お金と幸せを手に入れろ!ミリオネアたちが実践する10の習慣

ミリオネアになるための道は多様であり、成功者たちが実践している習慣には共通点が見られます。

彼らは、ビジネスや投資、不動産など、多岐にわたる分野で成功を収め、その資産を増やし続けています。一方で、彼らが持つスキルや戦略は、私たちにも共通して身につけられるものもあります。

created by Rinker
世界累計200万部突破!「お金のカリスマ」「全米一のマネー・コーチ」として高く評価されているハーブ・エッカーのニューヨーク・タイムズ第1位のベストセラー!資産ゼロから、たった2年半で億万長者に変身した経験をもとに構築された“お金持ちになるッセンス”が余すところなくつまった本。(「Books」出版書誌データベースより)

The Millionaire Mindset

ミリオネアたちが持つ、資産を増やすためのスキルや習慣とは?

Digital Farm Animals/YouTube

「100万ドルクラブ」とも称されるミリオネアは、資産が100万ドル(約1億円)以上を持つ人々を指す言葉で、彼らはさまざまな方法でその富を築いています。

彼らの多くは自身のビジネスの成功や賢明な投資戦略によって資産を増やしており、家族からの資産継承や、稀ではありますがが宝くじの当選などを通じて富を手に入れる人もいます。

富裕層の中でも比較的多い数を占めるミリオネアは、世界中の多くの地域に分布しており、経済的な成長や市場の拡大と共にその数は増加傾向にあります。

一方、ビリオネアは資産が10億ドル以上ある人物を指し、彼らは富裕層の中でも特に資産規模が大きいトップクラスに位置しています。

ビリオネアの数はミリオネアよりもずっと少なく、その影響力と資産は世界経済に大きな影響を与えることがあります。

経済の格差や資産分配に関する議論では、このようなトップクラスの富裕層がしばしば注目される傾向にあります。

0.7%のエリートが44%の富を握るミリオネア

ミリオネアはの人数は世界の総人口の0.7%(約4680万人)ながら、彼らの合計純資産額は驚異の158兆3000億ドルにも達し、これは世界全体の富の44%に相当します。

この比率は、彼らが世界経済においていかに大きな影響力を持っているかを示しています。

増え続けるミリオネア

かつては特別感を持っていたミリオネアですが、現在ではその特別感が薄れてきています。

その主な理由としては、世界中に約4700万人のメンバーが存在すること、そして世界的な経済成長、技術革新、グローバル化の進展により、より多くの人々が富を築く機会が増えたことなどが挙げられます。

また、富の分配にも変化が見られ、富裕層はさらに豊かになっていく傾向にあります。これによりミリオネアはさらに増加しており、以前ほどの独占的で特別な地位として扱われなくなってきています。

この変化は、プライベートバンキングのサービスにも反映されています。

プライベートバンキングは通常、高額資産を持つ顧客を対象としたサービスですが、その敷居が高くなっています

現代の金融機関は、より富裕な顧客にサービスを提供することに重点を置いているため、結果としてミリオネアの人々がプライベートバンキングの口座を開設することが難しくなっているのです。

