んでいるだけで、子どもが虐められたり、就職差別にあったりもしています。

タイは「世界一不平等な国」「クロントイ・スラム」から貧困を考える(p.2)/八木沢 克昌.連載かいがい初 第264回.労働調査協議会

バンコクで一番危険なエリア

DUCK DIGI RECORD/YouTube

 クロントイスラムはタイでも有名な巨大スラムで、日雇いの湾岸労働者や麻薬中毒者が多く住み、治安の悪さはバンコク一といわれている。夜になると麻薬の取引も行われているという。

タイのスラム「クロントイスラム」を歩いてみた/日刊SPA!.2013
頻発する火災

バンコク都のほぼ中心部にあり、クロントイ港に隣接するクロントイ・スラムでは、土地開 発計画の噂が常に付きまとった。オフィスビルやコンドミニアムの建設ブームが進んだ93年から95年には、2カ月に1回の割合で火災が発生。このなかに は、「放火」が疑われる例もあった。

タイ・スタディツアーの概要報告/ヒューライツ大阪

  このほか、薬物の蔓延が社会問題となった98年から02年にかけては、覚せい剤中毒者が酩酊して夜中にロウソクを倒すことで火災が発生するケースも少なくなかった。なお、今年に入ってからも、1月に70世帯、2月に102世帯、4月に30世帯が焼け出されている。

タイ・スタディツアーの概要報告/ヒューライツ大阪

ルーツはクロントイ港の建設

span Image/YouTube

バンコク中心部からは東南に位置するこの地区は,チャオプラヤー川に沿うクロントイ港の港湾工事の進展とともに形成されてきた。

バンコクにおける都市スラムの現状と課題―クロントイ地区のスラムの事例から―(p.101)/人見 泰弘.名古屋学院大学論集.社会科学篇.第49 巻.第3号 pp. 95―106.名古屋学院大学
a.k.a バンコク港

バンコク港(Port Authority of Thailand)はタイ港湾局に管理された 公営の施設。地区名からクロントイ港と呼ばれている 。

輸送ハンドブック タイ/NAIGAI TRANS LINES – 内外トランスライン株式会社
仕事を求め日雇い労働者が集まり、現場近くに定住

1937年~1939年にかけて、川沿いの耕作地をタイ政府がクロントイ港建設のために約2,000ライ(1ライは0.16ha)の土地を収用したことからはじまる。

タイ バンコク周辺地域の脆弱地区再生事例に関する 調査報告(p.109)/吉岡 寛之.石井 梨紗子.鄭 一止.アジア研究センター

しかし、港湾局は国内外の貨物船が発着するクロントイ貿易港の開設施設に必要な用地としては10%以下しか使用しませんでした。と言うのも港の建設にあたって膨大な数の労働者を必要としており、政府は全国の貧しい農民や労働者に呼びかけて出稼ぎ者としてクロントイに集め、空き地に住まわせました。

ほほえみ 第 107号 発行日 2019 年 10 月 1 日/ドゥアン・プラティープ財団
次第にスラム化

港周辺の公有地には、比較的安い地価を求める日雇い労働者によって質素な家が密集したスラムが形成される。

タイ バンコク周辺地域の脆弱地区再生事例に関する 調査報告(p.109)/吉岡 寛之.石井 梨紗子.鄭 一止.アジア研究センター

最初は数十世帯であったのが徐々に増えていき、1991年には世帯数が6,000以上に及びました。

スラムの現状/Duang Prateep Foundation | Japan

住まいや暮らし、子どもたちの教育に対する政府の手当てなどはないままに出稼ぎ者とその家族の数は増え続けたため、今日、12万人以上が住む「クロントイスラム」が形成されて来ました。

ほほえみ 第 107号 発行日 2019 年 10 月 1 日/ドゥアン・プラティープ財団

クロントイの住民たちの生活

クロントイに住む人々の多くは、クレーンやコンテナなどがなかった時代に港湾で働くために集まってきた労働者であったが、港の分散化や機械化に伴い失業し、彼らはインフォーマル・セクターで働くようになった。またここクロントイ・スラムの中で生まれ育った団体で、タイ国内にも大きな影響力をもっているドゥアン・プラティープ財団(Duangprateepfoundation)のヴィトヴァス先生の話によると、スラムの人々の日常生活は主に日雇い業、屋台やタクシードライバー、港湾での積荷を下ろしなどで成り立っている。最近では、廃材の中でリサイクルが可能な木材やアルミを拾い集め企業に売るもの、車の部品や新聞を拾って売り、生計を立てている者も多くなってきた。

バンコクにおけるスラム化と過剰都市化論の因果関係と打開策(p.4)/山川 昌子.立命館大学

グローバル化!?住民の1割はカンボジア人

近年では、カンボジアやミャンマーからの出稼ぎ労働者が増えてきています。

タイ最大のスラム発のブランドを立ち上げ現地の女性を応援したい/Readyfor.2016

クロントイ・スラムでも近年カンボジア等からの移民労働者が増えています。地区によっては、住民の約1割を占めるほどです。港の荷役や建設現場、清掃やメイドの仕事に就いています。スラムも国境を超えて形成される時代となっています。

タイは「世界一不平等な国」「クロントイ・スラム」から貧困を考える(p.2)/八木沢 克昌.連載かいがい初 第264回.労働調査協議会

クロントイ・スラムのカンボジア人は、港湾労働者、建設現場、屋台等多様です。中には10年以上暮らして自分で雑貨や食堂を持っている人もいます。

バンコクのスラムは、国境を越えて人々が暮らす時代/(公社)シャンティ国際ボランティア会.2019

その一人、ラームさん(27)は共同住宅の四畳半ほどの一室に四歳と一歳の娘を含む家族四人で住む。「日給三百バーツ(約千円)でメイドをしていたが、最近は仕事がない」と漏らす。港湾労働者の夫(31)も同程度の日給だが、仕事がない日もある。

<新型コロナ>タイ、非常事態宣言で仕事激減 スラム貧困層 不安拡大/東京新聞 TOKYO Web.2020

1日1バーツ学校

Foundation for slum childcare/YouTube

 こうした中、1968年ウンソンタム家のプラコーン(現在は改名しミンポン)、プラティープ姉妹がスラムの子ども達の教育のために「1日1バーツ学校」と呼ばれる私塾を開きました。

スラムの現状 | Duang Prateep Foundation | Japan/Duang Prateep Foundation | Japan
「プラティープ・ウンソンタム・秦」

プラティープ・ウンソンタム・秦は、1952年にクロントイスラムに生まれ、6歳の頃から路上で物売りとして働き始めました。彼女は『教育こそが生活を大 きく変える原動力になる』と確信し、1968年、姉のミンポン(旧名:プラコーン)と共に両親たちが働きに出ている間に子どもたちを預かって教えることを はじめました。親たちからは文房具代として一日に今の10円にあたる一バーツを出してもらったので、住民たちは「一日一バーツ学校」と呼びました。

プラティープ先生 :プロフィール/プラティープ財団の設立

姉妹は子ども達を自宅に集め読み書きを教えるだけではなく、住民達に結束して問題と闘っていくことを呼びかけました。やがてスラムの問題と姉妹の活動はマスコミや大学の研究などを通して世間に広く知れ渡るようになり、スラムの外に住む人々もスラムに対する関心を持つようになっていきました。住民達も次第に結束力を強め、住民委員会を組織するようになり、人間として最低限度必要な居住地区の確保に取り組みました。そうして、住宅公団との交渉を何度も続ける中で人々は様々な事を学び、自発的な発言や交渉で非常に良い経験をつむことになりました。

スラムの現状/Duang Prateep Foundation | Japan
「ラモン・マグサイサイ賞」

プラティープ先生はクロントイスラムにおける 「一日一バーツ学校」などの取り組みが認められ、1978年8月31日、アジアのノーベル賞といわれる「ラモン・マグサイサイ賞」(社会福祉部門)を受賞 しました。その時の奨励金2万ドル(当時のレートで402,500バーツ)を基金として「ドゥアン・プラティープ財団」を設立し、理事長にクリアンサック 首相(当時)を迎えました。

Duang Prateep Foundation/プラティープ財団の設立
「ドゥアン・プラティープ財団」設立

クロントイ地区では,いくつかのNGOが地区内でスラム改善活動に取り組んでいる。そのなかで最も古くから活動しているNGOのひとつが,ドゥアン・プラティープ財団である。

バンコクにおける都市スラムの現状と課題―クロントイ地区のスラムの事例から―(p.103)/人見 泰弘.名古屋学院大学論集.社会科学篇.第49 巻.第3号 pp. 95―106.名古屋学院大学
スラムの各地に幼稚園を設立

そして、最初の5年間にスラムに15か所幼稚園を設立・スラム住民の登録や子どもの出生証明調査、国の登録管理局と連携・奨学金を支給する教育里親事業部設置・立ち退きを命じられている住民支援・子どもたちへの給食支援・スラム内の上水道や電気設置支援・麻薬犯罪から子どもを守る支援など多岐に渡る事業を展開している。

タイの最先端教育とスラムからの挑戦(p.51)/小宮山 郁子.日暮 トモ子.當銘 美菜.阿久津 美紀.中山 博夫

プラティープ幼稚園が今までに受け入れた園児は10,000人以上。

ドゥアン・プラティープ財団(クロントゥイスラム)/一般財団法人 CHANGアジアの子供財団

プラティープ幼稚園の教育は、タイ政府教育省からも高い評価を受け、2015年には「園児教育の質が高い」と表彰されました。

ドゥアン・プラティープ財団(クロントゥイスラム)/一般財団法人 CHANGアジアの子供財団
「スラムチャイルドケア-財団」設立

引き続き1980年には、傑出した若者に送られる「ロックフェラー賞」を受賞し、その報奨金10,000米ドル(当時のレート で200,000バーツ)を投じて「スラムチャイルドケア-財団」を設立しました。このセンターでは、共働きの両親や家庭内に問題がある子どもたち(0歳 から3歳まで)を預かっています。