ミリオネアの多くが集まる国「アメリカ」

超大国アメリカは、ミリオネアが非常に多く、約1860万人のミリオネアが存在していることが明らかになっています。

また、ミリオネアは世界中で非常に混み合っており、アメリカでは1860万人のミリオネアがいるということが分かっています。

この数は、2位から7位までの8カ国のミリオネアを全部足した数より多く、世界の人口の約40%に相当します。

アメリカにミリオネアが多い理由

アメリカでミリオネアの数が多い理由はいくつかあります。

  • 多様な経済チャンス
  • 起業家精神
  • 高い所得水準
  • 個人の資産形成を促す税制

など、アメリカの経済システムと社会構造が、ミリオネアの数を増やす要因となっています。

ロンドンには世界中の若きミリオネアが集結

近年、ロンドンに世界中から若いミリオネアたちが集まってきています。

最近の調査によると、ロンドンには35歳以下の2万人以上のミリオネアが在住しており、これは世界の都市と比較しても3倍の人数にも及ぶことが分かりました。

ロンドンが若きミリオネアたちに選ばれる理由について、この都市には国際的な金融センターであり、優れた教育機関、文化的な魅力、高い生活水準などが挙げられます。

また、オックスフォードやケンブリッジといった世界トップクラスの教育機関へのアクセスも、若い富裕層にとって大きな魅力です。

文化的にもロンドンは多様性に富んでおり、芸術、音楽、ファッションなどさまざまな分野で世界をリードしています。

さらに、ロンドンの高い生活水準や、富裕層にとって有利なイギリスの法律や税制が、彼らを惹きつける重要な要素となっています。

これらの要因が重なり合いロンドンは若いミリオネアたちの居住地や投資の地として理想的な環境になっているのです。

あなたの周りにもミリオネアはいるかも!?日本のミリオネア

総務省統計局の「人口推計」によれば、日本では50人に1人ほどがミリオネアに属しています、

ミリオネア層の総人口は約302万5000人と推計され、これは米国の1861万4000人、中国の444万7000人に次ぐ世界で3番目の規模になります。

しかし、日本の人口が約1億2000万人(2022年時点)であることを考慮すると、ミリオネア層は約2.5%となり、全体に占める割合でみると下位に位置します。

日本においては、ミリオネアはまだまだ特別な存在であることがわかります。

Untitled

成功し高収入を得る人たちの共通点は“不安定”

一般的に「お金持ち」や「資産家」と呼ばれる人たちは、タレント、お医者さん、企業のオーナーなどが多く見られます。

彼らに共通して言えることは、収入が必ずしも一定の収入が入る仕事ではないということです。

例えば、タレントや俳優、音楽家などの芸能人は、仕事の依頼や人気によって収入が大きく変わります。

また、お医者さんも開業医であれば、患者数や治療内容によって収入が変わることがあります。企業のオーナーや経営者は、基本的にビジネスの成功や市場状況によって収入が上下します。

これらの職業の収入は一定ではありませんが、彼らはそれぞれの分野で成功し、その多くが高収入を得ています。

ミリオネアの81%は自力で富を築いた普通の会社員!?

意外に思われるかもしれませんが、普通の会社員の中にもミリオネアが存在しています。

米資産運用会社フィデリティ・インベストメンツの調査によると、ミリオネア層の大多数、つまり81%が自力で富を築いたとされています。

これは、彼らが遺産を受け継いで富豪になったわけではなく、自分の努力と戦略によって資産を蓄積したことを意味しています。

実際に、遺産を受け継いでミリオネアになった人は非常に少数で、わずか500万人に1人という割合に留まっています。

これは、ミリオネアになるためには特別な家庭環境や相続が必要ではなく、普通の会社員であっても自分の力で富を築くことが十分可能であることを示しています。

ミリオネアになるための10の習慣

ミリオネアになるためには、幸運や才能だけではなく、良い習慣や行動が必要です。

以下は、多くのミリオネアが実践している10のの習慣の例です。

  1. 早起き: 朝早く起きて、一日の計画を立てることで効率的な時間管理ができる。
  2. 読書: 知識を広げ、新しいアイデアや視点を学ぶために、読書を習慣にしている。
  3. 目標設定: 長期的・短期的な目標を設定し、それに向かって努力する。
  4. ネットワーキング: 人脈を築くことで、ビジネスチャンスや情報を得ることができる。
  5. 継続的な学習: 常に新しい知識やスキルを身につけることで、競争力を維持する。
  6. 貯蓄と投資: 収入の一部を貯蓄や投資に回し、資産を増やすことを意識する。
  7. 健康管理: 適度な運動やバランスの良い食事を心がけることで、健康状態を維持し、仕事に集中できる。
  8. 時間管理: 効率的な時間管理を行い、価値のある仕事や活動に時間を割く。
  9. 謙虚さ: 常に謙虚であり、他人から学ぶ姿勢を持つことで、成長を続けることができる。
  10. 積極的な思考: 前向きな考え方を持ち、困難な状況にもポジティブに対処する。

これらの習慣は、ミリオネアだけでなく、成功を目指している全ての人にとって役立つものです。

ミリオネアになるため!?早い段階で計画的に行動した結果

当たり前のことですが、人生の早い段階から計画的に行動することは、人生のあらゆる側面において成功を収める確率が高くなります。

ほとんどのミリオネアは、人生の早い段階でお金の重要性をしっかりと認識し、資産を増やすために必要な努力や、行動をとってきた人々す。

100万ドル以上の保有資産がありますが、その大半は裕福な家庭で育ったわけではないのです

また、彼らは多くの収入があったとしても、そのレベルと同じお金を目先の欲望のままに費やすのではなく、生活レベルを少し落として生活するという考え方を持っています。

何かのタイミングで大きな収入を得たとしても、彼らが高級車やブランド品などを購入する誘惑にかられることはありません。

お金を道具と考える!資産を増やすためのお金の運用術

ミリオネアのように、資産を築いた人々に共通する重要な考え方のひとつに、お金を道具と捉え、それを上手に使いこなすというものがあります。

彼らはお金を単なるステータスシンボルや消費目的だけのものとは考えず、自分の人生をより豊かにするための手段として活用します。

これには、お金を効果的に運用し、さらなる資産を増やす方法を学ぶことも含まれます。例えば、賢明な投資や貯蓄、資産管理などを通じて、彼らは自分の資産をさらに成長させています。

さらに、お金を道具と捉えることで、彼らは自分の人生や家族の人生を向上させるための教育やスキルの向上にも投資します。これにより、彼らは自分自身や家族が長期的に成功することができています。

このように、資産を築いた人々は、お金という道具を上手に使いこなす能力が高いと言えます。

100万ドルを貯めるには平均的な貯蓄だけでは不十分?

ある会社が行ったミリオネアに対する「富を築くには?」というアンケートから、興味深い結果が示されました。富裕層が富を築くために重要だと考える要素は以下の通りです。

  1. ハードワーク(23%)
  2. 賢明な投資(21%)
  3. 貯蓄(18%)
  4. 教育(10%)
  5. その他(倹約・相続)

また、低・中所得者層から資産を築いた人は男女ともに、一定の割合で貯蓄を行っていることが分かり、男性はその所得の22.8%、女性は25%を貯蓄に充てていました。

さらに、男性は貯蓄の76%を株式に投資しており、女性も77%を株式に投資していることがわかりました。これらのデータから、平均的な貯蓄だけでは100万ドルに手が届かない可能性が高いことがわかります。

ミリオネアになるためには、努力や資産運用の方法によって大きな差が生まれるため、慎重な計画や継続的な取り組みが必要です。

目標を達成しても満足しない、さらなる高みを目指す

ミリオネアは常に成長を追求し、目標を達成することに満足せず、さらなる高みを目指すという姿勢も特徴的です。

このような努力を続けることで、彼らは自分の限界を突破し、他の人が夢見るような成功を手に入れています。

100万ドルを稼いだ後も、次の目標として1000万ドル、さらには1億ドルと、さらなる高みを目指しています。

ミリオネアとしての成功だけではなく、このように自分自身に高い目標を設定しそれに向かって努力し続ける姿勢は、どの分野であっても成功するために必要な要素です。

上を見続けることで自分がどれだけ成功しても、それに満足することなく、失敗を恐れずにさらなる挑戦へと向かうことができるのです。

ミリオネアでもお金の悩みは無くならない

一方でミリオネアは、お金の使い方に気を使いながら、将来に対する不安を抱えているともいわれています。彼らは資産を保全し、さらに増やすためにの投資や資産管理について非常に慎重です。

どれだけ資産を持っていても、税金や相続問題、家族の教育費や健康問題など、お金に関する様々な悩みはつねに存在し、ミリオネアであってもお金の悩みは無くなることはないのです。

読者の皆様へ

ミリオネアは、自分自身の可能性を最大限に引き出し、豊かな人生を築くための基盤を作ることができます。

金銭的な豊かさだけでなく、個人的な成長と幸福を追求する上で、彼らの習慣は大きな役割を果たします。

ミリオネアたちの成功の背後には、日々の小さな行動と決断が積み重なっていることを忘れずに、私たちも自分自身の目標に向かって一歩ずつ進んでいくことが重要です。

created by Rinker
世界累計200万部突破!「お金のカリスマ」「全米一のマネー・コーチ」として高く評価されているハーブ・エッカーのニューヨーク・タイムズ第1位のベストセラー!資産ゼロから、たった2年半で億万長者に変身した経験をもとに構築された“お金持ちになるッセンス”が余すところなくつまった本。(「Books」出版書誌データベースより)

You might be interested in …

当サイトではプロモーションが含まれています。また、利用状況の把握や広告配信などのために、GoogleやASP等のCookieが使用されています。これ以降ページを遷移した場合、これらの設定や使用に同意したことになります。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください

X