Duang Prateep Foundation/プラティープ財団の設立

不法占拠強だから仕方ない……?強制撤去の危機

またここの住人たちは港湾の土地を不法占拠している場合が多く、港湾を拡大させようと計画している港湾局との問で対立が起きている。

バンコクにおけるスラム化と過剰都市化論の因果関係と打開策(p.4)/山川 昌子.立命館大学

現在のクロントイスラムの場所は2度の立ち退きを経た3つ目の場所です。 

JENESYS2019タイ7日目/立命館慶祥中学校・高等学校

 当時は無秩序にバラックが並び、湿地の上に敷いた板きれの道が続いていました。そして住民たちは、強制撤去の脅威と闘ってきました。

タイ最大のスラム発のブランドを立ち上げ現地の女性を応援したい/Readyfor.2016

スラムは再開発され今じゃ様変わり

今、スラムの景色は変わった。土地分有事業で再開発されて表面的には日本の下町のようで、スラムには見えない。セブンイレブンもある。路地裏にはゴミが消えてグリーン・ロ―ドと呼ぶ程に花と緑も増えた。私たちが長年支援する別のスラムの図書館からは、スラムの貧困と家庭内暴力を乗り越えて、タイ外務省きってのロシア語の専門家として活躍する外交官も生まれた。

スラムの真ん中に暮らして26年 ここからアジアの支援を考える/朝日新聞GLOBE+.2018

しかし、依然としてスラム地区に住んでいるだけで偏見と差別の対象になる。タクシーは、行き先を告げると乗車拒否は日常茶飯事。二人の子どもたちは、スラムの外のタイの学校に通っていたが、スラムに住んでいることを隠し続けていた。スラムに住んでいることを知られると一瞬にして友人を失うからだ。「私はスラム生まれのスラム育ち。いつまでスラムに住み続けるの」と、高校3年の娘に泣かれた時は、さすがに言葉を失い悩んだ。

スラムの真ん中に暮らして26年 ここからアジアの支援を考える/朝日新聞GLOBE+.2018

「都市の浄化」クロントイ・スラムはもうすぐ消える

 軍政は「都市の浄化」を掲げ、インフラ整備を強化する一方、屋台の撤去を進める。クロントイについても、住民の反対で停滞していた地区の再開発計画を急ぐ方針とみられる。

スラムから見た総選挙 貧困、麻薬の対策を/どの候補も嫌 タイ24日投開票/福岡のニュースなら【西日本新聞me】.2019

政府の政策により、この数年のうちにクロントイスラムは解体され、住民は近隣に建てられる予定の25階建のアパートメントに移住させられる予定です。これには多数の問題があるようで、家を持っている者は移住の権利があっても間借りしている賃貸生活者は移住の権利がないことや、既に長年の生活で出来上がっているスラムの中のコミュニティが分断される恐れがあることなど、さまざまな懸念があります。

バンコク・クロントイスラムを歩く/antouin’s Ownd
スラムは消えたとしても本質的な問題が山積み

クロントイで生まれ育ち、住民支援に取り組む「ドゥアン・プラティープ財団」創設者のプラティープ・ウンソンタム・秦さん(66)は「『スマートシティー』というきれいな開発計画の実態は立ち退き。住民は高層マンションに移れるが仕事は保証されない。住民のためというより、大企業や投資家のための計画だ」と話す。

スラムから見た総選挙 貧困、麻薬の対策を/どの候補も嫌 タイ24日投開票/福岡のニュースなら【西日本新聞me】.2019

 政府や非政府組織の支援や住民達の結束により、少しずつ改善されつつあるクロントイスラムだが、現在でも
スラムが抱える問題は山積みである。生活環境面はもちろん、教育面でも課題は山積みだそう。小学校への就学
率が 98%となったものの、家庭問題や本人の学習意欲が無い為に途中で退学する場合も多くある。現在はおよそ
20%の子どもが小学校を中途退学している。また青少年における性行為の乱れや喫煙・飲酒なども問題となって
いるそうだ。

バンコク日本人学校における現地理解教育(p.110)/嶋野 遥.神奈川県横浜市立市沢小学校 前泰日協会学校バンコク校(バンコク日本人学校)教諭.東京学芸大学 国際教育センター
created by Rinker
約10万人が暮らすタイ最大の人口密集地域「クロントイ・スラム」。住民たちの暮らしを丁寧に切り取った写真集。(「BOOK」データベースより)
Previous post 【世界のスラム街】微笑みの国は超格差国家!!<前編>――バンコクのスモーキーマウンテン「テープラクサー地区」